【試合評】 9回裏、オコエ懸命。脱兎のごとく走った同点劇。島内宏明、遅れを取り戻す好活躍~2016年2月27日△楽天6-6斗山

スポンサーリンク




1月2月大好評のshibakawa責任編集
「--東北は日の出を待っている-- 犬鷲選手名鑑2016」
話題のnoteでも展開中!!

自分で言うのもナンですが、入魂の内容です。コボスタで6回裏にタコ焼き買ったという気分で是非読んで見て下さい。楽天ファンなら全員知っているあの有名人も読んでいます。各々1選手分のみサンプル公開中。試読頂けます。

◎福田将儀、藤田一也、阿部俊人、長谷部康平、釜田佳直、西宮悠介、牧田明久、下妻貴寛、ルシアノ・フェルナンド、加藤正志

◎中川大志、嶋基宏、武藤好貴、森雄大、今江敏晃、相沢晋、宮川将、大塚尚仁、岩崎達郎、小関翔太

◎青山浩二、キャム・ミコライオ、内田靖人、松井稼頭央、入野貴大、茂木栄五郎、ジェイク・ブリガム、銀次、枡田慎太郎、相原和友

◎後藤光尊、美馬学、伊東亮大、高堀和也、宋家豪、三好匠、伊志嶺忠、片山博視、横山貴明、川本良平

◎辛島航、山内壮馬、栗原健太、濱矢廣大、金無英、菊池保則、ジョニー・ゴームズ、島内宏明、榎本葵、島井寛仁


9回裏、オコエ懸命。脱兎のごとく走った同点劇

梨田監督の初孫誕生の吉報に沸いたイーグルスは、宮崎・お倉ヶ浜で韓国・斗山ベアーズと練習試合を戦った。

スコアは6-6。3回まで投げた先発・戸村と4回1イニングを任された青山が合計4点を先制される苦しいゲーム展開になったが、イヌワシ打線は5回から反撃を開始した。

5、6、7回とコンスタントに点を入れた楽天は、2点差を追った9回、哲朗の左中間二塁打で1点差に迫った。その後もチャンスを広げて1死3,2塁、途中出場のオコエが振り逃げで出塁(懸命に脱兎のごとく1塁まっしぐらだった!!)して塁を埋め尽くすと、続く2番・吉持が押し出し四球をもぎ取って試合は振り出しに。なおも満塁とサヨナラの絶好機が続いたが、代打・嶋が6-2-3の併殺ゴロに倒れ、ゲームセット。対外戦で初のドローゲームになっている。

これで対外戦成績は4勝3敗1分としている。

楽天は8安打。聖澤、吉持、島内のスタメン組が2安打、銀次、哲朗が各1安打という内訳になった。

(下記へ続く)

楽天のスタメン

楽天=1番・聖澤(中)、2番・吉持(遊)、3番・銀次(一)、4番・ウィーラー(指)、5番・中川(三)、6番・岡島(右)、7番・哲朗(二)、8番・島内(左)、9番・小関(捕)、先発・戸村(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160227DATA02.jpg
HANREI3.jpg

戸村3回3失点。元犬鷲戦士エバンスに2点適時打を浴びる

先発は戸村。対外戦登板は2/21中日戦以来の2度目になったが、先発は今季初になる。

3回3失点と精彩を欠いた。持ち味のゴロを打たせる投球術は見られず、ゴロ率は30.8%と低迷した。毎回走者を背負うピッチングになった。

初回は左打ちの1番打者に右前へ打ち返され、右打ちの3番打者には左翼線へ快打となる二塁打をくらい、早々に1点を失った。いずれも引っ張りの打撃。戸村の球が良く動いている時はゴロになってもおかしくないシーンだ。コントロールが甘かった部分もあるが、ゴロ率が低かったことを考えると、球が思うような変化を見せなかったのだろう。(楽1-0斗山)

2回は2死からセンター聖澤がイージーフライを落球。一気に2塁へ進まれてしまったが、バッターボックスは9番打者と下位打線に救われた。早々に追い込んだ後、相手に粘られるがラストは低めの誘い球を振らせ、空三振。事なきを得た。

しかし、翌3回、上位打線の短長3連打で2点を失った。2番&3番の短長連打攻勢を浴び、1死3,2塁のピンチを招くと、打席は斗山の4番、ニック・エバンス。そう、2014年シーズン途中でクリムゾンレッドに袖を通した元犬鷲戦士は今シーズン、斗山でプレーしている。0-1からの第2球だった。アウトコースの投球をやや強引に巻き込むようにして引っ張りにいった打球が、三遊間をゴロで破り、左前へ抜けていく。この当たりが2点適時打となってしまった。(楽3-0斗山)

浴びたヒット5本中、4本がカウントを取りにいく球を打たれているだけに、今後はこの辺りの精度の改善が必要になってくるだろう。次回はピリッとした姿を見せてもらえればと思う。

■対外戦(練習試合、オープン戦)の楽天先発投手の投手成績
20160227DATA04.jpg

入野貴大、早くも対外戦で3被弾

二番手は青山。4回の1イニングを投げて1失点の内容。先頭の右打ち7番打者に甘く入った初球速球を完璧に一閃され、打球は左翼席へ消えていくソロ弾を被弾した。後続3人は3球三振、詰まらせた一邪飛、ボテボテの一ゴと完璧にねじ伏せ、14球で今季初の実戦登板を終えている。

被弾はしたが、青山ほどのベテランになると、照準はあくまでも開幕。この時期はスロー気味の調整だろうから、梨田監督、与田投手コーチも全く心配していないはずだ。

心配と言えば6回1イニングを任された四番手・入野である。

2/16阪神戦に続く今季2度目の実戦登板。前回も2回4安打2本塁打4失点と陽川尚将(右打)、横田慎太郎(左打)の若虎に2本の一発を浴びていたが、今回も右打ち7番打者に左翼席に運ばれている。レフトの足が釘付けになる完璧な打球をくらった。しかも、0-2と追い込んだ直後だっただけに、かなりもったいない一発になってしまった。

昨年は1軍で28回を投げて被本塁打5。被本塁打率1.61の悪さだった入野。あまりにも簡単に柵越えされてしまうのは球質に起因するところなのだろうか? 魔球みかんボールの完成はまだか? 抜本的な修正が必要のように感じている。

石橋、ビシバシ抑えた三者凡退投球。加藤2イニング零封も空振りなし

入野と前後するが、5回1イニングを任された三番手・石橋が素晴らしかった。3回に戸村から3連打で2点を奪った上位2~4番トリオを球数少なく僅かに9球で片づけ、この日楽天投手陣唯一の三者凡退に退けている。(ただ、2番打者に打たれた左飛は塀際まで飛ばされる外野大飛球だった)

7回8回を零封した加藤はいずれのイニングも2死からピンチを招いたが、後続を断つ仕事を完遂させている。ただ、この日も30球を投げて空振りがゼロに終わっている。2/14ハンファ戦も20球でゼロ、2/18起亜戦では22球を投げて2個、合計72球で2個は空振り率2.8%。今日に限って言えば、30球を投げて昨季平均球速90.5kmのカーブは僅か数球だけだったと思う。緩急を使いながらのピッチングではなかったことも空振りがゼロに終わった原因だと思う。この3試合はいずれも力量の落ちるKBO球団での数字なので、今後NPB球団に投げた場合、どう変化するのか?気にかけていきたい。

9回は大塚。対外戦5試合目だ。2/25ソフトバンク戦ではストライクが入らなかったが、今回はストライク率68.2%と上々。1死後、左打者に左翼へ二塁打を打たれて同2塁、ピンチで左打者に完全に打ち取った遊撃前方のボテボテゴロを打たせたが、チャージして1塁へランニングスローの処理を見せた遊撃・吉持が悪送球を犯し、これがタイムリーエラーに。1点は奪われたが、後続をピシャリと断ち、自責はゼロである。

20160227DATA03.jpg

犬鷲打線、5回から反撃開始。聖澤の適時打を皮切りに相手ミスの乗じる2点劇など

打線は斗山の先発左腕に3回を零封と抑えられてしまった。1回と3回は得点圏に走者を進めたが、要所を締められた。球速はさほど出ていないように感じたが、楽天打線は制球力の良さに苦しんだようだ。それは初回のチャンスで3番・銀次、4番・ウィーラーが共に見三振に倒れたことからも分かる。

4点を先制されたイーグルスが、反撃を開始したのは5回だった。

先頭の哲朗が3-0経由3-2からの四球で出塁すると、8番・島内が追い込まれた後に進塁打の一ゴで走者を2塁に送り込むと、小関空三振の2死後、1打席目で中安を打っていた1番・聖澤がタイムリー。1,2塁間をしぶとく破る右前安打で2塁から哲朗をホームに呼び込んだ。(楽1-4斗山)

1点を返したが入野が被弾。再び点差が4点に広がった翌6回、先頭・銀次の二塁打を皮切りに、四死球、暴投と相手のミスに乗じ、2点を返した。

右のサイドハンドとの対決になった銀次は初球、2球と派手に泳がされての空振り。珍しいシーンを目撃し、不安な心持ちにさせられたものの、しっかり修正し、打球を左翼線へ打ち返し、着弾した打球がフェンス到達するツーベースで突破口を切り開く。

この後、フルカウント勝負から代打・枡田が四球を選ぶと、5番・中川がデッドボール。無死満塁になって岡島の4-6-3の併殺ゴロの間に三走生還。2死3塁で哲朗の打席時に相手のワイルドピッチでこれまた三走がホームに返り、楽3-5斗山とした。

特殊スキル所持の島内宏明の復活を強く願う!!

先頭の8番・島内がフルカウント勝負を制する中越えフェンス直撃二塁打で橋頭堡を作ると、続く小関の右飛で3塁タッチアップ成功。途中出場のオコエは浅い右飛に倒れたが、2番・吉持がこの日2本目の安打。アウトハイの速球を初球打ちし、右方向に弾き返していくクリーンヒットで島内を迎えれている。(楽4-5斗山)

そして、9回の同点劇は冒頭に書いたとおりだ。

本戦で中でも目を惹いたのは、島内の好活躍だろうか。1打席目の一安は1,2塁間を襲った強い当たりのゴロ。一塁手とベースカバーに入る投手の連携プレーを俊足飛ばして足で制した内野安打になった。

2打席目は無死1塁で追い込まれた後に進塁打となる一ゴを放ち、最低限の役割をこなしている。7回は先頭打者としてその後の2得点を呼び込む中越えフェンス直撃二塁打。1点差に迫った9回無死2塁では初球で送りバントをきっちり決め、その後の同点劇をお膳立てしている。

この活躍でもここまでの成績が悪く、対外戦成績は23打席、20打数4安打2打点、2二塁打、1三振、1四球、1犠打の打率.200に到達したばかり。しかし、2/25ソフトバンク戦でもウォーニングゾーンに打球を運ぶ二塁打を放っており、また、凡打の中にも強い打球も多く見受けられるので、これを機に状態を上げ、出遅れていた熾烈な外野レギュラー争いに本格参戦していきたい。

この人、楽天の中でも他者が持ちえない「特殊技能」(強いて言えば他には松井稼ぐらい?)を所持しているのだ。この特殊スキルは1軍で必ず必要になる能力なだけに、ぜひぜひここから調子を上げていって欲しいと思う。詳しくは下記を参照してください。

◎目の色変わった5年目若鷲、楽天・島内宏明が所持するチーム屈指の"特殊技能"をデータで明らかにする


◎◎◎関連記事◎◎◎
釜田4回6失点で開幕ローテ後退。オコエ対外戦打率.278へ。サウスポー打率.500到達の茂木栄五郎~2016年2月25日●楽天2-9ソフトバンク
楽天の若鷲右腕が快晴宮崎で躍動!! 成長の痕跡をマウンドに刻んだ古川侑利、安楽智大の好投~2016年2月24日○楽天5-0西武
【書評】 まだ申し訳程度の数字しか載ってないエセ名鑑で消耗してるの? 史上最高の名鑑はコレだ!! Slugger特別編集『2016プロ野球オール写真名鑑』に胸熱!!


有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
22位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}