【試合評】 楽天が良く打ち、良く点を取る「あまり語られない最大理由」~2017年4月22日○楽天イーグルス11-2ソフトバンク

スポンサーリンク







理想の形で投打かみ合った正念場のホークス5回戦




2戦連続の延長12回サヨナラ負け。
カード初戦の前日、楽天は今季最多7人のリリーフ陣を注ぎ込み、総力戦で敗れていた。
ここを落とせば、若鷹軍団に勢いを与え、楽天は今季初の3連敗になってしまう正念場の一戦、楽天ナインの闘志は全く衰えていなかった。

初回、銀次の今季7本目タイムリーが大きかった。
1番・茂木、2番・ペゲーロの長短打、3番・ウィーラーが1塁に歩いて作った無死満塁で、4番・アマダーが5-4-3の併殺打に倒れた直後、2死3塁で飛び出したのが選手会長の適時二塁打だった。

併殺間による三走生還で得た最少得点で終わってしまうのか。
それとも2死3塁から再び進軍ラッパを高らかに鳴らすのか。
ここでイーグルスは銀次の一撃で後者を選択する。
スタメンに戻ってきた6番・今江もタイムリーで続き、初回に先制3得点を挙げたのが、まず大きかった。

主導権を握った楽天は、その後、加点に成功する。
長短打の集中砲火に四球を絡めて3点を奪った初回とは一転、3回4回は鮮やかな一発攻勢で相手先発・大隣を沈めた。

まずはアマダーだ。
3回に今季2号ソロが飛び出した。
133km、118km、122kmときて、結果球は120km低めチェンジアップ。
緩い球速帯のなかで投じられた半速球は、この巨漢の大好物なのだ。
屠った白球は弾丸ライナーに化けて、左翼ホームランテラス一直線。

4回は嶋、ペゲーロの競演になった。
嶋は今季1号、果敢に引っ張った当たりが左翼席まで届いた。
高めの128kmストレートを仕留めた。
昨年の高めゾーン打率.302、ハイボールヒッターならではの主将の号砲だった。

ペゲーロは両リーグ最多の7号。
今日も神様のおかげだった。
スライダーを打ちにいった当たりはバットの先だったが、力で押し込むかのように右翼ホームランテラスまでもっていく大隣KOの一発になった。

両軍のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・ペゲーロ(右)、3番・ウィーラー(三)、4番・アマダー(指)、5番・銀次(二)、6番・今江(一)、7番・島内(中)、8番・松井稼(左)、9番・嶋(捕)、先発・美馬(右投)

ソフトバンク=1番・中村晃(左)、2番・今宮(遊)、3番・柳田(中)、4番・内川(一)、5番・デスパイネ(指)、6番・松田(三)、7番・吉村(右)、8番・高谷(捕)、9番・本多(二)、先発・大隣(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20170422DATA02.jpg
HANREI3.jpg

良く打ち、良く点を取る「あまり語られていない最大の理由」




正直、ぼくは左腕の大隣から大量6得点を取れるとは、思っていなかった。

というのは、今季の楽天打線はサウスポーを打てていなかったからだ。
オープン戦では右打者打率.218に対し、左打者は.208。
開幕後も右打者.276に対し、左打者は.224という数字があったからだ。

しかし、そんな心配はどこ吹く風と全くの杞憂。
信じられないほど良く打ち、良く点を取ったのだ!

この後も、楽天は敗戦処理で出てきたホークスの若手投手陣を打ち砕き、松井稼の史上100人目のNPB通算200号、島内による2号ソロも飛び出すなど、球団史上3度めの1試合5本塁打、今季最多15安打&今季初の毎回安打で11得点を挙げた。
ソフトバンク戦で11点以上を取ったのは、2013年8月30日(○E11-6H)以来、じつに3年8ヵ月ぶりの快挙になっている。

今季の楽天が凄いのは、相手先発に与えた白星が、4月5日の武田翔太1人だけということ。
一方、黒星は8個つけてきた。
本戦終了時データで、楽天戦に投げてきた敵軍先発の防御率は5.98なのだ。

これまで貧打がデフォ、長打力不足が球団創設以来の慢性的課題になっていた楽天。
しかし、見違えるような破壊力を手に入れた最大原因は、いったいどこにあるのだろう?

良く指摘されているように、2番からペゲーロ、ウィーラー、アマダーと外国人3人を並べる超攻撃的布陣が相手に畏怖を与え、失投の誘発に成功したのか?

確かにその要素もあるだろう。
しかし、それだけでは説明がつかない。
事実、3番4番に座るウィーラー、アマダーの打率はまだ1割台だからだ。

ぼくは、今シーズンから本格稼働している「VR打撃練習」の先行者利益だと考えている。

NTTデータと共同開発し、昨年9月5日に正式発表された「IT時代の次世代打撃練習システム」だ。

選手は特殊ゴーグルを装着して打撃練習を実施。
その特殊ゴーグルの中には仮想現実、ヴァーチャル・リアリティの世界が広がるというもの。
バッターボックスに立ったときの球場のリアルすぎる風景が細かく描写され、実際に投げられた球をデータ解析し、18.44m先から忠実に再現していく。
選手たちは、例えば則本昂大投手のスライダーなど、当該投手の球筋・軌道を事前にチェックできるという優れモノだ。

昨年11月26日、NHK BS1で放送された『スポーツデータコロシアム』では開発の過程について詳しく報じられていたので、ご覧になった方もいるかと思う。

一部運用を開始した昨年も「局地的な大戦果」を挙げていたことは、下記のnote/メルマガでご紹介したとおり。


◎所さんも目がテン! 楽天の劇的ビフォーアフターな某成績の改善劇。匠の正体は今季試験導入のVR打撃練習だった?! (2016/11/28)


今年は開幕から本格稼働、試合前にレギュラークラスの選手が相手先発の球筋を入念に目慣らしし、ゲームに臨んでいるのだろう。

来日がキャンプの途中になり調整も遅れ、オープン戦打率も.188に沈んだペゲーロが、開幕いきなり打棒爆発したのも、右ふくらはぎ痛でWBC出場辞退し、オープン戦でもたった16打席しか打席に立てず、生きた球をほとんど経験できなかった嶋が、開幕後、確かな選球眼を発揮することができているのも、この次世代打撃練習システムの恩恵という部分が大きいと思っている。

そして、VR打撃練習の素晴らしいところは、おそらくシステム一式を携帯できることなのだ。

同じようなシステムは、香川が在籍するドルトムントなど欧州サッカー界にすでに導入されている。
ピッチに立ったときのサポーターのチャンテや声援まで忠実に再現し、選手のメンタル面をも鍛える大がかりな装置があるのだが、あれは携帯できないのだ。

しかし、楽天のVR打撃練習は前述した番組を見ても分かるとおり(極端に言ってしまえば)ノートパソコンと特殊ゴーグルと、六畳一間ぐらいのバットを振ることができる空間さえあれば、いつでもどこでも練習可能になってくる。

ということは、敵地でもOKなのだ。
今シーズンの楽天が、普通は不利とされるビジターゲームでも圧倒的戦果を残しているのは、そういうことだと思う。

(もちろん、VR打撃練習のほかに、恵まれた日程、選手個々の成長など様々な要因があると思っているが、なかでもカギを握っているのが、この練習システムだと思う)

20170422DATA03.jpg

《美馬学の投手成績》

9回、打者33人、球数133、被安打7、被本塁打1、奪三振7、与四球2、失点2、自責点2。

今季チーム1番乗り! 美馬学の救世主的な完投





それにしても、美馬は良く1人で投げきってくれた。
133球は昨年9月1日の日本ハム戦で記録したプロ最多135球に次ぐ球数の多さだった。

ヒーローインタビューに呼ばれた背番号31は、トレードマークの白い歯と笑顔をニコッとのぞかせながら「最後はけっこうしんどかったですが」と口にしたが、そこには大役を成し遂げた達成感と爽快感があった。

打線が大隣から大量6点を挙げたものの、先発・美馬が若鷹軍団の反撃に遭っていたら、戦況は接戦になっていただろう。
接戦の展開になれば、ホークスの継投も主戦級が出てくるだろうし、そうなれば、こちら側も主戦級のブルペンリレーで応戦せざるをえなくなる。
そうなれば、勝利の価値も半減していた。

美馬はそのリスクを、嶋の好リード支援を受けながら、完璧なかたちで回避。
救世主的なピッチングで、楽天に理想郷の勝利をもたらしたのだ。

最大の危機は、6点リードの4回に直面した1死満塁だった。
打席には前日サヨナラ犠飛を打っていた5番・デスパイネを迎える手に汗を握るシーンになったが、持ち味の内角シュートで注文どおりの併殺ゴロに始末。

終盤はホークスの右打者を相手に、インスラの投球練習を行う余裕をもみせ、マウンドをほぼ完璧に支配した。


...というような試合評を、今シーズンもnote/まぐまぐメルマガで綴っています。

鷲好きあなたの観戦のお供に、良き伴走者めざして。
ぜひ、あなたも当メルマガを楽しんでみませんか?

まぐまぐメルマガは、今月すでに15本を配信済み。
最初の1ヶ月を安心してお読みいただける『初月無料』サービスで、ぼくらとぜひ感動を共有してみてください!

今月中に読者登録いただくと、今月配信の全コンテンツ(配信済15本+今後数本)を無料でお楽しみいただけます。


◎本邦初公開!お見せします!shibakawaが送る有料コンテンツ読者数が約50名の『その証拠』



「思った内容と違うなあ...」ということでしたら、今月中に登録解除していただければ、翌月以降の課金は発生せずに、今月のコンテンツは無料でお読みいただける、出血大サービスのおトクなサービス!

ぜひぜひ、これ使っちゃってください。
詳しい御案内は下記になります。



20170130久米島キャンプ
鷲好きあなたの「良き伴走者」めざして
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界



開幕ダッシュ大成功! 4年ぶり2度めの優勝が現実味を帯びてきました!
鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、4月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。
試合評を中心に、月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記note、下記URLにまとめましたので、ぜひ。


http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
【試合評】 継投のタイミングを誤った首脳陣の判断ミスが生んだ今季初のサヨナラ負け~2017年4月19日●楽天4-5x西武
不振ウィーラーがクリアすべき「最後の難関」と、気になるペゲーロの「異変」
【試合評】 外国人トリオ今季初のノーヒット、徒労の4時間50分~2017年4月22日●楽天イーグルス3-4xソフトバンク



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
26位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}