【試合評】 ペギー無敵の20号&岸の安全運転。鷹とのゲーム差6月30日以来の1.5へ~2017年7月12日○楽天イーグルス2-0ソフトバンク

スポンサーリンク




note後半戦読者さん新規募集中!!




note後半戦マガジン読者さん募集開始しました。

あなたとともに応援したい真夏の優勝戦線。
あなたと分かち合いたい感動フィナーレ。
2017年後半戦の戦いを綴る、お得なバリューマガジン。

詳しい御案内は下記URLでどうぞ。
https://note.mu/eagleshibakawa/n/n436fea51b4a3

看板直撃で決めた鷹とのゲーム差1.5




それにしても、ソフトバンク戦は僅差での決着が多く、緊迫感に包まれる。
本戦も2-0と2点差だった。
これで13試合中9試合が、じつに2点差以内ゲームになっている。

楽天先発は中9日の岸。
現在とリーグの得点環境がほぼ同じになった2013年以降、敵地ヤフオクドームでは6戦5勝負けなし。
防御率も2.44と相性が良かった。
今シーズンも5月14日敵地戦で(○E9-2H)で7回1失点の好投をみせていた。

そんな相性の良さを活かし、御多分に漏れず本戦も6回2安打無失点の安全運転。
5回2死走者なし、打者16人目の7番・松田の左安まで、ノーヒットノーランピッチだった。

予想外だったのは味方打線。
防御率5.05の相手先発・松本を思うように攻略できない。
このことで接戦になった。

松本のストレートは平均139.7km。
NPB平均値にも満たない球速のファストボールが、イヌワシ打線を苦しめた。
1回ペゲーロ、1回ウィーラー、4回アマダー、4回聖澤が相次ぐ空振り。
打って出ても、昨年松本のプロ初登板試合でホームランをお見舞いした三好も詰まらされての二ゴ、嶋も平凡な遊ゴに倒れるケースが目立った。
ストレートが良かったので、要所での変化球も活きた。
楽天打線が得点圏に唯一走者を置くことができた2回は、送りバント後の1死3,2塁で変化球で2者連続三振に倒れるなど、まさかの苦戦だった。

そんなスコアレスが続いたなか、中盤の5回、2番・ペゲーロが文字通りの一振りでゲームを動かしている。
ボール先行3-1からの内角狙い141kmストレート。
この速球が甘くなり真中寄りに入ってきた失投を、文句なしにさばいた。

看板直撃の後、一瞬、場内が静まり返るほど。
僕らは勝利を確信し、恐らく鷹ファンは戦慄を覚えたはずの圧巻すぎる特大ホームラン。
日刊スポーツによれば推定飛距離は約160m!
5月27日西武戦(○E6-1L)のガルセス撃ち10号、5月31日巨人戦(○E6-0G)で吉川をしばいた12号に並ぶ「ムーンショット」級の一撃が決勝弾になった。
ちなみに、これら3本の特大アーチ試合、楽天は負けていない。

7回以降は継投作戦。
ハーマン、高梨、松井裕とつないで2点差を守り切った。
高梨、松井裕はイニング先頭打者を出塁させたものの、落ち着いて後続を処理。

オールスター前の前半戦最後を4連勝で飾り、ライバルホークスを敵地で2タテする最高の形を作り、イーグルスはつかのまのオールスターブレイクの後、いよいよ正念場の真夏の優勝戦線へと向かうことになる。

これでチーム成績は1位、75試合50勝24敗1分の勝率.676。
貯金をさらに伸ばして今シーズン最多の26にし、2013年9月23日に記録した球団最多記録の27に迫った。

各種戦績は、リーグ戦再開(=茂木離脱後)10勝4敗1分、7月6勝3敗、ソフトバンク戦8勝5敗(敵地5勝2敗)、ビジター25勝13敗、先制した試合38勝8敗、12勝16敗1分、6回終了時にリードしている試合40勝4敗とした。

ゲーム差は、2位・ソフトバンクと1.5、3位・西武と8.5、4位・オリックスと14.5、5位・日本ハムと23.0、6位・ロッテと28.0になった。

両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・ペゲーロ(指)、3番・岡島(右)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(二)、6番・アマダー(一)、7番・聖澤(左)、8番・三好(遊)、9番・嶋(捕)、先発・岸(右投)

ソフトバンク=1番・川崎(二)、2番・高田(遊)、3番・柳田(中)、4番・内川(一)、5番・デスパイネ(指)、6番・中村晃(左)、7番・松田(三)、8番・上林(右)、9番・甲斐(捕)、先発・松本(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20170712note02.jpg
HANREI3.jpg

オールスターブレイクでリフレッシュを




いくら前半戦が神日程で、セパ12球団で最も消化の少ない75試合といえども、4年ぶりの快進撃と交流戦から一気に差を詰めてきたホークスとのデッドヒートによる疲労は、選手自身が自覚していなくても、心身の中に蓄積されているはずだ。
そのため、この中5日あるオールスターブレイクで、しっかりリフレッシュし、チューニングして後半戦に臨んでほしい。

大げさではないけど、やや気になったのが、島内とウィーラーである。

島内は前夜9回サファテの153kmをエルボーガードつけていない右肘付近に直撃をくらうデッドボールを受けていた。
その影響があったのだろう、投ゴ、四球、三安、二ゴに終わった本戦は4打席いずれも、追い込まれるまで1度もバットを振りにいかなかった。
三塁線いっぱいを襲った内野安打で、その後のペギー2ランにつなげた三安も、若干振り遅れたことが幸いし、ファウルにならず、サード正面にも飛ばす、飛んだコースに恵まれたというものだった。

4タコに終わったウィーラーも、昨日の試合から得意とするストレートの対応力に陰りが見えていた。
2戦合計で投げ込まれたストレート22球のアプローチ結果は以下のとおり。

見逃しストライク 6 (見三振1含む)
空振り 7 (空三振2含む)
ストライク寄与ファウル 2
2ストライク以降ファウル 2
ボールカウント 5

見逃すケースが多く、バットを振りにいっても空振りが目立ち、コンタクトできてもフィールド内に飛んでいかないという状況があった。

主将の嶋も直近25打席ノーヒット、直近42打席に広げてもヒットは単打2本とバッティングの調子を落としている。
嶋はファン投票選出で8度目の球宴に選ばれているし、オールスターブレイクの間に選手会の仕事も入ってくるから、じっくり英気を養うというわけにはいかないにしても、この期間で気分転換してもらいたい。


20170712note04.jpg

《岸孝之の投手成績》

6回、打者22人、球数109、被安打2、被本塁打0、奪三振9、与四球2、失点0、自責点0。


目を見張った長谷川三振の結果球




ストレートの平均球速は今季自己ワースト3位の140.9km。
序盤3回までは平均142.0kmも、4回以降は140.5kmにダウン。
いつもと比べてスピードがなく、その点がやや気になったものの、鷹打線に真っすぐを13球スイングされて許したヒットはわずか1本と、上々の機能をみせた。

明暗分けたのは、立ち上がりの初回2死1塁だったか。
3番・柳田に対して慎重を期するあまりフルカウントから四球を与えた直後、前夜自らのエラーが失点に絡んでいた4番・内川に、初球外角スライダーを狙われ、右方向への大飛球を打ち返された。
右翼フェンス際で岡島が落下点に入って右飛で事なきを得たものの、一瞬ヒヤリとさせられた。

ペギー20号2ランで2点先制した直後の5回裏も要所になった。
2死無走者から7番・松田に初ヒットを許し、続く8番・上林にも巧打で中前へ運ばれて2,1塁。
ここで工藤監督が動いて代打・長谷川を送り込んできた。

岸にとっての長谷川は天敵とも言える相手。
通算対戦成績69打数22安打、打率.319を打たれており、年度別の対戦成績をみても打率.250を下まわるシーズンが1度もなく、2009年から始まった対決で毎年コンスタントに岸からヒットを放ってきた相手だった。

フルカウント8球勝負はボール先行2-0、岸不利の状況から始まった。
今季の岸は2-0経由後の被出塁率.414と高く、いかに制球上々、球威優れた岸であっても初球からボールを2つ並べてしまうと苦しい結果になっていた。
その逆風をはねのけての空三振だったから、素晴らしい。

とくに目を見張ったのは結果球だ。
嶋がミットを構えたコースは内角。

左打者対戦時の岸といえば、アウトコース狙いの真っすぐが上々の機能。
一方、インコース狙いの速球に関しては、空振り率わずかに3.2%、35打数13安打、1二塁打、1本塁打、3三振、1四球の被打率.371と散々な結果になっていた。

恐らくこのことは嶋も把握していたはず。
にも関わらず、あの場面でインコースにミットを構えたということは、今日の岸ならいけると判断したのか、長谷川の反応をみて、よほどの確信を得たからだと思う。

河北新報によると、嶋の狙いは「チェンジアップで引き付けたので(※)、最後は真っすぐ勝負」だったとのことだが、真っすぐ勝負にしても外ではなく内に飛び込んでいったところは、最後は無難に上々の外角勝負と読んでいたぼくの予想をも鮮やかに裏切る、ナイスリードだったと思う。

※・・・ボール先行2-0の後、チェンジアップで2度空振りを奪って追いこんでいた。

そして6回、この回の途中、マウンドで右親指を切り出血の事態に見舞われていた。
翌7回も1度はマウンドに向かい、投球練習を始めたものの降板し、ハーマンに託した。

球数はすでに109球を数えていた。
今シーズンの岸は110球を超えてくると、23打数9安打、1二塁打、1本塁打、5三振、1四球、被打率.391、被出塁率.417と成績を著しく落とす傾向があった。

そのなかで、さらに右親指からの流血。
7回1度マウンドに向かった岸をみて、ここは無理をさせる場面では全然ないと強く念じた僕の思いが届いたのか、首脳陣も間違わない判断をみせてくれた。
本戦、1番ホッとしたのは、スコアレスの中ペギーが試合を動かした特大弾よりも、もしかしたら7回から継投作戦に入ってくれたこのときだったかもしれない。


鷲好きあなたと見届けたい感動フィナーレ




・・・というような試合評を、今シーズンは主にまぐまぐメルマガやnoteで発表しています。

鷲好きあなたと共に応援したい真夏の優勝戦線
そして一緒に味わいたい感動のフィナーレ。

あなたも読者になってみませんか?

詳しい御案内は下記になります。



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



4年ぶり2度目の前半線首位ターンを決めたイーグルス。
真夏の優勝戦線も駆け抜けろ!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、7月も8月もスパークする!
現在、noteを含めて読者60名迫る!
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


【試合評】 メキシコの怪人、一世一代の大仕事!~2017年7月8日○楽天4-2西武
【試合評】 甲斐がみせた一瞬の焦燥感を仕留めた、銀次のサファテ撃ち決勝打!~2017年7月11日○楽天イーグルス5-4ソフトバンク
ムラっ気ある打棒はいりません!! 真夏の楽天に必要になる「ベテランの経験力」と「若手の突破力」



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}