【試合評】 狙い的中。藤田一也グランドスラム。球団の通算満塁ホームラン記録を確認する~2015年5月22日○楽天イーグルス6-1西武

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新の お知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成し ました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

辛島航の好投がチームを救う



もし負ければ嫌な空気が蔓延しかねないところだった。

前夜は延長12回、球団史上最長の5時間37分を戦っての敗戦。予定されていた花火大会は中止に追い込まれ、手配していた新幹線には間に合わず、急遽午前様で慌ただしく首都圏への移動を余儀なくされたイーグルスである。今季ここまで1勝7敗と大差で負け越しているライオンズ3連戦との初戦、もし落とすようなことがあれば、前夜の疲労もさらに重く心身にのしかかってくるところだった。

その危機を、脇腹・背中痛で出遅れていた先発・辛島が救った。

前のロッテ戦で3試合連続二桁安打をみせていた獅子打線相手に、今季初登板とは思えないマウンドさばきで8回1失点。ポーカーフェイスの109球で許したヒットは中村剛也に一閃されたソロ弾の1本のみ。合計5イニングで三者凡退投球を披露した。

試合は楽天が先制した。2回表、1死から後藤が四球で歩くと、西田の進塁打で二進。2死から作った2塁の好機に嶋が応じる。2-2と追い込まれていたが、キャプテンマークのひっぱりの一撃が三遊間を破って左前に達し、2塁から後藤が先制のホームイン。しかし、直後、辛島が4番・中村に11号ソロをくらい、同点になる。(楽1-1西)

1-1で進んだゲームは5回表、イーグルスが勝ち越しに成功した。福田、松井稼と2者連続四球で作った無死2,1塁の絶好チャンス。2番・藤田が送りバント失敗の捕バ飛、二走・福田が3塁付近まで大きく飛び出して帰塁できずの併殺劇。チャンス潰えたか・・・に見えたが、直後に3番・銀次の一振りがチームを助けた。背走する秋山を越えてウォーニグゾーンに着弾する中越え二塁打が本戦の決勝打になった。(楽2-1西)

試合はそのまま2-1で進んでいった。9回表、ブルペンでは背番号1が投球練習。前日2回39球を投げていた。いくら若いとはいえ、できれば休ませたいけど、1点差だ。止むをえないのか。誰しもがそう思っていた中、前の打席でバント失敗をし、銀次に救ってもらった藤田が今度は背番号1を助ける一世一代の大打撃をみせた。

1死から四球、安打、安打で作った満塁機、西武三番手ミゲル・メヒアの初球、内角狙いのスライダーが甘くなった失投、バットを振り抜いた。打球はそのまま右翼席へ。今季チーム初のグランドスラムで相手を一気に突き離す。(楽6-1西)

5点差に広がったことで、9回裏は前日登板がなかった金刃と、連投にはなったが青山で賄い、6-1で勝利した。

背番号1はもとより、前夜連投になった福山、戸村、武藤らブルペン陣を休ませることができたこの1勝は大きい。

今季初の先発全員日本人、心配される銀次の負傷



また、この試合は今季初の先発全員日本人ゲームでもあった。4試合連続安打、2試合連続マルチヒットと復調気配が感じられたペーニャはベンチスタート。これは相手先発・牧田和久との対戦が通算40打数6安打の.150と最悪なのが理由。戦前には長打に乏しいイヌワシ打線相手に、牧田ら西武投手陣が積極的に腕を振って投げてくるのでは?と想像されたが、辛島の好投等で試合が僅差になったこともあり、相手もそのような強気の投球ができなかったように思われる。この価値は大きい。

一方で、銀次の容態が心配だ。1点リードの8回表1死3,1塁、後藤の左飛でタッチアップを敢行した三走・銀次だったが、レフト栗山の本塁好返球と炭谷の強固なブロックに阻まれ、本塁憤死。この際、本塁に滑り込んだ時に左すねを負傷。自身で歩いて帰ることができず、両脇をスタッフに抱えられ、直後に交代。報道によると車いすで病院に向かったという。明日以降、登録抹消になってしまうほどの大事にならなければいいが、とっても心配だ。

これでチーム成績は43試合19勝22敗2分の勝率.463、借金3。ゲーム差は1位・日本ハムと5.5、2位・ソフトバンクと4.5、3位・西武と3.5、4位・ロッテと0.5、6位・オリックスと5.0とした。

各種戦績は、5月8勝9敗、西武戦2勝7敗、ビジター9勝13敗、カードの初戦10勝6敗1分、先制した試合14勝12敗、6回終了時にリードした試合10勝2敗の推移になった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門2位
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150522DATA04.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(右)、2番・藤田(指)、3番・銀次(三)、4番・中川(一)、5番・枡田(左)、6番・後藤(二)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・福田(中)、先発・辛島(左投)

西武=1番・秋山(中)、2番・栗山(左)、3番・浅村(二)、4番・中村(三)、5番・メヒア(一)、6番・森(指)、7番・渡辺(遊)、8番・炭谷(捕)、9番・木村(右)、先発・牧田(右投)

藤田一也の満塁弾は球団通算20本目



前の打席のバント失敗を銀次がカバーし、そのカバーを受けた藤田が9回の打席では連投の可能性が高まっていた背番号1を助けるグランドスラムの一閃。野球は失敗やミスが多いチームスポーツである。野球観戦の醍醐味の1つに、こういう助け合いのプレーを目撃できた時がある。

「外野手がちょっと前に来ていたので強い打球を打てればと思っていた」と藤田。狙いはドンピシャで的中した。

昨年の外野大飛球率は僅かに1.4%。579打席でウォーニングゾーン以遠を襲ったのは8本のみ。今年はさらに減って0.6%。ここまで179打席で4/5ロッテ戦で放った1号ソロの1本のみと、長打は持ち合わせていない打者だ。打った瞬間、慌てたのはライトを守っていたセラテリばかりか、放送席のアナも舌がおっつかずの実況になったことが、藤田の満塁弾の珍しさを良く象徴している。

この満塁ホームランは藤田にとってはプロ初だが、球団通算ではちょうど20本目の区切りの一撃になっている。

下記にこれまでの20本の明細表を掲げよう。2番打者が放った初の満塁弾にもなっている。

■楽天イーグルス通算満塁本塁打記録
※2015年5/22現在
20150522DATA07.jpg

20150522DATA05.jpg

帰ってきた辛島航。今季初登板で初勝利



8回、打者27人、球数109、被安打1、被本塁打1、奪三振7、与四球1、失点1、自責点1。

昨季既定投球回に達し、則本に次ぐ8勝を挙げた左腕が帰ってきた。解説・橋本武広氏は序盤から球が高いと再三コメントされていたが、個人的にはあまり気にならなかった。

この日は要所での制球がすこぶる冴えを見せていた。下記の日刊スポーツの記事では「右打者の外角いっぱいを突く直球」が良かったとされているが、個人的には左打者のアウトコースいっぱいを狙った速球が白眉の連続だった。


◎楽天辛島、今季初登板初勝利「勝ててよかった」 (日刊スポーツ)


左打者の外角に11球の速球を投げたが、うち9球がコースいっぱいを突いた。この日の球審・柳田が同コースを広めに取っていたことを上手く利用するピッチングで、6回、選球眼に長ける栗山が釘付けの見三振後、柳田に立腹気味の抗議をしたことからも、ココの投球が良かったことをうかがい知ることはできる。

チェンジアップでマネーピッチ



約4分の1を投げた生命線のチェンジアップの出来も見事だった。28球を投げて奪った空振りは三振3個を含む5個。所々、中段以高に入る甘いゾーンの投球もあったが、腕を振って投げたことが奏功したのだろう。三振3個、4本のゴロアウト、1本の内野フライアウトとアウトを稼ぐことができるマネーピッチの決め球になった。

象徴的なシーンがあった。2-1と1点リードの7回だ。

この回は3番・浅村から始まるライオンズの中軸。いずれも一発長打がある強打者との対戦だった。浅村、中村との対決はフルカウントまで要したが、いずれも2者をチェンジアップでゴロ凡打に仕留めて、バッターボックスに迎えたのはメヒア。初球、2球と低めチェンジアップを見送られ、ボール先行2-0に。第3球に何を投げてくるのかな?と注目された中、辛島が投じたのはストライクゾーン内のチェンジアップだった。嶋のサインに1度首を振っての決断。見事に遊ゴを打たせて、アウトを取ることができている。

昨年、辛島が右打者にボール先行2-0からチェンジアップを投じた割合は僅かに12.9%だった。頻度の多くない球種を3連投した背景には、本戦のチェンジアップのキレがすこぶる良かったという手応えがあったからなのだろう。さらに言えば、昨年の対戦データを紐解くと、メヒアは辛島のチェンジアップに合っておらず、15球中6球で空振り、ヒットにされたのは飛んだ所が悪かったショートへの内野安打1本のみというデータもあったかもしれない。また、本戦の第1打席もチェンジアップで三ゴに取っていた。

辛島が帰ってきたことで、疲れの色が見え始めていた先発ローテに、また再び安定感の三文字が出てきたように思える。交流戦を前にして背番号58の復帰は大きい。今後の活躍に期待したい。【終】

20150522DATA06.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】最悪の試合展開をひっくり返しての逆転勝利。 今季2度目の3連勝でAクラスが見えてきた~2015年5月19日○楽天イーグルス7-4日本ハム
【試合評】 なぜ金刃憲人は押し出し四球を与えたのか?!~2015年5月20日●楽天イーグルス1-3日本ハム
【試合評】 球団史上最長。5時間37分の徒労感~2015年5月21日●楽天イーグルス5-9日本ハム



有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日 発行、月3 ~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガ ジン、読 者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしておりま す。




Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の 類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、 御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合が ございます。

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}