【試合評】 3戦連続の二ケタ奪三振をみせた則本昂大のマイナーチェンジ~2017年5月3日○楽天イーグルス4-2オリックス

スポンサーリンク







大入りにふさわしい光るプレーの数々




4月16日の記録を塗り替える、本拠地最多動員更新の27,259人。
大型連休の本拠地デーゲームにふさわしい「首位攻防戦」になった。

光るプレーが随所にあった。

今季初の4試合ノーヒット、スランプの出口を見つけられずにいるウィーラーが、本戦では足でハッスル。
1点先行した6回、先頭でまわった打席だった。
誘い球を打たされたゴロは、ショート正面のイージーゴロ。
これを遊撃・安達がグラブで弾いて後逸。
打球が転々とする間隙を突き、ウィーラーが一気に2塁へ。
頭から飛び込んでいく好走塁をみせた。

直後、岩手生まれのフランチャイズプレーヤーのバットから適時打が生まれた。
「自分が流れを変えようと思った」という銀次の当たりはこの人らしい打撃で、低めの球を上手くおっつけたもの。
測ったように左中間前方ゾーンに落とすフライヒットで、ウィーラーが悠々2点目のホームを踏んだ。(楽2-0オ)

翌7回は、ゴールデンウィークの良き思い出に!とばかりに、茂木が皆朱の槍を一閃している。
お立ち台で則本が「茂木ナイスバッティング」と謝意を伝えた6号2ランの結果球は、ボール先行2-0から松葉がストライクを取りにきた甘いスライダーだった。
角度31度で舞い上がった打球は打球速度164kmで推定飛距離122mを飛来し、右中間スタンドに吸い込まれていった。(楽4-0オ)


◎shibakawaが信州の山奥で鷲ファンやっているその理由

両軍のスタメン

オリックス=1番・宮崎(中)、2番・西野(二)、3番・安達(遊)、4番・小谷野(一)、5番・T-岡田(左)、6番・中島(指)、7番・駿太(右)、8番・鈴木昂(三)、9番・若月(捕)、先発・松葉(左投)

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(右)、3番・ウィーラー(三)、4番・アマダー(指)、5番・銀次(一)、6番・島内(中)、7番・岡島(左)、8番・藤田(二)、9番・足立(捕)、先発・則本(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20170503DATA02.jpg
HANREI3.jpg

過去の塀際好守を思い出す、背番号23の好プレー!




そして、個人的には聖澤のファインプレーなのだ!

2年ぶり完封勝利目指して9回のマウンドにも登った則本が、T-岡田に9号2ランを被弾し8回0/3で降板。
松井裕がゲームを終わらせるべく登板したシーンだった。

その最初の打者、中島とのフルカウント対決。
高めストレートを打ち返された打球は、左中間真中を襲うホームラン性の快飛球になる。
これを追いかけた聖澤が、フェンス激突のジャンピングキャッチでもぎ取ったのだった。

聖澤によるホームランボール阻止の守備は、昨年6月8日ヤクルト戦以来になる。

みなさん、覚えているか?
このときも松井裕を救っていた。
2点リードの9回2死3塁、柵越えなら同点という場面で、グラブに当ててホームランを阻止した。
二塁打になり1点差に詰められたが、松井裕が後続を三振に取り、無事、チームが勝利したというシーンで飛び出した好守だった。

チームの勝利をもぎ取り、則本、松井裕を救ったスーパープレーという意味では、2015年4月18日の日本ハム戦(○E4-2F)の福田を彷彿とさせた。

あのときも2点リードの9回1死1塁、西川が放った右中間フェンス直撃コースを、センターを守っていた新人の福田が約20mの長駆背走、フェンス際のジャンピングキャッチでグラブに収めた美技になった。
場内歓声に包まれ、ベンチの則本が立ち上がって拍手を送るあのプレーを思い出さずにはいられない、聖澤のファインプレーになった。

それにしても、大きな勝利になった。
4月21日ソフトバンク戦(●E3-4H)以来、今季2度目の外国人トリオのノーヒット。
負ければ今季初のカード負け越し、オリックスに同率で首位タイに並ばれてしまうという一戦、相手先発・松葉も中盤まで好投を演じていただけに、価値のある勝利になった。

首位攻防の第2ラウンドを勝って1勝1敗としたイーグルスは、これで成績を1位、23試合17勝6敗とした。
ゲーム差は2位・オリックスと再び2.0、3位・ソフトバンクと3.5、4位・西武と5.5、5位・日本ハム、6位・ロッテと11.0としている。


◎かみじょうたけしさんが鷲ファンになった理由に激しく同意!



《則本昂大の投手成績》

8回0/3、打者32人、球数119、被安打7、被本塁打1、奪三振12、与四球3、失点2、自責点2。

際立った「空振り+見逃しストライク」割合の高さ




則本昂大vs松葉貴大。
大学時代から因縁ある1990年生まれ同期対決は、昨年の4月29日(則本勝利、松葉勝敗つかず)、5月18日(則本黒星、松葉白星)に続くプロ3度目のマッチアップになった。

前半戦の5回まで、両先発の投手戦。
2回1死3,2塁で岡島三ゴの間に楽天が1点を先制したが、則本、松葉ともに5回まで散発3安打という好投の応酬になった。
しかし、グラウンド整備後の後半戦、イーグルスが相手の守備ミスを逃さずに攻め立て、主導権を握り、ゲームを支配した。

今季の則本は、最初の3試合(4月4日ソフトバンク戦、12日西武戦、19日西武戦)はWBC後遺症で序盤は好投するも、中盤以降にリリースポイントが乱れ、著しくパフォーマンスを落とし、失点がかさんでいた。
しかし、前回登板の4月26日ロッテ戦では、最後まで球威衰えず、本人の感覚と外からデータで見たときの内容が初めて合致しての好投になっていた。

本戦はその延長戦上で飛び出した3勝目の今季ベストピッチになった。

投手にとって理想のピッチングとは、打者にバットを振らせずにストライクを奪うことである。
その次に良いピッチングは、スイングされてもバットに球を当てさせず空振りを奪うこと。

本戦の則本は、この2つを高いレベルで成し遂げていた。

全投球に占める「空振り+見逃しストライク」の比率は35.3%。
これ、開幕戦で美馬がマークした35.8%に迫る、先発陣2位の好成績になった。


鷲ファンが気づいていない則本のマイナーチェンジ




最速153km、150km超え合計33球を記録する一方、最遅は113km、平均118kmのカーブも積極的に組み立てに混ぜ込み、緩急を作り出してのピッチングは前回に引き続きだ。

おそらく、WBC後遺症でフォームを安定させる目的があったこと。
それに、1年目からのフル回転で肘や体調に配慮するためにも、投球のクオリティを落とさず、身体にかかる負担を少しでも逃がしていきたいという狙いがあるように思われる。

則本のカーブといえば、昨年まで例年3割前後を打たれ、イマイチな球種だった。
ところが、今シーズンはマイナーチェンジを敢行。

一昨年の平均球速が102.7km、昨年が107.4kmだったところ、今年は116.4kmと10km近くスピードアップしている。
どんな球種でも、高速であればあるほど打者の対応が難しくなり、コンタクトされてもゴロになりやすくなるという話を聞いたことがある。
前回に続いてカーブを織り交ぜた投球が奏功したのは、カーブの球速アップも一役買っているのでは?という気がしてならない。

他球団に先駆けて2014年に導入したトラックマン。
則本はそこから得られるビッグデータを自身のトレーニングに活かしているという。
今回のカーブの高速化の試みも、その一環でヒントを得たのかもしれない。
今後も高速カーブを多く織り交ぜていく新スタイルを、ぜひ継続してほしいと思う。


...というような感じの試合感想文をほぼ毎試合、主にnote/まぐまぐメルマガで綴っています。note/メルマガ読者さん現在約50名!

あなたもぜひ参加して楽しんでみてください。ご案内は下記です。【終】

20170503DATA04.jpg
20170503DATA05.jpg



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



開幕ダッシュ大成功! 4年ぶり2度めの優勝が現実味を帯びてきました!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、4月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 快進撃を支えた投手陣の原動力「マル秘の投球術」~2017年4月30日○楽天イーグルス2-1日本ハム
【試合評】 2被弾に不運な適時三塁打...「予兆」はあった2回の先制3失点~2017年5月2日●楽天イーグルス1-4オリックス



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}