【試合評】 7回終了時に負けている展開での今季初勝利。粘りの1点差を制して単独4位浮上~2015年5月17日○楽天イーグルス4-3ロッテ

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

7回終了時に負けている展開での今季初勝利



週末の土日、本拠地に4位・ロッテを迎え討った2連戦は、連日の逆転勝利になった。昨日は2点を追う7回に6本の集中打で4点を奪取。一気に試合をひっくり返したが、本日の逆転劇は8回にやってきた。

楽天先発はエースの則本。中盤までロッテ先発・大嶺祐との投手戦になる。両投手共に塁上に走者を背負うイニングのほうが多かったが、両軍決め手を欠き、4回まで0-0。スコアボードが初めて動いたのは5回表のことだった。

5回表はこの試合で則本が唯一許した先頭打者出塁。7番・福浦にフォークの失投を流し打たれた後、バントで1死2塁。2回、3回に続き、スコアリングポジションに走者を背負うかたちになる。9番・荻野貴の奇襲攻撃でピンチ拡大。初球バントヒットを受けた。則本の右側(一塁側)にプッシュ気味にゴロが転がり、セカンド藤田が取るだけになる。1死3,1塁で打席は清田。4試合連続猛打賞と打撃好調の右打者に対し、慎重になりすぎたのか、ボール先行2-0経由フルカウントからフォアボール。

1死満塁で2番・鈴木との対決は3球目で1-2と追い込んだが、その後、くらいつかれてのハイバウンド攻撃。一塁線へ高く弾んだピッチャー内野安打を則本が捕球するも、どこにも投げられない。三走に生還され、先取点を奪われた。(楽0-1ロ)

楽天は6回裏、1点を返して同点に追いついた。

ロッテはこの回から継投作戦。二番手で連投の矢地。サンチェス、後藤とゴロに討ち取られたが、2死からの3連打で1点を返した。ペーニャ、中川がいずれもファーストストライクをセンターに弾き返すと、2死2,1塁で嶋。1-2と追い込まれたが、インコースに抜けてきた失投の速球を打ち返した。ショートオーバーで左中間を襲ったシングルヒットは、2塁から中川が同点のホームを踏むのに悠々の一撃になっている。(楽1-1ロ)

味方打線が1点を取り同点に追いついた直後の7回表、重要所である。しかし、則本が3本のヒットを集められ、1点を失った。1死後、先ほどバントヒットを決めた9番・荻野貴にライトヒッティングで出塁されると、1番・清田につながれた。その後、2死2,1塁で3番・各中。3-1から高めに上ずったフォークを右前に弾き返され、これがタイムリーになっている。(楽1-2ロ)

取った直後の失点という一番いけないパターンでの失点。しかも、終盤だ。重い1点になってしまうのか・・・と思われた。7回裏は三番手・大谷の前に僅か7球で藤田、銀次、松井稼が三者凡退。このままいけば9回は西野だ。事実上の反撃機会は8回の1イニングだけという状況に追い込まれていた。そこからの逆転劇になった。

8回表、則本が今江、デスパイネ、福浦を退け、この試合3度目の三者凡退投球を見せたのが、その裏の味方打線に「流れ」を運んできたのか、カルロス・ロサが立ちはだかった8回裏、1死後から逆転劇が幕を開けていく。

口火を切ったのは前日と同じく後藤だ。ロサが投じた甘い変化球を右中間へ打ち返した一撃がフェンス直撃の二塁打。ペーニャ四球で1死2,1塁、4回2死満塁でまわってきた第2打席で空三振に倒れていた8番・中川がヒーローの仕事をした。

1-1からの第3球、高めに入るフォーク。体勢を崩されていたが、本人談「死ぬ気でいきました」というくらいつきの一撃が左翼線いっぱいに着弾する同点二塁打。二走・後藤が同点のホームを踏んでなおも1死3,2塁のチャンス。9番・嶋の二ゴでギャンブルスタートを切った三塁の代走・阿部が、セカンド・クルーズがお手玉をしたこともあいまって、見事に決勝のホームイン!! (楽3-2ロ)

9回表、則本の球数は120球を数えていたが、志願の続投。1死後、荻野貴に猛打賞となる右前安打を許し、2死後、二盗で2塁に進まれたが、打席の2番・鈴木、敵軍のキャプテンマークを2-2からフォークで空三振に取り、ゲームセット!!

1点差を制したエース則本苦心の今季初勝利で、イーグルスは4/17・4/18日本ハム戦以来、ちょうど1ヵ月ぶりの2連勝。4位・ロッテを連破したことで、順位が入れ替わり、4/29以来の単独4位に浮上している。ヒーローインタビューには本戦2安打で6試合連続安打とした中川と、今季2勝目をマークした則本が呼ばれている。

これでチーム成績は39試合17勝20敗2分の勝率.459。ゲーム差は1位・ソフトバンク、2位・西武、3位・日本ハムと4.5、5位・ロッテと0.5、6位・オリックスと4.0としている。

各種戦績は、5月6勝7敗、ロッテ戦5勝2敗、コボスタ9勝7敗2分、1点差4勝2敗、7回終了時に負けている試合1勝19敗1分の推移になった

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20150517DATA02.jpg

HANREI3.jpg

両軍のスタメン

ロッテ=1番・清田(右)、2番・鈴木(遊)、3番・角中(左)、4番・クルーズ(二)、5番・今江(三)、6番・デスパイネ(指)、7番・福浦(一)、8番・田村(捕)、9番・荻野貴(中)、先発・大嶺祐(右投)

楽天=1番・福田(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・松井稼(右)、5番・サンチェス(一)、6番・後藤(遊)、7番・ペーニャ(指)、8番・中川(左)、9番・嶋(捕)、先発・則本(右投)

20150517DATA03.jpg

苦しみの137球完投勝利でエース則本、今季2勝目



9回、打者38人、球数137(1イニング当たり15.22)、被安打10、被本塁打0、奪三振6、与四球2、失点2、自責点2。

今季成績は8試合2勝4敗、防御率2.84、WHIP1.16、被打率.252としている。

交流戦を目前にして「ミスター完投」が帰ってきた。昨年の5/17時点では既に2試合で完投勝利を決めていたが、今年は一転ここまでゼロだった(完投負けは4/4ロッテ戦でアリ)。5月に入り、本来の姿を取り戻しつつあったエースが、本戦の完投勝利でようやく「則本らしさ」を取り戻したと言えそうだ。

しかし、投球内容は上々ではなく、及第点以上、合格点ギリギリといったところ。

風速7~10mの強風でコントロールを乱したということもあった。2本の“不運な”投手内野安打もあった。ロッテ打線は本カードが始まる前の直近5試合でチーム打率.310とバットが振れていた。

そのことを考慮に入れても、投球回を上回る被安打数を許したこと、空振り率が今季ワースト3位の8.8%と少なかったこと、変化球の38.2%が高めゾーンに集まってしまったこと(今季ここまでの則本平均は20.5%だった)を考えれば、本調子ではなく粘り抜いた末の137球だったかと思う。

高め変化球では8打数3安打の.375のアベレージを許した。もっと言えば.375に収まっって幸運だった。1回清田の二飛、同クルーズの遊飛球、4回クルーズの左飛などは高め失投変化球を打ち損じた相手打者のミスショットに助けられた部分が大きかった。5回、1点取られてなおも2死満塁でクルーズとの対決。ボール先行3-0から真中高めを打ち損じて遊ゴに討ち取ったシーンも、相手側に助けられている要素は大きい。もしここで1、2球待球されていたら・・・というシーンだっただけに、本戦の則本はクルーズの失打に3度救われるかたちになった。

一方、そんな中でもプラス材料があった。

得点圏で12人との打者と対戦し、その都度、最少失点で切り抜けることができたこと。今季初の完投勝利で2勝目を飾ったこと。この2つも大きいが、ストレートの球速が終盤まで下がらなかったことだ。

本戦のストレートは最速149キロ。制球がいまひとつで高めを打ち返されるかたちになり、被打率は16打数5安打の.313とかんばしくなかったが、球速は常時安定していた。

下記にイニング別のストレート平均球速を書き出してみよう。

1回 144.7キロ
2回 146.0キロ
3回 145.3キロ
4回 147.0キロ
5回 146.0キロ
6回 145.8キロ
7回 145.2キロ
8回 147.4キロ
9回 146.1キロ

則本の魅力は球数が100球を越えてきても、球の球威やキレ、球速を維持できる点だ。本戦ではその持ち味が発揮された。終盤になっても140キロ後半の質の高いストレートを投げ込むことができていた。この点は、交流戦を前に明るい材料になりそうだ。

ただ、直近3試合で120球、121球、137球と121球以上を投げた点は次回登板へ気がかりだ。則本が3試合で121球以上を投げたのはプロで初めてのことである。

数年前に実際調べたことがあるのだが、130球以上投げた場合、次回登板に悪影響のリスクが高まってしまう(下記参照)。未知なる領域へ突入した則本は、次回週末ライオンズ戦で3勝目を掴むことができるのか?

◎〔検証〕過度な球数が、1流投手を蝕んでいく・・・2010年118試合データ。130球以上投げた試合と次登板、その成績比較(2012.5.7)

また、打線も打線である。大嶺祐クラスの先発投手は序盤で攻略していかないと。今季、則本の援護率は2.53点。これでは則本が沢村賞級のポテンシャルを持つ優れたエース投手であっても、苦しさは免れない。

あの田中将大が快記録を打ち立てた背景には、今季の則本の援護率の1.5倍ほどの援護があったように記憶している。チームの苦境を救うのもエースだが、そのエースを生かすも殺すもチーム(打線)次第と言える。昨年のことを考えれば、直近3試合で121球以上投げさせた疲労は、必ずどこかで噴出してくる。その意味で、今後がやや気がかりだ。【終】

20150517DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】4時間33分を制したキャプテンマークの決勝弾。則本昂大、完全復活~2015年5月9日○楽天イーグルス3-2ソフトバンク
再確認したい、ストレートこそ松井裕樹の魔球であることを
【試合評】 チームNo.1飛ばし屋の値千金同点2ラン。6回終了時ビハインドからの今季2度目逆転劇~2015年5月16日○楽天イーグルス5-4


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

この試合は現地観戦でした。

則本はピンチを作りながらも最少失点で抑えていたように思います。
球数は気になりますね…。
ただ9回は松井裕を連投させるのかな?と思いました。
8回で120球でしたし。
荻野貴司に回るので、前日打たれた松井裕でなく則本で行ったのでしょうか。

中川はよく打ちましたね。4回の二死満塁で打てれば申し分なしですが、これは今後の課題かと。
今は8番ですが、交流戦でセの球場での試合なら否応なく7番以上を打つことになるでしょう。
3・4・5番を打ってほしい気持ちもありますが、まぁ焦らず…。
7番・6番を各6試合以上はこなして重圧に耐えながらも結果が出たら、交流戦が終わった頃に5番を打っていたらいいですね。
怪我だけは怖いところ。

19日から交流戦と4週にわたって6連戦が続きます。
先発ローテで気になるのが、木金は誰か?
火水は塩見・菊池で土日はレイ・則本でほぼ決まりかと。
戸村復帰、という案もあるが、辛島・永井・川井といる。
中継ぎ・内野手の誰と入れ替わるか?

今後を見ていきたいですね。

Re: No title


ゴールドクラブさん

>この試合は現地観戦でした。

野球日和に恵まれた晴天でしたが、風が強かったですよね。所々、ホームプレート上も砂塵が舞っていましたよ。

> ただ9回は松井裕を連投させるのかな?と思いました。
> 8回で120球でしたし。
> 荻野貴司に回るので、前日打たれた松井裕でなく則本で行ったのでしょうか。

報道によると、則本自らの続投志願だったようで・・・ 個人的にはこういうエースのエゴ、ハッキリ言っていらないです。それよりも1年通してハイレベルのゲームメイクを求めたい。昨年のような交流戦直後のドン底がないようにお願いしたいものです。

> 19日から交流戦と4週にわたって6連戦が続きます。
> 先発ローテで気になるのが、木金は誰か?
> 火水は塩見・菊池で土日はレイ・則本でほぼ決まりかと。
> 戸村復帰、という案もあるが、辛島・永井・川井といる。
> 中継ぎ・内野手の誰と入れ替わるか?

デイリースポーツの報道によると、「20日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で2軍で再調整していた美馬が復帰し、22日の西武戦(西武プリンス)で昨季チーム2位タイの8勝を挙げた辛島が初先発する予定。先発陣はこの2人に則本、レイ、塩見、菊池を加えた6人で形成する。開幕ローテに入り、2勝を挙げている戸村は正式に中継ぎに回る」とのことなので、下記でしょうね。

色々不安がありますね。塩見、辛島は大丈夫だとしても、美馬は2軍で調整登板なく1軍復帰ですし、前回崩れたのはファイターズ戦。それにコボスタでは現在10連敗中です。ホンマに大丈夫かいな? レイは5月に入り、疲労が見え隠れしていますし、一発長打のある大阪桐蔭トリオとメヒアを防ぐことができるか? 則本は直近の疲労が影響しないか? ここで4勝2敗で勝ち越すことができれば、交流戦へ弾みをつけることができるのですが。

〔日本ハム戦〕
5/19(火) 塩見
5/20(水) 美馬
5/21(木) 菊池

〔西武戦〕
5/22(金) 辛島
5/23(土) レイ
5/24(日) 則本
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}