楽天の補強ポイント。本当は「右の長距離砲」より「左の強打者」じゃね?!

スポンサーリンク






有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆1/5配信最新号の主な内容は「各種記録で診る背番号58、辛島航の2014年」です


ナッツ・リターンならぬラッツ・リターンを期待していたのですが・・・



@eagleshibakawaです。今日は気分を変えて「です・ます調」で書いてみます。

それにしても、昨日は悲報が飛び込んできましたよね。てっきり残留してくれるものと思っていたラッツとの契約が破談、一転、自由契約になってしまいました。報道によると、条件面で折り合わなかった、メディカル面で不安が残る点があった等と言われています。

昨年、ラッツが1軍初登録された6/21から骨折で抹消される7/22の1ヵ月間、チームの戦績は12勝10敗でしたが、ラッツが先発出場した試合では10勝4敗。僅か15試合58打席という打席数ながらもOPS1.046、打率.314、5本塁打、18打点を叩き出す活躍ぶりで、今年ラッツに寄せるファンの期待感は相当高かったかと思います。

まあ、今から思えば、12/28付の河北新報「<東北楽天>来季陣容、ほぼ固まる」で「今季途中に入団し、15試合で5本塁打と爆発したラッツ内野手は、来季も中軸と想定。けがの回復の経過を見つつ、残留交渉を進めている」という書き方をしていた時に、少し嫌な感じを抱いたのですが、まさか現実のことになってしまうとは・・・

「打」での真の補強ポイントはどこにある?!



さて、本題に参りたいと思います。

近年、楽天の補強ポイントの1つに右の長距離砲が挙げられていますよね。

山崎武司退団後、右の強打者が不在になったこと。2012年チームの左打者打率.238、左打者から上げた打点143がいずれもリーグワーストだったことが大きかったと思います。後者に関しては昨年暮れで発売された『楽天イーグルス次の一手』199頁に実際に記述があります。

そんな背景があって、2012年オフにのジョーンズ、マギーの獲得劇に至りました。彼らが初V打の立役者となり、2013年イーグルスは日本一に輝き、翌2014年のユーキリスもそれに沿った補強になりました。

しかし、少し前、極端な投高打低の頃は、左打者の補強が叫ばれていたように記憶しています。

まだEウィングが設置される前のKスタは球場が今より広大でした。Kスタは左翼から右翼にかけての風が通常のため、右打者がひっぱった飛球が風に押し戻され、フェンス際で失速してしまうことがままありました。

それよりは追い風となって風の恩恵を受ける左打者をオーダーに多く揃えることで、長打力不足の解消を目指したと記憶しています。2012年シーズン途中に入団した左打ちのハーパーも、その視点に立った補強だったのでしょう。

で、結局のところ、今、イーグルスに必要な打者は左打ちなのか?右打ちなのか?どちらなの??ってことです。

下記表を見て下さい。2012年~2014年の3年分のチーム打撃成績を対戦投手の左右別に分けてみた表になります。

(下記に続く)

ブログ村投票のお願い
2015年も元気良くブログを書いていきます
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■楽天イーグルス 年度別 チーム打撃成績 vs右投手


■楽天イーグルス 年度別 チーム打撃成績 vs左投手
20150106DATA02.jpg

本当は「右の長距離砲」より「左の強打者」じゃね?!



実はチームのvs左投手打撃成績は、3年間の中で2014年の数字が最も良かったのです。OPS、打率、出塁率、長打率、IsoDで微増。純粋な長打力を診るIsoPは前年を維持する安定推移になりました。

相手先発左投手試合の1試合平均得点を見ても、2013年の4.17から2014年は3.92。数字を落としてはいますが、右投手時の4.46から3.78の急落ぶりに比べれば、微減で良く踏み止まったというかたちになります。

一方、チームのvs右投手打撃成績は、既に前述したように、昨年から大きく数字を落としました。

OPSは.747から.686へ、打率も.276から.255へ、IsoPも.122から.105へ。いずれも下落しました。

左投手50打席以上で打率.280超えをしたのは、岡島(170打席で.300)、銀次(116打席で.308)、松井稼(123打席で.295)、西田(103打席で.289)と4人を数えました。不振だった牧田も左投手相手には88打席で.268とギリギリ及第点と言える率を残しています。

しかし、右投手50打席で打率.280を上まわったのは、銀次(393打席で.332)、松井稼(365打席で.289)の2人だけ。左腕相手には好成績を残した西田も右腕には312打席で打率.238と芳しくありませんでした。牧田は116打席で.206という結果でした。

144試合を考えた時、相手先発は圧倒的に右腕が多くなるんですよね。

確かに左腕攻略も重要ポイントでしょうが、それ以上にまず右腕を打ち崩さなければならない。右腕攻略には一般には右打者よりも、左打者の役割が重要になってきます。(もちろん、右投手を得意とする、あるいは右投手も難なく打てる右打者もいます)

その点で言えば、このオフ、楽天がサンチェスを獲得したのは、どうだったのかな?と疑問符もつくわけです。

というのは、既に御紹介したとおり、右打者のサンチェスは左投手には滅法強いものの(メジャー通算左投手OPS.863)、右投手にはまるでカラッキシなのですから(3年連続右投手打率.200台)。

そんなわけで、今の楽天に最も必要なのは、右の長距離砲ではなくて、実は、左の強打者じゃね?とも思うわけです。

ただし、左の強打者の獲得に踏み切れない事情もあるのでしょう。

現在、イーグルスの主要メンバーは、銀次、枡田、藤田、岡島、島内、聖澤と左打者が多く名を連ねています。これ以上、左打者ばかりを揃えてもバランスが悪くなります。

左打者が多くなったのは、アマ野球界に右投左打が流行していて良質な右打者の慢性的な不足に陥っていることも大きいのでしょうが、前述した投高打低の季節に左打者を重視したチーム戦略を採用したその弊害も尾を引いているのだと思います。

バットコントロール能力に優れた左打者が多いのは楽天の特徴ではありますが、世の中は常に何かを得れば何かを失うトレードオフの関係にあるわけで、いやはや、先を見据えたチーム戦略っていうのは、なかなか難しいですね。

(繰り返しますが、ここで念頭に置いているのは、反発係数に違反があった極端に飛ばない統一球に振りまわされ、左打者偏重のチーム戦略を採ったため、ここへきて現在、左の強打者を獲得しづらい状況が生まれてしまったことです。初Vの背景にもその統一球の影響があるので、楽天は恩恵と弊害、両方を受けているとも言えるのですが、それはまた別の機会に)【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
先頭打者四球で動じないタイプ。崩れやすいタイプ~~2014年パリーグ規定投球回投手調査からの報告
【記録】闘将「8番9番打たれすぎ」発言やっぱり嘘っぱち?! 打順別被OPSで診る2014年楽天イーグルスの投手成績
最も罰金を支払うことの少なかった楽天投手は?!~~主要投手2013年&2014年カウント0-2経由後の投手成績


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI


関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}