【記録】 各種データから診断する、楽天1軍主要投手のストレート成績

スポンサーリンク





アンケート募集中「あなたが選ぶ2015年活躍を期待したい野手&投手」

締切2/15(日)まで。抽選1名様に選手名鑑プレゼントも実施中。詳しい御案内はコチラをクリック。
※1/28現在29名様の御応募有(名鑑プレゼント12名様)


各種データから診断する、楽天1軍主要投手のストレート成績



@eagleshibakawaです。

今日はfacebookで更新予告をしたとおり、各種データから診断する楽天1軍主要投手のストレート成績です。

多くの投手がピッチングの軸球にするストレート。全投球に占める割合、平均球速、被OPS、被打率、空振り率、ファウル率、ゴロ率、外野飛球率の8項目のデータを御紹介。選手ごとに寸評をつけてみました。全選手つけようとがんばりましたが、途中で挫折しています(笑)

それでは、下記でどうぞ。

冒頭のアンケートも、よろしくお願いします!

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■2014年 楽天主要投手のストレート各種データ


割合・・・全投球数に占めるストレートの割合。
被打率・・・NPB平均.270(2009~2013年値)
空振り率・・・ここでは、空振り数÷スイング数。NPB平均13.6%(2009~2013年値)
ファウル率・・・ファウル数÷スイング数。例外はあるものの、この数値が高ければ高いほど、ファウルを打たせてカウントを稼ぐことができる球威の有無を確認する際の目安になる。
ゴロ率・・・犠打を除く全打球に占めるゴロの割合。NPB平均41.1%(2009~2013年値)
外飛率・・・犠打を除く全打球に占める外野飛球の割合。高ければ高いほど被弾や長打リスクは高まる。

寸評のベスト、ワーストの表現は断りがない限り、表中16投手対象。

則本昂大

フォークの実戦配備もあり、球種割合は数%減った。平均球速は前年とほぼ同じ。しかし、50キロ超えは大幅増になった。1年目は全球の4.4%だったが、2年目は8.7%。同被打率は29打数9安打(全て単打)と3割打たれたものの、同空振り率は16.2%から22.2%へ。8/23オリックス戦7回T-岡田対戦時には自己最速154キロもマークした。全体での空振り率も11.6%からNPB平均を上回る16.7%へ上昇した。ファウル率も高く、打者は則本の真っすぐに対し、バットを振りにいっても空振りやファウルに終わる頻度が極めて高かった。チームでも指折りの高品質だが、被安打に占める被長打割合が37%と多め。欲を言えば、もう少しゴロ率を増やし、長打リスクのある外野飛球率を下げたい。


辛島航

複数球種を組み合わせて打者の打ち損じを狙う軟投派。シュートも多投するため、真っすぐの割合はかなり低い。左肘に不安を抱えていることも影響したのだろうか、平均球速はやや微減。空振り率も10.4%から7.4%へ、ファウル率も43.7%から39.5%に下がった。一方、ゴロ率は35.8%からNPB平均を超過する47.6%へ上昇している。ゴロ率は上昇したものの、被打率は前年と同じく約3割あったのは、ゴロになった打球の28.7%と多かったからだ。平均が23~24%なので、平均と比べて内野守備網を突破して外野に達したヒットが5本ほど多かったことになる。観戦メモを確認すると、銀次や松井稼、後藤が捕りきれなかった打球も目立った。守備に足を引っ張られた感は否めない。


松井裕樹

最速157キロの安楽が入団したが、今年も私の関心を最も惹きつけて止まないストレートは背番号1である。何度か書いてきたが、1211球を投げながら、被弾がゼロ。まず、これが信じられない。他に真っすぐで被弾を許さなかった楽天投手は福山がいるが、福山は487球である。松井裕はその倍以上を投げながら柵越えを防いだのだ。このこともあって、被安打に占める被長打割合もチーム3位の少なさだった。独特の回転軸・回転数を持つその特徴は、空振り率がチームトップを記録したこと、(表中には掲載しなかったが)内野飛球率がNPB平均9.7%を超過する16.6%を示したことでも確認できる。最速は9/16ロッテ戦2回今江右安時の152キロだった。


塩見貴洋

最も魅了する真っすぐが松井裕なら、最も心配なストレートは背番号11だ。ルーキーイヤーでも空振りを多く奪うことは少なかったが、球威はあった。しかし、怪我の影響もあるのだろう、平均球速の下落が止まらない。1年目139.5キロ、2年目138.8キロと比べると、136.6キロは物足りない。被打率も悪化の一途で.245、.272、昨年はワースト3位の.303だった。特に右打者対戦時で.201、.276、.298と悪化しているのが気になる。外野飛球率はチームワースト。2012年は49.5%だったので、反発係数の変更・球威の低下等で4.1%、長打リスクが大きい外野飛球が増えたことになる。完全復活を目指すには、軸球の真っすぐの球威を取り戻すことが必要だ。


美馬学

先発転向後は速球でもストレートとシュートを投げ分ける軟投派の道を進んできた。そのため、ストレートの割合は例年少ないのだが、昨年はさらにそれが極まっている(2012年34.0%、2013年30.3%、2014年26.0%)。前年10.8%あった空振り率は4.7%に減少。制球が甘く、球威も乏しかったため、被打率・被OPSはいずれもワーストで、この人が模索しながら投げていたことが良く分かる。通常、大半の投手はボール先行時に確実にストライクを取りたいため、速球を多く投じる。美馬も2013年は同状況時の速球割合は48.4%を記録していた。しかし、2014年は42.3%。真っすぐが機能しないと、投球の組み立てはかなり難しくなってしまう。嶋も苦労したはずだ。


福山博之

好投の原動力を担った最大球種がストレートだ。フォームが安定、球威が増したのだろう。そのゴロ率は傑出値と言える67.5%。NPB平均を悠に超えてトップである。変化球でも打球の約6割で打者にゴロを打たせてきたが、ストレートではさらにそれを上回った。福山の真っすぐは元々ゴロ率が高く、前年も51.4%だったことを考えると、今年も期待できそうだ。真っすぐで被弾ゼロは松井裕と2人だけ。被安打に占める被長打割合も16%とかなり少なく、ウォーニング以遠外野大飛球も8/13ソフトバンク戦の8回李大浩フェンス直撃右中二の1本だけだった。最速は7/9日本ハム戦の9回小谷野を投ゴに討ち取った時の153キロ。


青山浩二

1億円から25%ダウンになった昨年暮れの契約更改。その席上「全員、蹴落とすつもりでやっていきます」と再起を誓った青山だが、30歳を超えてきて勤続疲労もあるのかもしれない。塩見同様、平均球速の下落傾向が心配材料になっている。2012年143.2キロを皮切りに142.7キロ、141.2キロ。ここ2年間で2キロ減だ。昨年は22試合中6試合で、52.2回中30.2回で先発で投げた青山。ペース配分を求められる先発の場合、どうしても球速は抑え気味になる。そう思って救援時の平均球速を出してみたところ140.5キロとさらに下がってしまった。持ち味「局面打開のスライダー」を生かすためにも、真っすぐは大事だと思う。


菊池保則

佐藤義則・前コーチに田中将大以上と評された真っすぐが、いよいよ本領発揮した感がある。被OPS、被打率はいずれも2位の好成績。スピンが効いて打者の手元でホップしているのだろう。松井裕と同じくポップフライが多く、内野飛球率はNPB平均を超える13.8%をマークした。ただし、懸念点もある。被安打に占める被長打割合だ。NPB平均29%のところ、2012年53.3%、2013年40.0%、2014年50.0%。例年高いのだ。ひとたびバットの芯で補足された場合は、痛打を浴びるリスクがある。また、ボール先行時だと3割を打たれている。この点を踏まえて、今年どのような組み立てをするのか?に注目したい。昨年の最速は146キロ。


西宮悠介

好投の原因は62.7%を記録したゴロ率の高さにあったが、そのゴロ増を生み出した主要球種が全投球数の7割近くを占めたストレートだ。同球のゴロ率は福山に次ぐ2位60.4%。外野飛球率も福山に次ぐ2位30.8%の少なさだった。空振り率15.6%はNPB平均値付近だが、5/26神宮ヤクルト戦7回2死満塁でバレンティンから初球、2球と立て続けに奪ったように、同一打者の同一打席で記録するケースが多かった。西宮の真っすぐに合わない打者はトコトン合わないのだろう。ストライクゾーン枠内の被打率も.248と安定しており、さらに低めに至っては.172と上々。最速は151キロ。同ヤクルト戦でバレンティン、畠山から各1球ずつ記録している。


宮川将

右肘疲労骨折の手術を受けたため今年は育成契約。実戦復帰は5月とのことだが、昨年はストレートで進化を見せただけに、本当に残念だ。
被打率は1年目.351と芳しくなかったが、2年目.295まで改善に成功。長打リスクを抱える外野飛球率は1年目58.3%と6割に迫る高さだったが、こちらも2年目は42.0%まで減らすことに成功している。直前球との緩急差が20キロ以上だった時のストレート被打率は13打数2安打、3三振、2四球、1本塁打の.154と上々。8.0%の球種割合に留まっているカーブをもう少し多投するなど、緩急を意識したピッチングができれば、ストレートはもっと生きてくるに違いない。


川井貴志

「困ってしまったボブさん」という印象の昨年は被打率が.245から.291へ、被OPSが.607から.871へ、いずれも悪化した。加齢によるストレートの衰えは年々隠せなくなりつつあるのだろう。2012年には48.8%あったファウル率もワースト35.2%まで落ち込んだ。ストライクが欲しい時、真っすぐでファウルを打たせてカウントを稼ぐといったことが難しくなっている。ストレートが高めに41.9%も集まっているのも、いかんいかん。同被OPS1.050、被打率.351。高めで痛打を許していた。変化球のみならず速球も低めにコントロールできなければ、力の衰えが隠せないベテラン軟投左腕の生き残る道はない。


ファルケンボーグ

不満足な成績に終わり自由契約になった。とはいえ、ソフトバンク在籍の全盛期と比べると衰えはしたものの、依然チームの中で優れたファストボールを投げていたのも事実。空振り率は松井裕に次ぐ2位23.3%。これは2009~2013年の自身の値とほぼ同じだった。ファウル率も50%超え。空振り率との合計値は65.5%で、打者がバットを振りにきても3球に2球はファウルもしくは空振りになり、打球をフィールド内に打ち返すことができなかった。一方、本塁打を含むウォーニングゾーン以遠の外野大飛球が5本で、痛打を許す場面も多かった。負けが込んだチーム事情のため、なかなか登板機会がやってこず、コンディションを崩した部分はあったのかもしれない。


則本からファルケンボーグまで書いてきて、刀折れ矢尽きた感。長谷部以降は読者の皆さんの判断にお任せしたい。【終】


◎◎◎関連記事◎◎◎
先頭打者四球で動じないタイプ。崩れやすいタイプ~~2014年パリーグ規定投球回投手調査からの報告
【記録】 スピードボールに強い犬鷲戦士を探せ~~楽天イーグルス主要打者145キロ以上ストレート2年分の打撃成績
最も罰金を支払うことの少なかった楽天投手は?!~~主要投手2013年&2014年カウント0-2経由後の投手成績


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}