強肩でもワンバン処理能力でもない、鷲ファンを代表するデータ好きが唸った、楽天・足立祐一捕手の真に凄いトコロ!!!

スポンサーリンク








こんにちは。@eagleshibakawaです。
信州上田在住。郷里の英雄・真田幸村の赤備えが楽天カラーのえんじ色に見えるイーグルスファンの野球好きです。

鷲ファンきってのデータマニア/ブロガーとして、2009年にブログ開設。現在はブログnote有料メルマガと並行して、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアへの寄稿も行っています。

今回はかねがね書いておきたいと思っていたこと。
ぼくが最も評価する、足立祐一捕手の素晴らしい部分を書いてみようと思います。

「データ好きのshibakawaさんだ、きっと強肩やブロッキングを挙げるんだろか」
「積極的なインサイドワークかな?」

これをお読みのあなたは、そう想像しているかもしれません。

もちろん、それらは素晴らしいスキルであり、捕手・足立を形作る欠かせない特徴。
記録好きとしては、興味津々の対象であることには間違いありません。

しかし、今回指摘したいのは、コミュニケーション能力リーダーシップ性です。

ご存じのとおり、足立選手は5月21日の日本ハム戦でプロ初出場・初スタメンを飾っています。
出始めのころ、投手との呼吸が合いませんでした。
首を振られるケースが恐ろしく多かった。

当方記録を確認すると、8試合に出場した5月は、投球と投球の間に投手に1度でも首を振られたケースは24回もありました。
これ、5月の倍以上21試合でマスクをかぶった6月の数(25回)と、ほぼ同じ数だったんですよ。

これだけ短期間の間に、投手陣に首を激しくブンブン丸されても、足立選手は自信喪失しなかった。
それどころか、かなり早い時期から、イニングインターバルのベンチでは自ら投手のもとへ出向き、積極的にコミュニケーションを取る姿がありました。
中継映像越しで見たぼくの印象ですが、その会話の主導権、いつも足立捕手が握っていたようにみえたんです。

25歳ながらも(先日17日に26歳になりました)、すでに球史に名を残す実績を持つ則本昂大投手。
そんなエースにも遠慮することなく自分の意見を伝え、相手の考えを引き出し、意見のすり合わせをしていました。
年齢も上、プロ年数も上、どちらも年上という存在の美馬学投手と組んだときでも、物怖じすることなくベンチで意思疎通を取るシーンが印象的でした。

これって凄いことだと思います。
もちろん、息が合わない以上、試合中に修正を試みるのは当たり前の作業ですが、新人捕手とプロ2年目以上投手のバッテリーなら、投手が主導権を握ってもおかしくない場面です。
しかし、足立選手の場合、自ら積極的に出向きました。
これ、相応の勇気と根拠が必要だと思うんです。
それが正しいか?間違っているか?はともかく、かくかくしかじかだから自分はこう考えている!という強い野球観や信念がなければ、投手と意見を戦わせることはできませんから。

同じこと、小関翔太捕手、下妻貴寛捕手はできたでしょうか。
残念ながら、そのイメージ、湧いてこないですよね。


一般社会でもそうなのでしょうが、とくにプロの世界では、年齢の上下関係が大きく影響します。
高卒でプロ入りした捕手にとって、この年齢の壁、ぼくらが想像する以上に大きいと思うんですよ。

高卒1年目は全分野で力量不足です。
野球選手の技量も、人間的にも未熟、年齢では一番下っ端です。
監督・コーチの首脳陣、はたまた泉犬鷲寮の寮長から、どやされることが仕事みたいな立ち位置ですよね。
先輩選手からも、一人前扱いされることはなく、ひよっこ扱いの日々。

それが、高卒2年、高卒3年と続く。
やがて、チーム内の人間関係は完全に固定化されてしまうでしょう。
後輩が入ってきても、1度築かれてしまった関係性は容易には変わることはありません。
ちょっとやそっとの人間的成長や技量向上では、それを打破することが難しくなってくる。
そうこうするうちに、青雲の志は蝕まれ、練習にも実が入らなくなり、ファームで満足するだけの存在になってしまう...

たとえばの話をしましょう。
高卒1年目で集合時間に遅刻することが多かった捕手がいたとします。
でも、3年も経てば、そんなこともなくなりました。
寝坊して遅刻してしまうのは、年に1度あるぐらい。
でも、そのたった1度あっただけで、周囲に「お前の寝坊癖は、まだ治らないのかよ~」と思われてしまう。
こういうことって、ぼくらの一般社会でも、あるあるだと思います。

1度も1軍出場なく球界を去った山本大明選手を始め、小関選手、下妻選手ら楽天の高卒捕手がいまだ大成できない背景には、正捕手・嶋基宏のデカすぎる存在の他、上に上げた人間関係がもたらす負の呪縛も大きいと思っています。

一方、26歳でプロ入りした足立選手は、人生に揉まれてきました。
社会人を経験したことで、野球界という閉じた世界だけではなく、外部の世界も知ったでしょう。
いろんな属性の人たちと交流する機会も多かったでしょうし、そこでいろんな人生経験を積んだはずです。
野球にかぎらず、生きていく上で腹をくくる場面、覚悟を決める場数も何度も踏んできたことでしょう。
もちろん、足立選手が本来持っている気質も大きかったことは、言うまでもありません。

その意味で、野球に限らずいろいろな経験を持つ足立捕手を取って本当に良かったと思いました。

もし足立選手が社会人卒ではなく、積極的なコミュニケーション能力もルーキーとは思えないリーダーシップ資質も持たなかったとしたら、今年のイーグルスはもっともっともっと苦しんでいたはず。
おそらく、前半戦で完全に積んでいたことでしょう。

2年目の来年、細川亨捕手というさらなる良き手本も入団します。
足立選手には期待したいと思っています。【終】


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村





《御案内》中村紀洋の野球マガジンより読者数が多い当メルマガを読んでみませんか?





まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


鷲ファンならみんな知ってる!!! 楽天のドラ3新人・茂木栄五郎のキラリ輝く10の優れたスキル
視界から消えた暴投を見事に処理! オールドルーキー足立祐一のワンバウンド処理能力に括目せよ!
ルーキーながらも阻止率3割!! 強肩すぎる活躍を見せた足立祐一の盗塁阻止全記録その全貌



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}