【試合評】 待望プロ初勝利の武藤好貴が操る、4年目ウイニングショットの正体~2015年5月12日○楽天イーグルス5-4オリックス

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1600人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!360人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

1点差を制し、イーグルスがカードの初戦を取る



試合は終盤が見どころになった。予断を許さない1点差の攻防になった。

楽天は相手先発・近藤を攻め、序盤2回までに3点を先制。しかし、5回裏、4回までゼロを並べてきた塩見がオリックス打線に捕まってしまう。先頭・竹原の左前安打を皮切りに、後藤のエラー、代打・伏見へのデッドボールで招いた1死満塁のピンチから、糸井の内野ゴロの間に1失点。さらに打撃好調の西野、中島に連続適時打を浴び3失点。この回、4天を奪われ、逆転を許すかたちになった。(楽3-4オ)

イーグルスは直後の6回表、回またぎ三番手・岸田を攻めた。先頭・枡田の安打、中川がストレートの四球で歩いて無死2,1塁、嶋のサード方向のバントが絶妙なゾーンに転がり、1塁ヘッドスライディングでのバントヒットに。キャプテンマークの小技で無死満塁のチャンスを作ると、1死後、2番・藤田が左前へ流し打ち。これが同点打になる。その後、2死満塁、4番・松井稼の芯を食う痛烈ライナーは中前ヒットコースだったが、ショート安達のダイビングキャッチに遭い、この回は同点止まりだった。(楽4-4オ)

中川大志、攻守での躍動



決勝の勝ち越し点は翌7回表、和製大砲候補のバットから生まれている。

1死後、6番・ペーニャによる中越え二塁打でチャンスを作ったイーグルスは、2死2塁、5試合連続スタメンになった8番・中川が、四番手・塚原から中前安打。直前に聖澤のバットから2度空振りを奪い、三振に追い込んだ塚原の得意球、高速フォークを打って出た。飛球は背走するショートと前進するセンターの中間地点に着弾するテキサス性のヒットは、2塁からペーニャが巨体を揺らして生還するタイムリーになり、これが本戦の決勝打になった。(楽5-4オ)

この日、中川は守備でもファインプレーを見せている。

3点リードした5回1死満塁、糸井と塩見の対決シーンだ。糸井が放った当たりは1,2塁間ゴロ突破の右前安打コース。外野に抜ければ2者生還という場面で、中川が1回転のダイビングキャッチ。捕球後に即2塁送球し、封殺を完成させる好プレーをみせた。この間、三走にホームを踏まれたが、貴重なアウト1個をもぎ取るビッグプレー。その後、塩見が中川の好守を活かせず、中島、西野に連続適時打を許してしまったのは残念だったが、紆余曲折・波乱万丈・雌伏の時を経て巡ってきた2010年以来のまとまった出場機会に、高卒7年目の未完の大砲が1軍の舞台を謳歌しているようで、見ていて感動させられる名シーンになった。

6回から継投に入った楽天は武藤、金刃、福山、青山と小刻みな継投を見せ、8回に抑え・松井裕を前倒し投入。毎回走者の出塁を許したが、必死の防戦ブルペンリレーで1点差を死守することに成功。6回から1回1/3を無失点に抑えた武藤がプロ4年目にして初勝利。敵地3連戦の初戦を見事5-4でもぎ取った。

これでチーム成績は36試合15勝19敗2分の勝率.441、順位は5位。ゲーム差は1位・西武と6.0、2位・ソフトバンクと4.5、3位・日本ハムと4.5、4位・ロッテと0.5、6位・オリックスと3.5とした。

各種戦績は、5月4勝6敗、オリックス戦4勝2敗1分、ビジター8勝12敗、カードの初戦7勝6敗1分、先制した試合13勝9敗、1点差5勝3敗の推移になった。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門2位
皆さんの投票が励みになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150512DATA04.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・福田(中)、2番・藤田(二)、3番・銀次(三)、4番・松井稼(右)、5番・後藤(遊)、6番・ペーニャ(指)、7番・枡田(左)、8番・中川(一)、9番・嶋(捕)、先発・塩見(左投)

オリックス=1番・糸井(中)、2番・西野(二)、3番・中島(三)、4番・カラバイヨ(一)、5番・ブランコ(指)、6番・竹原(右)、7番・T-岡田(左)、8番・安達(遊)、9番・山崎勝(捕)、先発・近藤(右投)

武藤、松井裕らが見せた必死の零封ブルペンリレー



1点差を守り切った6回以降のブルペンリレーが見どころだった。6、7、8回の3イニングは失点に直結する先頭打者の出塁を許したが、いずれもリリーフ陣が粘り、相手の反撃を断ち切った。

4-4同点の6回は武藤が先頭カラバイヨにバットの先ながら外角スライダーを中前へ運ばれたが、後続の竹原を6-4-3の併殺網にかけることに成功。ピンチの芽を摘み取ると、2死後は一発長打のあるT-岡田との対戦。本戦1打席目でヒットを放ち12試合連続安打とした左の強打者に、膝元スライダーで2度空振りを奪って追い込むと、ラストは120キロのカーブで平凡な二ゴに仕留めた。

決め球にカーブ? 意表を突かれる読者の方もいるかもしれない。しかし、今季の武藤は2ストライク以降の67球中、カーブを実に34.3%に当たる23球で使用し、11打数1安打6三振、ゴロ率100%と上々のウイニングショットとして機能していた。

1点リードした7回は、回またぎ武藤が先頭・安達に安打を許し、後続の伏見を遊飛に取り、1死1塁で打席に糸井を迎えたところで大久保監督がマウンドへ。左の金刃を向かわせ、敵側のエンドラン攻撃を防ぐ右飛に仕留めたが、続く2番・西野にフォアボール。2死2,1塁で打席は中島。ここで福山にバトンタッチする。復帰後本来の打棒を取り戻しつつあるナカジとの対戦は、ボール先行2-0を経由するフルカウント勝負になったが、ラストは低めチェンジアップで空振りを誘う三振で、危機を脱出している。

8回は青山が登板。先頭・カラバイヨとの勝負を避けたような四球で1塁に歩かせると、無死1塁でブランコとの対決はまさに僥倖。肝を冷やす失投のホームランボールのスライダーが2球あったが、ブランコの打ち損じに助けられて、ウォーニングゾーンで失速する中飛。1死1塁でかつての犬鷲戦士・鉄平との対決を制して遊ゴに討ち取ると、2死1塁で打席はT-岡田という場面で大久保監督は最強カードを使ってきた。

前倒しで登板した背番号1は、5/9ソフトバンク戦では54球を投じ、そこから中2日のマウンド。今季早くも5度目の回またぎ起用になったが、その疲れの色を見せることなく、健気なピッチング。T-岡田を見事に空三振。決め球は低めのチェンジアップだった。

翌9回は2本のヒットを集められ、2死から3,1塁、一打同点、長打が出ればサヨナラか?!というシーンで3番・中島との初対決。フルカウントにもつれ、結果球は高め失投チェンジアップ。しかし、これを中島が打ち損じてのイージーな左飛になり、松井裕の連続無失点記録は開幕13試合・16回に伸ばし、1940年亀田(イーグルス)と1972年高橋善(東映)が記録した15回無失点を上回る快記録を達成させている。

疲れの色が顕在化してもおかしくない松井裕がしっかり試合を締めたこと、4年目の武藤が苦労しながらも結果を積み重ねたことに感動を覚える継投リレーになった。イーグルスの救援陣は決して選手層が厚いわけではない。金刃のように左打者を2人以上抑えることができない「欠陥品」も混じっている。その中、必死のやりくりで1点差をつないだ継投劇は、出来の悪い子が四苦八苦しながらも目標を成し遂げたと同じような感動があった。所々ヒヤッとさせられながらも見ごたえがある零封リレーになっている。

20150512DATA05.jpg

塩見、5回、突如崩れる



5回、打者22人、被安打5、被本塁打0、奪三振3、与四球1、与死球1、失点4、自責点0。

責任投球回の5回、勝利投手の権利を目前にしながら塩見が突如崩れた。

先頭・竹原に安打を許し、T-岡田を3球三振で切った後、安達の遊ゴ6-4-3併殺コースをショート後藤が2塁悪送球。味方の拙守で1死2,1塁のピンチを抱えてしまった後が拙かった。9番・山崎勝の打席で森脇監督が切った代打・伏見。この日が誕生日だった相手打者の打席冒頭字にハッピーバースデーが流れる。それを少し意識してしまったのか、内角投球でぶつけてしまい、自らの首を締めるデッドボールで1死満塁。

この後、糸井のヒット性の当たりを中川がファインプレーを見せたが、それをプラス材料に変えることができず、ズルズルと点を失った。

左のエースと目されている背番号11がこれではあまりにも情けないと思う反面、レイや戸村がそうであるように塩見も疲れが見え始めているのかもしれない。というのは、前回5/4日本ハム戦も本戦もストレートの平均球速が135キロ台。好調時から比べて約2キロ減になっているからだ。次回登板でコンディションを整え、立て直してくることを期待したい。【終】

20150512DATA06.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 西川封じに成功した塩見、チームの連敗を5で止める今季2勝目~2015年5月4日○楽天イーグルス4-1日本ハム
【記録】 プロ初の1軍昇格。どこまで通用する?! 楽天のクロスステップ、大塚尚仁の2015年2軍成績をチェック!!


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}