岩隈メジャー通算40勝到達。白眉のAロッド斬り。高低、緩急、内角攻めを駆使したゴロ率70.6%の好投~2015年7月19日ヤンキース戦

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1650人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!400人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

【7/26まで】【アンケート】 楽天イーグルス2015年後半戦、あなたが期待したい野手&投手は?

皆さんの御応募、お待ちしています。詳しくは http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2776.html まで。

岩隈、後半戦初登板で今季2勝目、メジャー通算40勝到達



右広背筋痛から復帰の岩隈。怪我明け3登板目の舞台は敵地ヤンキースタジアムでのヤンキース3連戦。初戦、粘投の田中将大を打ち崩せず1点差で落とした後のデーゲーム第2戦目を託された。後半戦最初のマウンドである。

マリナーズは41勝49敗、アリーグ西地区4位。首位から大きく引き離され、ワイルドカード争いも11位に低迷。早くも終戦ムードが漂い始めている。対するヤンキースは49勝40敗、アリーグ東地区1位を走り、3年ぶりのプレーオフ進出を狙う。

岩隈は8回2安打無失点で今季初勝利を挙げた前回7/11エンゼルス戦での好投を、敵地でつなげることができるか?に注目が集まった。

結果は6回途中まで投げてマッキャンの2ラン一振りによる2失点だけ。様々な引き出しを用いて、ヤンキース打線を打たせて取り、ゴロ率70.6%も高く上々の今季2勝目を挙げている。終わってみれば、第3戦はエースのフェリックス・ヘルナンデスが投げるので、初戦を落としたのが痛かったなあ...という3ゲームシリーズになりそうだ。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20150719DATA07.jpg
20150719DATA03.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

マリナーズ=1番・ミラー(遊)、2番・シーガー(三)、3番・カノ(二)、4番・クルーズ(右)、5番・スミス(左)、6番・ジャクソン(中)、7番・トランボ(指)、8番・モリソン(一)、9番・ズニーノ(捕)、先発・岩隈(右投)

ヤンキース=1番・エルズベリー(中)、2番・ガードナー(左)、3番・A-ロッド(指)、4番・テシイェイラ(一)、5番・マッキャン(捕)、6番・ヘドリー(三)、7番・ジョーンズ(右)、8番・グレゴリアス(遊)、9番・レフスナイダー(二)、先発・ピネダ(右投)

白眉のAロッド斬り



この試合、前半戦不振に悩まされたロビンソン・カノの槍働きが際立った。マリナーズ移籍後初となる1試合2本塁打を含む、3安打4打点の活躍だった。

1回表、そのカノの7号先制弾で岩隈は幸先良く2点の援護を貰い受ける。(SEA2-0NYY)

1回裏、岩隈の立ち上がり。コントロールが安定していた。

1、2番の上位を投ゴ、遊ゴに討ち取ると、3番Aロッド。コントロールアーティストの本領発揮となった。初球アウトローにスライダーを見せ、2球目は外目の88キロ速球で空を切らせて1-1、その後、膝下いっぱいに速球を投げ込んで追い込むと、ラストは外角低めの原点投球。ズニーノの構えたミット目がけて糸を引くような90マイル(144.8キロ)の速球がズバッと決まり、見逃しの三振。直前のインコースが効いたのか、Aロッドに微動だにさせず釘付けの三振劇になった。

2回裏、ボール先行2-0カウントが2度あったが、2死からの単打1本に抑える無失点投球。

テシェイラにはボール先行2-0から速球3連投で見逃しストライク、空振り、空振りの空三振に仕留めている。岩隈が速球2連続で打者から空振りを奪ったのは今季初。最後はインハイ釣り球を振らせるかたちになった。

本戦の岩隈、(フルカウント含む)ボール先行投球の77.8%で速球を選択していた。今季ここまでの数値は64.1%だったことを考えると、本戦では岩隈xズニーノのバッテリーは速球が使えると判断したのだろう。あるいは多少打たれても速球で攻めていくことが重要だと考えたのかもしれない。終わってみれば、ボール先行投球で6打数4安打と打たれ、結果球は全て速球だったが、ある程度、ヒットを浴びることは想定内だったような感じがする。

3回裏は下位8番から始まるヤンキース打線を11球で三者凡退。ゴロ3本の打たせて取るピッチングを展開した。

先頭の8番・左打ちのグレゴリアス。72マイル(115.9キロ)のカーブを打たせてボテボテの遊ゴ。前回エンゼルス戦から主に左打者対策としてカーブを積極的に使い始めている岩隈。その傾向は本戦でも継続されている。1番・エルズベリは2打席連続アウトコースのスプリッターでゴロに討ち取った。

もったいなかった4回裏



4回裏、もったいないイニングに。先頭打者のガードナーの内角を攻めて一邪飛に、続くAロッドを3球三振に切って取り2死走者なし。三者凡退で行くのかな?と思われたが、フルカウント勝負になった4番・テシェイラにストライクを取りに行った速球を右前へ運ばれると、5番・マッキャンに0-1からやや甘めに入った速球を一閃され、右翼席に放り込まれてしまう。この2ランで試合が振り出しに戻った。(SEA2-2NYY)

5回裏は7、8、9の下位を三者凡退。9番・レフスナイザーに必死にくらいつかれて9球を要したが根負けせずに最後は首を振ってインコースに投げ込み、空三振。すると直後の6回表無死1塁、カノがインコースを一閃し、右翼席へ。8号2ランでマリナーズが2点を勝ち越すことに成功した。(SEA4-2NYY)

2点勝ち越し直後の6回裏、岩隈が回途中で先発の役目を終えている。この回、ヤンキースは1番・エルズベリーから始まる攻撃。相手打線が3順目に入り、岩隈の球威もやや陰りが生じていたのか、1、2番に速球を連続安打されて無死2,1塁。この後、3番・Aロッドと4番・テシェイラをスプリッターで空三振、一ゴに取り、2死3,1塁で前の打席ホームランの5番・マッキャンを打席に迎えた所で、マクレンドン監督がこの回2度目のマウンドへ。ここで岩隈が降板することになった。マッキャンは二番手・ベイメルが外野フライアウトに討ち取り、無失点。前日の敗戦投手で心配されたが、なんとか切り抜けて、岩隈は6回途中2失点の結果になっている。

試合はその後、9回裏、マリナーズの新守護神スミスが制球難の御乱調。1点を返されなおも2死2塁のピンチだったが、グレゴリアスのゴロ打球を最後は打の立役者カノが難なく処理し、岩隈に今季2勝目がついている。



高低、緩急、内角攻めを駆使したゴロ率70.6%の好投



5回2/3、打者、球数76、被安打5、被本塁打1、奪三振5(うち3個はAロッドから)、与四死球0、失点2、自責点2。

ホームランの多いヤンキース打線相手にホームランが出やすいヤンキースタジアム、1本ぐらいの被弾は想定内とすべきなのだろう。

残念ながら指揮官判断によりクオリティスタートはマークできなかったが、高低、緩急、内角攻めを駆使したゴロ率70.6%の好投だった。

4シームやシンカーの速球で、打者の左右問わずインコースを果敢に攻め、(何球か嫌ったようなボール投球はあったものの)高めにも臆することなく投げ込んだ。打たれても使えると信じての強気投球があったからこそ、全体の投球内容が引き締まった内容になったのでは?と思う。Aロッドから空振りを奪った球は甘めの88マイル(141.6キロ)速球。NPBに置き換えてみれば135キロ打ち頃の速球というイメージだと思う。にも関わらず、バットが空を切ったのは、しっかりとした投球フォームでしっかりとした球を投げ込むことができていた証拠なのだろう。

今季懸案のスライダー。本戦では右打者に5球を使った。今シーズンは右打者の真中から内角に抜けるケースが多く、その失投を痛打されるかたちが多かったが、本戦ではまかり間違っても真中から内角への失投は投げないという意思がうかがえた。5球全てアウトコースに制球されていた。怖い怖いAロッドにも2球使ったが、しっかり制球されていた。

岩隈の看板球スプリッター。上々の機能を発揮した。右打者には5球用いて、うち4球で空振りを奪取(3個の三振含む)。左打者には14球を使い、アウトコース低めに集めて6本のゴロアウトを打たせている。

そしてカーブ。全9球中8球が左打者使用。6球で初球投球。2試合連続で10%越えの球種割合になった。岩隈のコメントを聞いていると、恐らく今後もカーブを積極的に交えていくのだろうと思われる。

新型モデルの岩隈を見た思いがした。

さて、次回登板は敵地タイガース戦が濃厚だと言う。デトロイト打線にリベンジを果たしてのQS投球を成し遂げてこそ、完全復調だろう。引き続きの好投を期待したい。【終】

20150719DATA02.jpg




有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

スライダー問題への回答はカーブの多投

暑さのせいもあって早めに替えられてしまいましたが、前回LAA戦に続いて思い通りの投球ができたようです。前回ほど会心の投球というわけではなかったんですが、この連続好投で去年の終盤から続いていたもやもやを完全に断ち切ってくれました。また気分よくクマのアーティストぶりを楽しんでいけそうです。


>本戦の岩隈、(フルカウント含む)ボール先行投球の77.8%で速球を選択していた。

今回、前回と比べて少し苦戦したのは、初球のストライク率が低かったのがあるでしょうね。ボール先行自体ほとんどないのが絶好調のクマですよね。

>ホームランの多いヤンキース打線相手にホームランが出やすいヤンキースタジアム、1本ぐらいの被弾は想定内とすべきなのだろう。

ですね。被弾がなければもっと長い回いけたかもしれませんがこれはしょうがない。

>4シームやシンカーの速球で、打者の左右問わずインコースを果敢に攻め、(何球か嫌ったようなボール投球はあったものの)高めにも臆することなく投げ込んだ。

高めは、エルズベリー、テシェイラといった特定打者に多く見られ、研究のあとが感じられました。

>今季懸案のスライダー。本戦では右打者に5球を使った。
>本戦ではまかり間違っても真中から内角への失投は投げないという意思がうかがえた。5球全てアウトコースに制球されていた。

左打者にスライダーを使わなかったため、投球数わずか5球とカーブより少なくなりました。まずこれだけでリスクを減らした格好です。

>そしてカーブ。全9球中8球が左打者使用。6球で初球投球。2試合連続で10%越えの球種割合になった。岩隈のコメントを聞いていると、恐らく今後もカーブを積極的に交えていくのだろうと思われる。
>新型モデルの岩隈を見た思いがした。

まだカーブを痛打されていないのでそれまではこのままいきそうですね。スライダーの抜けにはここのところずっと悩まされてきましたから、カーブで多少被弾したとしてもしばらくはこの「新型モデル」を続けるのがいいと思います。

>さて、次回登板は敵地タイガース戦が濃厚だと言う。デトロイト打線にリベンジを果たしてのQS投球を成し遂げてこそ、完全復調だろう。引き続きの好投を期待したい。

天敵のVマルティネスや、キンズラー、セスペデスらにあたりますが今回の投球ができればいい結果がでるでしょう。どういう対戦となるのか楽しみですね。

ここへきてトレードのうわさがいくつかあがってます。私はずっとマリナーズ岩隈がプレーオフで投げる姿を見たいという気持ちがありましたが今年は無理そうです。
クマはシアトル愛がありそうなので、本人はトレードを歓迎しないかもしれませんが、多くのファンの期待を受けて新天地に乗り込むのもまた選手冥利に尽きるのでは。私もプレーオフで投げるクマを見られるならそれはまた楽しみです。いくならPS確実にいけるところがいいなあ。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}