【試合評】延長戦4連敗。6回レイ続投せず。8回チャンスで代打・岩崎。迷走極まるデーブボール~2015年5月30日●楽天イーグルス3-5巨人

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

総力戦に弱い楽天。これで延長戦は4連敗



今日も投手陣を6人継ぎ込んでの延長戦敗退... コボスタは26,589人を集め、最多観客動員数を更新。しかし、4時間23分の一戦は、またしても重苦しい結末で幕を閉じている。イーグルスは5/21日本ハム戦以降の直近9試合、延長戦が実に4試合。大変多くなっているのだが、その4戦で4敗なのだ。

同じ負けなら、せめて延長戦突入前に負けてくれ。投手陣の消耗度が気にかかる私のような愚痴をついこぼさずにはいられないファンもいるはずだ。

レイ、青山、戸村、武藤とつないできた楽天は延長10回、福山を投入。ピンチを抱えながらもゼロでしのぎ切ると、翌11回は昨日大塚と入れ替わりで1軍に呼ばれた長谷部を起用。21日に30歳を迎えたこの背番号17が誤算だった。

大田、長野、両打ちの吉川と右打者が続く場面。本来なら右投手をぶつけたいところだったが、あいにくベンチに残っていたのは、長谷部、金刃、松井裕。左投手3人だけ。

松井裕は前日の11セーブで今季初の3連投。本戦登板なればプロ初の4連投となり、首脳陣としては回避したい思いがあったのだろう。私もこの判断は支持したい。リードしたシチュエーションなら登板の可能性も大きかったが、この時点ではまだハーフハーフの段階である。背番号1に無理をさせてまでマウンドに行かせるべき状況ではなかった。

今季18試合を投げてきた金刃は現在絶賛干され中。先日スポニチが伝えた下記の「俺を殴れ」記事で文中に出てくる不満を溜め込んだベテラン投手というのが恐らく金刃なのだ。首脳陣の金刃への信頼度は大幅に失墜。5/23西武戦の登板を最後に(本記事も25日のもの)、1軍飼い殺しの日々だった。(1軍で飼い殺すぐらいなら早く相原を上げて欲しい)


◎松井裕 高卒2年左腕初10S!「俺を殴れ」デーブ監督の言葉に発奮 (スポニチアネックス2015年5月25日 05:30)


■長谷部康平 2015年 2軍 vs左右打者別 投手成績


先頭打者四球から崩れ、仙台出身の橋本に決勝打を許す



金刃、松井裕が使えないとなると、必然、長谷部の出番だったが、先頭打者・大田へストレートのフォアボールを与えて崩れてしまった。

無死1塁、長野、吉川の2者をアウトに仕留めたが、吉川空三振時に大田に二盗を許し、2死2塁。打席は仙台出身の1番・橋本。8回には同点のお膳立てとなる二塁打を放っていた。1-1の並行カウントから外角低め142キロ速球投球を左翼線へ流し打たれて、これが本戦の決勝二塁打に。その後、橋本は三盗企図で長谷部の3塁悪送球を誘い、一気にホームに生還。楽天は重い2点を失った。(楽3-5巨)

11回裏、巨人はマシソン。1死後、藤田が156キロを右前へ打ち返して出塁したが、後続の途中出場・松井稼がセカンド正面、4-6-3の併殺打に倒れてゲームセット。3-5で敗れている。

イヌワシ打線は3回に杉内から3点を取ったが、4回以降は無得点に終わった。4回以降修正してきた杉内を再度打ち崩すことができず、8回以降は山口(8回)、澤村(9、10回)の前に3イニング連続で得点圏に走者を進めたが、あともう1本が出なかった。8回2死3,2塁のチャンスで小関の代打で岩崎を送り込む指揮官の不可解采配も後味の悪いものになってしまった(岩崎は空三振)。

チーム成績は50試合21勝27敗2分、勝率.438、借金は再び今季最多タイの6へ。

各種戦績は、直近10試合3勝7敗、交流戦1勝3敗、5月10勝14敗、コボスタ11勝10敗2分、延長戦2勝4敗2分、先制された試合6勝13敗1分、銀次1軍登録抹消後2勝5敗とした。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150530DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

巨人=1番・橋本(中)、2番・立岡(三)、3番・亀井(左)、4番・坂本(遊)、5番・アンダーソン(一)、6番・阿部(捕)、7番・高橋由(指)、8番・長野(右)、9番・片岡(二)、先発・杉内(左投)

楽天=1番・福田(中)、2番・藤田(二)、3番・牧田(右)、4番・枡田(左)、5番・中川(一)、6番・後藤(遊)、7番・ペーニャ(指)、8番・小関(捕)、9番・ウィーラー(三)、先発・レイ(右投)

20150530DATA05.jpg

杉内から3回に一挙3得点も、4回以降は修正されて打ち崩せず



7回、打者30人、球数123、被安打8、被本塁打0、奪三振5、与四球3、失点3、自責点3。

杉内とKスタ/コボスタの相性は2007年以降特に最悪。10試合1勝7敗、防御率4.57、WHIP1.41(死球込み)だった。2013年の日本シリーズ第7戦でも精彩を欠き、2回途中2失点で早々に降板。

本戦も楽天に分があるのでは?と思われたが、その予想は半ば的中し、半ば外れるかたちになっている。

3回の先制3点劇は下位打線のチャンスメイクで始まった。8番・小関、9番・ウィーラーに連打で無死2,1塁、福田がバントを決めて1死3,2塁、藤田のバットで1点を返した。その後、2死満塁になり、中川が5番の槍働き。2-2と追い込まれていたが、左前へ運ぶ逆転の2点適時打。イーグルスが一気に3点を取り、3-2と試合をひっくり返した。

序盤3回までの杉内は、スライダーやチェンジアップの精度が悪かった。変化球のストライク率は48.5%。著しく低値。マウンドとの相性なのだろう、コントロールに苦しんでいた。楽天打線は制球ままならずに甘くなった変化球でヒット3本を記録。3回無死1塁からウィーラーの左安も、2死満塁で中川が放った逆転適時打も、結果球は変化球だった。

しかし、4回以降に修正されてしまう。4回以降の変化球ストライク率は68.8%と大きく改善。立ち直りを許してしまった。

6回は2死からスライダーを捉えた後藤、ペーニャの連打で2死3,1塁と得点機を作ったが、8番・小関が凡退している。

20150530DATA03.jpg

2回以降立ち直ったレイをなぜ5回でお役御免にしたのか?



5回、打者20人、球数71、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四球1、失点2、自責点2。

立ち上がりの1回、エンジンが温まる前に制球が甘くなった所を突かれて2点を失った。1死後、センター福田の拙い守備も重なって、長短連打で3,1塁のピンチ。4番・坂本は凡退に追い込んだが、痛烈な当たりを許す。2死後、5番・アンダーソンに失投スライダーを右中間に弾き返され、これが2点二塁打になった。(楽0-2巨)

しかし、2回以降は立ち直る。本戦ではスライダーがあまり機能しなかったが、4シームと2シームを巧みに使い分けた速球が上々の効果を発揮、7本のゴロアウトを量産するなど、“らしさ”が現れた投球を見せた。

解せないのは、球数71球と少なめできたレイをなぜ5回でお役御免にし、6回から継投に入ったのか?ということである。

予め5回までの投球という起用法だったのだろうか? 5/21日本ハム戦以降、延長戦が多く、リリーフ陣に疲れの色が見えている現在、先発には1イニングでも多く投げて欲しいのが実情ではないか。しかも3-2と1点差だった。6回からの継投作戦はその後が長く、どこかで捕まってしまう恐れがあった。ならば2回以降は得点圏進出を許さず、巨人打線を散発2安打に封じていたレイを100球近くなるまで6回、7回と続投させるべきだったのでは?と思う。

追記、4回に受けた投手強襲凡打の影響で5回でお仕事終了になったとのこと。

リリーフ転向後、持ち味が消え失せた戸村健次



6回7回をピシャリと零封してみせた青山は見事なピッチングだったが、戸村以下、武藤、福山、長谷部は苦しい内容だった。

1点リードの8回に出てきて橋本、立岡の1、2番コンビに長短連打を浴び、同点に追い付かれた戸村は、救援転向後、持ち味のゴロを打たせてアウトを取る投球ができていない。先発時50.4%あったゴロ率は救援転向後、本戦終了時で41.7%まで下落していた。

一方、ゴロを打たせた打球が安打になった割合は劇的に増えた。先発時はゴロの25.8%が安打になっていたが(この割合はほぼNPB平均値と同じである)、救援時は42.9%に大幅増。それだけ、戸村の球が動いておらず、制球も甘くなってしまっていることの証左だと思う。

8回2死3,1塁から登板し、回をまたいだ武藤も苦しい内容だった。8回は火消しに成功したものの、9回は安打四球で1死1塁~2死2塁~2死2,1塁のピンチを背負ってしまう。しかし、1死1塁で三ゴに仕留めた長野との対決で、感慨深いシーンが目撃されている。

長野との初球、2球がいずれも外角に外れるスライダーだった。ボール先行2-0からの第3球、嶋が何を要求するか注視していたが、第3球も外角スライダー。今度はアウトコース低めにしっかり決まり、長野のバットに空を切らせることに成功した。少し前までの武藤レベルの投手には、嶋は違う球種、恐らく真っすぐを要求していたはずだ。連続で制球できなかった同じ球種が嶋から三度サインが出たという事実は、武藤が嶋に信頼され、それなりの投手に成長した証と言えるのだ。【終】

20150530DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 もうこれ以上見たくない背番号26。金刃憲人のガラクタ左腕ぶりを確認する~2015年5月23日●楽天イーグルス2-4西武
【試合評】 何をか言わんや。延長11回裏2死走者なしからのサヨナラ負け。戸村健次11球連続ボールの独り相撲~2015年5月28日●楽天イーグルス3-4x阪神
【試合評】 理想の超機動力で左腕ポレダを攻略。辛島航、連敗ストッパーの8回3失点~2015年5月29日○楽天イーグルス5-3巨人



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

負けに不思議の負けなし・・・ですかね

ネット中継で最後まで見ましたが、なんとも長く重苦しく疲れる試合でした。
拙攻というほど酷くはないものの、両軍とも2桁安打と沢山の四球を出しながら、あと1本がなかなか出ずに残塁を積み重ねる展開。shibakawaさんのおっしゃるとおり、無駄に投手に消耗を強いた試合という印象です。
得点経過のとおり、終盤になるほど巨人優勢の流れでした。ランナーこそ何度も出ましたが、巨人投手やベンチの表情には余裕が感じられ、イーグルスに点が入りそうなムードはありませんでした。

日刊ゲンダイの記事によると、今年の巨人の失点は1〜3回が51、4〜6回が49、7〜9回は34。
そして「データで楽しむプロ野球」さんのデータによると、救援防御率2.60という数字はヤクルトに次いでセリーグ2位(先発防御率は2.58)。つまり先発降板後のモップアップが4〜6回に失点しているだけで、勝ち継投リリーフの失点が極めて少ないことが分かります。僅差でリリーフ勝負になり、松井が使えない時点で、こういう試合展開になることは決まっていたようなものです。

こういうチームに勝つには、昨日のように先発投手が相手よりも長く投げること。先制点を挙げること。この2点に尽きるでしょうね。結果論ではありますが、レイを降板させた時点で勝負は決していたのではないかと。
いまの巨人に突出した打者はいませんが、交代で出てくる選手の顔ぶれを見ると、やはり層の厚みは感じます。総力戦はなんとしても避けるべきでした。

イーグルスのよかった点としては、ペーニャ、小関、ウィーラーに1本が出て得点に絡めたこと。レイが好調を維持していることですかね。
戸村は重要な局面でランナーを出すと、明らかに動揺が顔に出てしまっています。性格的にリリーフに不向きと思われ、監督には起用法を考え直してほしいものです。

No title

地元TBCラジオでは山村さん、KHBテレビ中継では武司さんと岡田彰布さんが解説でした。

8回の戸村登板はみな首をかしげていました。
一字一句正確ではないですが、聞いた感じではこんな内容でした。
山村「福山に何かアクシデントがあったのか?と心配になりますね」
武司「矢野の後、1番から左が続くんだから、金刃か長谷部を使うべき。左対左で結果打たれてもしょうがない。彼らのモチベーションが心配」
岡田「戸村を早く立ち直らせたいのは分かるが、3点差で楽な場面でないとキツイ。結構放ってるでしょ。」

松井裕4連投は避けたい、のは理解できる。
なら8回武藤(打たれたら左の長谷部か金刃)、9回福山のリレーで良かったのでは?それで8・9回に逆転負けなら「今日は松井裕は使えないからやむをえない」で納得するんです…。

戸村は何故中継ぎに回したのか…。
5/13のBs戦からだが、先発ローテを2軍から上げられない状態のため、内容がよければ先発復帰という方針だろうか。
ただ今は違うので、明日試合が終わったら、2軍で先発ローテとして再調整させるべき。(金刃も当然。)右の中継ぎを1枚増やしたいなら、相沢もしくは梅津を支配下登録して上げた方がいい。
塩見・美馬・菊池・辛島・レイ・則本ととりあえず6枚揃った。
誰か欠けたら川井か永井がいるから、2人と競わせるべき。

ツイッターを見ましたが、2軍では西宮がマズイ使われ方をしているなぁ…。
いっそ先発に転向させてはどうか?
左の中継ぎは大塚に経験を積ませればいいのにねぇ。




Re: 負けに不思議の負けなし・・・ですかね

duplesさん

> 得点経過のとおり、終盤になるほど巨人優勢の流れでした。ランナーこそ何度も出ましたが、巨人投手やベンチの表情には余裕が感じられ、イーグルスに点が入りそうなムードはありませんでした。

仰る通りですね。澤村、マシソンと145キロ以上を連発する投手が出てきて、duplesさんの名言が頭の中でリフレインしていました。

> こういうチームに勝つには、昨日のように先発投手が相手よりも長く投げること。先制点を挙げること。この2点に尽きるでしょうね。結果論ではありますが、レイを降板させた時点で勝負は決していたのではないかと。

レイが立ち上がりに捕まったことで、打線がエンジンかかるのも遅くなってしまった感が否めません。3回に捉えて3点を上げましたが、レイが1回をゼロに抑えて、1、2回で打線が攻略、流れを引きよせたかったところです。12球団で阪神に次ぐワースト2位の得点力が投手陣を苦しめている感。先発がQSを記録してもチームは17勝14敗2分と勝率が高くないのは、ひとえに得点力不足に尽きるわけなんですよね。ちなみに先発が6回以上自責点2点以内でもチームは13勝10敗2分、先発がHQSでもチームは5勝3敗1分というかたちです。

Re: No title

ゴールドクラブさん

> 地元TBCラジオでは山村さん、KHBテレビ中継では武司さんと岡田彰布さんが解説でした。

うわっ、豪華すぎる中継だったんですね~、地元民がうらやましい!

> 武司「矢野の後、1番から左が続くんだから、金刃か長谷部を使うべき。左対左で結果打たれてもしょうがない。彼らのモチベーションが心配」

確かに山崎氏の言うとおり、8回は戸村ではなく長谷部でしたね。2軍でも左打者はほぼ完璧に抑えてきていましたから。

> 誰か欠けたら川井か永井がいるから、2人と競わせるべき。

残念ながら、永井が1軍に呼ばれることはないと思います。2軍では1軍通算打席100打席未満の打者にも.277とそれなりに打たれてしまっています。

Re: 負けに不思議の負けなし・・・ですかね

shibakawaさん

>仰る通りですね。澤村、マシソンと145キロ以上を連発する投手が出てきて、duplesさんの名言が頭の中でリフレインしていました。

ニコ生では、澤村が出てきて最初の2球(150km超の速球をアウトローに決める)で2ストライクを取った時点から「アカン」「無理」「打てそうにない」などのコメントが流れてきました。速い球は心理的にも効果抜群ですね。

>先発がQSを記録してもチームは17勝14敗2分と勝率が高くないのは、ひとえに得点力不足に尽きるわけなんですよね。ちなみに先発が6回以上自責点2点以内でもチームは13勝10敗2分、先発がHQSでもチームは5勝3敗1分というかたちです。

そんなに悪いんですか。うーん・・・やはりリーグ最低のチーム本塁打24というあたりが、先制点を難しくしているのかなあ、と思います。特に今年は、福岡ドームの本塁打パークファクターが2.0を超える異次元の数字になっているので、空中戦でもある程度戦えないと上位が望みにくくなっています。リーグのトレンドが変わったんですよね。

あと、楽天先発陣はQS率が抜群に高いのに、HQS率は低いんですよね。これは、平均以上のいい投手を揃えているものの、圧倒的投球のできるエース格がいない、という事を意味しています。則本も今年は数字的に見るとリーグ内で平均的な成績ですし。このあたりも関係しているかも知れません。
あとはコボスタのパークファクターに助けられているか、ですね。

Re: No title

>> 誰か欠けたら川井か永井がいるから、2人と競わせるべき。

>残念ながら、永井が1軍に呼ばれることはないと思います。2軍では1軍通算打席100打席未満の打者にも.277とそれなりに打たれてしまっています。

う~ん、年度別成績を見ると6年目以降どうしたのか…。
肩肘に故障があったとも聞いてない。
「投手」永井は「投げ手」のままで終わって欲しくない。
「投手」から「頭手(頭脳的な投手、という野球用語)」にならないと31歳になるから年齢的に厳しいのに。

このままEにいるのが彼の野球人生にプラスにならないなら、7月末までにセ球団に移籍させた方がいいのかもしれない…。
以前上園を加えてDB多村と交換で、とコメントしたが右の大砲にこだわらず左中継ぎ投手とかで可能なら、他の5球団とでもいい。
shibakawaさんなら、どこの誰なら獲れそうと思います?

一度1軍で投げさせて実力はどうなのか?を見たいところだが…。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}