楽天イーグルスの進塁打率(安打+四死球+犠打+進塁打÷打席数) 昨年と今年の2年分を比較してみた

スポンサーリンク






有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆12/15配信最新号の主な内容は「2014年 楽天投手別 先頭打者単打or四球出塁別の平均失点」です


楽天イーグルスの進塁打率。2年分のデータを比較した



チーム得点がリーグ最下位の549得点沈んだ今年の楽天。最大原因はホームランの減少(97本→78本)に、安打の減少(1287本→1214本)だ。

安打以外の出塁率IsoDは.071から.073の推移だった。昨年と同程度を維持できていた。にも関わらず、出塁率が.338から.327に1分下がったのも、昨年リーグ平均を上まわり.267を記録した打率が、今年は平均を下まわる.255へ。約1分数字を落としたことが大きく、ひとえにヒットが打てなかったからになる。

得点減の原因は明らかなのに、シーズン中、所々で、今年の楽天はアウトになっても走者を進める進塁打が打てていない、という話を聞いた。

良く覚えているのは5月中旬の楽天主催試合だ。ベンチリポートを担当した中田浩光アナの口から、打撃コーチのコメントが紹介された。いわく、「去年は同じ凡打でも走者を進める進塁打が出ていた。今はそこが見られないかな」。

このコメントがピントはずれであったことは、5/16付エントリー「私が楽天イーグルス打撃コーチに不信感を抱いたその瞬間~進塁打が昨年より少ないという話は本当か?! 」にまとめたとおりになる。


そこで、シーズン終了した現在、楽天の進塁打率は昨年と比べてどのような推移になっているのか?を確認してみたいと思う。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

3つの塁状況で調査



打者走者がアウトになる進塁打は2死では発生しない。そのため2死を除く走者1塁、2塁、2,1塁、3つの塁状況について、それぞれの数字を調べた。

2,1塁の進塁打はゴロの場合走者2人とも次塁に進塁できた場合を対象とする。外野フライタッチアップ進塁の場合は1人でも進塁できた場合を対象としている。

■走者1塁


初V昨年、走者1塁の進塁打率は50.6%



走者1塁のとき、確かに進塁打は昨年から4本減になった。凡打に占める進塁打比率。これも昨年15.3%から今年13.5%へ2%弱ほど減っている。昨年と同じ15.3%を維持するには、計算上では進塁打が6本足らなかったことになる。

進塁打+安打+四死球+犠打の合計値。走者を次塁以上に進塁させることに成功した打席数を調べてみると、昨年358に対し、今年324。昨年から34打席減だった。

進塁打率を、(進塁打+安打+四死球+犠打)÷打席数、と定義すると、昨年の進塁打率は50.6%、走者1塁で2回に1回は確実に一走をスコアリングポジションに送り込むことができていた。しかし、今年は46.7%まで下がっている。

昨年と同じパーセンテージを維持するには、昨年と同程度の打率を残す必要があったのだ。

もし走者1塁で153本ではなく180本の安打を打ち、打率が.270ではなく.317だった場合、進塁打率はちょうど昨年と同じ50.6%を記録するはずだった。

走者1塁、進塁打は確かに昨年と比べて減っている。しかし、それ以上に問題なのは、大きく減らしている安打数の減少こそ、問題にすべきだと思う。


■走者2塁
20141219DATA02.jpg

走者2,1塁でのバント作戦が増えた2014年



走者2塁のとき、スラッシュラインの数字は前年とほとんど変わらなかった。打率は今年のほうがやや低いが、OPSは今年のほうがやや高い値になっている。

(進塁打+安打+四死球+犠打)÷打席数で算出する進塁打率。こちらも昨年61.5%、今年61.3%と、ほぼ同値を示した。

興味深いのは、今年は走者2,1塁での犠打が増えた点である。

今年は先制を許した試合の戦績が散々だった。その勝率は昨年から約半減の.224まで下がった。そのため、0-0の時は何が何でも先制したいという指揮官の心理状態がその采配につながったのだと思う。実際、同状況での犠打は4本から11本に増えている。


■走者2,1塁
20141219DATA03.jpg

走者2,1塁での進塁打率5%減の原因は安打減



走者2,1塁のとき、そのスラッシュラインは昨年と比べて軒並み悪化している。

進塁打は昨年も今年も同数の21。凡打に占める進塁打比率も昨年19.1%、今年19.6%と変わらない。

(進塁打+安打+四死球+犠打)÷打席数で診る進塁打率。こちらは昨年49.2%から今年44.2%に5%減少した。

この減少の原因は、打率が昨年.274から今年.234に下がったこと、ヒットを打てなかったことに尽きる。


■走者1塁、2塁、2,1塁の合計
20141219DATA04.jpg

凡打に占める進塁打比率で昨年8本減。これをどう診るか?!



走者1塁、2塁、2,1塁の合計値である。

進塁打は昨年比5本減。凡打に占める進塁打比率は昨年22.0%から今年20.5%に減った。この比率を昨年と同値に保つには、進塁打があと8本足らなかった。

この8本をどう診るか?

しかし、進塁打をあと8本打っていたとしても、(進塁打+安打+四死球+犠打)÷打席数で診る進塁打率では、昨年のそれに届かない。昨年52.5%だった数字は今年49.7%だったが、もしここに8本の進塁打を足しても50.3%にしかならない。

ここでも問題にすべきは、昨年と比べて8本足らなかった進塁打よりも、昨年と比べて36本少なくなった安打の減少のほうだろう。

2球目以内に記録された進塁打を調べてみた。昨年30本に対し、今年40本。今年のほうが、追い込まれる前の淡泊な進塁打が目立ったとも言えるかもしれない。

安打数の減少は、小関や後藤など力量不足やスランプの打者に打席数を与えたことも大きいが、ヒットを狙っていくべきカウントで、あっさり進塁打に倒れていた部分も少なからず影響しているのかもしれない。

私も日本の野球文化で野球を楽しみに触れ、楽しんできた野球好きである。進塁打の重要性は十分承知している。

しかし、犠打と同様、打者走者のアウトを相手側に献上するアット・バットでもある。例えば走者3塁で内野ゴロの間に三走生還という限られた場面でない限り、進塁打それ自体では、走者を進めることができてもホームに呼び込むことはできず、アウトは確実に増えてしまうのである。

近日中、楽天選手別の進塁打率を調査してみたい。ブログかメルマガのどちらかで発表することにしたい【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】2012年 楽天イーグルスの進塁打率。アウトになっても走者を進める自己犠牲が出来た打者は誰?!


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

これは素晴らしい比較記事ですね!「あと1本」がでない印象が強かったですが、進塁安打も減っていた。付け焼き刃の犠打や進塁凡打では根本的な解決にならず機会の損失にしかならなかった。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}