釜田4回6失点で開幕ローテ後退。オコエ対外戦打率.278へ。サウスポー打率.500到達の茂木栄五郎~2016年2月25日●楽天2-9ソフトバンク

スポンサーリンク




1月2月大好評のshibakawa責任編集
「--東北は日の出を待っている-- 犬鷲選手名鑑2016」
話題のnoteでも展開中!!

自分で言うのもナンですが、入魂の内容です。コボスタで6回裏にタコ焼き買ったという気分で是非読んで見て下さい。楽天ファンなら全員知っているあの有名人も読んでいます。各々1選手分のみサンプル公開中。試読頂けます。

◎藤田一也、阿部俊人、長谷部康平、釜田佳直、西宮悠介、牧田明久、下妻貴寛、ルシアノ・フェルナンド、加藤正志

◎中川大志、嶋基宏、武藤好貴、森雄大、今江敏晃、相沢晋、宮川将、大塚尚仁、岩崎達郎、小関翔太

◎青山浩二、キャム・ミコライオ、内田靖人、松井稼頭央、入野貴大、茂木栄五郎、ジェイク・ブリガム、銀次、枡田慎太郎、相原和友

◎後藤光尊、美馬学、伊東亮大、高堀和也、宋家豪、三好匠、伊志嶺忠、片山博視、横山貴明、川本良平

◎辛島航、山内壮馬、栗原健太、濱矢廣大、金無英、菊池保則、ジョニー・ゴームズ、島内宏明、榎本葵、島井寛仁


対外戦2度目の大敗

日曜日まで続く宮崎5ゲームシリーズの3戦目。両翼100m・中堅122mの宮崎アイビースタジアムに場所を移して、ソフトバンクとの練習試合が行われた。

イーグルスは梨田監督がその意向を披歴していたように上位打線を新人で固める布陣。対外戦で5試合連続出場中だったアマダーを今日は休ませ、試合前声出しを務めた栗原を4番に据えるラインアップ。対するホークスは本多、中村、内川、松田、長谷川、今宮とシーズン中とほぼ変わらないフルラインアップを組んできた。

ゲームは2-9で楽天の負け。2/16阪神戦以来2度目となる大敗を喫した。ホークス打線に許した安打は11本。先発・釜田が4回6失点と崩れると、9回には六番手・小野も3点を奪われた。

攻撃陣は6安打(そのうち栗原が2安打)。島袋、柳瀬といった力量落ちる投手から1点ずつを返したが、先発・千賀、二保、森、森福、五十嵐といったホークス二連覇を支えてきた主戦級投手から得点を奪うことができず、得点圏打率は10打数2安打と抑えられてしまった。

これで楽天の対外戦成績は連勝が3でストップし、4勝3敗。NPB球団との戦績は3勝2敗としている。

(下記に続く)

両軍のスタメン

楽天=1番・オコエ(中)、2番・吉持(遊)、3番・茂木(二)、4番・栗原(指)、5番・銀次(一)、6番・ウィーラー(三)、7番・福田(左)、8番・島内(右)、9番・嶋(捕)、先発・釜田(右投)

ソフトバンク=1番・上林(中)、2番・本多(二)、3番・中村(右)、4番・内川(一)、5番・松田(三)、6番・長谷川(左)、7番・カニザレス(指)、8番・今宮(遊)、9番・斐紹(捕)、先発・千賀(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20160225DATA03.jpg
HANREI3.jpg

釜田佳直の現在地と最優先で解決すべき課題点

先発は釜田。対外戦では2/18起亜戦(1回2安打1失点)以来の2度目の登板。先発は初になった。初回の立ち上がり、僅か7球での三者凡退投球だった。ホークス上位打線にゴロを打たせ綺麗に3人で終わらせたが、翌2回以降、二連覇軍団の洗礼を浴びた。

先頭の4番・内川の右翼線二塁打(144km速球)を起点に3点を失った。続く打者は5番・松田。ここでアウトコースを攻めた速球、変化球、速球が全てボールになってしまったのが拙かった。3-1のバッティングカウントから143km速球をあっさり左前へ弾き返され、内川生還1失点。

6番・長谷川は遊撃・吉持の背走好捕で遊飛に仕留めたものの、松田二盗で足で掻きまわされた直後に7番・カニザレスにデッドボール。8番・今宮には初球ファウル後、低め狙いの速球連投が全ておじぎして四球。1死満塁と塁が埋まった状況で9番斐紹にファーストストライクを中前へ弾き返され、これが2点タイムリーになる。チャージをかけたセンターのオコエが処理にもたついたこともあり、走者2人が楽々ホームに帰ってきた。(楽0-3ソ)

翌3回は先頭打者四球を出したが、後続を凡退させることに成功。しかし、4回も先頭打者に四球を与えてしまうと、今度はここから3点を失った。

1死1塁、8番・今宮に今日2個目の四球を与えて2,1塁にすると、9番・斐紹、1番・上林、2番・本多の3者連続タイムリー。3番・中村にも左前へ打ち返されたが、本塁を狙った2塁走者をホームクロスプレータッチアウトにし、このイニングを終わらせている。

結局、釜田は4回、打者21人に71球を投げて被安打7、与四死球5(四4死1)、失点6の内容。「開幕投手の則本以外は横一線」という梨田発言が表すように、森、安楽、古川、濱矢といったライバルの若手投手が揃って結果を出す中、後退を余儀なくされる結果になった。

釜田復活最大のカギ。私は軸球のストレートにあると考えている。

このファストボールが機能せずして、今季の完全復活はありえない。昨年は1軍で4試合1勝1敗を挙げたが、その実、速球の被OPS/被打率は1.135/.405とかなり打ち込まれており、空振り率もNPB平均6.4%を割り込む4.0%だった。

今日は全71球中、少なくとも70.4%に当たる50球でストレートを投げた釜田だったが、その被打率は.357、空振り率も2.0%、初回1番・上林が初球空振りしたその1球のみ。最速は147kmを計測したが、その球速は回を追うごとに下落、初回144.7km、2回143.6km、3回142.8km、4回140.0kmと綺麗に右肩下がった推移を見せた点に、安楽と同様の不安、スタミナの問題を感じてしまう。

この点、本人も感じていたようで、降板後、このようなコメントを残している。「4回まで投げられたのはよかった。(3者凡退に抑えた)初回に投げられたボールを2回以降もなげられるように修正していきたい」

約3割を投げた変化球の出来も芳しくなかった。そのストライク率は50%を切る低さ、明らかなボール球が目立っていた。変化球の精度が悪く、速球を狙い撃ちされた部分もあったかもしれない。

まだ2月下旬という時期的な問題に加え、相手が二連覇の鷹打線という重圧もあっただろう。約1年5カ月の間、1軍戦力になれず「今年こそは!」という強い思いが逆にマイナスに作用することもある。ライバル達が揃って結果を出しているので、焦慮が新たな焦燥を生み出しかねない状況だが、ここはメンタルリセットで切り替えて、焦らず1つずつ課題を克服していって欲しい。

美馬、お得意のブレーキングボールが上々

5回は今季対外戦の初登板となった美馬が、1イニング2三振の三者凡退投球をみせた。

3人いずれも右打者と対戦。合計17球中、変化球主体のストライク先行投球。スライダーやカーブといったブレーキングボールの精度が素晴らしく、アウトコース低めに決まる変化球が幾つもあった。速球は最速146kmをマーク。平均144.4km。サンプル数は少ないながらも昨年の自己平均球速を上回った。

6回は三番手・相沢がゼロを刻んでいる。対外戦では2/14ハンファ戦争、2/16阪神戦、2/20阪神戦、2/21中日戦に続く5試合目となり、そのトータルの成績は、5回、打者20人、被安打5、奪三振3、与死球1、失点1。まだフォアボールを出していない点を評価したい。

7回は横山が四番手登板。三者凡退で締めた。この登板が対外戦4度目で、合計の成績はこれで5回、打者18人、被安打4、被本塁打1、奪三振1、失点2、自責点2としている。

大塚ストライク入らず、小野制球難は相変わらず

8回は大塚が登った。2/14ハンファ戦、2/18起亜戦、2/20阪神戦に続く4度目のマウンド。打者3人いずれも右打者で中飛、四球、三直(併)の内容。7球連続でボールが続いてしまう場面もあるなど制球不安定だったが、ライナー併殺という僥倖にも恵まれ、スコアボードにゼロを刻んでベンチに帰ってきている。

そして、9回1イニングで3点を奪われた小野である。浴びたヒット4本中、2本がボテボテの不運な内野安打だったが、ともあれ、コントロールが悪い。

本戦が2/16阪神戦、2/18起亜戦、2/20阪神戦に続く4度目の登板になったが、4試合いずれも各1で四球を出しており、さらに2/16阪神戦と本戦でワイルドピッチを記録。この間、4イニングで被安打6本を許しており、WHIPは2.50だ。これでは1軍に置いておくのは難しい。

ベースボールチャンネル最新寄稿原稿


◎森雄大、楽天球団創設以来の2ケタ左腕誕生なるか。闘将やAJも認めた逸材の『進化と課題』(2016/02/25)



ルーキートリオが躍動した3回2死走者なしからの得点劇

3回、7回に挙げた得点経過を振り返ってみたい。

ソフトバンクは3回から二番手・島袋が登板した。先頭の8番・島内が四球で歩いたが、直後の9番・嶋による珍しい初球打ちが3-6-3の併殺に。2死走者なしから始まった得点劇は、上位起用されたルーキートリオの躍動による賜物になった。

1番・オコエが島内のアウトコースの球を左前へ弾き返して出塁に成功すると、2番・吉持がストレートの四球でつなぎ2,1塁、お膳立て整った所で3番・茂木による初球打ちが1,2塁間をゴロで破る右前タイムリーになった。(楽1-3ソ)

これでオコエの対外戦成績は、21打席、18打数5安打7打点、5三振、1四球、2犠飛の打率.278、ゴロ率40.0%(6/15)となった。課題とされたバッティングでも、この短期間の間にみるみるうちにアジャストしてくるようになった。開幕1軍、開幕スタメンが現実味を帯びてくる。

吉持の対外戦成績はこれで14打席、11打数3安打1打点、4三振、2四球、1死球。

茂木は今日もサウスポーを打った。これで久米島紅白戦で森から打った三塁打を皮切りに、左投手成績は10打数5安打、1二塁打、1三塁打の.500としている。(茂木が安打にした左投手の顔ぶれ・・・森雄大、大塚尚仁、阪神・岩貞祐太、西武・バンヘッケン、ソフトバンク・島袋洋奨)

7回は1死後、枡田が逆方向へシングルヒットを流し打つと、暴投で二進。得点圏に進んだ枡田をホームに呼び寄せたのは、途中出場の島内で1-2と追い込まれながらも柳瀬のインコース投球を右翼後方に運んだ。この当たりがタイムリーツーベースになった。

大敗を喫した中にも、ルーキートリオの躍動、栗原の2安打、美馬の好投、島内が右越えウォーニングゾーン着弾の二塁打など、今後につながる収穫も多かったソフトバンク戦になった。【終】


20160225DATA02.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【書評】 まだ申し訳程度の数字しか載ってないエセ名鑑で消耗してるの? 史上最高の名鑑はコレだ!! Slugger特別編集『2016プロ野球オール写真名鑑』に胸熱!!
あなたは読んだか? ビッグデータ野球の新たな指南書 『野球×統計は最強のバッテリーである』(中公新書ラクレ)
楽天、オープン戦開幕で投打噛み合う竜退治。ギガンテ3ラン、福田3安打、森アピールの4回1失点~2016年2月21日○楽天7-3中日
楽天の若鷲右腕が快晴宮崎で躍動!! 成長の痕跡をマウンドに刻んだ古川侑利、安楽智大の好投~2016年2月24日○楽天5-0西武


有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}