【試合評】 大谷翔平に力負け。ツキにも見放された楽天、今季初の零敗~2015年4月19日●楽天イーグルス0-3日本ハム

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

先発・戸村の好投で引き締まったロースコア戦に



相手先発は大谷翔平。開幕戦以来の再戦になった。

戸村は打たせて取るタイプ。スコアボードにゼロをびっしり並べるというより、5~6回を数失点にまとめていくタイプである。事によれば6回途中10安打7失点と炎上した3/18ヤクルト2軍戦みたいな、一方的は試合展開になることも予想された。その中、先発・戸村が予想外の好投を披露したことで、日本ハム6回戦は引き締まったロースコアの投手戦になった。

試合は0-3。今季初の零敗で、大谷翔平に今季初の完封勝利を献上している。

6回1死3塁で田中賢の内野ゴロ時に1点を失ったが、戸村は7回まで最少失点に抑える。先頭打者に安打出塁された8回、1死2塁で打席に既に2安打の1番・西川を迎えた所で、大久保監督がマウンドへ。二番手・福山にスイッチする。ベンチに帰っていく背番号22に惜しみない拍手が場内から送られた。

二番手・福山は火消しに失敗。その後、2点を失っている。安打、暴投で2死3,2塁で田中賢にセンター返しを浴び、走者2名の生還を許している。(楽0-3日)

とことんツキがなかった楽天。今日はしゃーないです



3点を追った直後の8回裏、楽天はこの日最大のチャンスを迎えていた。

先頭・後藤&嶋の短長連打攻勢で無死3,2塁。福田空三振の1死後、1番・松井稼の初球打ちが芯を食った。156キロの真っすぐを痛烈に弾き返したライナーは中前ヒットコース。あわよくば走者2名が生還というシーンだったが、遊撃・中島卓のダイビングキャッチに遭い、飛び出していた二走・嶋が帰塁できずのゲッツーになってしまう。

このシーンの他にも、思わず「惜しい!」と口に出して膝を叩いてしまうシーンが多かった。例えば、0-0の4回2死1塁、変化球を一閃したサンチェスの大飛球はホームラン級。いったか?!と思われた。しかし、左翼フェンスギリギリでレフト・西川のジャンピングキャッチに遭い、左飛に。1点ビハインドの7回先頭・ペーニャの当たりも大きかった。待望の1号か?!と期待されたが、右翼フェンスギリギリで失速。ライト・谷口の好守に阻止されて右飛に。いずれの大飛球もあと一歩伸びがあれば、コボスタがあと数十センチ狭ければ、相手の好守がなければ・・・という当たりで、ツキがなかった。ということで、本戦は大谷翔平の日だったと割り切って考えることができる。

銀次、大谷との通算対戦打率を.417に上げる



4安打に抑えられたイーグルスだが、銀次一人が2安打と気を吐く内容。いずれも左安だった。1打席目の凡打もショートオーバーコースのライナー。中島卓のジャンピングキャッチに阻止されたとは言え、内容ある凡退だった。これで銀次vs大谷翔平の通算対戦成績は24打数10安打、4三振、1四球、2二塁打、打率.417としている。

これでチーム成績は18試合8勝8敗2分の勝率5割。順位はロッテと並ぶ4位タイ。ゲーム差は1位・日本ハムと3.0、2位・ソフトバンクと1.0、3位・西武と0.5、6位・オリックスと4.5としている。

昨日の勝利がモノを言い、今日敗れても勝率5割をキープできた点は本当に素晴らしい。藤田、後藤、サンチェス、福田に好守が出るなど良いプレーもあり、フェルナンドのプロ初打席(投ゴ)も目撃できた。来週も我々ファンは高いモチベーションでイーグルスを応援することができそうだ。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150419DATA08.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・西川(左)、2番・谷口(右)、3番・田中賢(二)、4番・中田(一)、5番・ハーミッダ(指)、6番・近藤(捕)、7番・レアード(三)、8番・岡(中)、9番・中島卓(遊)、先発・大谷(右投)

楽天=1番・松井稼(右)、2番・岡島(左)、3番・銀次(三)、4番・ペーニャ(指)、5番・藤田(二)、6番・サンチェス(一)、7番・後藤(遊)、8番・嶋(捕)、9番・福田(中)、先発・戸村(右投)


9回、福山を回またぎ続投させた意味が不明



それにしても、9回福山続投は意味が解せない采配になった。6番・近藤、7番・レアードと左打者が2人続く場面である。直前の8回裏1死3,1塁でライナーゲッツーがあり、この瞬間、ああ、この試合は大谷翔平に与えられた晴れ舞台なのだなと観念した私。その中、3点を追いかける敗色濃厚の9回、マウンドに登ったのはサブちゃんだった。

あのシーンは登板間隔が空いている金刃や4/16西武戦で不甲斐ないピッチングをした西宮の調整登板で良かったのでは?と感じる。9回、福山はゼロに抑えたものの2安打を浴び、43球も投げるハメにもなったからだ。

本戦でリーグ最多登板の10試合と登板数も多く、今後もサブちゃんにかかってくる負担は大。これからいくらでも投げる場面はやってくる。その意味で9回は金刃や西宮など他投手に任せるべきだった。

昨年65試合に投げた福山は1試合最多28球止まりだった。1試合43球以上を投げたのは移籍1年目の2013年までさかのぼる必要がある。2013年は43球以上が5試合あったが、そのうち4回は次回登板までそれなりの登板間隔が設けられていて、中1日で登板した例は2013年9/25西武戦で54球を投げ、同27日ロッテ戦で14球を投げた1例しかない。

本戦で43球投げたことで、火曜のホークス戦に登板できず等の影響が出なければいいが・・・と心配だ。

20150419DATA06.jpg
20150419DATA07.jpg

戸村好投。先制失点は田中賢介の巧さが光った



7回1/3、打者27人、球数87、被安打4、奪三振1、与四球3、失点2、自責点2。

予想外の好投だった。初回いきなり1番・西川に安打出塁されたが、嶋のアシストも受けて後続を断つ。2回は先頭打者に四球を与え、バントで1死2塁と得点圏に走者を背負ったが、後続をカットボールで打ち上げさせての連続外野フライアウトに取った。3回は1死後、フルカウント勝負になった西川に四球を与えたが、続く谷口に初球を打たせて4-6-3の併殺に取る。走者を出しながらも要所を締めて、崩れる気配がないピッチングを見せることができたのは、大きな経験になりそうだ。

6回は先頭・西川に二塁打を浴び、バントで1死3塁、3番・田中賢の巧みな打撃技術にしてやられた。叩きつける打撃でハイバウンドを生み、ゴロゴーでスタートを切っていた三走をホームに迎え入れるには十分の二ゴ。経験の差が明暗を分けるシーンになり、仕方なし。

相手が大谷ということで打線が点を取れず、敗戦投手になったが、見事なゲームメイクだったと思う。

最後に、大谷のデータを上げて、本稿を終わりにしたい。



9回、打者31人、球数111、被安打4、被本塁打0、奪三振7、与四球2、失点0、自責点0。

立ち上がりは相変わらず制球難でストライクとボールの差がハッキリしていた。その中、1回1死2塁~2死3,1塁とチャンスを作ったが、最後は角度あるストレートでねじ伏せられるかたちに。

回が進むにつれてコントロールもまとまり出し、3回からフォークを織り交ぜられ、さらに厄介に。楽天打線は大谷のフォークに対し、14球でスイングをかけたが、うち7球で空振りする結果に終わっている。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 銀次一閃借金完済サヨナラ劇の伏線を担ったギャビー・サンチェス槍働き~2015年4月12日○楽天イーグルス4x-3オリックス
【試合評】 中田翔をプラン通りに討ち取った楽天バッテリー~2015年4月17日○楽天イーグルス7-2日本ハム
【試合評】 則本初勝利を支えた、チーム一丸、魂の一致団結~2015年4月18日○楽天イーグルス4-2日本ハム


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

確かに9回福山を回またぎさせたのは、負担ということを考えると?ですよね。

私はむしろ8回西川・谷口・田中賢の打順で福山登板が疑問でした。
右の戸村から2安打している以上、左の金刃を出すべきでは?と思いました。西川をアウトにして谷口に代打で右の杉谷か松本ならば金刃でも抑えられたのでは?と。4/12以来登板が無いのですから、間隔が空きすぎないためにも投げさせるべきと思ったのですが。
金刃と西川・谷口の相性を考えたのでしょうか?田中賢とは対戦が無いですが。
それとも金刃の状態がブルペンで良くなかったのか?
8回金刃、9回福山なら福山の負担も軽かったと思いました。

地元TBCで放送していましたが、金刃の情報までは分からなかったので…。(肘や肩が痛い、というのも無し)

ただそれでも、今日は大谷が良すぎましたね。
8回金刃で0に抑えても、どうだったかなぁ…。
ただ1点差だと1死2.3塁ならショート中島の位置は違ってたろうし。
…いや1点差ならギアを挙げて走者を出して無かったか…。

Re: No title


ゴールドクラブさん

> 私はむしろ8回西川・谷口・田中賢の打順で福山登板が疑問でした。

私も左が3人続くあの場面、左の金刃かな?と思いました。ところが、福山だったわけで、あの場面を金刃に任せることはできないという判断だったのだろうと思ってます。福山は4/10から4試合連続無安打・無四球。一方の金刃は3回2/3でフォアボールが3つ。信頼度の違いだったのだなあと納得しています。

金刃はもっと内容が伴うピッチングでアピールして欲しいし、西宮には早く調子を上げてもらいたい。さすれば、あの場面、悩むことなく左投手を送り込めるのでしょうけど。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}