1月2月はshibakawaが作る犬鷲選手名鑑に乞うご期待下さい!

スポンサーリンク






1月2月はshibakawaが作る犬鷲選手名鑑に乞うご期待下さい!!

こんにちは。

ここ最近、メルマガ執筆が楽しくて楽しくて仕方がない@eagleshibakawaです。

昨年11月からでしょうか。
メルマガの本文に一部「文字数縛り」を設定してから、モチベーションがさらに上がったのを実感します。

紙幅が無限大のネットって、ついつい自分の書きたいことをダダダーッと書いてしまいがち。
でも、それって読み手のことをあまり考えていないんですよね。
私も幾つかメルマガを購読する読者なので分かりますが、
読者目線では、そーいう文章は読みにくく、読後も印象に残らないことが多いんです。

そんな書き手と読み手の「両方の悩み」を抱えていた私ですが、
自ら「文字数縛り」を設けることで、ほぼ解消できた実感を持っています。
予め分量が決まってることで、捨てなくてはならない話題もある。
従来ならあれもこれもと詰め込んでいたのが、捨てることで残った文章が磨かれていくんですよね。

そんな感じの最近の「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」ですが、
今週月曜配信のVol.120から新企画をスタートさせています。

『~東北は日の出を待っている~ shibakawaが作る犬鷲選手名鑑2016』


現在は、来週月曜のVol.121用の名鑑記事を作成中。
松井稼ら約10名の選手を取り上げる方向で進めています。

今、この記事執筆が楽しくって!楽しくて!!
あまりにも楽しいので、近頃はNewsPicksを覗く時間がありません(笑)

というのも、この選手名鑑を勝手に作ってしまおうという試みには、こんな思いがありました。

毎年2月下旬になると書店の店頭を一斉に賑わすことになるプロ野球の選手名鑑たち。
各社から一斉発売される冊数は実に10数冊以上にも及び、
以前、当ブログでは10数冊買いこんでの名鑑徹底比較を実施したこともありました。


◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(1)】 BBM、ベースボールタイムズなど携帯サイズ5冊を徹底比較

◎【2014年プロ野球選手名鑑購入ガイド(2)】 Slugger特別編集『プロ野球オール写真選手名鑑2014』など大判6冊を徹底比較


今から考えれば、、、実に、若気の至りでした(苦笑)

私のお気に入りはSlugger編集部が作り、セイバー系のデータがぎっしり詰まった
『日本プロ野球オール写真選手名鑑』(日本スポーツ企画出版社)。


ここ何年も電話帳や辞書のように使い倒して毎年ボロボロになります(笑) こんな感じ↓↓

【書評】他社刊を置いてけぼりにする独走状態!! 史上最高のプロ野球選手名鑑、本日発売。Slugger特別編集『2015プロ野球オール写真名鑑』が凄い!!




毎年お気に入りの選手名鑑を愛用するうち、次第に自分も実際に中に入り、名鑑作りをお手伝いしたい!

そんな気持ちがフツフツ湧き上がってきたんですよね。
選手名鑑の寸評、あれ、書いてみたいんですよー。

昨年は就職活動中の外国人選手がGoogleの日本語翻訳機能を使い、
TwitterでNPB各球団に売り込みをかけた例を何度か見かけて話題にもなりましたが、
私もマネしてTwitterでその思いを叫び「就職活動」をしてみました。
しかし、出版社の中の人に届かなかったようで、オファーが来ません(ガクッ!! 笑)

ならば、勝手に作ってしまえ!
という企画です。

え?! THE愛情の押し売りだって?
そうなんです! 犬鷲愛しかありません。愛情がなければ、こんな手間暇かかることしません(笑)


今回、選手名鑑作りにあたり、独自ルールを設けました。


◎主力選手/注目選手の寸評は本文500字以内。その他の選手は250字以内のテキストを厳守する。自分が読んでも楽しく、納得できる寸評を目指す。基本、当該選手への愛情こもったテキストにする。ただし、気持ち悪くなるほどのあからさまな贔屓の引き倒しはしない。

◎市販の選手名鑑に記載されている略歴や主要成績等は省略する(今やネットですぐに見ることができますしね)。
その代わりに、鷲ファンで楽天選手のデータを最も多く眺め、ここ数年、楽天戦全試合を1球集計してきたshibakawaならではの珍しいデータ、注目して欲しい数字、チェックポイントを適宜ご用意して、解説する。


以上の2点を守りながら、現在、鋭意作成中です。

メルマガで1月2月をかけて、全選手コンプリートを目指して実施できればいいなあと思っています。

自画自賛しちゃいますが、選手名鑑が載る1月2月のメルマガは、
お金を払ってでも読みたい!!と思わせるレベルになります。

読んで損はさせません。

どうぞ今年はshibakawaが作る犬鷲選手名鑑に乞うご期待下さい!


そして、読者の皆さん、楽天ファンの皆さんの観戦の一助になれれば、こんな嬉しいことはありません。

◎まぐまぐからの御登録はこちら↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0001609734.html

◎shibakawaへのお問合せはこちら↓↓↓
Twitterfacebookページ等。

具体的にどんな雰囲気になるの?という方、下記を御参照下さい

具体的にどういう体裁、雰囲気なの?という方、今週月曜のメルマガVol.120に掲載した、福田将義選手の例を下記にて公開しましたので、お楽しみ下さい。


=============================

福田将儀・・・俊足好打の青い稲妻に「未来」を見る

=============================


---本文500字--
元祖・松本匡史氏も認める「杜の青い稲妻」。昨年は新人野手唯一の開幕1軍入りを果たし、2戦目に2番・右翼で初先発、67試合に出場した。

センター先発45試合、則本&松井裕を救うフェンス激突の塀際美守、中前安打性の痛烈ライナーを前進ダイレクト捕球&飛び出した二走を刺す併殺プレーなど、ポスト聖澤に一躍名乗りを挙げた(中堅UZRはM岡田、H柳田らを上回る-2.5)。

打撃では1試合4安打含む6度の猛打賞。これはチーム内では藤田に次ぐ回数だった。小技が白眉だ。2本のセーフティスクイズはプロ初打点、誕生日安打とメモリアル安打を刻み、中前単打を7秒台の到達タイムで二塁打に変えた初の長打も印象深い。対戦を熱望した大学の先輩G澤村との対決は1打席で実現、初球犠打を決めている。

走塁はベースランニングが素晴らしく、二走本塁生還率は100%だった。一方、成功率38.5%に終わった盗塁が課題だ。年末に和製ボルトの異名を持つロンドン五輪陸上短距離代表・飯塚翔太に師事、改善の効果を期待したい。2年目の今年は全143試合1軍登録を掲げて臨む。我々ファンはスピード感溢れる俊足好打のプレーに「未来」を見る。
--本文500字--

鷲ファンで楽天選手のデータを最も多く眺め、
ここ数年、楽天戦全試合を1球集計してきたshibakawaならではの珍しいデータ↓↓↓

☆福田のココが凄い⇒100%の二塁走者本塁生還率
---------------------------------------------


走者2塁(2,1塁、3,2塁、満塁含む)、外野単打による2塁走者の生還可否。5度あった機会全て生還した。機会5以上の14人中で1位だ。ちなみにチーム平均50.3%だった。4月24日ロッテ戦では相手が前進守備を敷くシチュエーションの中、1,2塁間を破る右前ゴロ安打で本塁突入。清田のバックホームとの競争を間一髪制し、上手く回り込む形で左手でホームベースを陥れる好走塁を見せた。

◎楽天2塁走者別の本塁生還率



他にも、走者1塁(3,1塁含む)、外野単打による1塁走者三塁到達率も、チーム値31.8%の中、福田は44.4%(4到達/9機会)を記録。3塁走者の外野飛球本塁タッチアップ生還率も福田はチームの70.0%を上回る75.0%を残すなど、総じてベースランニングで良い結果を残した。

課題の盗塁は精度アップが求められる。昨年の成功率38.5%はパリーグで10企図以上走った32走者中ワーストだった。詳細を確認すると、10企図全てにおいて捕手の2塁送球を受けていた。通常、盗塁は捕手が送球したり、しなかったりが混在する。投手のモーションを盗んだ時などは捕手は時間的に2塁に投げても間に合わないと判断し、、無理して投げないことも多い。しかし、福田の場合は全て送球されたということは、良いスタートを切れなかった可能性がある。この辺りが改善点だ。

---ココまで--


以上、shibakawaが作戦した犬鷲選手名鑑2016〔福田将儀〕編になります。

こんな形で全選手コンプリート目指して作成しています。
紹介するデータや記録は、市販の名鑑では紹介されないであろうものを意識しています。

読者の皆さんには、限られた500字、250字という文字数に、shibakawaが何を入れて何を削ったのか? そんな視点で楽しんで頂くのも一興かと思います。例えば、釜田の250字寸評はそれが良く出ているかと思います。

というわけで、1月2月はshibakawaが作る犬鷲選手名鑑に乞うご期待下さい!

◎まぐまぐからの御登録はこちら↓↓↓
http://www.mag2.com/m/0001609734.html

◎shibakawaへのお問合せはこちら↓↓↓
Twitterfacebookページ


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎◎◎関連記事◎◎◎
shibakawaが考えた楽天イーグルス2016年開幕スタメン予想
東北楽天の未来を考える。イーグルスファン100人が考える理想のチーム作りとは!? 〔10代~30代編〕
楽天イーグルス理想のチーム作りをファン100人が考える 〔40代~60代編〕


有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。



Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

この種のデータは初めて見ましたが、非常に興味深いです。生還率が50%程度とは、少なくともイーグルスに関しては二塁はスコアリングポジションではないですね。松井稼頭央の生還率が3割しかないのは想像外でしたが、単打を打った打者によって生還率が結構違うようなイメージもあります。偏見かもしれませんが、昨年の場合だと銀次の単打は二塁走者を返せていないような気がしてなりません。
ところで気になったのですが、センター前単打が一番生還率が良いというのは、通常の傾向なのでしょうか?イメージ的には、レフトが一番弱肩で生還しやすいのですが、守備位置の深さに差があるという事ですか?

Re: No title


saitouさん

> この種のデータは初めて見ましたが、非常に興味深いです。生還率が50%程度とは、少なくともイーグルスに関しては二塁はスコアリングポジションではないですね。

理想は60%超えという認識の中、現状の50%は明らかに低いですね。実は日本一に輝いた2013年から楽天のベースランニングの成績は12球団ワーストレベルです。

> ところで気になったのですが、センター前単打が一番生還率が良いというのは、通常の傾向なのでしょうか?イメージ的には、レフトが一番弱肩で生還しやすいのですが、守備位置の深さに差があるという事ですか?

ここ数年追っていますが、例年、そのような傾向になっています。やはり、ポジショニングと距離だと思いますね。両翼は広い球場でも本塁まで100mちょっとですが、中堅は120m以上ありますから。送球も両翼よりセンターからのバックホームが一番逸れ易いイメージがあります。両翼は右翼線、左翼線が目印になり、送球が安定しやすいとも聞きます。センター返し、ピッチャー返しが打撃の基本とされている理由の1つも、ココにあるのかもしれません。

話を戻して、松井稼頭央の生還率が3割しかないのも、松井稼の衰えが懸念される一方、生還率が高くなるセンターへ飛んだ打球が少なかったことも影響しているかと。2014年は約9割の生還率だったので、一概に数字だけを鵜呑みにはできません。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}