先頭打者四球で動じないタイプ。崩れやすいタイプ~~2014年パリーグ規定投球回投手調査からの報告

スポンサーリンク






有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆12/29配信最新号の主な内容は「各種記録で診る背番号1・松井裕樹のルーキーイヤー」です


先頭打者への四球は失点につながりやすいは嘘だけど・・・



昨年暮れ12/12アップした「イニング先頭打者の四球は失点につながりやすい』は真っ赤な嘘である」のスピンアウト企画になる。

回先頭打者を単打より四球で出した場合、失点につながりやすい。

野球界で使い古された定説である。昨年のイーグルスオフィシャルライヴの解説氏の中には90%の失点確率があるとコメントした方もいた。

結論から言えば、この定説は真っ赤なデタラメであることを昨年暮れのエントリーで御紹介した。

2009~2013年のNPB平均値で、先頭打者を単打で出した場合、その後3アウトまでに失う点は平均0.78。一方、四球は同0.80。そこには明確な差異など確認できない。

昨年の楽天投手陣全体の数字を確認してみても、先頭打者単打のときが0.86、四球のときは0.83。こちらもほとんど差が生じていない。もしかしたら高校野球などアマチュアの場合、先頭打者四球出塁のほうが失点が多く、失点確率も高いのかもしれない。しかし、野球界の頂点に立つNPBでは、そのようなことはあまりないと言えるのだ。

しかし、投手個々で見れば、話は別である。

中には、やっぱり、先頭打者フォアボールで気まずくなり、その後に点を失うケースが多い投手もいるのである。

昨年の楽天投手の個々のデータは12/15配信Vol.069のメルマガで調べた。しかし、あのとき、パリーグ他球団投手のそれを調べることができずにいた。

そこで、この年末年始、調べてみた。

昨年パリーグ規定投球回に到達した13人の記録だ。

それでは、さっそく下記にて確認してみよう。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
今年も当ブログをよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■パリーグ2014年 規定投球回投手の回先頭打者出塁内容別平均失点


今回、失点を算出するにあたり、先発投手がイニング途中で降板し火消し救援投手も打ちこまれて失点した場合は、その救援投手の失点分も含まれていることを予めお断りする。理由は、先発投手の失点のみを抽出するには一手間かかってしまうこと。また、救援投手の失点も先発投手が残したピンチという緊迫した状況が大きく影響しているだろうから、先発投手にも一定の責任があるという視点に立って、投手の継投にかかわらず、3アウトまでの失点で集計している。

また、先頭打者本塁打直後の無死走者なし次打者単打or四球も対象にしている。

投手の並び順は防御率ランキングの順になっている。

各手数値で最良値にピンクの網掛けを、最悪値に水色網掛けした。

先頭打者単打からの失点が最も少ない金子千尋



2014年規定投球回到達投手13人の平均は、先頭打者単打のとき0.78、同四球のとき0.80。ほぼ変わらない数値になっている。失点確率も単打42.8%、四球46.3%。四球のほうが3.5%多いが、楽天主催試合の解説氏がコメントしたような90%という高さにはほど遠い数字になっている。

この中で、先頭打者を単打で出塁させた時、その平均失点、失点確率が最も低い優れた投手は、初の沢村賞を受賞したオリックスの金子千尋であった。

(一走出塁内容が安打か四死球かエラーか等を全てひっくるめた)無死1塁のNPB平均失点は0.82、同失点確率は40.6%という数字がある中、金子の残した数字はいずれもかなり低い値だった。

防御率2位、3位に名を連ねた西武・岸孝之、日本ハムの大谷翔平も、金子と同様、先頭打者単打出塁時の数値がとても良い。金子、岸は先頭打者単打出塁後に3点以上を失うケースはゼロだった(大谷は4/27ロッテ戦の1回4失点という例がある)。昨年彼らが優れた成績を手にした理由も頷ける。

そんな彼らとて、先頭打者をフォアボールで出した時の数字は、私の予想以上に、かんばしくないものなのだ。平均失点は3人とも1.00超え、失点確率は金子と岸が60.0%以上。13人している。

則本昂大2年目の進化をココにも見る



ここで注目したいのは、則本昂大である。

則本は先頭打者を単打で出した場合の失点が多めだったが、四球の場合、1点も許さなかった。与四球率2.70から1.73へ。その改善に成功した則本は、イニングの頭で四球を出す頻度そのものが13人中で最少だった。数少ないケースでもその後に崩れることなく後続をシャットアウトで封じた。この点、2年目の大きな成長とも言えそうだ。

その則本をライバル視している同年のオリックス・西勇輝は、12勝10敗、防御率3.29の成績を残したが、単打、四球どちらもかんばしくない数字になっている。先頭を四球で出した時、71.4%の高確率で平均1.43の失点を喫するという酷さだった。

西は4月負けなしの5連勝と絶好調だったが、その原動力の1つに、先頭打者の出塁を許さない点があった。この間、四球で出した例はゼロ。単打も僅か1度だけと、先頭をしっかりアウトに討ち取ることができていたからこその好発進だったのだろう。

先頭打者四球最多20個はソフトバンク・中田賢一



規定投球回到達の唯一の左腕となった楽天・辛島航。先頭を四球で出す頻度もやや多めの背番号58だったが、フォアボールで出した時は72.7%という高さで平均1.09失点を喫していた。この点は2015年の課題と言えそうだ。

FA宣言でソフトバンク入りし、11勝7敗、防御率4.34と日本一へぎりぎり合格点と言えそうな成績を挙げた中田賢一。先頭打者四球が最多20回と多く、このことが影響して、先頭を単打または四球で出した頻度も表中投手の中で最多となっており、移籍2年目に不安を残す数字になっている。

先頭打者四球で動じない投手、崩れやすい投手



さて、表中の13人をタイプ別に分類してみると、下記のようになるだろうか。

先頭打者四球から簡単に崩れてしまいやすいタイプ・・・西勇輝、メンドーサ、辛島航

先頭打者四球から崩れやすい傾向のあるタイプ・・・金子千尋、岸孝之、涌井秀章、中田賢一

平均的な投手・・・大谷翔平、牧田和久

先頭打者四球でもちょっとやそっとでは崩れないタイプ・・・石川歩

先頭打者四球でも全く動じないタイプ・・・則本昂大、スタンリッジ、ディクソン

今回は2014年だけという限られたデータを追っただけなので、今年はこのデータをできれば追いかけていきたいと思っている。

◎◎◎関連記事◎◎◎
「イニング先頭打者の四球は失点につながりやすい」は真っ赤な嘘である
美馬学のIF。2014年の「全て」を決めた先頭打者対決


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}