【試合評】 ミラクル崖っぷち。楽天9月3連敗スタート~2016年9月3日●楽天イーグルス1-7ソフトバンク

スポンサーリンク



現在noteと合わせて読者約50名!!
嬉しいことに今夏、急増しました。
読者登録頂いた皆さん、ありがとうございます。
メルマガの詳しいご案内は下記記事をご参照ください。
みなさんのご参加、お待ちしております。

◎メルマガ読者募集のお知らせ。ミラクルイーグルスを信じ、共に楽天を応援しましょう!



あの熱かった8月の勢いは、どこへ行った?

※本分は全て無料公開しております。普段、有料メルマガでどんな雰囲気の試合評を綴っているのか、気になっている皆さん、ぜひご参照下さい。


カレンダーがめくられ、9月に突入した途端、楽天の反攻もピタリと終焉を迎えてしまったようだ。

ミラクルイーグルスを実現させるために、1試合1試合が本当に重みのあるものになっていく中、9月は3連敗のスタートになった。
一方、3位・ロッテは同日、西武を9-8で降している。8月の後半に3勝13敗と大失速したあの苦境を脱したように見え、8月31日から引分を挟んで3連勝とした。

◎3位・ロッテ、4位・楽天の成績表


3位とのゲーム差9.0に開く

これで3位・ロッテとのゲーム差は再び9.0に広がっている。

ロッテが残り試合を勝率5割のペースで戦った場合、楽天は残り24試合を21勝3敗で戦わなければならない。このとき、ロッテの最終的な勝率は.525、楽天はそれを上回る.529でCS進出が可能になるのだが、いずれにせよ、厳しい情勢になってきた。

チーム成績は4位、119試合53勝63敗3分の勝率.457、借金は再び10へ。

各種戦績は、後半戦19勝18敗1分、直近10試合5勝5敗、ソフトバンク戦6勝14敗1分、コボスタ29勝26敗1分、先制された試合23勝49敗になっている。

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・中村晃(左)、2番・本多(二)、3番・江川(中)、4番・内川(指)、5番・松田(三)、6番・明石(一)、7番・吉村(右)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・千賀(右投)

楽天=1番・島内(中)、2番・茂木(遊)、3番・ペレス(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・ペゲーロ(右)、6番・今江(三)、7番・中川(一)、8番・藤田(二)、9番・足立(捕)、先発・安楽(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160903note02.jpg

先発・安楽は5回までゼロを並べた。楽天先発投手が5回まで零封した今季20度目の例になった。

2回、4番・内川の痛烈な打球が右足直撃(投ゴ)。一度ベンチに下がって治療を受けた後、マウンドに戻り、痛さを堪えて好投した。マジックが点灯し、新たに明確な目標ができたホークス打線を、5回まで僅かに散発2安打に抑えるゲームメイクを見せた。

しかし、味方打線が安楽の好投に応えることができない。9回を投げ切った相手先発・千賀の前に打線がつながらず、散発5単打。9回、2四球と捕逸でノーヒットで貰った無死3,2塁のチャンスで5番・ペレスの遊ゴ時に3塁走者が生還したその1点のみに終わった。

安楽好投の余韻を吹き消す、裏目に出た継投作戦

好投していた安楽は6回に捕まった。

この回は1番・中村晃から始まるホークスの攻撃。その1番打者に安打出塁されると、送りバントで二進。2死後、4番・内川に外角速球を弾き返され、1,2塁間をゴロで射抜かれる右安。これがタイムリーになった。(楽0-1ソ)

翌7回、塁上に走者を残したまま無念の降板になった。

先頭の5番・松田、6番・明石にスライダーを連続三塁打にされて1失点。その後、8番・今宮に粘られ、フルカウント9球勝負から四球を与えて1死3,1塁。9番・鶴岡を一邪飛に打ち取り、106球を数え、次打者が1番・中村晃に打席がまわったところで、梨田監督がベンチを出た。
しかし、結果的にはベンチの継投作戦が裏目に出てしまう。

二番手・金刃が誤算。初球、中村晃にヒット・バイ・ピッチをぶつけて2死満塁、2番・本多は0-2と2球で追い込んだものの、決め球の精度を欠き、4連続ボールで押し出し四球。慌てて火消しに出てきた三番手・青山もおつきあいし、3番・江川に押し出し四球。先輩投手の不甲斐ない投球で安楽の自責点が4に広がってしまった。(楽0-4ソ)

8回は敗戦処理の小野が長短5安打1四球で3失点。9回は大塚が三者凡退投球を見せたものの、結局、1-7の大敗を喫している。


20160903note04.jpg

《千賀の投手成績》

9回、打者34人、球数135、被安打5、被本塁打0、奪三振6、与四球4、失点1、自責点0。

3度あった無死1塁チャンスを活かせず・・・

11勝1敗の防御率2.55、WHIP1.00、リーグ1位の勝率.917右腕だから、苦戦は予想された。

ただでさえ好成績の千賀だが、特にビジター戦績が無双。ビジター11試合77回で7勝負けなし。防御率1.64、WHIP0.91、被本塁打率は僅かに0.23。ホームランテラスが設置され、一転、本塁打の出やすくなったホームゲームでは被本塁打率は1.68と、かなり苦しんでいるのと比べると、雲泥の差だった。

ビジターでは恐らく被弾を気にせず、腕を振って投げることができているのだろう。8月29本の本塁打攻勢を見せたイヌワシ打線も、これは手こずるゾと感じていた。

その通りの展開になってしまったと言えるのだが、それでも楽天にチャンスがなかったわけではない。1、2点先制できれば、恐らく7回以降は福山、ミコライオ、松井裕とつないだはずで、イーグルスにも勝機があったはずだ。

もったいなかったのは、まだ0-0のスコアレスだった3回と4回、1点ビハインドで迎えた6回、この3イニングの無死1塁からの攻撃だ。
3回は無死1塁で1番・島内。ここで送りバント作戦をするかな?と注目されたが、梨田監督は打っていかせた。

恐らくバントが上手くないことが理由にあったのだろう。明大時代にバントをしたことがないという逸話を持つ島内は、今シーズン、走者1塁での「真のバント成功率」は60.0%を記録していた。10回試みて4回失敗していた。また、打撃好調という点もあったのだろう。

しかし、結果はゲッツー... 僅か2球で追い込まれた後、2球続けて変化球を見せられ、島内の意識は変化球に引きずられたはずだ。千賀には鬼落ちするフォークがある。その意識の中、結果球は裏を突かれたストレート。甘く入ってきたが、慌てて当てにいく打撃に終始し、5-4-3の併殺網にひっかかった。

4回は先頭の4番・ウィーラーが四球出塁。続く5番・ペレス(脇腹痛で抹消されたアマダーの代わりに本日昇格)が高めの釣り球に手を出し、詰まった二ゴに打ち取られたが、進塁打になって1死2塁とした。しかし、後続の6番・今江、7番・中川が揃って三振。得点が入らない。
今江はボール先行2-0と打者有利状況だったが、その後に2-2に戻され、2球インコースを真っ直ぐで激しく突かれ、辛くもファウルで逃れた後、外角低めの誘い球に対応できず、空三振に倒れた。

この場面、今江の秘技「バット投げ出し打法」が発動。楽天移籍後の今シーズンはここまで15度発動し、空振り4球(全て三振)、ファウル5球、インプレー打球6球(凡打3、安打3)という結果。15回試みてヒット3本は、なかなかの戦績だったが、ここでは投げ出したバットが当たらず、空を切っている。

3球三振に倒れた中川は、千賀のフォークの餌食になった。

1点先制された直後の6回裏は先頭の2番・茂木が変化球を巧いこと流し打ちして安打出塁、しかし、後続が3番・ペレスという外国人打者という打順の巡り合わせも拙かった。結局、ペレスはゲッツーを打って逸機。

もし後続が日本人打者なら、恐らくバントで送ってまずは得点圏、1点取って同点に追いつこうという作戦だったはずである。というのも、今季、梨田監督は1点を追いかける6回以降の無死1塁、打席が日本人打者のときは実に75.0%の高確率で送りバント作戦を採用していたからだ。

結局、大量点差つけられるまでに3度あった無死1塁を活かすことができなかったことが、痛かった。

20160903note03.jpg

《安楽の投手成績》

6回2/3、打者27人、球数106、被安打6、被本塁打0、奪三振4、与四球1、与死球2、失点4、自責点4。

合格点のゲームメイク

不甲斐ない先輩投手の連続押し出し四球で自責点が2から4に増えてしまい、防御率も4.15に悪化してしまった安楽だが、高卒2年目ということ、序盤に打球を足に受けていたアクシデントを考えれば、合格点の好投だったと思う。

その打球直撃直後に5番・松田、7番・吉村と右打者に内角を攻めた速球がすっぽ抜けて死球を与えてしまった。

それ以降、右打者対戦時に、足立はほとんど内角を要求しなかった。70球中、足立が右打者のインコースにミットを構えたのは、3回2死3塁で3番・江川を見三振に取った結果球、7回1死3塁で8番・今宮に使用した3球、同1死3,1塁で9番・鶴岡を一邪飛に打ち取った結果球、合
計5球。割合になおすと7.1%である。

ここまで安楽とバッテリーを組んだときの足立は、右打者の内角に17.5%の割合でミットを構えたことを考えると、7.1%は明らかに少なすぎた。やはり、死球リスクを回避するため、内角は使いづらくなったのだろう。

配球・投球でそういう制限が課せられながらも、V3に燃えるソフトバンク打線を5回までゼロに抑えたのだ。これはもう立派というより他にないと思う。

6回以降、100球の壁は来季へのテーマとしたい

6回、7回の失点は、やはり、スタミナ不足なのだろう。安楽はここまで23失点中、6回以降のイニングで合計13失点を失っていた。その傾向が本戦でも露呈したと言えそうだ。

しかしである。まだ高卒2年目。100球前後の壁、グラウンド整備など長いインターバルが明けた6回以降の壁は、若手でなくても悩む先発投手の永遠の課題でもある。これは来季の本格的な課題とし、それより、5回までゼロに抑えた点こそ評価したい。

外野大飛球を打たれるシーンが多い

最後に1つ指摘しておきたい。

この課題点も来季以降に本格的に改善に取り組んで欲しいものなのだが、安楽は打者に打ち返された打球(バントは除く)のうち、ウォーニングゾーン以遠を襲う外野大飛球(安打凡打の結果は問わない)の比率が際立って多いのである。



この表は、楽天主要投手の外野大飛球率をまとめたものになる。御覧頂いているように、安楽1人だけが10%超えを記録しているのだ。
本戦でも19打球中、4回松田の左飛、7回明石の右越三、この2本が外野大飛球になった。

明石の当たりは右翼のペゲーロがフェンス際でジャンピングキャッチして柵越えしかけた打球をフェンスの中にグラブを突っ込んで、そのグラブに打球が跳ね返り、塀のこちら側に戻ってきたファインプレーで、もしペゲーロの球際守備がなければ2ランになっていたところだった。

長打リスクを内包する外野大飛球をどうやって削減していくのか、来季以降の課題にして欲しいと思っている。【終】


・・・というような試合評や、データを用いた分析コラムなどを、まぐまぐのメルマガで配信中。月十数本の配信で月額514円です

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています(note合わせて50名近く)。さあ、あなたもミラクルイーグルスを信じて、読者登録をしよう! noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。

さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。


◎◎◎関連記事◎◎◎
無名ブロガーが有料コンテンツを販売し、読者約50名に御購読頂くようになった奇跡
【試合評】 ミラクルイーグルスを信じる!!~2016年8月25日○楽天イーグルス7-5ソフトバンク
【試合評】 楽天、連夜の敵地快勝!!~2016年8月31日○楽天イーグルス13-4日本ハム
【試合評】 楽天が増井浩俊の前にお手上げだったその理由~2016年9月1日●楽天イーグルス0-8日本ハム
【試合評】 則本昂大、疲労困憊~2016年9月2日●楽天イーグルス6-8ソフトバンク



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}