【試合評】 楽天、松井稼頭央の2000安打試合を勝利で飾れず~2015年7月28日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

松井稼頭央、史上46人目の2000安打達成



その瞬間は早々にやってきた。先発・則本がピンチを絶ってベンチに帰ってきた直後の1回裏のことだった。

1死1塁で迎えた第1打席、1-1からの第3球目だった。相手先発・中田賢一が繰り出した低めに入る縦のスライダー。ローボールヒッターらしく、すくい上げた。クリーンヒットではない。センター柳田が前進してくる手前に着弾する、いわゆるポテンヒット。今秋40歳を迎える松井稼頭央が、NPBだけで2000安打の節目を刻んだ1本になった。塁上で両軍から祝福を受ける。ホークスからは松田が、イーグルスからは嶋がそれぞれ花束を持って史上46人目の快記録を祝福した。

松井稼頭央「正直、ホッとしました。 ホームである東北のファンの皆さんの前で記念の1本が打てて嬉しいです。 あくまで2,000という数字は通過点なので、これからもその数字を伸ばしていきたいですね」

明日ベースボールチャンネルに掲載される原稿にも書いたけど、2010年オフ、NPB復帰を模索していた松井稼は闘将のラブコールを受けて復帰先をみちのくに求めた。楽天入団当時は渡辺直人の金銭トレードと時を同じくしたことで賛否両論。しかし、今、松井稼の楽天入団に異を唱えるファンは恐らく誰1人としていないはずだ。2011年以降の5年間は、松井稼なくしてイーグルスの歩み、2013年の初Vもなかったと言える。本当に心から祝福したい。

則本、中盤に4失点



背番号7がメモリアルヒットでつないだ1死2,1塁。その後、サンチェス三振、後藤が左足ふくらはぎに死球を受け、2死満塁の好機を迎えていた。打席は6番・嶋。2-2と追い込まれたが2球ファウルで粘った後、キャプテンマークの一打が右翼後方を襲った。

捉えた当たりだった。しかし、折しも右翼から左翼へ吹く風に押し戻されるかたちで、ライト後方で失速。中村晃の守備範囲に収まってしまう。屋外ゲームならではのハードラックなシーンで先制を逃した。

試合は3回まで両先発、毎回走者を背負う内容。則本、中田いずれも走者を出してからの粘投でスコアボードにゼロが並んでいく。ゲームが動いたのは、4回表・ホークスの攻撃。則本が2死から2連続タイムリーを浴び、2点を先制された。

この回、先頭は李大浩。2-2から低め99キロカーブを左前へ弾き返されて出塁を許したが、松田、中村晃を退けて2死にこぎつけていた。中田の当たりは6-4-3併殺崩れの遊ゴ。試合前、秋田こまちスタジアムは強雨に見舞われ、その後、グラウンド整備が入念に施されてのプレーボールになったが、内野は水を含んでいるバッドコンディション。試合開始後にも降雨があり、中村晃の放ったゴロがややスリップしたのか、ショート山崎が丁寧に行こうとした結果なのか、山崎がグラブの土手に当てて打球を前に落としてから処理。このワンテンポのため、ゲッツーを取ることができず、俊足の中村晃が1塁に生き残った。走者が李大浩から中村晃に変わったことが、楽天にとっては不運、ホークスにとってはラッキーに動く。

2死1塁で8番・今宮。外角スライダーを快音で右中間に運んだ二塁打が、1塁走者・中村晃をホームに呼び込んだ。2バウンドで聖澤がまわりこんで処理。中継を挟んでバックホームされたが、送球が三塁寄りにやや逸れたことも手伝い、中村晃が一足先にホームに滑り込んでセーフ。その後、2塁の今宮も鶴岡の右前安打で生還。インコース速球をおっつけてのフライヒットが右中間に弾み、松井稼から中継を経由して本塁送球がされたが、及ばず。楽天が2点を失った。(楽0-2ソ)

翌5回、則本が柳田悠岐の歯牙にかかっている。先頭・本多を内野安打+後藤のエラーで出塁された直後の無死2塁、柳田にボール先行2-0からのスライダーを左翼席に運ばれた。今季ここまで他のパリーグ球団は柳田に複数本塁打を計上していたが、楽天投手陣はゼロ。3割5分超えの打者を40打数11安打の対戦打率.275と良く抑えていたが、ここで遂に被弾を許すかたちになった。

則本が立ち直ったのは6回以降。しかし、時すでに遅し。序盤、中田から再三のチャンスを作りながらも逃してきた楽天打線は8回にサンチェスの7号ソロで1点を返すのがようやっと。

攻め時を逃すと、こうなってしまうの典型的な試合展開で、イーグルスがみちのく2連戦の初戦を落とし、今季3度目の4連敗を喫している。

楽天は11安打。松井稼、サンチェス、山崎が2安打。イーグルスが二桁安打を放ちながら1得点以下に抑えられたのは4/7、4/21、そして本戦の3試合。いずれもソフトバンク戦で記録している。

秋田出身の後藤は死球、二飛、右安。1回に受けた死球が想像以上にダメージ大のようで、5回本多の二安を1塁悪送球したのも、左足の踏ん張りが効かなかったことによるもの。5回裏、故郷のファンの前で右前安打を放った後、代走を送られて途中交代した。怪我人続出のイーグルスにおいて、またしても・・・。明日以降の出場が心配視されている。

これでチーム成績は5位、89試合39勝47敗3分、借金は今季最多タイの8。ゲーム差は、1位・ソフトバンクと16.5、2位・日本ハムと10.5、3位・西武がロッテに敗れたため3位とのゲーム差は変わらず4.5を維持。4位・ロッテと2.5、6位・オリックスが日本ハムに打ち勝って後半戦4勝2敗としたため、6位との差は2.5に縮まっている。

西武の不調で3位とのゲーム差は4.5のまま維持できているのは救いだとしても、オリックスが7/11楽天戦以降8勝3敗と元気を取り戻してきているため、最下位オリックスの姿が後ろに迫ってきている状態だ。盛岡で連敗を止め、少なくとも2.5のゲーム差を維持したまま、敵地オリックス3連戦を迎えたい。

各種戦績は、7月6勝11敗1分、後半戦3勝4敗、ソフトバンク戦3勝8敗1分、先制された試合13勝29敗2分、カードの初戦16勝17敗1分、地方球場4敗、TOHOKU GREEN5敗の推移になった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150728DATA04.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・明石(一)、2番・本多(二)、3番・柳田(中)、4番・内川(左)、5番・李大浩(指)、6番・松田(三)、7番・中村晃(右)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・中田(右投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・伊志嶺(指)、3番・松井稼(右)、4番・サンチェス(一)、5番・後藤(二)、6番・嶋(捕)、7番・小斉(三)、8番・山﨑(遊)、9番・森山(左)、先発・則本(右投)

楽天の低すぎる二塁打での1塁走者本塁生還率。高すぎる対戦相手の生還率



4回表、ホークスの先制劇は2死1塁、1塁走者・中村晃が今宮の右中間二塁打で一気に3塁を蹴ってホーム生還したことによる長駆好走塁によるものだった。楽天守備陣も中継経由で必死のバックホームを試みたが、一足先及ばずに終わった。

ここで注目したいのは、走者1塁(3,1塁、2,1塁、満塁含む)、打者の二塁打で1塁走者の本塁生還率だ。

楽天の本塁生還率は36.7%。機会30中、生還は僅か11に止まった。
一方、対戦相手の本塁生還率は59.1%。機会44中、1塁走者に22回でホームを踏まれている。

NPB平均は恐らく44%前後のところ、イーグルスのほうが二塁打1本で1塁から本塁に帰ってくる率が断然低すぎるし、対戦相手の率は高すぎる。このケースでの超機動力野球は思うように機能せず、楽天守備陣の走者進塁阻止力はお粗末だ。今後の課題点の1つと言えそうだ。

20150728DATA03.jpg

楽天打線、再三再四の好機をフイに...



8回、打者35人、球数130、被安打11、被本塁打1、奪三振9、与四球1、与死球1、失点1、自責点1。

イーグルスは中田相手に再三再四チャンスを作ったが、あと1本が出ず、今季、中田に3勝を献上するはめになっている。

1回は1死2,1塁~2死満塁、2回は1死3,2塁、3回は無死3,2塁。2点を追った4回も1死2塁~2,1塁~2死3,1塁。4回まで毎回走者を3塁に送り込んだが、その先のホームが遠かった。

1回は2死満塁で前述のとおり、嶋の快飛球が逆風に阻止されるハードラックに終わる。

もったいなかったのは2回だ。1死後、ほとんど期待していなかった山崎、森山の下位打線による短長連打で1死3,2塁のかたちを作った。チャンスで打線は上位へ。しかし、1番・聖澤が初球インハイの難しいスライダーを打ちにいき、前進守備のセカンド正面のボテボテゴロ。三走もスタート切ることができず塁上で釘付けにされた。初球から打ちにいくような球ではなく、水を刺すかたちになった。続く2番・伊志嶺はフルカウント勝負からインハイスライダーに空三振。ボール先行2-0のバッティングカウントから中田が投じた真中から外角へのストレート3連投を仕留めることができず、追い込まれてしまったのが痛かった。

3回はツキがなかった。先頭・松井稼が左翼線二塁打で出塁。続くサンチェスもフェンス直撃右越え二塁打で続いたが、松井稼がホームを踏むことはなかった。右翼フェンスを襲った飛球はライト中村晃が塀際でジャンピングキャッチを試みる。僅かに及ばずにフェンス直撃。これを見てスタートを3塁に切った松井稼だったが、ちょうど跳ね返りの球が中村晃の正面に飛び、ダイレクトで捕球。結果的にロスが全くないクッション処理をされ、ホームを突くことができずに終わる。

それでも無死3,2塁。絶好のチャンスだった。しかし、後藤、嶋が相次いで二飛に倒れた。いずれも打者にとって打ちづらいウィークポイントのインハイを攻められ、詰まらせるかたちになった。嶋は初球インハイの球を打っていくことは滅多に少ない。打って出る球ではなかったと言える。2死3,2塁で小斉。ボール先行3-0。ここから2球続けてストライクゾーンの球を見逃し、3-2から最後はボール球の変化球を振らされ、空三振。3ボールになったことで待球姿勢に転じてしまったことが、アダになってしまった。

2012年6/23広島戦から地方球場5連敗中だったという中田。しかし、再三のチャンスで中田の暴れ牛投法にねじ伏せられるかたちになってしまい、ファンとしてストレスの溜まる試合だった。

20150728DATA02.jpg

則本昂大、打たれたヒット8本中5本が追いこんでから



7回、打者31人、球数125、被安打8、被本塁打1、奪三振5、与四球2、失点4、自責点4。

則本はこれで今季成績を6勝8敗、防御率3.23としている。

エースが快投で打線に流れを運んでいきたかったところ、それが全くできずに終わったのが、敗因の1要素と言えそうだ。もっとシンプルな投球で攻めていけばよいのに、頭を使って打者の裏を欠く配球の妙で討ち取ろうとするところがみえ、それが功を奏していないように思われる。調子が上がってきたかな?と思ったら、そのまま波に乗れず。今季の則本は一進一退を繰り返している。

5回まで毎回走者の出塁を許した。うち2回を除く合計4イニングで先頭打者に出塁され、スコアリングポジションに進出された。

3回に強い降雨に見舞われ制球乱したこともあり、序盤4回まで投げた変化球39球中、高めに記録されたのは41.0%と多く、序盤、変化球の精度を欠くかたちになった。

本戦では追いこんでからの投球に課題点があった。2ストライク以降の対戦被打率は14打数5安打、1二塁打、5三振の.357。許したヒット8本中5本が追いこんでから打たれていた。うち4本が変化球。解説・松本匡史氏は腕の振りが緩んでいる点を指摘、次回への修正点と言えそうだ。

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 負ければ最下位とのゲーム差3.0。重要な一戦、則本の好投で楽天2連勝~2015年7月20日○楽天イーグルス3-1日本ハム
【試合評】 サンチェス、伊志嶺、後藤。本拠地初の3連弾も、むなしく空砲~2015年7月25日●楽天イーグルス4-7ロッテ
【試合評】 解せない6回2死2,1塁、菊池→福山への継投作戦~2015年7月26日●楽天イーグルス0-10ロッテ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}