期待高まるオコエ瑠偉のホームランキャッチ

スポンサーリンク



楽天外野手のホームランキャッチ、ありましたっけ?!





こんにちは。@eagleshibakawaです。
楽天に関する、あらゆるデータの収集を標榜する、鷲ファン代表のデータマン、野球ブロガーです。
ブログやnote、まぐまぐスポーツ・アウトドア有料版ランキング常時TOP10入りするメルマガ運営と並行して、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアへの寄稿も実施しています。

みなさん、NHK BSの「球辞苑」、ご覧になっていますか?
昨日、1月14日(土)夜23時からの放送回の特集は、「ホームランキャッチ」でした。

見逃してしまった!という方、ご安心あれ。
再放送が1月19日(木)夜20時にあります。
内容はこんな感じです(下記参照)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2016年、2度あったホームランキャッチ未遂事件





「ホームランキャッチ」ということで、ぼくの不確かな記憶をフル回転してみたのですが、楽天外野手のホームランキャッチって、まだ1度もないような気がするのですが、みなさんの記憶と合っているでしょうか?

もしあるよ!という方、いましたら、ぜひ教えてください m(_ _)m

昨年は、あともう少しでホームランキャッチ!というシーンが2度ありました。

6月9日、コボスタでのヤクルト戦(○E3-2S)、2点リードした9回2死3塁でした。
我らが松井裕樹投手の145kmを、西田明央選手が引っ張って一閃。
左翼Eウィング行きのホームラン性の大飛球が、フェンス際ぎりぎりを襲いました。
この飛球を、レフトを守っていた聖澤諒選手が塀際でジャンピングキャッチ。
補球することはできませんでしたが、柵越え性の飛球をグラブに当てて阻止。
1点返される二塁打になりましたが、同点2ランを阻止する大きな守備をみせてくれました。
この後、後続打者を凡退させ、みごと1点差の逃げ切りを制した勝利ゲームになりました。

もう1つは、9月3日のソフトバンク戦(●E1-7H)です。
これもコボスタでのホームゲームです。
1点を追いかける7回無死3塁の場面でした。
明石健志選手が安楽智大投手の130キロスライダーをすくいあげの一閃。
右翼Eウィングコースの大飛球が大空に舞い上がりました。
その大飛球を右翼手ペゲーロ選手が背走。
塀際ギリギリでジャンプ一番!
グラブでかき出すようにして阻止。
タイムリースリーベースにはなりましたが、ホームランを阻止する大場面でした。


まだ見ぬホームランキャッチ。オコエ選手に期待!





でも、残念。2つともホームランキャッチではなかったんですよね。

「球辞苑」の番組内では、コボパーク宮城はホームランキャッチしやすい球場ランキングで、1位・神宮球場、2位・マツダスタジアムに続き、3位にランクインされました。
データスタジアムさんの調査によると、フェンスギリギリを襲う飛球が多く、他球場と比べてフェンスも低いところがあるため、生まれる可能性は高いのだそうです。

2017年はぜひともコボパークで楽天外野手のホームランキャッチが見たいですよね!

ぼくが期待を寄せているのは、1にも2にも、オコエ瑠偉選手です!!!

というのは、下記表をご覧ください。


■2016年 楽天外野手 外野大飛球フライアウト数



こちらは、昨年、楽天外野手の外野守備イニング数と、外野大飛球フライアウト数をまとめたものになります。
外野大飛球フライアウトとは、ウォーニングゾーンを襲ったフライをアウトにした数です。

フライアウトの数でいえば、島内宏明選手の18が最多。
しかし、各々、守備イニングがバラバラですから、一概に島内選手が塀際大飛球に追いつく頻度が高いとは言えません。
そこで、これを9イニング当たりの発生頻度で見ると、オコエ選手の0.25がチーム最多になりました。

昨年のオコエ選手は、320回という限られた外野守備イニングの中で、数多くの塀際大飛球に追いついてアウトにしていたのです。

塀際大飛球に最も追いつく可能性が高い外野手はオコエ選手と言うことができるので、オコエ選手にぜひホームランキャッチを期待したいのです!!!

見ることができるでしょうか?!

期待したいと思います!




《メルマガの御案内》
もっと楽天を「深堀り」しよう!
あなたが気づいていない
イーグルスの新たな魅力と現在地
数字やデータでご紹介します!




現在、オフだからこそ楽天を熱く語り尽くす!の趣旨の下、月十数本を配信してます。
まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

こんな読者さんにオススメ!

  • 数字を肴にプロ野球を楽しみたい楽天ファン

  • 自身でもデータ分析をしてみたいけど、日々多忙でなかなかできない「もどかしさ」を抱える鷲ファン

  • 最近、数字で見るプロ野球の面白さに気づいたイーグルスファン

  • 主観オンリーではなく、定量的な事実にもとづいた論評を読みたい東北楽天ファン


読者さんの感想

「鋭いデータ分析に基づく記事、興味深く拝見させて頂いております。shibakawaさんのデータ収集力には目を見張るものがあり、いつも感銘を受けています」

「仕事も家庭も忙しい毎日の中で、Shibakawa様の記事を拝読する時間が私の至福の時間となっております。各方面からの分析を駆使した記事を拝読できますことを大変楽しみにしております」

「今後も楽しみにしております。奇跡を信じて、てっぺん目指して応援しましょう♪」

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


東北を熱狂に巻き込む楽天の新星は誰だ?! 2017年楽天イーグルス期待の若手選手まとめ
1番・銀次で「夢と感動」「首位打者」を鷲掴め! プロ通算2試合しか経験のない選手会長をリードオフマンに推す、「たった1つの決定的すぎる理由」
2番で打率3割だ。打って良し!つないで良し!の死角なし。 楽天の2番打者は茂木栄五郎の一択だ!《梨田楽天2017年スタメン予想》
梨田楽天の3番は島内宏明だ! 「目を見張る才覚」を活かすには3番こそ!と考えるそのワケ《梨田楽天2017年スタメン予想》



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}