茂木&中川の反撃一閃。新人田中2安打2盗塁。楽天、今季初の対外試合で勝利~2017年2月14日○E8-4ハンファ

スポンサーリンク




今シーズン初の対外試合を制す!





今季初の対外試合は、韓国のイーグルスと対戦。
沖縄キャンプ中、西武の田辺前監督が臨時巡回打撃・守備コーチを務めるハンファとの一戦になった。
試合結果は10安打を放った楽天が8-4で勝利した。
昨年12球団最低に終わった盗塁を課題に掲げる中、5盗塁を決めている。

対戦相手のハンファは、10球団から構成される韓国プロ野球で昨年7位。
チーム防御率5.76(リーグ平均5.17)というチームだ。
2月12日には中日と練習試合を戦い、21安打を浴びて1-18の大敗。
同13日にはヤクルトと一戦交えて、3-6で敗れ、NPB球団相手に3連敗としている。



HANREI3.jpg

初回、派手に動く





先制はハンファ。楽天は初回にいきなり4点を奪われ、追う展開でのスタートになった。
2死2塁から先発・森雄大が四球がきっかけに崩れた。
その後、長短3連続のつるべ打ちタイムリーに遭い、いきなりの4失点。(楽0-4ハンファ)

しかし、楽天も直後の1回裏、立ち上がり不安定な投球内容をみせたハンファの先発を攻め立てた。
枡田慎太郎のタイムリーで1点を返すと、その後、1死満塁を作り、中川大志が逆転決勝の満塁ホームラン!
初球、高めに甘く入った速球を完璧なタイミングで一閃。
角度良く上がったフライボールが左翼席へ消えていく、場内どよめきの一発になった。
(楽5-4ハンファ)

初回大きく動いた試合は、その後、小康状態に突入する。
その均衡を破り、中盤の5、6、7回、イーグルスが小刻みに追加点を挙げた。

5回は、相手バッテリーのタイムリー暴投。
6回は、1死3塁で島井が右中間前方に運ぶフライヒットで、3塁走者をホームに迎え入れた。
7回は無死3,1塁、三好の6-4-3併殺打の間に三走が生還した。(楽8-4ハンファ)


小刻みな継投で2回以降はシャットアウト





楽天投手陣は2回以降は零封リレー。
森の後、支配下登録に最も近い宋家豪、侍ジャパン組の2人が投げ、以降は左腕4人の継投。
6回以降は得点圏に走者の進出を許さなかった。

途中交代を含めて数多くの選手が出場したが、今江年晶の出場がなかったのが、やや気がかりだ。
11日の紅白戦でも予め記入されていた練習メニューにはスタメン出場の予定だったが、急遽外れて姿を見せなかった。


楽天のスタメン

楽天=1番・茂木(遊)、2番・田中(右)、3番・島内(中)、4番・枡田(指)、5番・銀次(一)、6番・中川(三)、7番・西田(二)、8番・足立(捕)、9番・島井(左)、先発・森(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■打撃成績
20170214DATA02.jpg

1番・茂木、初球撃ちの誕生日安打は、反撃開始の中越え二塁打





いきなり4点を追う重苦しい雰囲気を、すぐさま払拭してみせたのが、茂木だった。
23歳の誕生日を迎えた茂木は、1番・遊撃でスタメン出場。

その第1打席だった。
女性ファンによるハッピバースデー♪が終わるやいなや、快音一閃。
相手先発の初球をいきなり打って出た快飛球は、センターの頭上を軽々越えた。
着弾した打球はワンバウンドでフェンスに到達。
茂木は悠々のツーベースで2塁に到達すると、そこでお役御免。
代走・村林とバトンタッチしている。

茂木といえば、8日のシート打撃、11日紅白戦、そして本戦、ここまで6打席全てファーストストライクをヒッティングしている。
この初回先頭打者二塁打がなければ、初回の5得点はなく、味方を勢いづかせた一撃になった。

バトンタッチした村林も、すばらしかった!
紅白戦で左越え2点二塁打を放ったバットは4の0に終わったが、持ち味の守備力でピンチの芽を摘み取った。
5-4の1点リードした5回、相手は1番打者からの攻撃。
遊撃前方のボテボテゴロ。
内野安打で出塁を許せば、走者を置いた状況でクリーンアップにまわるのは確実。
この緩いゴロ打球に対し、しっかり前進チャージをかけて補球すると、淀みのないランニングスローで1塁送球アウトにした。
不安のないグラブさばき、足さばきは「堅守」の二文字がふさわしいものになった。


外野の茂木栄五郎になれるか?!





8日シート打撃でも、11日の紅白戦でもヒットがなかったルーキーの田中和基。
2番・ライト先発出場した本戦で、「お待たせ!」の快音が飛び出した。
1打席目は四球。
相手先発の制球難でバットを振る機会を得られず、3-1から1塁に歩いた。
ヒットが飛び出したのは、その第2打席だった。
甘く入った初球をピッチャー返し。
相手投手のグラブを弾く内野安打で出塁すると、3打席目も中安。
ショートの右、2塁ベースの左をゴロで射貫く当たりで、マルチ安打とした。

田中の躍動は、これだけでは終わらなかった。
塁に出て打者から走者に変身すると、すかさず2盗塁をマーク。
いずれも、直前に投手牽制を受けるなか、相手の警戒をかいくぐっての達成になった。

とくに5回無死1塁で走った二盗は、直前に2回連続で牽制を受け、頭から帰塁していた。
その直後に仕掛けたが、当然、相手バッテリーも走ることは分かっている。
アウトコースにボールを外す警戒のなか、2塁を盗むことに成功している。

今シーズン、田中は昨年の茂木のような活躍劇ができるだろうか?
引き続き、楽しみにルーキーのプレーを注視したい。


伊志嶺忠、慣れないレフトで好守備





8日シート打撃でも、11日の紅白戦でもヒットがなかったのは、前述した田中の他、三好匠と伊志嶺忠がいる。

本日の伊志嶺は、終盤8回に代打起用され、2-2と追い込まれてからセンターへの浅いイージーフライに倒れたが、直後に入った守備で好プレーを見せている。
慣れないレフトに入った9回。
1死1塁で相手の右打者が左中間後方に捉えた当たりの飛球を打ち返した。
打たれた瞬間、「割ってしまうかな...」と固唾をのんだが、背走した伊志嶺が落下点に到達。飛来するフライ打球をグラブに収める、濱矢の被安打を1本消去する好守をみせている。

伊志嶺といえば、紅白戦でも隙を逃さないプレーをみせていた。
0-0の2回2死1塁、打席は堀内。
その初球、古川の投球がインコースに外れてボールになったそのときだった。
伊志嶺がすかざる1塁へ矢のような牽制。
大きく飛び出していた1塁走者・足立祐一の判断ミスを逃さず、みごと牽制死においやった。
打者は左打者、1塁への視界は不良になる。
投手の投球はインコース。
左打者+インコースは1塁に送球しにくい状況。
にもかかわらず、安定したスローイングをみせていた。

今、伊志嶺はバットの状態がかんばしくないのだろう。
そのなか、なんとか守備で!という意気込みが伝わってくる。


■投手成績
20170214DATA03.jpg

森雄大、1年前と明暗分ける結果に...





ちょうど1年前のハンファ戦。
4-0で勝利を収めた2016年2月14日も、森が先発していた。
あのときは、3回を投げて無失点。
被安打1、与四球2を許したが、2個の奪三振を奪い、打たせた打球は全てゴロにとどめ、ゼロを並べた。
しかし、今日は上記表のとおりである。

2死2塁から4番・ロザリオに与えた9球目の四球も、同2,1塁から5番の左打者に浴びた8球目の2点二塁打も、いずれも3球目、2球目でストライク先行で追い込むことができた投手有利のカウントだっただけに、もったいない。

2死2塁で対峙したハンファの4番、ウィリン・ロザリオに粘られたことでリズムを崩してしまったか。
2011年~2015年、MLBのコロラドロッキーズでプレー。447試合1601打席で打率.273、OPS779、71本塁打。
昨年から活躍の場をKBOに移し、昨年は33本塁打を放った右の強打者だった。
森がメキシコウインターリーグで対峙した外国人打者と比べると、実績の点では1枚上の選手だった。


松井裕を含めて左腕5人リレーになったその理由





ドラフト9位の高梨(1イニング三者凡退、上々でした)を始め、5人のサウスポーを登板させた背景には、久米島2軍キャンプで調整を続けていた金刃憲人が、本日から「コンディショニング指示」の別メニューに入ったことも、すくなからず影響しているのだろう。

金刃と言えば、巨人時代を含めて、2年連続で安定した成績を残した実績がない。


◎個人年度別成績 【金刃憲人 (東北楽天ゴールデンイーグルス)】 | NPB


たしかに昨年は素晴らしい活躍だったが、一方、今年33歳を迎えるベテランの域であり、いつ衰えが始まっても不思議ではない年齢に足を踏み入れている。
というワケで、今年も活躍できるか?できないか?と心配していたのだが、13日の練習メニューにはなかった「コンディショニング指示」が14日から金子の欄に登場した。
「コンディショニング指示」とは、怪我や故障など、どこかしら身体に不調をきたした選手が取り組む別メニュー。
金刃の状態が具体的にどんなものか?分からないが、貴重なリリーフ左腕の1軍戦力を、このままだと開幕に欠いてしまうことも考えておかなければならない。

そのため、6回以降、サウスポーを一気に登板させたのだろう。
お互い競わせて、1軍戦力を見きわめていく。
はたして梨田監督の心をつかむのは、誰になるのだろう?【終】



20170130久米島キャンプ
あなたが知らない、「数字」で診るイーグルスの新たな世界


球音到来! 開幕まで待ちきれない!
逸る心をテキストに込めて、鷲ファンきってのデータマニア、@eagleshibakawaのタイピングが、2月3月もスパークする!
現在、noteを含めて読者45~50名。月10数本のコラムをお届け中です。
中村紀洋超え、まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングTop10入り!

こんな読者さんにオススメ!

  • 「仕事も家庭も忙しい毎日だけど、おらが東北の楽天を応援するのが、至福のひととき」という鷲ファン

  • 「データ」や「数字」を肴に野球観戦を楽しみたいキミ

  • スポーツ新聞やネットニュースに食傷気味のあなたへ


読者さんの感想、反響数々!

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「いつも深みのあるデータ、コメントに圧倒され、『なるほど!なるほど!!』と感心させられております。柴川さんがご披露していただいたデータを元に、自分なりの冷静な視点で観戦できるので今季のイーグルスの戦いぶりも楽しみです」

ご入会のご案内など、詳しいことを下記URLにまとめましたので、ぜひ。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-361.html



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
今季パリーグのペナントの生殺与奪を握る「極端すぎる」試合日程
明暗分かれた崖っぷち組。今キャンプ初のシート打撃を見た! 《2017久米島キャンプ第2クール2日目》
あの若鷲選手はどうだった?! 出場選手の投打成績表を掲載。久米島キャンプ紅白戦レポート



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}