【試合評】辛島航が2死満塁ボール先行1-0からあっさり速球を投じたその理由~2015年7月4日●楽天イーグルス4-5日本ハム

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

楽天デーでも黒星止まらず、遂に7連敗...



2日連続で観戦に訪れた三木谷オーナーも、激怒プンプン丸だったはずだ。

1年に1度、東京ドームで開催される楽天デー。43,881人。グループ社員が大勢つめかけた中で連敗トンネル脱出といきたかったが、逆にその数を伸ばしてしまった。7連敗はデーブレーキとなった昨年の138試合目9/29オリックス戦から144試合目10/7オリックス戦以来、今季初の屈辱になった。

楽天先発は左のエース、辛島。相手先発は大卒新人右腕の有原。昨年秋のドラフトで4球団から1位指名を受けたドラ1はここまで6試合に投げ、3勝3敗、防御率5.87、WHIP1.57。前評判を裏切るイマイチな内容が続いていた。イーグルスにも十分勝機があると思われたが、絶好チャンスをフイにする拙攻に加え、先発・辛島が誤算だった。

2回裏、無死満塁で無得点



先取点攻防戦。これこそ連敗脱出のキーポイントだ。

6連敗中、1度も先取点を取ることができていないイーグルス。試合の主導権を先に握り、有利なゲーム展開に持ち込むことが真っ先に必要とされる目標だった。リードした展開で試合の後半を迎えることができれば、連敗続きで出番がなく、休息十分のリリーフ陣が控えている。青山、福山、防御率0.00が続くクルーズ、ドクターKの松井裕。ブルペンリレーで僅差を逃げ切ることも十分可能である。

その先取点のチャンスが、この試合、2回裏に訪れていた。先頭・ペーニャの四球後、スタメン起用の小斉が流し打ちヒット。無死2,1塁で島内は送りバント。これを処理した有原の3塁送球がセーフになる。相手の守備ミスも絡んで無死満塁、願ってもないビッグチャンスが到来した。

しかし、これが負傷者続出で1.8軍、限りなく2軍と言えるラインアップで戦わざるを得ない現在のイーグルスの宿命なのか、1点も入らなかった(ガクッ!!!)。

7番・阿部は空三振、初球打ちの8番・三好は5-4-3のゲッツーゴロ。4回に大量失点したことが最大の敗因ならば、ここで無得点に終わってしまったのが、第二の敗因になる。

有原との7球勝負になった阿部は、インコースへの厳しい攻めを再三再四受けた。塁上満員御礼、ぶつかれば押し出し死球。そんなリスクある状況。にもかかわらず、相手バッテリーは阿部の懐にカットボール、ストレートと球種を変えながら攻め込んできた。阿部は内角カットボールに2度空振り、1-2と追い込まれてしまった。その後、ボール球を見きわめてフルカウント勝負に持ち込んだものの、ラスト7球目アウトコースの150キロにバットが空振り。三振に倒れた。内角攻めが効いたのだろう。外の球に対応できなかった。

1死満塁で8番・三好。若き右打者の脳裏には、前日の手痛いシーンが甦っていたはずだ。2点を追った5回無死3,1塁、ボール先行2-0。打者有利カウントでのチェン・グァンユウとの対戦。しかし、1度もバットを振らず、フルカウントから見三振に倒れてしまった。「(内野ゴロの)併殺でも1点が入っていた。振れば良かった」と試合後、悔んでいた。

同じ轍を踏むことはあってはならない。そんな強迫観念が三好のスイングをぎこちなくさせた。初球150キロ、真中高めの甘いゾーンに入ったストレートを打ちにいったが捉えることできず、ひっかけたかたちになり、三遊間へのバウンドゴロに。相手三塁手レアードの機敏な処理にも遭い、5-4-3のダブルプレーに討ち取られてしまった。

辛島航、レアードにグランドスラムを浴びる



2回裏に絶好の先制機を逃した楽天は4回表、辛島が5失点、KOの憂き目にあった。

先頭・中島卓に本戦2本目の安打を打たれたが、田中賢、中田の3、4番を討ち取り、2死2塁まで漕ぎ着けていた。

しかし、ここから事態は坂道を転げ落ちていくかのように暗転する。

5番・矢野、6番・岡に連続四球。2死満塁で7番・レアード。ボール先行1-0から外角に投げ込んだ135キロ速球。やや甘くなった所を右方向に打ち返された。打った瞬間は右飛かな?という当たり。しかし、思いのほか、打球が伸びた。右翼席へ無情にも突き刺ささった14号満塁弾は、打った本人も「入ってしまった」という珍談話を残すほどの東京ドーム特有の一撃になった。(楽0-4日)

動揺隠せない辛島は後続にもフォアボール。ここで大久保監督は辛島を諦め、二番手で戸村を送り込む。戸村もピリッとせず1点を奪われてしまう。ワイルドピッチのバッテリーミスで二進されると、市川に真中高めの失投を左前へ打ち返された。レフト島内の手前に着弾した打球がやや高めに弾み、島内が軽くジャンプしながらグラブに収めたこともあり、二走・石川慎が一気にホームを狙う。牧田は必死のダイレクト本塁送球を試みたが、一足先に生還された。(楽0-5日)

重苦しい5点を追いかけた楽天は5回に2点、9回に2点を返したが、あと一歩及ばなかった。

5回は1死後、小関、聖澤の仲良しコンビの長短連打で3,1塁のチャンスを作ると、牧田の打席時、聖澤の二盗が市川の悪送球を誘った。送球が外野へ大きく抜けていった間に3塁走者・小関が生還。盗塁を仕掛けた聖澤も3塁へ。その後、牧田の遊ゴ時に聖澤もホームを踏んだ。(楽2-5日)

9回は1死1塁で代打・松井稼。会心の一撃で有原の105球目を仕留めた。ボール先行2-0から高めに甘く入った137キロ変化球。打った瞬間の8号2ランで有原のプロ初完投勝利を阻止する。ここぞというシーンで大仕事を成し遂げる松井稼ならではの鋭い嗅覚がここでも発揮され、あと1本出れば同点というシーンを作ったが、後続の代打サンチェス、中川が二番手・増井の前に凡退した。

これでチーム成績は73試合33勝38敗2分、勝率.465となった。順位は5位変わらず。ゲーム差は1位・ソフトバンクと12.0、2位・日本ハムと8.0、3位・西武と6.5、4位・ロッテと3.0、6位・オリックスと6.0とした。

各種戦績は、リーグ戦再開3勝7敗、銀次離脱後14勝16敗、日本ハム戦6勝7敗、ホームゲーム17勝16敗2分、先制された試合10勝22敗1分、5回終了時負けている試合7勝23敗となった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150703DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・陽(中)、2番・中島卓(遊)、3番・田中賢(二)、4番・中田(一)、5番・矢野(指)、6番・岡(右)、7番・レアード(三)、8番・石川慎(左)、9番・市川(捕)、先発・有原(右投)

楽天=1番・聖澤(中)、2番・牧田(右)、3番・後藤(二)、4番・ペーニャ(指)、5番・小斉(一)、6番・島内(左)、7番・安部(遊)、8番・三好(三)、9番・小関(捕)、先発・辛島(左投)

20150703DATA03.jpg

2死満塁ボール先行1-0から、辛島が速球を投じたその理由



3回2/3、打者17人、球数74、被安打3、被本塁打1、奪三振3、与四球4、失点5、自責点5。

これで辛島の今季成績は、3勝3敗、防御率3.89、FIP4.11、WHIP0.99としている。

5失点の綻びは2死2塁で5番・矢野を迎えたところにあったと思っている。

2度ロジンに手をやる珍しい動作を見せたのだ。初球を投じる前、セットに入り2塁を気にするそぶりを見せてプレートをはずしロジンバッグに手をやり、再び投球動作に入る。しかし、ここでもプレートをはずし、再び手はロジンへ。辛島が投球間にロジンに2度手を伸ばしたのは本戦で初めての光景で、明らかに自らの間合い、テンポを失っていた。

理由は色々推測できる。

矢野の1打席目。討ち取っていたが、外の変化球を弾き返されての一ゴ。良い当たりを許していた。このことに加えて、ソツのないベテラン打者に対し、辛島の投手独特の危険察知能力が何かを感じ取ったのかもしれない。直前の4番・中田。左飛に仕留めていたが、制球ままならず、2-1から投じたスライダーは真中に入る失投。強打者による打ち損じに救われていただけに“コントロールをより慎重に”という思いも強かったのかもしれない。そのことがロジンに2度も手をやったのだろう。

結局、矢野との勝負に集中しきれず、フルカウントから歩かせてしまった辛島。こうなってしまうと、どんどんドツボにハマってしまう。

2死2,1塁で6番・岡。1打席目は際どいコースをことごとく見きわめられてのフォアボールだった。甘い球は投げられない。そんな高まった思いがボール先行3-0を招いていた。結局、3-1から再び歩かせるハメになる。

2者連続四球で2死満塁、打席は7番・レアード。塁上は全て埋まった。初球109キロのカーブ。インコースへ大きく逸れてしまった。ボール先行1-0からの第2球。満塁だ。2-0にはできない。2球目で必ずストライクを取る必要があった。本来なら1打席目に2度空振りを誘ったチェンジアップを使いたいところ。しかし、もし乗ってこなければ2-0になってしまう。リスクがあった。2-0から立て直すことができるほどの制球力を本戦の辛島は持ち合わせておらず、この場面はストライクを取って並行カウントに戻すことこそ最優先だ。そういったバッテリー判断が、チェンジアップではなく、速球という選択肢を導いたのだろう。

矢野から始まり、岡、レアードへ。外堀をどんどん埋められ、最後には内堀まで埋められ、丸裸にされてしまった大坂城のように、辛島は追い込まれていったのではないか。投げざるを得なくなった後ろ向きの速球には、力が宿っていなかったということなのだろう。レアードがコンパクトに振りに行った当たりが、右翼席を越えるバッドエンディングになってしまった。

20150703DATA04.jpg

平均148.2キロ。有原のストレートが楽天の若手選手を苦しめた



8回1/3、打者33人、球数105、被安打7、被本塁打1、奪三振5、与四球1、失点4、自責点2。

有原の投球について触れる紙幅がなくなってしまったので、ざっくり書いておきたい。

「球が速いは七難隠す」。duplesさんの名言どおりの投球だったと言えそうだ。

スタメンに経験不足の若手が多い今のイヌワシ打線にとって、NPBの平均を7キロほど上回る平均148.2キロのストレートを打ち崩すのは難しかったと言えそうだ。結局、有原のストレートとの対戦成績は14打数3安打の.214に終わっている。無死満塁の2回も、阿部空三振、三好三ゴ併の結果球はいずれも150キロ越えだった。有原の球威に力負けした面は否めない。

さらに、打者3巡目以降(5回途中以降)からはカーブの割合が増え、序盤、中盤には乏しかった緩急をつけられてしまった。このことも楽天打線が6、7、8回と3イニング三者凡退に終わった原因の1つになっている。【終】


20150703DATA06.jpg
20150703DATA07.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 辛島序盤4失点。苦手のホークス戦登板で6連敗~2015年6月26日●楽天イーグルス1-5ソフトバンク
【試合評】 チェン・グァンユウの何でもないストレートを打ち崩せず。今季初の6連敗~2015年7月2日●楽天イーグルス2-3ロッテ



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}