【試合評】 足立苦心のリード実を結ぶ釜田苦闘の90球。4位で前半戦終える~2016年7月12日○E4-3L

スポンサーリンク






【note】 8月から始める3ヵ月期間限定Shibakawaの鷲応援マガジンの御案内
詳しい御案内をこちらに書きました。



ペレス2戦連発、2安打2打点。楽天4位で前半戦を終える

反撃の口火を切るタイムリーに来日2号。4打数2安打2打点。新外国人ペレスが連夜の槍働きで、楽天を勝利に導いた。

先手は西武が取った。先発・釜田が5回裏、4本のシングルヒットを集められ、2失点。2点を追う展開になった直後、6回表の攻撃だった。5回まで楽天打線を散発2安打に抑える好投を見せていた西武先発・高橋光が、自ら崩れたのだ。

まるで意識高すぎである。そのことがイーグルスに幸いした。

今季の高橋光は37失点中、実に15失点を6回に失っていた。前回対戦時、則本が高橋光と投げ合った7月1日西武戦(○E3-2L)でも同様。楽天打線は毎回先頭打者を出しながらも5回までゼロに抑えられていたが、2番・藤田から始まる6回、連打と四球で満塁チャンスを作ると、銀次が試合をひっくり返す逆転決勝の走者一掃二塁打を放った。

これらの忌まわしき記憶が、経験の浅い高卒2年目右腕のピッチングを狂わせたのだろう。楽天はその狂いを見逃さず、良く攻め立てた。

6回に崩れることが多い高橋光成

本戦の6回は1番・岡島から始まる好打順。その岡島が制球乱した高橋光の投球をみきわめ1塁に歩くと、ここ最近センターから逆方向の快打がとみに目立つ2番・藤田が、ここでも甘く入ってきた投球を流し打ちのクリーンヒット。無死2,1塁とチャンスを広げると、3番・ペレス。変化球攻めに遭い、追い込まれていたが、高めの126kmスライダーを引っ張り、1,2塁間をゴロで破る右安を放つ。

これで2塁走者が生還した。さらにライト森の3塁悪送球を誘発し、送球がファウルゾーンにテンテンとする間、1塁走者も一気にホームイン。鮮やかな同点劇を演出した。

ペレスのタイムリーの価値

下記に高橋光の楽天戦でのスライダー投球結果をビジュラライズしてみた。今季3試合に登板した楽天戦で、スライダーが最も効果を発揮していたのが本戦だった。ゴロ凡打も多く、見逃しストライクの割合も多かった。一方、ボール球は少なく、楽天打者には不利に働く、相当な厄介な球だった。

この球を仕留めたのが、ペレスである。確かにストライクゾーンの中に甘く入ってきたスライダーだったが、1,2塁間をゴロで射抜くことができたのは、大きかった。



この後、ライオンズにさらなるエラーが飛び出す。ここで高橋光はKO。イーグルスは火消しに出てきた二番手・武隈をさらに攻め立て、1死2,1塁で6番・今江が三遊間を破る適時打を放ち、逆転の3点目を取ることに成功した。(楽3-2西)

7回表にはペレスが左腕・野田のアウトコース投球を軽く一閃。左翼席へ運ぶ2夜連続の2号ソロを放つ。その裏には三番手・福山が森にタイムリーを浴び、4-3と1点差に肉薄されたが、8回ミコライオ、9回松井裕で逃げ切った楽天が今季12度目の1点差勝利を収めている。

勝利投手は5回2失点の釜田で5勝目。松井裕が19セーブを挙げた。

前半戦4位の座を賭けた直接対決。2勝1敗で制したことで、オールスター前を4位以上で終えることができたのは、2013年以来3年ぶりになった。

両軍のスタメン

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・ペレス(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・銀次(一)、6番・今江(三)、7番・三好(遊)、8番・足立(捕)、9番・オコエ(中)、先発・釜田(右投)

西武=1番・栗山(左)、2番・秋山(中)、3番・浅村(二)、4番・メヒア(指)、5番・森(右)、6番・渡辺直(一)、7番・呉(遊)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(三)、先発・高橋光(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160713GAME02.jpg

19連敗をストップさせた楽天

先制された楽天投手陣は合計11安打を浴びたが、4点目以降を渡さない粘りの継投。得点圏で打者13人との対戦を余儀なくされる厳しい戦況だった。最終回も松井裕が浅村に二塁打され、2死3塁と走者に3塁への進出を許したものの、森友哉との同期対決を右飛に仕留め、なんとか3失点にしのいだ。

一方、楽天打線は8試合連続一桁の6安打。特に8番以降の下位打線が合計12打席で出塁は僅かに四球1個と振るわないなど、元気の無さが見受けられた。それでも、数少ないチャンスと相手のミスを絡めて2点先制された直後、逆転に成功した。

実は「味方安打が一桁、敵軍安打が二桁」という条件設定では、今シーズン0勝19敗だった。その流れの中、この試合でようやく初勝利を掴み、前半戦4位を堅守した。それだけ、貴重な1勝を取ったのだ。この勢いを後半戦へ、まずは借金完済を目指して戦っていって欲しい。

20160713GAME03.jpg

《釜田佳直の投手成績》

5回、打者25人、球数90、被安打7、被本塁打0、奪三振4、与四球4、失点2、自責点2。

降板後、釜田のコメント「調子はまずまずでした。登板間隔が空いたのに、5回で降板してしまい申し訳ないです。毎回ランナーを背負ってしまい、自分から苦しいピッチングにしてしまいました。しっかり反省し、次回は改善したいです」

釜田、苦闘の90球

前夜の塩見と同様、釜田も前半戦で5勝目に到達。後半戦に自身初の二桁勝利の希望をつなぐ白星になった。

本人談話には「調子はまずます」とあるが、色々な意味で苦しさ、厳しさが詰まった四苦八苦の90球だったかと思う。

というのは、、、

ここから先は下記のnoteを100円で御購入頂くか、まぐまぐで配信中の月額514円のメルマガにご登録頂くかでお楽しみ下さい

まぐまぐでのメルマガでは、本稿を含むデータ系のコラムや試合評など月十数本の配信で月額514円。現在読者35~40名の間で推移しています。noteでバラ売りを全てお買い上げ頂くより、断然お得です。さらに、新規読者登録の初月はその当該月に配信したコンテンツを全て無料で楽しむことができます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメルアドなどのご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。




◎◎◎関連記事◎◎◎
【読者募集中】 8月から始める3ヵ月期間限定Shibakawaの鷲応援マガジンの御案内
【試合評】 ピンチ脱出に冴えを見せた塩見貴洋の対右打者最強兵器~2016年7月12日○楽天イーグルス5-1西武
【寄稿】 盟友の叱咤で復調した楽天・銀次。4年連続の打率3割達成の可能性は、まだまだある!



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}