岡島豪郎の昨季スランプ。その引き金は松井稼頭央の右翼コンバートの影響も大きかった?!

スポンサーリンク





http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-3038.html

──東北は日の出を待っている── shibakawaが作る犬鷲選手名鑑2016ファイナルを配信しました

こんにちは。@eagleshibakawaです。

1月からメルマガで順次進めてきた「──東北は日の出を待っている── shibakawaが作る犬鷲選手名鑑2016」。

先週は愛用のノートPCを修理に出していた影響で作成できず、開幕当日の朝になって、残りの則本、福山、戸村の3選手をメルマガ配信しました。

これで楽天全選手の名鑑作りも見事フィニッシュ。なんとか開幕前に間に合うことができ、ホッとしています。

そして、本日配信した3選手を含めた岡島豪郎、ウィーラー、村林一輝、塩見貴洋、レイ、則本昂大、福山博之、戸村健次の8選手分、まだnoteにアップしていなかったので、先ほどアップしました。

こちらになります。



この中からサンプルとして岡島選手のくだりを全文、noteまたは本稿の再下記にて公開しました。メルマガのコンテンツがどのような感じなのか雰囲気をつかんで頂けたら幸いです。

好評頂いた犬鷲選手名鑑はnoteでもご購入いただけます

1選手20円、10選手分がたったの200円で販売中。新たな知見を手に入れて今シーズンに臨もう!

















岡島豪郎・・・そのバットで勝利の活路を切り開け! 新生楽天のトップバッター!

「1番打者としての起用を考えている。その確率は高くなってきたかな」。梨田監督の心を見事に射止めた新生楽天の1番打者は、背番号27になりそうだ。入団時から知る礒部打撃コーチも「西武の秋山のような安打製造機になってくれれば」と期待を寄せる。

対外戦14試合中7試合で1番スタメン起用され、残した成績は打率.348、出塁率.429(3月10日現在)。まだ分母が少なく、シーズン前の参考値ではあるが、自ら掲げた『出塁率4割』の目標をクリアしている。
プロ入り後、見事な右肩上がりの成長曲線を描いてきた。それだけに昨年の低迷は、ただ残念だ。

1年目は必死に白球にくらいついた。50m6秒1の俊足を活かし、内野安打割合は22.6%。球団史上で岡島しか達成していない新人選手サヨナラ打2本、そのうち1本も三塁線への内野安打で決めた。2年目はシーズン途中に自ら申し出ての外野手転向。1番・右翼52試合に先発出場し、OPS.790、出塁率.405で日本一に貢献した。3年目は右翼レギュラーとして活躍、主に1、3番を任され巧みな打撃で、チーム日本人選手2位の7本塁打と出塁率.353の両立に成功した。

今年は失われた成長曲線を取り戻し、哲朗に奪われたバレンタイコチョコの座を奪い返したい。


☆昨年の不振は、松井稼頭央の右翼コンバートの影響も大きい?!

昨年12月、東京・台場で開催された「SAJ2015 スポーツアナリティクスジャパン2015」。そこに登壇したチーム戦略室アドバイザーの山本一郎氏は、動画解析/映像分析の重要性が増すポストセイバーの時代は、従来以上に「関連性」に重みが増すだろうという話をされていた。(詳細は昨年12月21日配信メルマガVol.118参照)

「関連性」の具体例として紹介されていたのが、山本氏がデータ分析に携わっているオークランド・アスレチックスのプラトーン・システムだ。


◎良いところを組み合わせると、打率2割打者が3割打者に変身?!

※表では誤って打率.600になっていますが、正しくは.300です。

上記図で示したように、対戦投手の左右で各々欠点を抱える打率2割の左右の打者2名を、相手投手の左右で上手く組み合わせて起用すれば、打率3割打者を創出することができるという話だった。

楽天の例で言えば、則本、福山、松井裕を挙げていたのを思い出す。

則本と松井裕は、他投手よりもファストボールの回転数が多く、打者の空振りを誘発できるホップする球を投げるタイプ。一方、福山は「ハエが止まるような球を投げる」「私でも打てそう」と山本氏は表現するほどの、球速に見合ったスピンよりも少ない回転数を投げる真っ垂れタイプ。打者は打ち損じてゴロになるケースが多い。この福山の特徴を「より活かす」には、則本の後に起用するのが望ましく、福山の後に松井裕を使うことで、松井裕の能力も「さらに引き立つ」ことになるという話をされていた。

今シーズン、当ブログもどこまで実施できるか?は分からないものの、「関連性」を意識して観戦していきたい。

その「関連性」に絡めて言うと、昨年の岡島のまさか絶不調も、「関連性」が大きかったのでは?と思うのだ。(もちろん、怪我の影響もあったのは間違いないが、どちらかというと「関連性」が大きかったでは?という話)

数日前の深夜、TL上に誰もいなくなったTwitterでツイートしたけど、Aに言い渡された他部署への人事異動が、移動先でそれまで溌剌と頑張っていた若手Bの焦慮を誘い、Aの人事異動自体は成功に終わったものの、焦燥に苛まれたBは1年間持ち味を出せず自分を見失ったままだった。こういうケース、一般企業でも多いと思う。

これをイーグルスに当てはめると、A=松井稼、B=岡島になる。

前年は岡島が141試合でスタメン出場していた右翼の守備位置に松井稼が102試合で先発出場した。松井稼の右翼コンバート自体は、記録ラッシュが続くベテランの選手生命を維持するためにも良かったと言えるし、事実、ライトで松井稼は主に走者の進塁を良く防ぐ役割をこなしていた(※)。

※・・・昨年パリーグで右翼200回以上の守備に就いた選手10人中、走者の進塁を阻む肩力を表すARM値は、ソフトバンク・中村晃の+2.8に次ぐ+0.6を記録した。F岡、L脇谷、M角中、H福田、L木村、F杉谷、Bs糸井、M清田を上回る数字を見せた。

しかし、今、冷静に考えてみれば、このコンバートはどうだったのだろう?

前年レギュラーとして142試合でプレーし、数字もしっかり残し、これから多くの経験を積んで、さらなる成長曲線を描くことが予想された26歳から、大久保監督は、いきなり定位置を取り上げたのだ。結果、何が起きたか?というと、岡島は不安をどんどん増幅させていったのだ。首脳陣との信頼関係も大いに揺らいだはずだ。

このことは、土井麻由美さんの記事に詳しい。一部を引用する。


◎東北楽天ゴールデンイーグルス「チーム藤田」の始動は、今年も京都のわかさスタジアムから(Yahoo個人/土井麻由美 2016年1月19日11時30分配信)



開幕は1軍で迎えたものの、ポジションが決まらなかったこともあり「やらなくちゃ」という焦りが芽生えた。そして不調により抹消。そこからも焦りばかりが大きく膨らんでいった。「早く上がらなきゃ、上がらなきゃ」と。とにかく自分自身を追い込んだ。5月後半には背中を痛め、実戦復帰まで2ヶ月を要した。しかし体は回復しても、打撃の復調には程遠かった。

そこから得たことは「“休む勇気”を覚える」ということだったという。気持ちばかり焦って、頑張り過ぎてむやみに追い込んだことが、裏目に出てしまったのだ。


確かに競争相手は必要である。「レギュラー3年やって初めて一人前」とは良く言われることである。確かに、まだ3年レギュラーを張っていない岡島のさらなる成長を促し、慢心する暇を与えないためにもライバルの存在は必要だったと思う。

しかし、その乗り越えるべき壁が、海千山千の松井稼だったことが、岡島の焦りを増幅させた1つの要因かもしれないと思っている。あれだけの実績を日米で残してきたレジェンドだ。自分がどれだけ頑張ってアピールすれば、松井稼頭央さんに勝てるのだろうか・・・。普通に考えれば、ちょっとやそっとの活躍では「定位置」は戻ってこないだろう。私が岡島でも、そのように懊悩すると思う。あまりにも存在が大きすぎたのだ。

もし昨年、岡島が「定位置」をある程度の保障をされていたら、自信を持ってプレーし、2014年と同程度、あるいはそれ以上の数字を残しただろうと思うのだ。

これらのことを「関連性」の中で考えると、果たして、松井稼の右翼コンバートはチーム全体として見た時、プラスだったのかどうか...と考えてしまう。

◎松井稼、岡島のWAR推移
20160325note02.jpg

上記表に両人のWAR推移をまとめた。2014年は両人合計2.8のWARを記録した。しかし、2015年は松井稼は前年同推移の1.0ながらも、岡島が前年比2.5減の-0.6で、合計0.4に落ち込んでいる。

この選手総合評価指標を見てしまうと、腕組みせざるを得ないのだ。

では、松井稼の処遇をどうしたらよかったのか?と問われると、私の中でも明確な答えは出ていないが、レフト/DHで良かったのかもしれない。昨年一塁/左翼で出場することが多く、短期間で強烈な閃光を放った中川は、終わってみればWAR-0.2だったからだ。

誤解されるといけないので丁寧に書いておくが、昨年の松井稼のプレーは本当に素晴らしかったと思う。40歳を迎える年に外野手元年という難しさがありながらも、特に前半戦は素晴らしい働きだった。終わってみればチーム日本人選手最多10本塁打に聖澤に続く同2位14個の盗塁、打点も同2位の48を記録した。多くの選手が怪我で戦列を離れる中、最後まで確かな1軍戦力として貢献。その働きを目撃できた我々ファンは幸運だったと思う。

その思い前提で、岡島との「関連性」で考えたとき、どうだったのかな?ということを指摘したいのだ。
松井稼の頑張りが岡島の不振の引き金になったと言いたいわけではない。松井稼を前年岡島が立派に働いた右翼に据えた指揮官の起用方法に疑問符を投げかけているわけで、松井稼云々ということを言っているわけではないので、御了承頂きたい。

ベテランを活かし、若手のさらなる成長を促す。このことの難しさを再度確認することになった。「風が吹けば桶屋が儲かる」「バタフライ効果」と同じで、チーム運用も、良かれとやったことが思わぬ副作用をもたらす。今シーズンはこのことに例年以上に留意してみたいと思っている。【終】

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


◎◎◎関連記事◎◎◎
【重要なお知らせ】 今季から試合評はメルマガ、noteで発表します
梨田監督率いる新生楽天いざ出陣。開幕1軍メンバー決まる〔投手編〕
梨田監督率いる新生楽天いざ出陣。開幕1軍メンバー決まる〔野手編〕


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}