【試合評】 5月攻勢の出鼻を楽天キラー・森友哉に挫かれ・・・~2015年5月1日●楽天イーグルス1-4西武

スポンサーリンク




《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

今季3度目の3連敗で本拠地3連戦のアタマを落とす



ゴールデンウィーク9連戦の第4戦である。2カード目は当日移動で帰仙し、コボスタにライオンズを迎え討っての3ゲームシリーズ。本カード1勝4敗で迎えた5回戦は、楽天は開幕5連勝を狙うレイ、西武はサブマリンの牧田による先発で始まった。

試合は4回まで0-0の投手戦。先発レイは3回まで毎回得点圏に走者を背負いながらも要所を三振で切り抜ける粘投のピッチング。楽天打線は牧田の前に4回まで散発3安打と攻略ができない。

スコアボードが動いたのは5回のことだった。両軍1点ずつを取り合った。5回表、レイが浅村に4号ソロを打たれると、その裏、イーグルスは1死後、四球、エラーで作った3,1塁のチャンスでこの日2番に入った福田が鮮やかなライトヒッティング。これが同点打になり、三走・聖澤が生還した。(楽1-1西)

しかし、レイに疲れの色が見え始めた翌6回表、森に4号2ランを許した。メヒア、森に打たれた球はいずれも高めの失投。キレがなくなったところを、積極的に踏み込まれて一閃され、打球は無情にも逆方向、左翼Eウィングに吸い込まれていった。(楽1-3西)

楽天は9回にも三番手・入野が2本の二塁打で1点を失うと、その裏、西武の抑え・高橋朋から2死3,2塁のチャンスで打席は4番・ペーニャ。一発出れば同点というシーンだったが、1度もバットを振ることなく、1-2からの4球目、高め失投を見逃して本戦3個目の三振。今季の楽天がなかなか乗りきれない、その象徴を見るラストの一幕で、カードの初戦を落としている。

森は今季楽天戦で24打数10安打10打点、5三振、1四球、1二塁打、4本塁打。早くもヒーローインタビューに3度呼ばれている。

これでチーム成績は27試合11勝14敗2分の順位は5位。ゲーム差は1位・日本ハムと5.5、2位・ソフトバンク、西武と3.0、4位・ロッテとゲーム差なし、6位・オリックスと2.5としている。得点79はリーグ最少。失点108はロッテ113に次ぐリーグワースト2位だ。

各種戦績は、直近10試合3勝7敗、西武戦1勝5敗、カードの初戦5勝5敗1分、コボスタ7勝5敗2分、先発QS達成10勝8敗2分の推移になった。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150501DATA03.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

西武=1番・秋山(中)、2番・栗山(左)、3番・浅村(二)、4番・中村(三)、5番・メヒア(一)、6番・森(指)、7番・斉藤(右)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(遊)、先発・牧田(右投)

楽天=1番・岡島(右)、2番・福田(中)、3番・銀次(一)、4番・ペーニャ(指)、5番・後藤(遊)、6番・藤田(二)、7番・嶋(捕)、8番・阿部(三)、9番・聖澤(左)、先発・レイ(右投)


20150501DATA05.jpg

牧田対策、不発に終わる。銀次、チャンスで3タコ



牧田の投手成績

6回、打者27人、球数118、被安打6、被本塁打0、奪三振5、与四球1、与死球1、失点1、自責点0。

イーグルスは4試合続けたラインアップを大幅に変更した。2試合当たりがないベテランの松井稼を当日移動の負担を考慮して休養を取らせて、阿部や聖澤といったスタメンから遠ざかっていた面々を入れ、サンチェスをはずす。スタメンに左打者が実に7人並ぶという「牧田対策」を敷いた。

今季の牧田も左打者に打たれていた。右打者は.203(59打数12安打)と抑えていたが、左打者には.275(69打数19安打)の被打率だった。楽天は下手投げの宿命といえる弱点を突き、サブマリン攻略を測りたかったが、右打者が8打数3安打、3三振、1死球と打ったのに対し、自慢の左打者が17打数3安打、1三振、1四球、1三塁打と不発に終わった。むやみにひっぱらず、センターからレフトへの逆方向の意識は見受けられたが、結果が伴わなかった。

痛かったのは得点圏で牧田相手に銀次が左飛、見三振、左飛の3タコに終わったこと。特に見三振に倒れた0-0の3回2死3,1塁の第2打席、フルカウント勝負のラストは外角低め投球。ボール気味に見えたが、球審・本田の手が上がるストレスの溜まるシーンになった。

森2ランで2点を追った6回2死3,1塁で聖澤に一打出なかったのも明暗を分けるシーンになってしまった。8球投げさせてのフルカウント勝負はイージーな二ゴだった。

楽天の左打者は牧田が投げる平均127.5キロの速球と、113.4キロのチェンジアップのコンビネーションに苦しむかたちになった。この日、牧田はチェンジアップを21球投じたが、その全てを左打者に使用している。

猛打賞の福田、4/28以降の期間内打率.538に



その中、一人気を吐いたのが、2番に上がった青手袋の福田だった。

牧田から三安、死球、同点打の右安、武隈から遊直、高橋朋から右安。3本のヒットはいずれも追い込まれてから放った価値大の一打になった。

開幕直後はプロの投手のタイミングや間合いに戸惑っていたが、ここへきて慣れてきたという。4/28オリックス戦以降はこれで13打数7安打の打率.538としている。

20150501DATA02.jpg

レイ、開幕5連勝ならず・・・



7回、打者30人、球数119、被安打8、被本塁打2、奪三振10、与四死球0、失点3、自責点3。

楽天の先発投手が二桁奪三振を記録しながらも敗戦投手になった例は、2012年9/11ソフトバンク戦で7回8安打10奪三振2失点の美馬以来、約2年8カ月ぶりのできごとでになった。

楽天先発投手による今季初の二桁奪三振を、則本ではなくレイが記録すると想像したファンはいただろうか? この日は特にチェンジアップのキレが素晴らしく、8個の空振りを奪取。三振も4個をこの球で記録した。要所での奪三振が冴えた。1回の1死満塁ピンチをメヒア、森の2者連続三振で切り抜けると、2回、3回のピンチも秋山、メヒアを三振で退けた。序盤のピンチで現在リーディングヒッターの秋山をいずれもフロントドアで三振に切って取ることができたのは、大きかった。

ここまで安定したコントロールでコースの内外を攻めて好投していたレイ。しかし、本戦では疲労の色が見え隠れしている。2球目で0-2と追い込んだのが4人に対し、ボールを続けて2-0としてしまったのが6人。4球目以降に決着のついた16人対象で3球目までに2ストライクを取ることができた率は僅か4人の25.0%。ボール先行シーンが目立つピッチングになった。

味方打線が投手陣を苦しめる



コントロールがやや不安定だったこと。打たせて取るタイプが三振でのアウトが多くなったこと。このことで序盤から球数がかさんだ。6回を終えて109球。これでお役御免だなと思いきや、7回も続投。結局119球を投げることに。これは2013年9/3西武2軍戦で記録した115球を上回るNPBでの最多球数である。次回登板(恐らく5/8敵地ソフトバンク戦)に影響の出る恐れがある球数になってしまった。

続投させた理由は指揮官の試合後のコメントによれば、救援陣を休ませたかったことがあるようだ。確かに武藤と金刃は3連投で使うのが難しい状況だった。松井裕と青山は勝ちパターン。今野は敗戦処理ということを考えれば、レイにもう1イニングだけ頑張って投げてもらいたいということだったのだろう。

それもこれも、打線のふがいなさが際立つ。前述したとおり、先発QS達成試合で10勝8敗2分、勝率.556と勝ち切れない。本戦でも援護できずにレイを苦しめるかたちになり、なんとも悩ましい119球になっている。

さて、最後に配球図を見ておきたい。今季初黒星の原因は右打者にあったと言えそうだ。

ここまでレイは左打者に.279(43打数12安打)とそれなりに打たれながらも、右打者を.079(38打数3安打)と無双状態だったことで、好投を続けてきた。しかし、本戦では右打者に13打数3安打の被打率.231。これまでと比べると打たれてしまっている。もったいなかったのは森一閃直前のメヒアへの失投だ。浅村の一発は低めに投げ切ったもので、あれをすくわれてスタンドまで運ばれてしまったら、もうお手上げという類である。【終】

20150501DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 魂溢れた走攻守投の3時間5分~2015年4月24日○楽天イーグルス7-1ロッテ
【試合評】 楽天打線、僅か1安打で今季2度目の零敗~2015年4月29日●楽天イーグルス0-6オリックス
【試合評】 7回1死2,1塁で動いたデーブ。あの場面は福山続投でしょ!!~2015年4月30日●楽天イーグルス1-4オリックス


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}