【試合評】 成長を感じさせた戸村健次、1死2塁を防いだ5回の攻防劇~2015年4月5日○楽天イーグルス6-4ロッテ

スポンサーリンク






毎週月曜発行、当ブログ運営メルマガ
「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。

2015プロ野球開幕記念!! 新規読者獲得キャンペーン
【4/30まで期間限定】月額購読料514円→350円に!!

ぜひこの機会を御利用下さい。詳しい御案内はコチラでどうぞ。


《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1500人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!350人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

今季最多15安打でシーソーゲームを制す!!



めくるめくシーソーゲームになった。

初回、楽天が先制。直後に逆転されたが、追い着き追い越せで4回に松井稼の適時打で1点を勝ち越したイーグルス。しかし、中盤6回にエラーも絡んで2点を失い、スコアは3-4。ひっくり返され、再び1点を追う試合展開で迎えた7回表の攻撃のことだった。

楽天打線はロッテ先発イ・デウンから4回まで毎回得点圏に走者を送り込み、6回も先頭打者四球出塁に成功。再三再四攻め立てたが、2、3、4、6回と4本の併殺打を打ってチャンスを潰し、得点しても最少1点止まりに終わっていた。そこへきてエラーでの手痛い失点。前日則本でも勝てずに4連敗としたチームに、嫌な雰囲気が広がりかけようか?という7回表だった。

ロッテはこの回から二番手・大谷。聖澤、松井稼と凡退。しかし、日曜昼の反撃劇は2死走者無しから始まった。

直前回で井口の右中間二塁打で同点とされると、中継に入った藤田が外野返球を捕球ミス。さらに三塁に滑り込む井口を阻止すべく投じた送球が逸れてファウルゾーンに転々とした間、打者走者まで生還される。藤田のダブルエラーでロッテに1点の勝ち越しを許していた。

その藤田がミスを帳消しにする弾丸ライナーの右越え1号ソロ!

ボール先行1-0からの第2球、大谷の逆球、内角141キロ速球を一閃。狙っていたかのようなスイングは、打った瞬間の強烈な一撃になり、イーグルスが同点に追いつく。(楽4-4ロ)

3番・岡島も続く。2-2と追い込まれながらも三遊間を割るシングルヒットで出塁すると、初回に先制打を放っていた4番・ペーニャの怪力がチームを救った。代わったばかりの三番手・益田の初球、高めの真っすぐを打ち返した。強烈な大飛球がマリンフィールドのセンター最深部を襲う。塀際で名手・岡田がジャンプして伸ばしたグラブを弾いた一撃は、勝ち越しのタイムリースリーベースになる!

ペーニャはこの日、左安(先制打)、左安(好機拡大の一打)、見三振、中越三(決勝打)、左飛の3安打。楽天選手で今季1番乗りの猛打賞を記録している。

もし7回無得点で終われば、8回はカルロス・ロサ、9回は西野という相手の勝利の方程式が出てくるところだっただけに、7回に見せた逆転決勝の2点劇は大きかった。

楽天は8回にも1点を追加している。7回から続投の益田を2死から聖澤&松井稼の9番1番コンビによる短長連打攻勢で1点を奪った。聖澤の左安は実に19打席ぶりのヒットになっている。

先発・戸村は6回4失点の粘投。勝ち越した直後の7回から継投作戦。7回福山、8回クルーズ、9回松井裕の「勝利の方程式」が機能し、3イニング零封リレーでチームの今季2勝目を確定させている。

連敗を4でストップさせチーム成績は2勝5敗(5位)。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
連敗脱出。さあここから1つずつ勝っていきましょう。
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20150405DATA02.jpg
HANREI3.jpg

両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(右)、2番・藤田(二)、3番・()、4番・()、5番・()、6番・嶋(捕)、7番・ウィーラー(三)、8番・阿部(遊)、9番・聖澤(中)、先発・戸村(右投)

ロッテ=1番・荻野貴(中)、2番・根元(指)、3番・角中(右)、4番・今江(三)、5番・井口(一)、6番・クルーズ(二)、7番・鈴木(遊)、8番・田村(捕)、9番・肘井(左)、先発・イデウン(右投)


今季最多15安打も4併殺。課題の残る攻撃



15安打は今季最多。二桁安打は今季2度目の快挙になった。3安打はペーニャ、藤田、2安打は松井稼、岡島、嶋の3人。銀次にも今季初タイムリーが飛び出し、ウィーラーは4回1得点の起点を担う安打を記録し、聖澤は長いトンネルを抜けるヒットを打った。ここまで1試合平均1.83得点。その不景気を一気に雲散させる安打祭りになったが、一方で課題も残った。

2回無死1塁、ウィーラーの一ゴ併(3-6-3) ※全力疾走していたのか?
3回1死2,1塁、嶋の二ゴ併(4-6-3) ※セカンド左を襲ったが、クルーズのバックハンドグラブトス
4回1死2,1塁、藤田の一ゴ併(3-6-1)
6回無死1塁、ウィーラーの投ゴ併(1-4-3)

これらが無ければ、あと1、2点は少なくとも入っていたであろう試合だった。

どうしてこんなに拙攻が多いのか?

色々理由はあるだろうが、ゴロ打ちが多いことが挙げられる。この試合でも楽天打線のゴロ率は56.7%(バント打球を除く)と大変高かった。

本戦の試合前データでの今季チームゴロ率は52.4%。この数字は昨年から約2%増である。ゴロ打球86本中、ヒットになったのは18.6%に止まる16本。本戦終了時でもゴロ打球が安打になった割合は21.4%である。

岡島(57.4%)、藤田(58.3%)、聖澤(53.7%)、嶋(65.7%)とスタメンにはリーグ有数のゴロ打ち打者が並ぶ。(カッコ内は昨年の数字。リーグ平均値は46.7%だった)。さらにMLBでもゴロ打ちだったウィーラーを補強した。こうなると、どうしてもチーム全体のゴロも増えてしまい、必然、アウトになる確率が上昇してしまう。この日、ウィーラーは2本のゲッツーを打って、今季のゴロ率を64.3%に上昇させている。

NPBでは進塁打はOKと見られがちである。しかし、アウトを1個相手に手渡していることには何ら変わり無いことに留意したい。

(下記へ続く)




今季初登板の戸村、無四死球。2013年7/27ロッテ戦以来の白星



6回、打者24人、球数88、被安打7、被本塁打0、奪三振3、与四死球0、失点4、自責点3。

試合中も終始緊張しながら投げるタイプだという戸村が、必死に投げたクオリティスタートの88球だった。相手打線が好調だったこともあり、ゴロ率は低かったが、それでも大崩れすることなく、ゲームを作った。

味方1点先制直後の立ち上がり2失点は、その緊張感によるものだろう。幸先良く味方が援護したのも、今季初登板の本戦に限って言えば、戸村のピッチングを堅くさせてしまい、逆効果だった。

この日、戸村はストライクゾーンの真中コースに12球を投じているが、イニング別では初回4球が最多だった。そのうち2球を根元(左中三)、角中(中越二)に打ち返されていた。1番・荻野貴の中安含む3連打は、いずれもコントロール不足の失投。戸村の緊張感が伝わってくるような2失点劇だった。エース則本も立ち上がりに3失点するほど、初回は難しい。そのことを考えれば想定内の2失点とも言えた。

しかし、2回以降はしっかり立ち直る。相手先発イデウンが終始苦しんでいたのに対し、戸村は2、4回を三者凡退。3回は先頭打者・荻野貴に安打出塁を許したが、嶋が荻野貴二盗を阻止するなど女房役のアシストにも助けられ、2塁進出を許さない。1点リードした6回の逆転2失点劇は経験豊富な井口の力量とエラーが絡んだもの。エラーは想定外だったが、井口に浴びた1失点は想定内。打たせて取るタイプの戸村の場合、どうしても被安打は増えがちのため、5回無失点とか6回1失点、7回2失点といったハイレベルのゲームメイクは要求できない。5回3失点~6回3失点が御の字になってくるので、本戦の88球は合格点と言える。

カギを握った、成長を感じさせた5回の攻防劇



カギを握ったのは、3-2、1点リードした5回裏の攻防だったと思う。

1死後、8番・田村にあわやホームランというフェンス直撃の左越え二塁打を打たれた後のピッチングが見事だった。今までなら動揺して崩れていたかもしれない場面だ。9番・肘井とは8球勝負、既に2安打の1番・荻野貴とは8球フルカウント勝負、いずれもファウルで粘られる苦しい状況だったが、嶋のリードに支えられ、根負けせずに討ち取った。

肘井には内角厳しいコースを攻めての三飛、荻野貴には外角低めへ絶妙なカットボールを決めて空三振に仕留めた。いずれもしっかり投げ切ることができていた。もし肘井、荻野貴のいずれかを出塁させていたら、打撃好調の2番・根本にまわるケースだっただけに、ここを乗り切ることができたのは大きかった。

最後に配球図を確認しておこう。右打者にはアウトコースへ主にカットボール等の曲がる球を、インコースに速球(ストレート、シュート)を散らし、両サイドを攻める投球。左打者には逆、内角を変化球で攻め、外に速球(逃げるシュート)という組み立てだった。

全体の40.9%が高めに集まってしまう傾向は、この人の今後の課題点。まずは両サイドにしっかり投げ分けていきたい。

20150405DATA04.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
朝令暮改のデーブボール。大久保監督自ら「一致団結」を反故にしかねないギャビー・サンチェスの抹消劇
【試合評】 デーブ迷采配が招いた被弾&守乱のお粗末劇~2015年4月2日●楽天イーグルス1-6西武
【試合評】楽天、エース則本でも勝てず。投打噛み合わずに4連敗~2015年4月4日●楽天イーグルス


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベーションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}