防御率0.00は今大会1位タイ。好投続く楽天・古川侑利の2017年起用法を考える

スポンサーリンク



古川がアジアウインターリーグで初先発





こんにちは。@eagleshibakawaです。
故郷の英雄・真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える信州上田在住の楽天推しの野球ブロガーです。

ブログ有料メルマガnoteの運営と合わせて、「週刊野球太郎」「ベースボールチャンネル」など野球専門メディアにも寄稿する野球ブロガーです。

台湾で開催中のアジアウインターリーグ。
楽天の古川侑利投手が今大会初の先発を務め、好投しました。
その内容をお伝えしたいと思います。



古川3回無失点。ピンチの芽を2度の併殺で摘み取る





ヨーロッパ選抜とのナイトゲームでした。
試合は8-2でイースタンが大勝。
初回、四球出塁後に三進していたオコエ瑠偉選手が、3番・平沢大河選手のタイムリーで先制のホームを踏むなど2得点。
その後も、6四球と制球難で力量劣る欧州勢投手陣から小刻み追加点を重ねました。

古川投手は前回12月3日ウエスタン戦の1イニング7球から中1日で先発。
3回を投げて3安打1三振、無失点の28球でした。
ピンチの芽をゲッツーで切り抜ける要所の巧さも光りました。

立ち上がりは、真っすぐを打たせて右飛、三ゴ、遊ゴの三者凡退のワンツースリーでした。

2回は先頭打者に安打出塁を許します。
ボール先行3-1から、ストレートを中前へ打ち返され、無死1塁。
しかし、後続の右打者を落ち着いて5-4-3の併殺打に仕留めます。
初球でした。インハイ狙いの真っすぐを投げ込み、思惑どおりにひっぱらせてのサード正面ゴロでした。
2死後、内野安打でランナーを1人出しますが、後続を3球三振に取ります。

3回は1死後、追い込んでから1,2塁間をゴロ突破される右安を許します。
ここでも注文どおりでした。
後続の右打者に低め投球をひっぱらせ、5-4-3の併殺網に。
3安打ながらも、スコアリングポジションへの進出を防ぐ、安全運転の28球でした。


気になるストレートの球速ダウン






球種割合はグラフのとおり、真っすぐを主体に、変化球を織り交ぜる内容でした。

ストレートは最速142km、平均138.9km。
ここまでリリーフ登板した3試合はいずれも最速145km以上を計測しましたが、今回はペース配分を考えなければならない先発ということもあり、球速がダウンしたのだと考えられます。
ただ、そのダウン幅が大きすぎるのが心配。
平均138.9kmはNPB1軍の平均値からも数km遅れをとっています。

今年、古川投手は2軍イースタンで69.1回を投げて防御率2.60の好成績でした。
しかし、その内訳をみると、下記表のとおり、防御率は救援1.01、先発4.28と明暗分かれたんですよね。
その理由は、先発になると、球速が著しくダウンし、球威も落ち、打ち込まれてしまうということなのだと考えられます。


■古川侑利 2016年 2軍投手成績〔先発・救援別〕


来年1軍定着を目指すにはリリーフか?!





秋季教育リーグでも救援1回無失点ながらも、先発14回13失点でした。

このことを考えると、現状、古川投手を1軍で活かすには、リリーフ起用が合っているのかなと。
先発の駒数は、岸孝之投手がFA入団したことで、則本投手と岸投手の二本柱に、塩見貴洋投手、釜田佳直投手、安楽智大投手、美馬学投手、辛島航投手...と揃っていますから、来年1軍に定着していくにはリリーフ登板が合っているのかなと思います。

話を元に戻します。
この日のストライク率は60.7%。
66.6%が目安とされるなか、やや物足りない内容でした。
2-0、2-1、3-1などボール先行場面も目立ったのは、10球投げた変化球のうち7球ボールなり、変化球が決まらなかったこと。
この試合、初回先頭打者への初球をカーブから入るなど、緩急を意識した組み立てを目指していた古川投手。
しかしながら、カーブを投げた直後の真っすぐで、緩急をつけているのにヒット2本を打ち返されたのは、カーブでストライク入らず、いずれもボール先行になったところの真っすぐを狙われたからでした。
この辺りは課題として残ったかなという印象です。

これで大会通算投手成績は、7回、打者24人、70球、被安打4、奪三振5、与四球2、失点0。
防御率0.00は、8イニングを投げている巨人・桜井俊貴投手、7.2回を投げた韓国の洪廷玗投手と並ぶ1位タイとしています。


オコエ瑠偉、2盗塁1安打の活躍





内田靖人選手は2試合連続でスタメンを外れて出場なし。
一方、オコエ選手はこの試合も1番・センターで先発出場しました。
結果は、四球、遊ゴ、右飛、中安、二ゴ。
イースタン選抜の先発全員安打の一翼を担いました。
盗塁もなんなく2個を決めています。

1打席目の四球は、前述どおり、その後の平沢選手タイムリーで先制のホームを踏んだもの。
2打席目の遊ゴは1死3,2塁でひっかけるかたちになりましたが、三走の生還を呼び込む打点つき。
3打席目の右飛は1死2,1塁で高め変化球を右翼ウォーニングゾーンまで飛ばし、2塁走者のタッチアップ三進を助ける大フライに。打ち損じたのでしょう。オコエ選手はあと一歩で柵越えしなかった打球を見送りながら、悔しがっていました。
4打席目の中安は高めの球を叩いて、2塁ベース右、セカンド左を破りました。
5打席目の二ゴは1死2塁のフルカウント勝負から、真ん中気味に入った投球を右打ちのチームバッティング。2塁走者を3塁に送りこんでいます。

それにしても、外野大飛球は今大会5本。
明らかに力をつけてきていることが確認できますから、今後も楽しみです。




《御案内》中村紀洋の野球マガジンより読者数が多い当メルマガを読んでみませんか?





まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料メルマガ読者数ランキングでは10月4日現在、「中村紀洋の野球マガジン」を上回る読者数です。さあ、あなたも、読者登録をしよう!

新規読者登録サービスとして、登録初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。



関連記事


「オフも語り尽くすshibakawaの鷲応援マガジン冬季版」の御案内
君は見たか? 台湾武者修行で生まれた、鷲ファン美味しすぎの珍光景~12月3日●日職東軍5-7日職西軍
へええ!そうなのか!驚異の才能を発揮し始めたオコエ瑠偉の台湾武者修行~12月4日●日職東軍4-7中華培訓



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
20位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}