【試合評】 塩見貴洋と森雄大。明暗分かれた両左腕~2016年3月6日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク

スポンサーリンク






http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-3038.html

《note始めました》 https://note.mu/eagleshibakawa



塩見貴洋と森雄大。明暗分かれた両左腕

雲行きを気にしながら始まった倉敷4連戦の第4戦は、終盤で大きく試合が動いた。

両軍6回までスコアボードが全く動かなかった。楽天・塩見、ソフトバンク・和田、両左腕先発投手の投手戦になり、共に4回無失点。楽天は5回以降もサファテ、スアレスの外国人リレーの前にチャンスは作ったが、走者を本塁に呼び込むことができずゼロに抑えられてしまう。楽天は二番手・森が5、6回と無安打1四球に抑える好投で、ゲームは終盤7回を迎えていた。

7回表、これまで2イニング好投を続けていた森がホークス打線に捕まってしまう。先頭打者を四球で出すと、2死まで漕ぎつけたが、2死2塁で上林、カニザレスに連続二塁打を浴びて2失点。(楽0-2ソ)

翌8回は先頭の7番・福田から5連打、この間に守備ミス2個も絡んで3点を失った。(楽0-5ソ)

一方、8回まで散発3安打に封じられていた楽天打線は9回裏、四番手・岡本の2イニング目を攻め、1死2,1塁で代打・伊志嶺による二塁打で1点を返した。(楽1-5ソ)

ラインドライヴの痛烈な打球が右翼線を完全に破る快打の後、哲朗が1塁に歩いて1死満塁。さらにチャンスを広げたが、途中出場の牧田が1-2-3の投ゴ併に倒れて、ゲームセット。昨日に続き、ホークスに敗れる形になった。

これで対外戦成績は13試合6勝6敗1分、得点は53(1試合平均4.08)、失点は57(同4.38)になった。

(下記に続く)

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・川島(三)、2番・本多(二)、3番・柳田(指)、4番・内川(左)、5番・カニザレス(一)、6番・長谷川(右)、7番・福田(中)、8番・高田(遊)、9番・拓也(捕)、先発・和田(左投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・藤田(二)、3番・松井稼(指)、4番・ウィーラー(三)、5番・ゴームズ(左)、6番・栗原(一)、7番・茂木(遊)、8番・オコエ(中)、9番・川本(捕)、先発・塩見(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160306DATA03.jpg
HANREI3.jpg

塩見好投、修正してきたクロスファイア。光った緩急ピッチング

塩見と森、共に開幕ローテを争う左腕は、明暗分かれる結果になった。

塩見は4回6安打4失点の2/28オリックス戦以来となる先発登板になった。前回は生命線のクロスファイアが甘すぎた。右打者のインコースを突く速球の精度を欠き、失投をモレルに一閃、さらに伊藤には3失点の起点になる左翼二を打ち返され、右打者に12打数4安打と打ち込まれた。

今日はその点をチェックポイントに置き観戦したが、見事アジャストしてきた。右打者には22球を投じ、そのうち7球でインコースを速球で攻めたが、狙いどおり全ての球が内角に到達。制球の安定感を取り戻し、右打者を5打数0安打と抑え込むことに成功している。

現在、正捕手・嶋が左手甲打撲で出場を見合わせており、今日マスクを被ったのは入団テスト組の川本だった。本戦が対外戦初の先発マスクになったが、その川本カラーなのかもしれないが、今日の塩見は変化球の割合が多かった。

前回2/28オリックス戦では速球の割合が62.3%を記録したが、本戦は54.9%に下落。その分、変化球が増え、中でも平均107.4kmのカーブが機能。緩急が相手打線を戸惑わせたのだろう、カーブを交えた配球で勝負した打者7人を7打数0安打、2三振、1併殺打と完璧に抑え込むことに成功している。

また、カウント構築も素晴らしく、持ち味のストライク先行投球は前回2/28に続いて継続。4球目以降に決着のついた打者対象で3球目までに2ストライクと追い込むことができたのは、前回は7人中5人、今回も8人中7人と圧倒的な多さだった。

例年、被本塁打が多く、前回も一発を浴びたが、本戦では回避に成功。77.8%というゴロ率を記録し、外野に飛球を打ち返されたのは1回川島左飛この1本だけと上々だった。

20160306DATA04.jpg

森、7回に落とし穴。精度を欠いたスライダー

塩見が4回2安打無失点と結果を出したのに対し、森は4回7安打5失点(自責は3)と精彩を欠いた。ここまで対外戦2試合に先発して合計7回5安打1失点と結果を出していただけに、大変もったいない形になった。

運命の分かれ道は、やはり、7回だったように思う。

この回は1番・川島をフルカウント勝負の末、先頭打者フォアボールを与えてしまう。続く本多の進塁打で1死2塁とされ、打席に3番・柳田を迎えたシーンだった。

実況・中田浩光アナが解説席の松本匡史さんに「松本さん、今日の森の一番のところ、踏ん張りどころが来ましたね」と話を振ったほど、この対決は重要所と見られていた。

そのことは川本x森のバッテリーも良く分かっていて、初球前と初球後に川本が2度マウンドに行くなど時間を取って念入りにコミュニケーションを密にして抑えた空三振劇だった。(3つのストライクを全て空振りで奪取した!)

しかし、この直後、上林、カニザレスの初球連続二塁打をくらってしまう。7回の2失点劇は、最大のヤマ場と見られていた柳田との対決を最高の形で制したことで、それまでピンと張り詰めていたバッテリー間の緊張の糸が、一瞬フッ緩んでしまった結果なのかもしれない。

3点を失った翌8回は先頭打者に安打された後、川本のパスボールで無死2塁とされたことで、相手の勢いに飲み込まれてしまったと言えそうだ。7回をゼロに抑えてベンチに帰ってくることができていれば、8回もまた違った結末だったかもしれないと思うと、かえすがえすも7回が悔やまれる。最高の打者との対決を最高の形で終えた直後の落とし穴。それが勝負の綾だと言えば、そうなのだと思うけど、今季の森に期待しているだけに、残念だ。

今日も四球を3個出すなど課題山積だが、悪かった点をもう1つ指摘しておきたい。昨年終盤1軍2試合でキレキレで、今日の試合前、丸山恵理さんにスライダーでカウントを取りたいと抱負を語っていたそのブレーキングボールが、今日は思うように機能しなかった。ストライク率は実に37.1%の低さ。当方集計では35球を投じて22球がボール判定になっていた。この辺りは次回登板までの修正課題だ。

高ゴロ率の維持は、悪かった中でも収穫点

今度は良かった点を幾つか挙げたい。

全体の空振り率は13.2%となかなかの数字を記録し、ストレートでは14.5%をマーク。10%超えが空振りの取れる真っすぐという評価になるので、この数字がいかに傑出しているか、確認できると思う。ファストボールの平均球速も2/21中日戦の142.1kmから本戦143.2kmと上昇しており、三振も投球回と同じ数を奪取できるなど、球自体の球威はあったと言えるのだ。

また、ゴロ率も57.1%と高かったのは明るい材料だ。2年目までどちらかというとフライを打たれるケースが多かった森だが、昨年以来、フライからゴロへとシフトチェンジの真っ只中にいる。それが継続できた点も数少ない収穫材料になった。

以上、本稿では明暗分かれた両左腕に的を絞って書いてみた。他にも色々言及したいことはあるけど、また別の機会に。【終】

■森雄大 試合別のゴロ率
〔2015年〕
9/27西武戦 58.8% (10/17)
10/3ロッテ戦 53.3% (8/15)

〔2016年〕
2/7紅白戦 100.0% (7/7)
2/14ハンファ戦 100.0% (7/7)
2/21中日戦 50.0% (6/12)
3/6ソフトバンク戦 57.1% (8/14)

20160306DATA05.jpg



◎◎◎関連記事◎◎◎
鷲ファンの中でも指折りの記録マニアshibakawaが注目する、則本昂大の新型兵器と島内宏明の特殊スキルとは?!
【試合評】 昨日の借りを返した呵々大笑の獅子退治。二ケタ得点は今季初~2016年3月4日○楽天イーグルス11-2西武
【試合評】 戸村修正、持ち味出す2回零封。今季初登板の福山、上々のチェンジアップ~2016年3月5日●楽天イーグルス0-2ソフトバンク



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}