喜んでばかりもいられない楽天今江敏晃の今季1号ソロ

スポンサーリンク






【note】 8月から始める3ヵ月期間限定Shibakawaの鷲応援マガジンの御案内
詳しい御案内をこちらに書きました。


今江選手に待望1号ソロが飛び出したが、喜んでばかりもいられない実情

昨日の日本ハム戦(●E3-9F)、スコア2-2の同点で迎えた5回表、今江敏晃選手のバットから待望の移籍第1号が生まれました。

二番手・白村明弘がボール先行2-0からストライクを取りにきた150kmストレートを、思い切り良く振り抜いた一閃が左翼席最前列へ着弾する今シーズンの1号は、勝ち越しの一発になりました。

「カウントがカウントだったので、思い切って振りにいきました。今は打席で思い切って打ちにいくことができている」と本人も納得の一撃だったようです。

映像はコチラ⇒ http://tv.pacificleague.jp/vod/pc/topics/niceplay_1607/14570


しかし、喜んでもばかりいられないのが実情なのです。

というのは、今江選手入団当初、梨田監督は何を言っていたかというと、、、

「ロッテ時代に2度日本一になった経験豊富な選手。若い選手を引っ張ってほしい。打率は3割前後、本塁打を2桁打てるくらいの力はある。三塁でプレーしてもらう」

と発言していたのですよね。もちろん、このコメントの中にはご祝儀相場的な期待感も込められていたと思います。

ただ、二桁前後の本塁打は打って欲しいというくだりは、本音だったと思うんですよね。

日本人選手でここ数年、二桁前後の一発をチームに供給し続けてきた唯一の存在、松井稼頭央選手は今年で41歳。いつ衰えが始まってもおかしくない年齢に来ています。

今まで松井稼が担っていた二桁前後の一発共有という役割を、PL学園の後輩、今江選手にバトンタッチできれば。恐らくチーム関係者はそんな青写真を描いていたはずです。

梨田監督の期待感に発奮したか、今江選手も年明け1月の自主トレでウエートを中心とした上半身強化のメニューに取り組みました。「去年はホームランの数も少なかった。全体的にパワフル感がなかった。もう一度体作りをして、パワフルな打撃をしたい。そのために、例年よりかなり多くウェートをしている」と沖縄で汗を流しました。

しかし、フタを開けてみたら、今季、160打席目にしてようやくの1号ソロなんですよね。

純粋な長打力を表すISO。今江選手の数値がリーグ平均値と比べてどのような年度別推移を辿っているのか。下記にグラフにしましたので、御覧下さい。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村





ISOが2年連続で激減

ロッテ最終年になった昨年も、今江選手は400打席でホームラン1本。その前々年、前年は各10本塁打を打っていたことを考えると、長打力に関しては、物足りなさがありました。

しかし、今季のISOはその昨年をさらに大きく下回る値になっています。

この下落は、移籍1年目の重要も大きいのでしょう。キャンプイン直前につまずき、シーズン入っても左尺骨骨挫傷などの影響で打撃の状態が上がらず2軍調整。FA入団の身なのにチームに貢献できていないという焦りと重圧が、技術面、打席結果にも影響を与えているのだろうと容易に推測できます。

それに加えて今年8月で33歳。統計学上、一般的に長打力の全盛期は20代後半と言われています。そのことを考えると、加齢による影響でISOが下落している点も考えなければなりません。

今年は5月11日西武戦(○E8-3L)にNPB史上65人目の通算300二塁打を達成させた今江選手ですが、今年は二塁打も少ないですよね。

安打凡打の結果を問わず、ウォーニングゾーン以遠を襲った外野大飛球という視点で見ても、昨日の1号ソロが今季初でした。ウォーニングゾーン直前の1~2m付近の外野後方に到達した飛球も、ここまで3本のみでした(いずれもフライアウト)。



楽天三塁手OPSをリーグ平均値と比較すると...

今江選手の長打力減少は、幸いにもここまで決定的な痛手にはなっていません。

今年は三塁手OPSのリーグ平均値が前年と比べて減少傾向にあるため、楽天の数値が平均と大きく乖離しているということはありません。

今江選手も三塁スタメン39試合で.675を残していること、ホットコーナーで26試合先発起用されたウィーラー選手が.796を記録したこと等もあり、楽天の三塁手OPSは前年比.054の上昇になっていますが、今江選手の長打力がこのまま戻らないようだと、シーズン終了時には相応の穴になることも否定できません。

という訳で、今江選手の待望1号ソロは、喜んでばかりもいられないのだよという話でした。【終】

・・・といったようなコラムや、データを用いた分析記事、試合評など月十数本配信のメルマガをやっています

こちらの記事のようなデータ系の読み物と、日々の試合評(全試合ではない。任意)など、月十数本配信のメルマガを、まぐまぐでやっています。

noteにも転載してバラ売りも実施、好評頂いており、先月はnoteだけで5,100円の売上がありました。22本の単体記事とマガジン1冊を御購入頂きました。しかし、断然、月額514円のメルマガがお得です。

さらに、新規読者の方には初月無料購読のサービスも!

ご入会はコチラをクリックして下さい

※まぐまぐ以外での販売(銀行振込)も承っております。まずは本稿のコメント欄でカギつきで連絡先を明記の上、お問合せ頂ければと思います。

※さらに詳しい御案内はコチラに書きました。ぜひご参照下さい。


◎◎◎関連記事◎◎◎
【読者募集中】 8月から始める3ヵ月期間限定Shibakawaの鷲応援マガジンの御案内
【試合評】 帯広デーゲームは凡事不徹底の大敗~2016年7月20日●楽天イーグルス3-9日本ハム
ゾーン打率に隠された真実とは?! 野球の構造を理解することの大切さ



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}