日米野球第3戦、則本昂大、完全無欠の60球を報告する~vs左右打者別・イニング別球種割合ほか

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆11/10配信最新号の主な内容は「2ストライク以降のアプローチで診る主要打者の粘り適性検査/楽天2軍選手の2014年本塁打記録」です




日米野球第3戦、則本昂大が5回完全投球の60球



侍ジャパン4-0MLB選抜

侍ジャパンが先手2勝として迎えた日米野球の第三戦である。

舞台は東京ドーム。2年目で奪三振王のタイトルを取った則本昂大が、先発マウンドに登った。

完全無欠の投球で海を渡った背番号18からエースのバトンを託された今季の則本。その3代目エースが日の丸と背番号14に身に纏い、メジャーの強打者を相手に、完全無欠の60球を見せた。

5回6奪三振。被安打ゼロ・与四死球ゼロのパーフェクトピッチング。奪った空振りは実に10球。日の本には前田健太、金子千尋だけではない。大谷翔平もいれば則本昂大もいるんだぞと、海の向こうに強烈なメッセージを送る60球になったはずで、降板後の則本も「人生最高のピッチング」と振り返った至福の瞬間。この後、則本X嶋の楽天バッテリーが運んだ流れを、二番手・西以下の救援陣にも伝播し、メジャー相手にノーヒットノーラン継投のオマケつき。気は早いが、本戦の則本は、何年後かのメジャーでの快投をイメージさせるような投球だった。

真っすぐで押した立ち上がり



1回表、1番・ゾブリストへの初球、148キロ真っすぐが象徴したように、初回はストレートでぐいぐい押す圧巻の内容で立ち上がった。

16球中ストレートは実に11球を記録。上位3人に対し、ファウルを誘い、空振りを強奪。3球目まで追い込むストライク先行で有利に立つ。ゾブリストにはストレートからチェンジアップ、25キロ差の緩急攻めで三邪飛に仕留める。

2番・カノ、3番・ロンゴリアには、今季良くみられ、奪三振王へと押し上げた高低攻めが功を奏した。カノは2球で追い込み、4球目で初のドクターKで料理した。外角の良い所に真っすぐを2つポンポン決め、高めに真っすぐを挟んで、ラストは膝元低めフォークで決めた。右のロンゴリアには1-2から低め落ちる球が2球決まらないとみると、フルカウントから高め真っすぐ勝負。見逃せばボールであろう153キロだが、球威があったのだ。甲子園でバックスクリーン満塁弾を放った今季22本塁打強打者のバットに空を切らすことに成功している。



2回、変化球主体で打者翻弄。今季最速155キロも



MLB選抜に真っすぐの強烈な印象を受けつけることに成功した則本は、2回表、一転、速球は4球だけという変化球主体の配球をみせた。新たな引き出しを開けた侍14番の前に、4番から始まるMLB選抜は14球で三者凡退に倒れる。

前夜花火を打ち上げたモーノーに対し、内角をスライダー、カッターで攻めていく配球。決め球もインコース143キロのカッター。あれが一部でジャイロカッターと報道された球種なのだろう。そして、則本が対戦してみたい打者の1人に名を上げていた5番・プイグ。その初球に今季最速155キロ。シーズン中でもは154キロ止まりだったファストボールが、プイクめがけて投じられた。結果球は1-0から外角低めに決まった150キロ。プイグも合わせるだけというかたちの打撃になり、打球はイージーな二ゴ。

順調に2アウトを取って6番・ペレスとの対戦が、本戦唯一ヒヤッとさせられる瞬間だったろうか。フルカウント勝負から投じた結果球フォークが真中へ抜ける失投。ペレスは逃さじとバットを出して一閃。一瞬、肝を冷やすシーンになったが、レフト後方で失速。中田がなんなくグラブに収め、3アウト目を取っている。

無駄球なしの3回



則本が序盤2イニングを零封に抑えると、2回裏、侍ジャパンの4番がその好投に応えていく。ここまで当たりに恵まれなかった中田が先頭打者としてレフト線ツーベース。チャンスメイクに成功すると、1死2塁で6番・坂本の初球打ちが左翼席に飛び込む2ランとなり、侍ジャパンが先制する。(侍ジャパン2-0MLB選抜)

2点を援護してもらった則本、直後3回表は無駄球なし。下位打線を10球で退け、流れをグッと引き寄せ、隙を見せない。

7番、8番の左打者には臆することなく3球三振。懐をカッターでえぐり、勝負はいずれもアウトコース。1つ目は低めにフォークが決まり、2つ目はアウトハイの真っすぐが唸りを上げた。いずれも空振りでの三振で早くも5個目。9番・エスコバルには1-2から、おっつけられたが、153キロの速球による球威が勝った詰り気味の二ゴ。菊池が無難に処理した。

則本が3つゼロを並べてベンチに帰ってくると、直後の3回裏、先制点のチャンスメイク二塁打を放った4番・中田に、今度は待望のホームランが飛び出す。1死1塁での豪砲は2ランとなり、2点が追加。リードが4点に広がる。(侍ジャパン4-0MLB選抜)

2まわり目に突入してボール先行も、しのいだ4回



4-0で迎えた4イニング目。打順が2まわり目に入り1番から始まることも影響したのだろう、この回、初めてボール先行投球となった。

先頭のゾブリストに対し3球目で2-1。打者3球目でボール先行2-1カウントになったのが、本戦初。その後、3-1から外の146キロを一閃、外野後方まで運ばれたが失速。ライト柳田のグラブに無事、収まっている。2番・カノとの2打席目は、ジャイロカッターで詰らせての平凡な二ゴ。3番・ロンゴリアには2-0、3-1とボール先行したが、フルカウント勝負ラスト第6球がバックドアで外角いっぱいに決まるツーシームで、タイミング合わずの空振り三振。ボール先行になったこのイニングをしっかりしのぐことができたのも、大きかった。

5回は僅か7球。モーノーの大飛球もフェンス手前で失速



5回は7球三者凡退投球。4、5、6の中軸を打たせて取った。4番・モーノーの初球打ち、アウトハイ失投チェンジアップ一閃は右翼ウォーニングゾーン内へ。2回ペレス左飛と合わせて、本戦での数少ないヒヤッとする場面だったが、フェンスを超えることなく無事フライアウトに討ち取ると、プイグは捕邪飛。ペレスを遊ゴに討ち取り、5回60球パーフェクト投球が完成している。

(下記に続く)

両軍のスタメン

MLB選抜=1番・ゾブリスト(左)、2番・カノ(二)、3番・ロンゴリア(三)、4番・モーノー(指)、5番・プイグ(右)、6番・ペレス(捕)、7番・デューダ(一)、8番・ファウラー(中)、9番・エスコバル(遊)

侍ジャパン=1番・柳田(右)、2番・菊池(二)、3番・松田(三)、4番・中田(左)、5番・筒香(指)、6番・坂本(遊)、7番・丸(中)、8番・山田(一)、9番・嶋(捕)、先発・則本(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

20141115DATA01.jpg

則本の投手成績

5回、打者15人、60球(1回当たり12球)、被安打0、奪三振6、与四死球0、失点0

降板後、則本のコメント「出来すぎ、人生最高のピッチングだったと思います。真っすぐでも空振り取れましたし、変化球もある程度、自分の思いどおりに投げられたので良かったと思います。自分ができることをして、自分の球を放って抑えたらいいかなと思ってマウンドに登りました。楽しかったという思いしかないですね」

初球15球・・・ストレート8、スライダー4、カッター1、チェンジアップ1、カーブ1
2ストライク以降21球・・・ストレート8、ツーシーム1、スライダー1、カッター1、フォーク7、チェンジアップ3

シーズン中のピッチングを踏襲できた則本昂大



2年目則本進化の理由。シーズン中に体現できた投球を、メジャー相手に臆することなく60球披露できた点が収穫だ。心配されたメジャー仕様の硬いマウンドと、滑るとされているWBC使用球も、秋季キャンプの期間内でアジャストできたのだろう。問題ないようにみえ、大きく制球を乱すシーンは数える程度だった。

10/9エントリー「楽天・則本昂大がプロ2年目で200個越えドクターK、最多奪三振のタイトルを取ることができた3つの理由」で述べたとおり、本戦でも『ストライク超先行投球の実現』『ストレート&フォークを活かした高低攻め』ができたことが、6個の奪三振と完全投球につながった。

データスタジアム社さんのデータによると、則本の初球ストライク率はリーグ先発平均57.5%に対し、64.4%。これは成瀬の61.9%を上まわり、パリーグ最多だったという。本戦でもストライク先行が冴えていた。初球ストライク率はシーズンの数字を上まわる66.7%。2球目でボール先行2-0とした打者が2人なのに対し、0-2と無駄球なしで追い込むことができたのは実に3倍の6人を数えていた。

高低攻めは前述したとおり。初回のカノ、ロンゴリアの攻めで見ることができた。

左打者インコースにカッターが上々の機能



さらに、本戦ではシーズン中にみられない配球も目撃されている。左打者の球種割合だ。シーズン中は、ストレート48%、スライダー&カッター25%、フォーク&チェンジアップ21%・・・という割合だったが、本戦ではストレート40%、スライダー&カッター37%、フォーク&チェンジアップ20%・・・に。スライダー&カッターの割合が増えていた。

左打者の懐を攻めるカッターが実に有効。内をえぐったことで、アウトコースを広く見せることができ、投球に幅が生まれ、メジャーの打者を苦しめるかたちになった。このパターンで討ち取ったのが、2回モーノー空三振、3回デューダ空三振、同ファウラー空三振、4回ゾブリスト中飛、同カノ二ゴと5人に及んでいる。

これから続々入ってくるであろうメジャー側の則本の評価を楽しみにして、ひとまず本稿を終えたい。

ナリーグ首位打者が則本を絶賛



侍ジャパン・小久保監督「勝ち越しという目標を達成できてうれしく思う。しかもノーヒットノーランという形ですから。なんといっても則本の投球はあっぱれだった」

MLB選抜・ファレル監督「(則本は)非常に効果的な投球だった。力のある直球に手元で落ちるフォーク。あれだけ低めに集められると攻略は難しい。完全に脱帽した試合だった」

ナリーグ首位打者ジャスティン・モーノーの則本評「彼はザック・グリンキー(2009年のサイ・ヤング賞投手。今季17勝)のようだったよ。真っすぐはそんなにムーブしない(動かない)けど、スプリットやスライダーは狙ったところに投げてくる。150kmを越える真っすぐはパワー十分だったし、何しろすべての球種を低めにコントロールする術を知っている。オレは決してザック・グリンキーがサイ・ヤング賞を獲得したことのある有名な投手だから名前を出しているんじゃないよ。今夜の彼(則本)は、本当にザック・グリンキーのようだったからね!」
http://nikkan-spa.jp/749261

20141115DATA03.jpg
20141115DATA04.jpg

20141115DATA02.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
楽天・則本昂大がプロ2年目で200個越えドクターK、最多奪三振のタイトルを取ることができた3つの理由
日米野球第2戦、凱旋登板の岩隈久志、調整不足が露呈。4回10安打5失点~2014年11月14日 侍ジャパン8-4MLB選抜


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
22位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}