22日に迫った今秋ドラフト。楽天の投手指名時に注意したい2つのチェックポイントとは?!

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

アンケート「先発or抑え あなたが選ぶ松井裕樹の2016年」募集中



10/11の8時現在、早くも29名の皆さんから御応募あり。詳細は下記URLでどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2875.html

2位指名は即戦力投手を望みます



@eagleshibakawaです。

いやはや、日米で目が離せないプレーオフが続いていますが、引き続き22日に迫ったドラフトの話をしていきます。

25歳以下の支配下登録選手が僅かに2人だけ。デプスが薄い二遊間を手当てし、楽天の将来に夢を据えるため、1位に仙台育英高・平沢大河を指名する球団の方針は、全面支持できます。

しかし、2位では、2012年に2巡目で則本を指名しにいったように、即戦力投手を取りに行って欲しいですね。

もちろん、1位で消える可能性が高い明大・高山や青山学院大・吉田、関東第一高・オコエら注目野手が万が一にも残っていたら、2巡目で指名しにいくこともあるでしょうが、基本は即戦力投手でお願いしたいなあ~と思うわけです。

ここで言う2位で取りにいきたい即戦力投手とは、開幕ローテ入りして二桁勝利を挙げ、新人王の可能性もある投手のことではありません。ローテの4番手以降に入ってくればよいほうで、白星も二桁ではなく4~5勝程度で十分に御の字。シーズンフルは期待せず、数か月の季節労働者でもよいと思っています。

ここで先日掲げた下記表を改めて眺めてみましょう。


20151008DATA02.jpg

この4年間で高卒投手の指名が急増



イーグルスは過去のドラフトで高卒投手を14人指名してきました(支配下13人、育成契約1人)。

その詳細を確認してみると、星野監督が就任した2011年以降に多く集中しているのです。2004~2010年の7年間では7人(育成1人含む)に止まっていたのが、2011~2014年の僅か4年間で同数の7人と多くなりました。それも上位に集まっているのが特徴的です。

即戦力とは言えずとも、将来性のある素材型を集め、育成で原石を磨き、近未来の生え抜き投手王国を作る。この構想は素晴らしいと思うのですが、まだ道半ば、結果が出ていない点が気になっています。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天がドラフト指名してきた高卒投手
※入団時は投手もプロ入り後に野手転向した三好等の例は除く


高卒育成計画道半ばの中、佐藤世那、成田翔の指名はあるのか?ないのか?



2011年以降に指名した高卒投手、釜田佳直、森雄大、大塚尚仁、松井裕樹、今野龍太、安楽智大、小野郁の7人の中で、複数年1軍戦力として活躍できているのは松井裕僅かに1人だけ。この秋の時点で来季1軍戦力として計算できるのも松井裕ただ1人でしょう。

釜田はトミージョン手術からの復帰後に白星こそ挙げましたが、本人が自覚しているように課題も多いです。森は10/3ロッテ戦で自身初の7回無失点のハイクオリティスタートを記録しましたが、さりとてたった1試合。この成果を来季へつなげることができるかは今後次第で不透明な部分が多いです。

球団史上初の快挙となった高卒新人プロ初登板・初先発・初勝利の安楽も、本人が未熟者と謙虚に述べたように克服すべき課題が多く、1軍でしっかりとした活躍をするにはまだまだ月日がかかるでしょう。(高卒1年目なのでそれが当然で焦ることはないのではありますが)

残りの大塚、今野、小野の3人は言及するまでもありません。

このように、2011年以降に指名した高卒投手の育成計画が道半ばの中、今年も4年連続でドラフト3位以上で高卒投手を指名するのか?しないのか?を注目しています。3年契約だという梨田政権ですが、初Vからの2年連続未曾有の最下位。上位で即戦力にはなりづらい高卒投手を指名する余裕があるのか?ないのか?が気になっています。

東北の注目高校生といえば、甲子園~U18でも活躍した仙台育英高の佐藤世那や秋田商の成田翔がいます。もし楽天が彼らを上位で指名した場合は、(2年連続最下位、高卒投手育成化も道半ばの中、即戦力にはなりづらい高卒を取りにいくという)リスクと引き換えにできるほどのズバ抜けたポテンシャルを彼らが有しており、球団がそこを評価したということが言えるのでは?と思います。課題山積ながらも、どーしても取りにいきたい魅力があった。そういうことになりそうです。

ただし、東海大相模の小笠原が残っている場合は別の話になります。左腕で150キロ超えの素材は、数少ない現実があるので、そんなことはないでしょうが、もし2位以下で残っていれば、取りにいくべきだと思います。

(下記に続く)

■楽天がドラフトで指名してきた独立リーグ・社会人投手
20151011DATA02.jpg

失敗続きの社会人投手指名



先に、2位指名は即戦力投手を!と書きましたが、社会人を指名しにいく場合、よくよく熟考して欲しいと思います。

下記に楽天がドラフトで指名してきた社会人・独立リーグ投手一覧を掲げましたが、14人います。一般に即戦力と見なされる彼らですが、複数年にわたり1軍戦力として活躍できているのが美馬1人だけというお寒い事実があるからです。

渡邉恒樹は2007年に65試合で防御率3.40という成績を残しましたが、2005年、2006年、2008年はいずれも17登板以下にとどまっており、複数年で1軍戦力として機能したしたとは言えません。

藤原や井坂も同様。スポット的な活躍は見せましたが、いずれも怪我に見舞われ、安定したパフォーマンスを残すことはできませんでした。

唯一1軍で複数年に渡って活躍し通算438.1イニングを投げ、日本一にも貢献した美馬も、たびたびアマ時代からの怪我に悩まされ、先月には右肘のクリーニング手術を受けました。古傷持ちのため例年2軍スタートとなり、調整には慎重を期すかたちで1軍に上がってくる美馬ですが、来季は怪我開けということもあり、より慎重な調整が必要となりそうで、どうなるか?は不透明です。

2013年、2014年の2年間で獲得した社会人5人も結果道半ばで機能しているとは言えません。

そのため、即戦力で社会人を取りにいく場合は、よくよく議論を重ねた上でのことにして欲しいと思います。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【アンケート】 先発or抑え。あなたが選ぶ松井裕樹の2016年
ビジュアルで確認する2009~2014年の楽天ドラフト戦略
当ブログは星野副会長明言の1位・平沢大河取りを全面支持します



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

元々は1位で熊原などの大卒投手、2位で平沢と思っていたのが予想以上の平沢人気と、地元の逸材内野手は逃したくないという思いで1位平沢になったのでしょうね。

仰るとおり、2位に即戦力投手というのは同意します。

面白いのは、外れ1位で熊原や多和田などをあえて明言しているところではないでしょうか。元々は1位指名するのではないかと言われていた投手たちです。これはもしかしたら「彼らは外れ1位クラス」という評価を植え付けることで誰かしら2位に残れば取りたいという思惑があるのではと邪推してしまいます。

したがって、2位はウェーバーで最初ですし、その時点で残っている選手の中で評価の高い選手というかたちになるかと。熊原、多和田、井口あたりでしょうか。

星野氏が「投手は若くて良いのがファームにいる」と発言したことから投手が少なめという予想が立てられますが、これは恐らく近年の高卒投手にようやく目処が立ってきたから社会人の下位指名はないと見るべきでしょう。上園や永井など2軍でイニングイーター的な存在だった投手を切ったことからも伺えます。

気になるのは若手の中継ぎタイプが大塚、西宮を除くと現状あまりいないことです。入野や加藤など社会人であてがっている傾向が強いので。本来であれば、大卒のパワーピッチャー系が欲しいところですがどうしても先発に供給されがちですし。

佐藤世や成田は3~4巡目に残っていればという形ではないでしょうか。優先順位としては捕手の方が上のようですし、柘植や坂本あたりを3・4巡目に指名し、ウェーバー的にセットとなるなかで高卒投手を1人指名する。5~6巡目は「指名は5~6人」と言っていることからその時点でリストに残っている選手が居れば1~2人指名するというところでしょうか。

個人的には投手2~3名、内野2名、捕手1名が基本線かなと思ってます。

デカいのは正義

楽天投手陣にはひとつ顕著な特徴があって、体重85kg以上の日本人選手が極端に少ないんですよ。斎藤と小山が去ってますます少なくなりました。そもそも身長の低い選手が多いですし、高さのある戸村や塩見は細身です。まだ10代の安楽がチームで一番体格が良いというのは、やはり問題ではないかと。数年間安定して球威を維持できない選手、1試合の中で球威が落ちる選手が目立つのは、体格面に課題があるんじゃないかと。なまじ則本、美馬、辛島、松井と小柄投手の成功事例があるため、この点がややおざなりにされているような気がします。

たとえばホークスとのマッチアップだと、まず体格面でのハンデを痛感するんですよね。ホークスの主力投手は、武田85kg、中田87kg、摂津97kg、森88kg、五十嵐95kgとみんなそれなりの体格があり、85kg未満の選手の方が少ないんです。打者については、悲しくなるので比較はやめておきましょう(笑)。まあ単純に考えると、パワーとスピードの差はこの体格差に起因すると思ってしまいますよね。

なので僕からの希望は、チームに不足している大型野手、大型投手を獲ってほしいということ。
近年は高校生でもかなり徹底した体重増への取り組みや筋力トレーニングを行っていますから、高卒時点である程度身体が出来上がっている選手が多い。逆にいうと、プロ入り後の体格的な伸び代にはそれほど期待できないので、現時点でデカい選手を指名するのが有効だと思うわけです。

Re: No title

KTさん

>元々は1位で熊原などの大卒投手、2位で平沢と思っていたのが予想以上の平沢人気と、地元の逸材内野手は逃したくないという思いで1位平沢になったのでしょうね。

平沢も甲子園~U18を通じて、その人気を自らのバットで掴み取ったと言えると思います。あとはやっぱり、ここ2年間、イーグルスの遊撃守備が崩壊しているのが大きいと思いますね。西田もUZRは決して良い値ではありませんでした。

>個人的には投手2~3名、内野2名、捕手1名が基本線かなと思ってます。

私もそう思います。ここにパンチ力のある外野手を混ぜてくるかどうか?という所が気になります。

Re: デカいのは正義


duplesさん

> 楽天投手陣にはひとつ顕著な特徴があって、体重85kg以上の日本人選手が極端に少ないんですよ。斎藤と小山が去ってますます少なくなりました。そもそも身長の低い選手が多いですし、高さのある戸村や塩見は細身です。まだ10代の安楽がチームで一番体格が良いというのは、やはり問題ではないかと。数年間安定して球威を維持できない選手、1試合の中で球威が落ちる選手が目立つのは、体格面に課題があるんじゃないかと。なまじ則本、美馬、辛島、松井と小柄投手の成功事例があるため、この点がややおざなりにされているような気がします。

「デカイのは正義」。名語録がまた生まれたようです。こういう視点でドラフト戦略やチーム編成を考えたことがあまりなかったので、新鮮でした。

偶然にも時を同じくしてTwitterのフォロワーさんが、セパ12球団のポジション別身長・体重グラフをTwitterに上げていて、投手のグラフを見た時、duplesさんの名言に思わず膝を打ちましたよ。(PCだと見づらいです。スマホだと見やすいです)

https://twitter.com/yu_mi_moya/status/653529936049762304

怪我人が多く出たのも、聖澤に象徴されるように夏場にガス欠に見舞われるのも、小柄な選手ばかりが多いことも関係あるのだろうと思いました。

Re: デカいのは正義

shibakawaさん

見ました見ました。すっごく興味深いグラフでしたねえ。

大柄投手が揃っている巨人、広島、阪神は、やはり投手の球速も速いです。
今年セリーグの最高球速TOP20のうち、巨人4人、広島7人、阪神4人で15人を占めています。外国人を除いてもこの傾向は変わらず。

パリーグの最高球速TOP20だと、日本ハム5人、ソフトバンク8人とこの2球団が図抜けており、体格のデータもこれと合致しています。デカいのは球速面で有利だと言えそうですね。
楽天からはクルーズ、則本、福山の3人がランクインしています。

ところで、楽天があそこまで小柄選手を揃えるのは、ある程度意図的なものかなあと感じました。
つまり、ヤクルトがしばしば(他球団が忌避する)怪我持ち投手を一本釣りするのと同じ理由で、楽天はドラフト戦略上、競合しやすい大型選手を敢えて避けているのかも知れません(安楽という例外はありましたが)。

そういえば、平沢もわりと小さいんですよね・・・(笑)

Re: Re: デカいのは正義


duplesさん

>そういえば、平沢もわりと小さいんですよね・・・(笑)

そうなんですよね。この点、実はあまり気にしていませんでした。というのは、平沢よりも小柄な、167cm・70kgの国学院・柴田ばかり目がいっていたものでして。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}