【記録】 松井稼頭央の球団新150キロ撃ち。150キロ以上に滅法強いカズオBurn!!の好成績を確認する~楽天イーグルス主要打者150キロ以上ストレート打撃成績より

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

【7/26まで】【アンケート】
楽天イーグルス2015年後半戦、あなたが期待したい野手&投手は?


皆さんの御応募、お待ちしています。詳しくは http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2776.html まで。

際立った松井稼頭央の2夜150キロ撃ち



オールスター明けの日本ハム3連戦をスイープしたイーグルス。3位・西武とのゲーム差を一気に4.5まで縮め、Aクラス入りへ視界が開けてきた。明日から本拠地で3連戦を戦う5位・ロッテは7/4以降、さらに調子を落としている。今季、楽天のロッテ戦成績は8勝4敗。大きく勝ち越しており、お得意様である。2勝1敗と言わず、ぜひ3連勝を狙って欲しいものである。

さて、この3連戦、打でひときわ目を見張った選手がいた。

前のエントリーの試合評でも書いたが、NPB2000安打に迫る松井稼頭央だ。

7/21(○E3-1F)の試合では先制劇になった4回、1死2,1塁で有原航平の真中低め150キロストレートを左前へ弾き返し、塁上を全て埋めるチャンス拡大、その後の先制点を導く一打を放った。7/22(○E19-6F)では1試合最多得点の球団記録を塗り替える一撃を、鍵谷陽平の真中150キロストレートを仕留めることで実現させた。

2夜に渡る150キロ撃ちは、特に印象に残り、試合評で「これで今季、松井稼が150キロ越えをヒットにしたのは5本目。これは150キロ越え安打の今季チーム最多記録である」と書いた。

そこで気になったのが、楽天打者の150キロ以上のストレート打撃成績である。

楽天打者はスピードボールに弱い。「球が速いは七難隠す」の名言どおり、打ちころの甘いコースに入っても、打ち損じてファウルにしてしまったり、凡打に倒れるケースが多いのだ。

しかし、正確なところはどうなのか?
松井稼頭央はもちろん、他の打者の数値はどうなっているのか?
7/22終了時データで調査した。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■楽天イーグルス主要打者 2015年 150キロ以上ストレート 打撃成績
※7/22終了時データ。ここではシュート、ツーシームを除いた。


2012年以降、松井稼の150キロ以上成績は打率.368だ



データスタジアムさんの調査によれば、2010~2014年NPBデータで150キロ以上ストレートを打っての平均打率は.186~.221、同三振割合(三振÷打席数)は28~35%で推移しているという。(下記参照)

◎160キロマシンを有効活用する方法 タイムリーdata vol.21 (Baseball Lab)


今季の楽天打線は打率.190、三振割合25%の成績だ。平均と比較すると、三振割合は少なめだが、打率も低めと言えそうだ。

その中、チームで最高打率を残しているのが、背番号7なのだ。

長打も2本を放った。昨日の右越えフェンス直撃弾は当たりがあまりにも良すぎたため、二塁打にはならなかったもので、事実上のツーベースだ。

松井稼、例年150キロ以上のストレートに強い。

2012年以降の通算成績は38打数14安打の打率.368、9三振、7四球、1死球、1犠飛、3二塁打、3本塁打、三振割合は19%と少ない。ホームランは、2013年5/6オリックス戦で佐藤達也(150キロ)、2014年9/21日本ハム戦で大谷翔平(154キロ)、2015年5/8ソフトバンク戦でサファテ(151キロ)の3投手を打ち砕いている。

実は今季、ストレートに関する懸念される数字も確認されているのだが、150キロ越えでの成績を見れば、今季までは少なくとも「打」でのパフォーマンスは維持できると思っている。【終】

■楽天 松井稼頭央 2012年以降 150キロ以上ストレート打撃成績一覧
※2015年7/22終了時データより

20150723DATA04.jpg
20150723DATA05.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
デーブ楽天、前半戦の野手MVPは松井稼頭央の完全一択だ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

left in left

素晴らしいデータですね。普通はベテランになると筋力、視力、反射神経が衰え、どうしても速球には弱くなる傾向がありますが、松井稼頭央はこの常識を覆す選手です。
ただ打つだけではなく、長打が出ている点でも高く評価できます。

理由はいろいろと考えられますが、まず思いつくのは、あの鍛え上がられた素晴らしい肉体です。西武時代の松井はそれほどマッチョな選手ではなく、持って生まれた天性の身体能力でプレイしていた印象でした。やはり渡米したことが転機になったのではないでしょうか。

またインプレイ中、常に緊張と捕球体勢を強いられる内野手に比べて、外野手は休める瞬間がある。コンバートもベテランにとっては功を奏したのではないかと思います。

他の選手のデータとしては、やはり速い球を長打にできる中川の数値に光るものを感じます。松井をいいお手本として、中軸打者に成長してほしい。最近はレギュラー出場が減り、なかなか殻を破れないでいますが・・・

それにしても楽天の左翼は、なかなかスポッとハマる選手が出てきませんね。今年も一体何人の選手を起用したのか、数えるのが嫌になるレベルです。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
22位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}