エース則本と共に楽天の「投」を牽引!! 今シーズン、塩見貴洋が好投する5つの理由

スポンサーリンク






http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-3096.html


エース則本と共に楽天の「投」を牽引!!
今シーズン、塩見貴洋が好投する5つの理由


今シーズン、塩見貴洋の活躍が目立っている。

現在、楽天のチームQS率は73.5%。リーグ1位どころか、両リーグ1位を記録するその背景には、背番号11の貢献が大きい。QS率100.0%を記録する則本(QS率100.0%)と共に、83.3%を叩き出している塩見の好投が、チーム全体の数字を押し上げているのだ。


▼5月9日現在、セパ12球団のチームQS率。70%超えは両リーグ唯一。開幕34試合でのQS率では、あの2013年の52.9%を上回る。先発陣は好投しているのだ。


多くの指標が改善傾向へ

ここまでの成績は6試合に先発し、1勝1敗。勝利数だけでみれば物足りない。しかし、これは打線とのかみ合わせ、相手先発投手との顔ぶれの問題が多く、「好投すれども・・・」というケースが多い。援護率5.08は一見多いように見えるが、15-4で大勝した4月2日西武戦の影響が大きく、この試合を除いた5試合では、僅か2.53でしかない。

勝利数以外では、改善傾向に向かっている指標が多い。

防御率3.00、FIP3.32、被本塁打率0.46、ゴロ率48.3%は、直近3年間で最高値を記録している。このままの調子を維持し、夏場以降でも踏ん張ることができれば、左肩痛から復帰した2014年以降、最高のシーズンになりそうだ。

塩見好投の要因はどこにあるのだろう?

その要因を5つの理由で説明していきたい。

20160510DATA02.jpg

好投の理由その1:ゴロ率の上昇で弱点克服

2014年と比べて約10%近くのアップになった。

打者がゴロを打つぶんには、ホームランの危険性は99%なくなる。二三塁打の長打リスクも大きく減る。

プロ1年目からの被弾癖、過去2年間の被本塁打率も1.00を越えてしまった塩見の致命的な弱点が、今シーズンはゴロ率上昇させることで、解決している。今季の塩見は39回を投げて被本塁打2にとどめているが、もしこれまでのペースで被弾していたら、あと2本、最低でも2点は一発で失っている計算になる。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村




なぜゴロ率が増えたのか? その原因を幾つか列挙してみよう。

好投の理由その2:球種割合に大きな変更あり

下記に2014年以降の推移をグラフ化してみた。

御覧頂いているように、今シーズンはフォークが前年比7.6%増と増えた。一方、スライダーは前年比4.6%減、この3年間で最も少なくなっている。



フォークはゴロになりやすい球種になる(同球種のNPB平均ゴロ率は58.6%)。一方、スライダーはコンタクトされたときにフライになりやすい球種だ(同NPB平均ゴロ率44.9%)。一発回避が例年の課題になっていた塩見は、今シーズン、フライになりやすい球種を抑え気味にし、ゴロになりやすい球種を多く用いているのだ。

フォークをこれだけ多く使うことができている背景には、下半身主導フォームという問題に加えて、肩や肘などフィジカル面の不安が全くなく、臆することなく投げることができていることもあるのだろう。


好投の理由その3:ストレートに力強さが戻ってきた

ピッチングの軸球に力強さが戻ってきたのも、ゴロ率上昇に一役買っている。

被打率は昨年.261から今年.239に改善され、ストレートのゴロ率も昨年36.0%から今年42.1%に改善されている。球速もここ2試合は従来より2~3kmほど速い平均139.1kmを計測する。

塩見も「下半身が使えて、指にも掛かっている。自信を持って投げられる」「ここ何試合かでボールのキレとコントロールがよくなってきている」「リリース時もしっかりとボールに力を伝えられている」と手応えを口にしている。


好投の理由その4:球を低めに集めることができている

改めて書く必要もないが、一般にゾーンが上がれば上がるほどゴロは減り、フライが増えていく。非力な打者でも、高めの球に合わせるだけの打撃で打球が内野の頭上を越えていくことは、ままある光景である。

Baseball Labから塩見の投球マップを引用する。上段が昨年年(開幕~7月11日までの累積)、下段が今年(開幕~5月3日までの累積)だ。球数の多さによって、赤から青までのヒートマップになっている。当然、赤が最も球数が集まっており、青はほとんど投げられていないゾーンになる。



20160510DATA05.jpg


この2つの投球マップを見比べてみると、打者の左右いずれも、ストライクゾーンの枠、その高め枠線付近の球数が、今年は減っているのが一目瞭然だ。

さらに、左打者に限って言えば、昨年は外角低め以外にも、外角高めや外角中段の一帯でも赤くなっていたが、今年は外角低めのみ赤く染まっている。左打者のアウトコース低め、この投球が徹底できている点が、ゴロ率上昇を作り出ている大きな要因だ。


好投の理由その5:正捕手・嶋基宏の好リード支援


最後に、これはゴロ率上昇というより、塩見好投の全般的な要因になるが、ここまで6試合でバッテリーを組む正捕手・嶋基宏のリードによる支援も大きいと考えている。

そのことを裏付ける1つのデータがある。全球数に占める見逃しストライクの比率を診た、見逃しストライク率だ。(下記表参照)


▼塩見と他3投手の見逃しストライク率。2016年5月9日現在
20160510DATA06.jpg


打者を最も安全な形でアウトにするには、打者に1度もバットを振らせず、最終的には見逃し三振で取ることこそ、理想のアウトの取り方と言える。見逃し三振が取れなくても、打者にスイングさせずストライクを取り追い込み、投手有利のカウントを整えることができれば、これ以上ないくらいピッチングは楽になってくる。

今シーズンの塩見は、まさにそれができている。

見逃しストライク率は全球数の20.8%にも及ぶ。チームの数字が16.9%であることを考えれば、塩見がいかに多くのストライクを見逃しで取っているか、確認できるはずだ。18.44m先の対戦打者は、まさにウインドーショッピングしにバッターボックスに入っているのだ。

そこには、塩見が持つ安定した制球力、ストライク先行の野球観などに加えて、女房役・嶋の好リードによる支援も大きいのでは?と思う。嶋のリードに極端な偏りや明らかな傾向があれば、打者はそこを狙ってくる。これだけ多くの見逃しストライクを取ることはできないはずだ。

左右打者別の配球に変化あり

懸命な読者の皆さんは、上記に掲げた投球マップですでにお気づきかもしれない。
今季、塩見と嶋は、左右打者別の配球を変えてきているのだ。

塩見と言えば右打者のインコースを果敢に攻めるクロスファイアの投球。これが1年目からの持ち味だった。しかし、今季は右打者のインコースの投球割合が大きく減り、アウトコース主体のピッチングに変化している。この辺かは上記の投球マップで容易に確認できる。

減らした背景の1つには、相手の塩見対策も影響しているのかもしれない。そのことを察知した塩見と嶋が、球を散らすべく、傾向を読まれないため、アウトコースを増やしたのだろう。ここまではその作戦が奏功、右打者を.225と実に良く抑えているのだ。

左打者への配球変化は投球マップで明確には確認できないが、インコース狙いの投球に変化が生じている。(※ここで言うインコース狙いとは、嶋が左打者の内角にミットを構えたときの投球を指す)

昨年、左打者の内角を攻めたときの球種はもっぱらストレートだった。しかし、今季はストレートと変化球の割合が半々。変化球はフォークを用いるケースが多くなっている。塩見のフォークは左打者の内角ボールゾーンからストライクゾーン内角へと入っていくフロントドアの軌道を描きながら変化する。そのため、膝元に落として、打者の空振りを誘うというより、フロントドアで意表を突き、打ち損じ狙いで使うケースが多いように感じられる。

この配球で単打2本を打たれてもいるのだが、見三振を含む6個の見逃しストライクと、3個のストライク寄与ファウル、1本のゴロ凡打なども取ることができている。打者にとって全くの想定外の球種だったのだろう、4月2日西武戦の3回1死2,1塁の栗山、4月26日日本ハム戦の4回1死走者なしの近藤、この両者をウインドーショッピングの見三振に取ったフロントドアのフォークは、まさに白眉だった。

打者に狙い球を絞らせない女房役の配球術も、塩見の見逃しストライク率の髙さ、ひいてはその好投に大きく買っているのでは?と考えているのだ。


◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】粉骨砕身はどこへいった? 則本6回降板。エースの不甲斐なさ~2016年5月6日●楽天イーグルス2-3ソフトバンク
【試合評】 2試合連続でLefty Sniperに狙撃された楽天投手陣~2016年5月7日●楽天イーグルス2-3ソフトバンク
【寄稿】 現在パ首位打者、楽天・岡島豪郎が周囲に与えるシナジー効果とは?!



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
26位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}