【試合評】 則本初勝利を支えた、チーム一丸、魂の一致団結~2015年4月18日○楽天イーグルス4-2日本ハム

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

久しぶりにビールが飲みたくなった土曜の昼下がり



快晴の下、行われた日本ハム4回戦。終わった頃には久しぶりにビールを飲みたくなる、そんな4-2の快勝になった。

快勝は今までにも幾つかあった。しかし、多くの選手が「気持ち」を宿す好プレーを随所で見せ、「一致団結」で掴みにいった快勝は、本戦が初だ。道程は決して平坦ではない。緊迫した場面も苦労したイニングもあった。中にはミスもあった。しかし、それをカバーする他選手の好プレーが光る一戦。チームスポーツである野球の素晴らしさを再確認できる、素晴らしいシーンを目撃できた。

首位を走るファイターズ相手に僅差の4-2で勝利することができ、今季初の同一カード3連勝の挑戦権を得ることができた意味は大きい。もし明日、大谷翔平の前に敗れたとしても、勝率五割をキープできる。上々の3連戦になっている。

エース則本は4戦目にして今季初勝利。出遅れた感は否めないものの、球団史上最速の30勝をマークしている。

チーム成績は17試合8勝7敗2分。3位に浮上した。ゲーム差は1位・日本ハムと2.0、2位・西武と0.5、4位タイ・ソフトバンク、ロッテとゲーム差なし。6位・オリックスと5.5としている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150418DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

日本ハム=1番・西川(左)、2番・谷口(右)、3番・田中賢(二)、4番・中田(一)、5番・ハーミッダ(指)、6番・近藤(捕)、7番・レアード(三)、8番・岡(中)、9番・中島卓(遊)、先発・上沢(右投)

楽天=1番・松井稼(右)、2番・岡島(左)、3番・銀次(三)、4番・ペーニャ(指)、5番・藤田(二)、6番・嶋(捕)、7番・後藤(遊)、8番・サンチェス(一)、9番・福田(中)、先発・則本(右投)


本領発揮しつつあるギャビー・サンチェスの槍働き



立ち上がり、制球に苦しむ則本が1点を失った。初回失点は3試合連続。安打四球でピンチを広げると、4番・中田に甘い初球を痛烈に打ち返され、三塁線突破。二走に生還を許した。(楽0-1日)

先制点を奪われ、嫌な雰囲気になりかけそうなところを救ったのが、8番・サンチェスの2号2ランだった。

1点を追う2回裏のことだった。先頭・藤田が良い働きで反撃の橋頭堡を作った。相手バッテリーの配球を見透かしたかのように、誘いの変化球を見きわめた。カウントを悪くした上沢は好調・藤田とのボール先行勝負を避けたのか、ストレートの四球。藤田は1塁へ。直後、動揺した上沢にミスが生じる。無死1塁で嶋の打席時、初球投球前にボークが発生し、藤田二進。嶋のバントが決まり、1死3塁のかたちを作った。

チャンスに打席は8番・後藤。ファウル、ファウルで僅か2球で追い込まれ、その後粘ったが、7球目を打って出てボテボテ。三走・藤田がホームを狙えない一ゴで凡退、2死になってしまう。ここで後藤のミスを取り返したのがサンチェスの一閃だった。1-0から甘く入った変化球。芯を食う一撃は、強烈目の覚めるような弾丸ライナー。一直線で左翼席に突き刺さる逆転の2号2ランになる。 (楽2-1日)

サンチェスは4回にも四球を選び、1点リードの6回1死3,1塁では三走・藤田の好走塁による中犠飛も放った。本日3打点の活躍だ。

1軍に戻ってきてからのサンチェスは本戦終了時で20打数4安打の打率.200。低い数字だ。しかし、打球を芯で捉える確率が上昇し、外野大飛球が増えている。4/11オリックス戦以降の17打球中、ウォーニングゾーン以遠到達飛球が5本。コンタクトできれば約3本に1本が大飛球になる計算なのだ。

明暗分けた二走の本塁生還劇



サンチェスの逆転2ランで1点を勝ち越したイーグルスだったが、4回、則本がレアードに同点となる3号ソロを被弾してしまう。高め失投を打ち砕かれ、左翼席に運ばれた。(楽2-2日)

試合は振り出しに戻って迎えた6回表、得点圏に走者を背負った則本が、マウンド上でもがいていた。1死後、二塁打、死球で作った2,1塁のピンチで8番・岡。内角ストレートをおっつけの打撃で右前へ弾き返された当たりで、二走・近藤がホームを狙った。チャージしたライト松井稼のバックホーム送球がやや逸れたが、捕球した嶋が上手くリカバーする動きを見せ、突入してきた近藤をクロスプレーの末、タッチアウトにした。

今季、楽天外野守備陣は走者2塁(※)で外野単打を打たれた時、相手二走に68.8%という高確率で本塁生還を許していた。16機会のうち、外野からバックホームされたのは僅かに2度。同機会でまだ1度も二走をホームで刺したことがなかったが、本戦では松井稼&嶋が良い働きを見せた。(※詳しくは2塁、2,1塁、3,2塁、満塁時)

危機を切り抜けた直後の6回裏、今度は楽天の二走が外野単打でホームに帰ってきた。上沢から四球、安打で作った無死2,1塁のチャンス。ここで大久保監督、2塁代走に聖澤を送り込む。打席上の嶋はスリーバント失敗。状況は1死2,1塁に代わり、バッターボックスは2回のチャンスで凡退していた後藤だった。その後藤が嶋のミスを取り返した。初球打ちが1,2塁間をゴロで突破し、右前へ。聖澤が一気に2塁からホームを突いた。ライト谷口からの本塁送球は逸れ、近藤が前に出てカット。悠々ホームに滑り込んで、勝ち越しに成功! この後、サンチェス中犠飛で藤田のタッチアップ好走塁でさらに2点を奪い、試合を決めた。(楽4-2日)

実は今季の楽天。走者2塁、外野単打での二走本塁生還率は35.3%。昨年以上に低値だったのだが、この場面では不振に喘ぐ背番号23が、笘篠コーチの思いを背に受けて、持ち味の韋駄天を見せてくれた。

則本昂大を救った6回決勝2点劇



6回の決勝2点劇は、則本を救う2点にもなっている。

というのは、直近2試合123球以上を投げ、本戦も球数過多。6回終了時で113球を数えていた。もし6回裏に無得点で終わり、2-2の同点で7回表を迎えた場合、首脳陣は則本続投という難しい判断を下したかもしれない。もしそうなった場合、今季始まったばかりなのに、3戦連続の123球越えは確実になり、今季は本調子ではない則本にさらなる負担がかかるところだった。

昨年私達は交流戦直後に則本がどうなったか?経験している。あの悪夢が脳裏をよぎることにもなりかねなかった。その意味で6回の2点劇は大きかったと思う。

零封ブルペンリレーに福田将儀の超活躍



4-2と2点を勝ち越した楽天は7回から継投に入る。

7回は福山。三者凡退で締めた。3つのアウトはいずれもゴロ。持ち味を発揮した。8回は青山。先頭・中田に二塁打を浴びたが、藤田の破綻のない好守備にも支えられ、反撃を絶った。最後のアウトは局面打開のスライダーで空三振で奪っている。

9回は2点差で背番号1。試合後のヒーローインタビューで本人が「則本さんにどうしてもウイニングボールを渡したかったので気持ちが前に出すぎちゃいました」と語るように、出てきた直後からいつも以上に気持ちが入っているのが見て取れた。それはストレートの平均球速からも伺えた。今季ここまでは141.9キロ。しかし、本戦では145.8キロ。明らかに力が入りすぎていた。いきなり制球乱して、先頭打者にストレートのフォアボール。しかし、そこから打者3人をアウトに討ち取った。

中でも白眉だったのは、1死1塁、西川に打ち返されたセンター最深部、フェンス直撃コースの快飛球。センター福田が背走し、フェンスギリギリ手前でタイミングを合わせてのジャンピングスーパーキャッチ。フェンスに激突しながらもグラブにしっかり収めるスーパープレーに、コボスタが湧き立つ瞬間になっている。

背番号24番はバッティングでもプロ初の長打となる二塁打を記録した。スタンダップダブルではなく、持ち味の俊足で間一髪2塁を陥れたツーベースになっている。使い続けて見たくなるルーキーの登場。我々は今日、センターの世代交代の序章を目撃したのかもしれない。

20150418DATA04.jpg

則本昂大、苦しみながらも、ようやくの今季初勝利



6回、打者27人、球数113、被安打8、被本塁打1、奪三振8、与四球3、与死球1、失点2、自責点2。

昨年1イニングを平均15.89球で投げたエースが、本戦では18.83球の球数過多。ストライク率は今季最低61.9%だった。

確かに今日はスコアボード上のフラッグが右翼から左翼へ常時勢い良くたなびく強風、瞬間最大風速は20mもあろうかという突風も吹く悪環境下での登板になった。しかし、そのことを考慮に入れても、本戦の則本は精彩を欠き、制球難に見舞われていた。降板後のコメントで「疲れました」と述懐したことからも推測できるように、直近2登板で123球以上を投げた疲労の影響もあったと診るべきだろう。

ストレートは53.9%が高めに上ずる結果になり、思うように狙った所に投げ切ることができない。外角狙いの投球がシュート回転してヒヤッとするゾーン&コースに入ることもあり、中田二塁打はそのうちの1球だった。

変化球も思うように操ることはできなかった。中にはホームベースのかなり手前でワンバンしてしまう投球が数回あったり、危険なゾーン&コースに抜ける失投も目立ち、ヒヤヒヤさせられた。6回を2失点でしのぐことができたのは、僥倖という側面も多分に多い、そんな113球だった。

則本を救ったチェンジアップ



そんな中、機能したのはチェンジアップだ。

特に1回1死2,1塁、3回2死3,2塁、6回先頭打者と3度の対決になり、いずれも一打許せば情勢が大きく則本不利に傾いてしまうという5番・ハーミッダの対戦で、チェンジアップが機能した。本戦のハーミッダは則本のチェンジアップに全く合っておらず、則本がハーミッダに投げ込んだ全5球のチェンジアップは全て空振りを記録。3打席3三振に退けることができたのも、チェンジアップのおかげだった。

さて、今季の則本について誰しもが思っていること。投球内容がイマイチなのは、モデルチェンジを図っているからなのか?それとも身体のどこかに違和感を感じているからなのか?

本戦で私の考えは3:7で後者にグッと近づいている。球速表示以上の球を投げる&腹八分でメリハリのある投球を目指す。そんなモデルチェンジは、身体のどこかに違和感を感じているからこその窮余の策、消去法の選択である。そんな思いが強まっている。【終】

20150418DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】 エース則本3戦連続QS投球も、援護できないイヌワシ打線~2015年4月11日△楽天イーグルス3-3オリックス
【試合評】 2試合連続の投壊。裏目に出た継投作戦~2015年4月16日●楽天イーグルス4-8西武
【試合評】 中田翔をプラン通りに討ち取った楽天バッテリー~2015年4月17日○楽天イーグルス7-2日本ハム


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}