楽天の2015年4番候補、ギャビー・サンチェス Gaby Sanchez のメジャー成績を確認する

スポンサーリンク






有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」。さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆12/15配信最新号の主な内容は「2014年 楽天投手別 先頭打者単打or四球出塁別の平均失点」です


1年2億5000万でパイレーツのサンチェスを獲得



今朝、スポニチアネックスが、楽天のギャビー・サンチェス獲得を報じている。


◎楽天 メジャー61発の新4番獲得!大乱闘で武勇伝の“熱い男” (スポニチアネックス)


5番打者には確実性のある好打者を起用したい。恐らくラッツが任されるのだろう。となると来季の新4番は報道にもあるように、サンチェスになりそうだ。とにかく、彼の打棒に期待するしかない。

1983年生まれ31歳、右投右打の内野手。キューバ人の両親を持つ米国フロリダ生まれのフロリダ育ち(同地は亡命キューバ人コミュニティがあることでも知られている)。マイアミで高校、大学と進み、2005年のドラフトでフロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)から全体126位の4巡目指名を受け入団。

2008年シーズン終盤にメジャー初昇格を果たすと、2010~2011年の2年間は正一塁手として150試合超でプレー。2012年シーズン途中にピッツバーグ・パイレーツに移籍。パイレーツではギャレット・ジョーンズと共にプラトーン起用され、主に左投手への切り札として活躍していた模様だ。

今シーズンは123試合に出場した。290打席のうち60打席は代打起用だったようだ。スラッシュライン(打率/出塁率/長打率)は.229/.293/.385、OPSは前年の.762から.679へと落とし、Slugger誌2014年12月号「メジャーリーガー555人&30球団通信簿」では「がんばりましょう」の評価になっている。

守備位置は、一塁で610試合、DH4試合、右翼1試合、三塁1試合。完全なファースト専用内野手で、楽天でも一塁もしくはDHでの起用が予想されている。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

■Gaby Sanchez メジャー 年度別 打撃成績


マギーと良く似たメジャー通算成績を持つサンチェス



安打の37.6%が長打という中距離打者になる。

通算のスラッシュラインは.254/.332/.413。2271打席でOPS.744、61本。この通算成績は、初V打の立役者マギーのメジャー通算成績と良く似ている。マギーは今季終了時で.264/.324/.400。2469打席でOPS.712、65本だ。マギーのほうが約200打席多いが、年齢も1歳違いの右打者ということで、共通する部分が多い。

20141217DATA06.jpg

広角打法の触れ込みは本物か?!



マギーが外野安打の45.1%を中堅から右方向で稼ぐ広角打法でチームを日本一に導いたように、報道によると、サンチェスも広角打法という触れ込みだという。

しかし、両者のメジャー本塁打数を打球方向別にまとめてみると、マギーが65本の26.2%に当たる17本を右中間~右翼に叩き入れているのに対し、サンチェスは61本の8.2%に当たる5本と少なく、圧倒的に左翼が多い。

少なくとも、ホームランで見る限りでは、サンチェスはマギーより右方向への長打は少ないと言えるのだ。

次にスイング率、コンタクト率を確認してみよう。

■Gaby Sanchez PITCHf/x Plate Discipline
※fangraphsより引用。
20141217DATA04.jpg

気になるボールゾーンコンタクト率の悪化



8打席のみだった2008年、23打席に留まった2009年の数字は参考にならない。2010年以降を見ていこう。

ストライクゾーンのスイング率。27歳の2010年は64.6%だったが、30歳を超えてきたここ2年は59.0%、59.2%。約5%ほどのダウンとなっている。若い頃はストライクゾーンに来た球であれば、狙い球でなくてもスイングしていく。そういうタイプだったのが、歳と経験を積み重ねるにつれて、狙い球をじっくり絞るアプローチにシフトチェンジしてきているのかもしれない。そんなイメージが湧く。

この中で気になるのは、ボールゾーンスイング率になる。

表中、黄色の網掛けを施した部分だ。2012年以降、数値が70.4%、64.7%、61.9%と3年連続下降傾向にある。ボールゾーンに手を出す頻度=ボールゾーンスイング率は、2013年は21.0%と少なかったが、だいたい28%台で安定推移していると見てよさそうだ。

しかし、ボール球をスイングしにいってバットに球が当たる頻度を診る同コンタクト率は、全盛期の27~29歳は安定推移し、三十路を数えた頃から下落を始めており、NPBでプレーする時の懸念材料になってくる。

当然、この率が下がると、相手投手のストライクゾーンからボールゾーンに変化する決め球(=ボール球)を振りにいってファウルで逃れて打ち直しに持ち込むという芸当ができなくなり、空振りが増え、三振も多くなるリスクを抱えていることを意味する。

実際、三振は増えていて、今年の20.0%という三振率(打席に占める三振比率)は2010年以降キャリアワーストである。四球率も7.9%と低く、ボール球の対応が悪化したことでフォアボールを選ぶこともできなくなりつつあると言える。

■Gaby Sanchez メジャー vs左投手 年度別 打撃成績
20141217DATA03.jpg

左投手キラー。メジャー通算左投手OPS.863



左右投手別の打撃成績を確認してみよう。

報道にもあったように、左腕キラーである。左投手通算は.291/.382/.481。5割に迫る長打率もさることながら、出塁率も4割近い。

先ほど、今年はボール球の対応力が悪化、このため三振率が増えたと書いたが、左投手に限って言えば、2010年以降、12.0%、16.2%、12.7%、14.9%と15%前後の推移を維持しており、左投手が得意である様子が伝わってくる。

ESPNのサイトからゾーン打率を下記に添付した。見て頂ければ分かるとおり、左投手が投げてくるストライクゾーン真中高め~真中~内角高め~内角中段がホットゾーンと言えそうだ。

■Gaby Sanchez メジャー vs右投手 年度別 打撃成績
20141217DATA02.jpg

右投手にはカラッキシ。打率は3年連続.200台



左投手には強打者然とした素晴らしい戦果を残す一方、右投手を苦手としている。

通算成績はOPS.691、打率.238。打率はここ3年は.207、.204、.202の低空飛行を余儀なくされ、OPSも.566~.619の低空推移になっている。

先ほど指摘した三振率の多さ。右打者に顕著だ。2011年の15.5%を起点に、17.7%、18.0%、今年は25.4%と悪化の一途を辿っている。

今年のパリーグ規定投球回到達投手の中で左腕は辛島1人だけだったことを考えると、杉内や和田がいた一昔前のパリーグとは違い、先発は右投手が多くなっていると言えそうなので、できれば、右投手との対戦成績がもう少しマトモな選手が良かったなあ・・・というのが、率直な感想になる。

とりあえず、ここまで。また機会を改めてサンチェスについて書くエントリーを用意したい。

■Gaby Sanchez vs左投手ゾーン打率
〔2012年〕
2012LHP.jpg

〔2013年〕
2013LHP.jpg

〔2014年〕
2014LHP.jpg

■Gaby Sanchez vs右投手ゾーン打率
〔2012年〕
2012RHP.jpg

〔2013年〕
2013RHP.jpg

〔2014年〕
2014RHP.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
DeNA戦力外の藤江均。はたして楽天で「第2の福山」になれるのか?
【検証】 楽天がヤンキースから獲得したゼラス・ウィーラー Zelous Wheeler 今季成績を徹底解剖する


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

サンチェスの球種別対応

お久しぶりです。サンチェス分析、楽しみにしておりました。
一応は現役バリバリのメジャーリーガーですが、ここ3年の打席数を見るとレギュラーではなく併用・代打要員ですね。まあ、これだけ左右投手の対戦成績に差が出てしまうと、どの監督も併用を考えますよねえ。

マギーとの違いとして、広角への打ち分けを挙げておられるのは納得です。
実のところ、典型的なプルヒッターでタイプ的にはむしろ真逆ですね。
もうひとつ、球種別の対応にも大きな差があります。極端な得意球・苦手球のないマギーに対して、サンチェスは速球にめっぽう強く、スライダーにはとことん弱いですね。このあたりは広尾さんのブログにも書きました。

まあ普通に考えると外スラにクルクルと三振を積み重ねる未来が見えるわけですが、NPB投手の球速の遅さに助けられて、外角のストレートをライト線に痛打する可能性も感じます。「意図的でない流し打ち」とでも言うべきか。また、見極め時間が増えることで、変化球への空振り率が減少する効果もあるでしょう。
オープンスタンスで身体はやや開き気味ですが、外角に自信があるからこそ、こういう打ち方をするとも言えます。

パイレーツと同地区の球団で、スライダーのpitch valueが高い投手をピックアップすると、カイル・ローシュ(MIL)、ジェーソン・ハメル(CHC)、ホーマー・ベイリー(CIN)、マイク・リーク(CIN)あたりで、対戦成績を見たかったのですが、見事に打席数がほとんどない(笑)。チームも得手不得手はちゃんと理解して起用していたんでしょうね。

あとインローに弱点があるようなので、ここに2シームやスプリッターを投げ込める投手には手も足も出ないでしょう。

総合すると、日本に来て成績がアップする可能性はかなり高い。速球への対応が年々衰えていますが、これは来日によって回復できるはず。問題は右投手のスライダーへの対応、そこに尽きるでしょう。2シームはもう最初から諦める。

Re: サンチェスの球種別対応


duplesさん、コメント有難うございます。広尾さんのほうのコメントも拝見しました。

> もうひとつ、球種別の対応にも大きな差があります。極端な得意球・苦手球のないマギーに対して、サンチェスは速球にめっぽう強く、スライダーにはとことん弱いですね。このあたりは広尾さんのブログにも書きました。

そうですね。週明け月曜のメルマガ用に、MLB Gamedayの全打席データを記録集計して、球種別のOPS、打率を出してみたのですが、仰るとおり、速球に強く、スライダーやカッターなどの曲がる球にカラッキシでした。得意としている左腕であっても、左投手が投げてくる曲がる球は、てんでカラッキシ(右投手の成績より悪い)という実に恐ろしい結果が出ています。

ただ、速球はNPBで最も多く投げられているであろう90マイル以下(144.8キロ以下)ではOPS1.104、打率.365と凄まじい値を残しています。他、チェンジアップには上手く対応するけれども、スプリッターやカーブはダメです。

> まあ普通に考えると外スラにクルクルと三振を積み重ねる未来が見えるわけですが、NPB投手の球速の遅さに助けられて、外角のストレートをライト線に痛打する可能性も感じます。「意図的でない流し打ち」とでも言うべきか。また、見極め時間が増えることで、変化球への空振り率が減少する効果もあるでしょう。

この点、調べてみたのですが、90マイル以下速球打ちの今季49打球で、右翼へ達したのは僅かに10本です。環境の変化に自身のバッティングを上手く柔軟に対応していくタイプなのか? それとも、環境が変わっても自身の打撃スタイルを貫くタイプなのか?で明暗分かれてきそうですよね。マギーが成功したのも、まるで打てなかったオープン戦で田代打撃コーチのアドバイスを受け入れたからという点も大きいので、頭の柔らかい人であることを期待したいです。

> パイレーツと同地区の球団で、スライダーのpitch valueが高い投手をピックアップすると、カイル・ローシュ(MIL)、ジェーソン・ハメル(CHC)、ホーマー・ベイリー(CIN)、マイク・リーク(CIN)あたりで、対戦成績を見たかったのですが、見事に打席数がほとんどない(笑)。チームも得手不得手はちゃんと理解して起用していたんでしょうね。

へええ。これは面白いですね。恐らく現場はデータをしっかり活用していたということなんでしょうね。NPBで成功するかしないかのカギは、そのスライダーにあるのでは?と思っています。AJやマギー、阪神のゴメスの来日前のPitch Valueを確認してみましたが、いずれもサンチェスより良い値なんですよね。ここが気になるところです。

好成績を残すには、投手が最も多く投げてくる速球に加えて、その次に多く投げてくるスライダーでも安定した数字を求められます。速球で3割稼いでも、スライダーが2割前半なら、トータルの打率では3割を切ることが予想されるので、どう変わるのか?注目していきたいと思います。

最近、広尾さんのほうへのコメント少ないようですが、楽しみにしてますので、ぜひ。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}