田中将大の右肘部分断裂、福山博之の右肘遊離軟骨除去手術を予言した米国産投手酷使指標とは?!

スポンサーリンク






有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆1/5配信最新号の主な内容は「各種記録で診る背番号58、辛島航の2014年」です


田中、福山の右肘故障を予言した米国産投手酷使指標とは?!



ちょうど1年前、当ブログは下記のエントリーをアップした。


◎楽天のサブちゃん、福山博之。2014年活躍できないその理由とは?!


詳しくは上記エントリーを参照頂きたいのだが、記事タイトルだけ見て脊髄反射してしまう残念な読者も多いので、簡潔に言うと、イヤー・アフター・エフェクトという米国産の投手酷使指標に照らし合わすと、2014年の福山は成績が下降するか故障が発生する恐れがあることを指摘したものだった。

ここで再度、イヤー・アフター・エフェクトを紹介しよう。

『スポーツ・イラストレイテッド』誌のトム・バードゥッチが提唱した指標で「25歳以下の投手は、(ポストシーズンも含め)前年よりも(もしくは自己最多のイニングを記録した年よりも)30イニング以上多く投げさせると、翌年には成績が下降するか故障が発生する」というものになる。

本稿では、2014年この指標の対象になっていた楽天・福山を含むパリーグ投手9人+田中将大の「結果」を振り返ってみようという趣旨になる。

ちなみに、2013年時点で25歳以下の投手で、前年は2012年、翌年は2014年とする。そのため、2012年ドラフトで球界入りし2013年がルーキーイヤーだった大谷翔平のような投手は対象外になる。というのは、プロでの前年(2012年)が存在しないため、比較のしようがないからだ。

それでは、さっそく下記でざっくり振り返ってみよう。

※書き終わって、嘉弥真や星野などソフトバンクの3軍成績を含めなかったことが判明!!! でも、それ言ったら他球団による社会人等との練習試合も入れる必要があるわけです。そこは御容赦を... m(_ _)m

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20160111DATA02.jpg

2011年ドラフト5位。沖縄産左腕は2年目の2013年5/31に1軍登録されると、以降40試合で鷹のブルペンを支え、左打者被打率.149とねじ伏せ、防御率は2点台をマークしWHIPは1.00を切った。しかし、1軍2軍合計で前年より50イニング近く多く投げたことが祟ったのか、翌2014年は軒並み成績を悪化させている。

20150111DATA02.jpg

星野仙一氏と同郷の岡山出身。何より名前が良い。セカンドキャリアは星野リゾートの入社試験を受けることをお薦めしたい。さて、前年から40イニング以上を投げた2013年、オフにはプエルトリコのウインターリーグで武者修行に励み、その成果を出す2014年シーズンだった。結果は1軍では数試合登板数を減らしたものの、数値自体は良好。2軍でも防御率4.85→4.02と良化。イヤー・アフター・エフェクトが指し示したリスクを回避できたと言えそうだ。

20150111DATA06.jpg

昨年チームのプレーオフ進出を支えた若き右腕。2013年は1軍登板なしも、ファームではチーム最多の107.1回を投げた。2012年を大きく上回る自己最多の投球回を投げながらも、2014年は1軍の先発ローテに定着し、大谷翔平に続くチーム2位タイの8勝を挙げている。

20150111DATA10.jpg

田中将大の2012年投球回は1軍2軍合計で177回だった。圧投で初Vを手繰り寄せた2013年はCS、日本シリーズ含めて前年比64イニング増の241回を投げた。海を渡った2014年7月、その後、日本時代から痛みがあったと告白した右肘に部分断裂が発生。長期の療養を余儀なくされている。

20150111DATA11.jpg

DeNA在籍の2012年は24回を投げた福山(1軍で2回、2軍で22回)。楽天移籍1年目の2013年は1軍37.2回、2軍37.1回、合計75回を記録。前年より30イニング超の自己最多投球回だった。2014年は開幕からフル回転。65試合、防御率1.87と傑出した成績を残す一方、シーズン中から右肘に違和感を感じ、同オフには右肘遊離軟骨除去手術を受けている。1年前に懸念していた福山はイヤー・アフター・エフェクトが指し示すリスクを回避できなかったと言えそうだ。

20150111DATA12.jpg

前年の2012年には53回(1軍31.2回、2軍21.1回)を投げた武隈。2013年はそれを大きく上回る95.1回(1軍13.2回、2軍81.2回)を放りながらも、2014年1軍では47試合に登板。前年が9試合に留まったことを考えれば、イヤー・アフター・エフェクトのリスクもなんのそので好投したと言えそうだ。30.2回を投げたファームでも防御率1.17と素晴らしかった。

20150111DATA14.jpg

2013年に25歳だった中崎は、前年の2012年に22回、翌2013年には1軍9.2回、2軍90.2回、合計100.1回を投げた。前年から30イニングを超えており、2014年は成績悪化が危ぶまれていたが、案の定、1軍登板なしに終わる。前年と同程度の投球回を投げたファームでも防御率を2013年3.47から2014年4.34へ悪化させてしまっている。

20150111DATA16.jpg

2012年には1軍で84.2回を、2軍で5回を投げた唐川。個人的には永遠の高卒ルーキーという印象で、ポテンシャルありながらもモラトリアムから脱皮できていないように見える。2013年は前年投球回を90イニング近く超える自己最多178.2回に登板(1軍168回、1軍プレーオフ6.2回、2軍4回)。この登板過多が響いたのか、2014年は登板数、投球回、防御率、FIP、WHIP、いずれも数字を減らし、または悪化させている。

20150111DATA18.jpg

昨年は交流戦で1軍に上がってきて断続的に9試合先発で投げた大嶺祐。1軍では勝敗数で前年貯金2だったのが借金1と逆転したものの、防御率、FIP、WHIPでは僅かな改善が確認できる。一方、2軍では52.2回を投げて2.73を記録した防御率は87.2回を投げて4.52と悪化。差し引きトントンで前年とさほど変わらずといったイメージか。

20150111DATA20.jpg

2013年は先発で9勝をマークするなど一躍名を馳せたが、2014年は抑えに転向。これが見事にハマった。楽天も西野に苦しめられ、西野の楽天戦防御率は9試合9イニングを投げて0.00。球団別セーブ数で最多7を献上するハメに。

1つの目安にはなりうるイヤー・アフター・エフェクト



以上、田中将大を入れた10人の成績を確認してみた。この10人をまとめてみると、

前年より成績が向上した→星野大地、上沢直之、武隈祥太
前年と同程度の成績を収めた/あまり変化がなかった→大嶺祐太、西野勇士
前年より成績が悪化/故障が発生した→嘉弥真新也、田中将大、福山博之、中崎雄太、唐川侑己

という結果になりそうで、前回調査に引き続き「前年より成績が悪化/故障が発生した」の人数が多めになった。

ちなみに、セリーグも調査した前回の結果は(2012→2013年)下記のとおりである。

前年より成績が向上した⇒八木、秋山、大野
良いとも悪いとも言えず⇒山田
前年より成績が悪化した⇒小山、宮國、加賀美、国吉、辛島、菊池、塚原、吉川、南

※今回パリーグだけに留まったのは、投球回を調べるだけで大変めんどくさく、心が折れそうになったからです...

前回調査と合計すると、前年より成績が向上したのは6人、前年と同程度が3人、前年より成績悪化/故障発生が14人という結果になっている。

タフな投手もいれば、故障がちの投手もいる。投手酷使の問題は大変センシティヴな案件で、例えば何イニング以上投げたらアウトとか、何球以上投げたら故障するとか、一律に線引きできるようなシロモノではなく、1人1人に合ったガイドラインが必要だろう。しかし、今回取り上げたイヤー・アフター・エフェクトも「目に見えない故障リスク」を推し測る1つの目安にはなるのでは?と思う。

大きな怪我をしてこなかった田中将大が右肘部分断裂に襲われたり、好成績で終わってめでたしめでたしと思われた福山が右肘のクリーニング手術を受けるといった事実を目の当たりにすれば、気になってしまう指標のように思える。

今月中には2015年イヤー・アフター・エフェクトの対象になっているパリーグ投手を調べて、お知らせできればと思う。

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天・釜田佳直を右肘手術に追い込んだ大久保2軍監督&酒井2軍チーフ投手コーチの重大責任
楽天・星野政権4年間その功と罪を検証する(1)繰り返されたコンディションに考慮しない選手起用法。多かった投手の手術数


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}