【試合評】 3月4月58%が5月86%へ大幅改善。ウィーラー復調を示す「気になるデータ」の正体~2017年5月11日○楽天イーグルス4-1ロッテ

スポンサーリンク







釜田佳直を救ったウィーラーの初回先制3ラン




今シーズンいまだにカード負け越しがない楽天。
しかし、本戦は「遂に年貢の納めどきかも...」と思われた。

というのは、先発・釜田の今季は被OPS.987、ローテ失格と言える成績だったからだ。
さらに、釜田はロッテ戦を苦手にしていた。
その通算成績は11試合3勝3敗、防御率6.64、WHIP1.75。
特にトミージョン手術復帰後は酷く、2015年は19.29、2016年も9.31だった。

未曾有の貧打にあえぐロッテ打線も、釜田と戦うことで目覚めてしまうのではないか?
試合前にそんな予想を立てていたが、ウィーラーが釜田を救った。

1番・茂木が先頭打者四球で歩き、3番・島内との間にエンドランが成功。
茂木の好走塁とセンターを守る荻野貴の悪送球も重なり、1死3,2塁を作った直後、ウィーラーのバットから先制の3号3ランが生まれた。

オフに体調不良を患い、満足な食事を摂ることができず、痩せてしまったウィーラー。
ベスト体重とはほど遠い状態で来日3年目のキャンプインを迎えたことで、3月4月は思うような結果が出せなかった。
しかし、5月6日西武戦から、慣れ親しんだ4番に座ったことで、調子を取り戻しつつあった。
以降の成績は16打数5安打、3得点、1打点、1三振、1死球、1本塁打の打率.313。

そのウィーラーが、118kmスライダーを捉えた。
相手先発・佐々木が投じたボール先行1-0からの失投だった。
心地よく振り抜いた一閃は、打球速度161kmに変身し、打球角度24度で舞い上がり、左翼ポール直撃する先制の3号3ランになった。

この当たり、スライダーを仕留めたという点が大きかった。


■ウィーラーの球種別打率



というのは、ウィーラーの不振は、なかでもスライダーの対応の後手後手にあったからだ。
オープン戦のスライダー戦績は12打数ノーヒット4三振。
開幕後もその傾向は続いた。
上記表のとおり、3月4月は.150の低アベレージ。
コンタクト率も58.1%と低く、空振りシーンが目立っていた。
ホームランバッターにとって、スライダーは上手くコンタクトできれば心地よく飛ぶ球種になる。
しかし、3月4月はコンタクトできた場合も打球上がらずゴロを打たされることも多かった。

それが5月に入り、改善してきたのだ。
本戦終了時で5月のスライダー戦績は7打数4安打、2本塁打の打率.571。
コンタクト率85.7%まで上昇し、打ち返した打球7本中6本は外野飛球になり、そのうち2本が柵越えになった。

両軍のスタメン

ロッテ=1番・荻野貴(中)、2番・平沢(遊)、3番・鈴木(二)、4番・福浦(一)、5番・清田(右)、6番・ダフィー(三)、7番・伊志嶺(っ指)、8番・田村(捕)、9番・柴田(左)、先発・佐々木(右投)

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(右)、3番・島内(中)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(一)、6番・アマダー(指)、7番・岡島(左)、8番・藤田(二)、9番・足立(捕)、先発・釜田(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20170511DATA02.jpg
HANREI3.jpg

ウィーラー&アマダーの競演弾は3度目




4回には前夜「打」の主役、6番・アマダーのバットが火を噴いた。
ここのところつきっきりで指導してきた池山コーチに感謝を捧げる一撃になった。

代わったばかりの二番手・大嶺祐との対決は1-2と追い込まれていた。
アマダーは2ストライク以降になると、打撃成績が著しく悪化する。
昨年は63打数7安打、1二塁打、1本塁打、32三振、3四球の打率.111。
今年も54打数10安打、1二塁打、1本塁打、29三振、4四球の打率.185だった。

ところが、本戦では2球連続低めに誘われ、1-2と追い込まれた直後の高め142kmストレートを効率良いスイングで応戦した。
普段なら低めに意識が引き寄せられ、高めの警戒がおろそかになりそうなシーン。
そんな場面で高めに入ったファストボールを逃すことなく、体重を後ろに残した完璧なスイングでバックスクリーンへと放り込む4号ソロになった。

ラテンアメリカには珍しい、大変なシャイボーイ。
物凄く考え込んでしまうタイプ。
アマダーの気分転換にとナインがよかれと思って登場曲をNHK朝ドラ「あまちゃん」のテーマ曲に代えたときも、露骨に嫌な態度を見せたと報じられている。
そのアマダーが今季初の2試合連発。
2軍落ちの危機ぎりぎりのタイミングで、スランプの出口を見つけたと言えそうだ。
ウィーラー、アマダーのアベックホームランは昨年8月3日オリックス戦(○E6-1Bs)、同8月17日ロッテ戦(○E10-5M)に続く3度目の競演になっている。

楽天は助っ人2発の活躍劇と、6回以降を福山、森原、ハーマン、松井裕とつないだブルペンリレーの奮闘劇で、カード勝ち越しに成功。

チーム成績を1位、30試合22勝8敗の勝率.733、貯金を今季最多14に伸ばした。
ロッテ戦成績は6勝1敗、5月戦線は6勝3敗とした。

ゲーム差は2位・ソフトバンクと2.5、3位・オリックスと6.0、4位・西武と8.0、5位・日本ハムと11.5、6位・ロッテと14.0としている。


20170511DATA03.jpg

《釜田佳直の投手成績》

5回、打者20人、球数72、被安打5、被本塁打1、奪三振1、与四球1、与死球1、失点1、自責点1。




トミージョン手術復帰後、2度目の中5日登板。
打線の援護と救援陣の活躍もあって2勝目を手にしたが、正直、不満の残る投球内容だった。

菅野愛郁さんのベンチリポートによると、試合前の釜田は「長いイニングを投げたい。ここのところボールが高めにいっているのが打たれている原因。低めに投げるにはどうしたらよいのか考えてフォームの調整をしてきた」と抱負を口にしていたという。

しかし、今季最多4点の援護に恵まれながら、責任投球回最低限の5回までになった。
これで釜田のQS率は0.00%である。
これは5試合以上で先発したパリーグ先発投手19人中ワースト値。
0.00%なんていう数字は釜田1人だけである。

試合後の梨田監督の記者会見も、厳しいものになった。
釜田の置かれた現実をよく表している。

「1失点は1失点なんですけども、やはり、ああいう2回、3回、4回と先頭ホームラン、ヒット、ヒットと。そういった部分でかなり逆球、ボールの高さといますか、そういうものも多かったのでね。ひょっとすると4回で変えなくちゃいけないかなというところもありましたけども」

梨田監督が言うように、ストレスの溜まる走者の出し方だった。
2回は先頭・清田にホームランを浴び、3回は先頭・柴田に1,2塁間をゴロ突破され、4回は福浦に流し打ちの先頭打者安打を許した。
いずれもストライクゾーンに甘く入る制球力不足のストレート。
それを面白いように弾き返されてしまったのだ。

最大ピンチは4回。
2点リードながらも、安打、死球、四球で招いた1死満塁ピンチ。
8番・田村の右邪飛で3塁走者・清田がタッチアップ本塁生還を狙った場面だった。

このとき、ライトのペゲーロと中継に入った藤田が、効率の良いバックホームの連携プレーをみせた。

フェンス際ギリギリのフライをペゲーロがしっかりとした体勢で捕球すると、中継の藤田にしっかり返球した。
昨年までのペゲーロなら、力任せに直接バックホームを試み、球を大きく吹かしての大暴投。
3塁走者の生還どころか、2塁走者、1塁走者の余計な進塁まで許してしまうというシーンになっていたはずだ。
しかし、来日2年目の成長なのだろう、ここはしっかり中継に好返球、バックホームを藤田に託した。

返球を受けた藤田もすぐさま身をひるがえし、ストライクの本塁返球。
突っ込んできた清田を完全なタイミングでタッチアウトにしている。

この絶妙な中継プレーがなければ、梨田監督の言うように、4回でKOされていたはずだ。

72球を投げて空振りはわずか1球しか奪えなかった。

球威はあるはずだ。
というのは、5回平沢を二ゴに仕留めた149kmのストレート(初速148km、終速137km)は回転数が2458回転だったからだ。
これは則本と遜色ない回転数である。

にもかかわらず、コンタクトされやすく、弾き返された打球がヒットになる確率が高いということは、回転数以外の部分に原因があるのだろう。
ロッテが普通の状態だったら、炎上していてもおかしくはない釜田の出来だったのだ。

今月下旬から4週連続の6連戦日程が始まる。
このような状態だと、釜田はそのタイミングで、2軍調整中の塩見や安楽、ルーキーの藤平のうちの誰かと入れ替わりということになりそうだ。




20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



開幕ダッシュ大成功! 4年ぶり2度めの優勝が現実味を帯びてきました!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、5月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


【試合評】 岸、森原、松井裕。敵地で見せたイヌワシ三投士の熱闘劇~2017年5月7日○楽天イーグルス3-2西武
【試合評】 辛島が平沢にマルチヒットを弾き返されたその理由~2017年5月9日●楽天イーグルス4-6ロッテ
【試合評】 鷲のエースが垣間見せたNPBでの完成形~2017年5月10日○楽天イーグルス5-0ロッテ



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
26位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}