【試合評】 田中和基の劇的すぎる槍働き。強すぎる「同期対決」のアット・バット~2017年5月20日○楽天イーグルス2-0ロッテ

スポンサーリンク







左中二に左本。劇的すぎる田中の槍働き




前日5タコ、ダメダーに戻ったアマダーをスタメンから外し、ドラフト3位の新人・田中を9番・右翼でプロ初スタメン起用。
この指揮官の起用がズバリ的中した。

ダメダーに続き、2番・ペゲーロも1安打3三振とダメーロに。
4番・ウィーラーも5タコでダメーラーに。
二木に翻弄された6回空三振時にはバットを叩きつけて悔しがっていた。
平均144.7kmを計測した力強いストレートと、低めに良く集まったフォークを上手く操った相手先発・二木の前に、頼みの外国人トリオがダメダメ三人衆に化け、1番・茂木も本調子ではなかった本戦で、新参の若武者が「我ここにあり!」という挨拶代わりの槍働きをしてのけた。

田中は二木の上から目線の快投劇の前に3打席連続三振。
しかし、二木がマウンドを退き、ロッテが継投作戦に入った後は2安打と素晴らしい活躍だ。

延長10回、この日の4打席目も初球、2球と外角低めで連続の空振り。
両親が現地観戦で見守ったプロ初スタメンの張れ舞台。
気負った気持ちが空回りするかのような、タイミングの合わない空振りが続いていた。
しかし、0-2からの3球目、アウトハイに入った球を今度はしっかりミート。
左中間に打球を運ぶ悠々のツーベースが「プロ初安打」になった。

そして延長12回2死1塁だ。
凡退すれば今季初の引き分け試合に。
そして今季初の無得点ゲームにもなってしまう瀬戸際シーン。
回またぎ土肥とのフルカウント勝負、高めに甘く入った速球を制した。

完璧なタイミングでひっぱり、風速9mの逆風をものともしない弾道が、楽天応援団の左翼スタンド中段へ。
『プロ初本塁打』は劇的すぎる幕切れを演出した。

両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(指)、3番・島内(中)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(二)、6番・今江(一)、7番・岡島(左)、8番・嶋(捕)、9番・田中(右)、先発・美馬(右投)

ロッテ=1番・荻野貴(左)、2番・伊志嶺(中)、3番・根元(一)、4番・福浦(指)、5番・ダフィー(三)、6番・鈴木(二)、7番・清田(右)、8番・田村(捕)、9番・三木(遊)、先発・二木(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20170520DATA02.jpg
HANREI3.jpg




あの場面、アマダーと聖澤の好アシストがあったことも付記したい。

12回2死走者なしで代打起用されたアマダー。
1度もバットを振らずストレートの四球で歩いた背景には、絶対に一発だけは回避したいという投手心理があったはずだ。
後続は9番の新人・田中。
アマダーよりも田中のほうが確率的に御しやすく、長打リスクも少ない。
これは土肥だけではなく、誰しも感じること。

しかし、ここに誤算があった。
楽天ベンチには代走要員の切り札、2012年盗塁王の聖澤が手元に残っていた。
背番号23はすかさずリードを大きく取り、プレッシャーをかけていく。
合計3度の牽制をもらうなど、土肥の集中力をそぐ役割をこなした。

走られたくないという思いが制球を乱したのだろう。
田中への初球はストレートだったが、ホームベースのかなり手前に叩きつけるワンバウンド投球に。
その後1-2と追い込んだ後、決めにいく変化球が2球連続でストライクゾーンを見失い、大きく外れていったのも、そういった焦りが生んだものだろう。
変化球が2球はずれて3-2になった後、田中も狙い球を絞りやすくなったはずだ。

もちろん、打った張本人の田中が大仕事は間違いないが、その背景には、アマダー、聖澤の隠れたアシストがあった。

さらに付け加えれば、左中二(有吉)、左本(土肥)ともに、同じ新人投手から放ったもの。
実績のある格上から打つのも自信になるが、同期対決を制したことは、また違った感慨があるはずだ。

同期は今後互いに切磋琢磨していく存在。
一番負けたくない相手と言える。

そんな同期対決で、田中は2軍イースタンでも13打数6安打2打点、2本塁打、3三振、1四球と好戦績を残していたことを付記しておきたい。


■田中和基 2017年 2軍イースタン 同期対決の結果
20170520DATA07.jpg



《美馬学の投手成績》

9回、打者30人、球数113、被安打3、被本塁打0、奪三振10、与四死球0、失点0、自責点0。

好相性マリンで僕らを魅了した安全地帯の113球




『Mr.マダックス』が昨年3月30日ロッテ戦(○E5-0M)以来の9回無失点。
許したヒットは散発3単打。
変化球の66.7%を低めゾーンに集め、3塁を踏ませない「これぞ安全地帯!」といえる113球を披露した。

前回5月13日ソフトバンク戦、熊本でのマウンドは5回2失点。
自己ワーストの1試合5四球と、持ち味の制球力が影を潜め、今季初黒星だった。

その1週間後の本戦、前回の内容を引きずるのか?いつもの美馬に復調するのか?
その点が注目されたが、好相性のZOZOマリンで問題なしの快投を演じてくれた。
二桁10奪三振は、2012年9月11日ソフトバンク戦(●E1-2H)の7回2失点投球以来、自己タイ記録。
奪三振二桁&無四死球ピッチは自身初の快挙である。

打線の援護に恵まれず、本戦では白星つかなかったったが、今シーズン成績を防御率2.10、8試合4勝1敗、防御率2.10、WHIP0.79、QS率75.0%にしている。

これで相性良いマリンでの通算防御率も1.87になった。


■美馬学 ZOZOマリン 年度別 投手成績
※本戦終了時データ


左打者を手玉に取った、外角狙いの速球投球




初回はいきなり危機に立たされた。
1番・荻野貴にサード前方バントヒットを許し無死1塁。
送りバントで1死2塁と得点圏。
立ち上がりに奇襲攻撃を浴び、バタバタしてもおかしくない場面。
しかし、美馬は落ち着いて後続を凡退させ、この日の快投劇をスタートさせている。

注目したいのは、初回1死2塁の3番・根元との対決だ。
前日はサヨナラ打を含む2本のタイムリーを放った左打者を4球三振に仕留めたシーン。
初球、力強い148kmファストボールで空振りを奪う。
その後は2球、3球と内角攻めで追い込み、1-2と投手有利カウントを作る。
ラストは外角。
139kmのシュートがアウトコースいっぱいに決まる見三振だった。

本戦の美馬、根元を仕留めたときに見せた『左打者外角狙いの速球投球』が冴えていた。
当方計測では合計26球を投じていたが、その結果は以下のとおりだ。

空振り3球 (空三振1含む)
見逃しストライク9球 (見三振3含む)
ストライク寄与ファウル2球
2ストライク以降ファウル1球
ボールカウント9球
凡打2球 (一ゴ、中飛)

左打者11人との対戦時(11打数無安打、5三振)、外角狙い速球で数多くのストライクカウントを稼ぎ出していた。

5番・ダフィー、6番・鈴木、7番・清田を迎えた翌2回も、みどころ。
空三振、中飛、中飛のワンツースリーに締めたこの回の11球投球は、本戦を象徴するコマンドの良さが光っている。
嶋が高め釣り球を要求した1球を除くと、全球低めへ。
カーブやシュート、スライダーといった複数球種が、嶋が外角低めに構えたミットそのままに吸い込まれていくシーンが相次いだ。


因縁清田をリベンジ3タコ!




もう1つ、僕が気にして見ていたのは、清田との対決だ。
昨年9月21日(●E0-2M)、内角を突いたシュートが清田の頭部に直撃。
危険球退場になった因縁の経緯があった。
その後の対戦では4打数2安打、2二塁打1三振、4月8日(○E7-4M)にも3打数1安打1三振。
危険球以降、7打数3安打、2二塁打、2三振と分が悪い状況が続いていたからだ。

しかし、本戦では中飛、中飛、空三振。
スライダー主体の変化球の組み立てで球を低めに集め、リベンジの3タコ。
8回の対戦は、直前の鈴木が一ゴに仕留めた後。
ここで投げ急ぐことなく、1塁ベースカバーで走った後の自身の呼吸をしっかり整えて、自分の間合いで清田との対決に向かったのが、印象に残っている。【終】

20170520DATA04.jpg

20170520DATA05.jpg



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



5月も首位快走! 4年ぶり2度めの優勝が現実味を帯びてきました!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、5月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


【試合評】 好調ファイターズとの激戦を制して今季最多の貯金15~2017年5月16日○楽天イーグルス6-4日本ハム
【試合評】 岩手県営野球場を熱狂させた「過去7年間で3度目」の奇跡!~2017年5月17日○楽天イーグルス15-6日本ハム
【試合評】田中和基鮮烈デビュー、菅原秀好救援など収穫ありの敵地敗戦~2017年5月19日●楽天イーグルス3-4xロッテ



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}