楽天・古川に高下駄を履かせて報じたスポーツ報知・竹内竜也番記者の記事に違和感あり

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあな たも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援 マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちし ております。
☆10/27配信最新号の主な内容は「2軍投手12人の獲得凡打、その打球内訳を診る~GO/AO指標から」です


楽天・古川に高下駄を履かせて報じた
スポーツ報知・竹内竜也番記者の記事に違和感あり



古川の2軍成績まとめでもチラッと書いたことを取り上げたい。

スポーツ報知が5/1付で配信した「【楽天】古川、新人8投手唯一の防御率0・00!松井裕に負けない!」の記事。これがちょっと酷すぎるので、苦言を呈しておきたい。


文責は同紙の楽天イーグルス番記者、竹内竜也氏。前日4/30西武2軍戦で古川が1イニングを三者凡退投球を見せたことに対する記事になっている。

まだ読んでいない読者の皆さんのため、下記に記事を引用する。

スポーツ報知の記事は日にちが経つとリンク切れになる。そのため全文を掲載する。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほ んブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


■【楽天】古川、新人8投手唯一の防御率0・00!松井裕に負けない!
(スポーツ報知2014年5月1日6時0分)

◆イースタン 楽天1―8西武(30日・宮城県利府町)

 楽天のドラフト4位・古川侑利投手(18)=有田工=が、30日のイースタン・西武戦(利府)で、9回から4番手で登板した。1イニングを無安打無失点で完璧に抑え、今季のチームの新人8投手の中で唯一、防御率0・00をキープした。現在、ドラフト1位の松井裕ら、高卒新人投手の3人全員が、2軍で体力強化に励んでいる。伸び盛りの右腕は「同級生には負けたくない。球速150キロを超えたい」と気合十分だ。

 太い右腕を思いきり振った。古川は9回から4番手でマウンドに上がると、先頭の駒月を1球で中飛に仕留めた。ハイライトは、続く金子侑への投球だ。この日最速となる143キロ直球でカウント1―2と追い込むと、131キロの変化球で完全にタイミングを崩し、空振り三振を奪った。最後は星を三直に抑え、1回無安打無失点。手応えを感じながら、元気よくベンチに戻った。

 これで2試合に登板し、2イニング無失点。「いい感じですね」。背番号60は笑顔を見せた。松井裕をはじめ、今季のチームの新人は9人中8人が投手。全員が1軍か2軍で登板を経験しているが、1点も許していないのは古川だけだ。

 しかし、不満もある。「スピードが出ない。もっと出るはず」。この日の最速は143キロ止まり。高校時代は148キロを計測しただけに、「150キロは超えたい」と目標を口にした。同じ高卒ルーキーの今野が、4月29日のイースタン・西武戦(利府)で151キロを出した。現在2軍で調整中の松井裕も、3月19日のDeNAとのオープン戦、(横浜)で自己最速の150キロを記録しており、「同級生には負けたくない」と闘志を燃やした。

 この日、金子侑から三振を奪った変化球について聞かれると「(チェンジアップ?)いや、フォークが抜けて真ん中に行っちゃったんです」と頭をかいた。まだまだ勉強中。試合のない4月28日の午前中に自主練習を終え、午後は「『アベンジャーズ』のDVDを見ます」と楽しみにしていたが、結局、疲れて見られなかった。猛練習でゼロを並べ、1軍昇格を目指す。(竹内 竜也)


タイトルに違和感



まず、「古川、新人8投手唯一の防御率0・00!」というタイトルに、強烈な違和感を覚えてしまう。

間違ったことは書いていない。5/1時点で新人8投手中、防御率0.00だったのは古川1人、これは事実である。

しかし、このタイトルを見た読者は、既に古川が何度も登板し、それなりのイニングを消化、その上で防御率0.00という快投を演じている、そんな漠然としたイメージを持つのではないか?

実際は、そうではない。

記事本文にもシラッと「2試合に登板し、2イニング無失点」と書かれているように、この時点で古川が投げたのは、4/20日本ハム戦で1回無失点、4/30西武戦で1回無失点。合計しても僅か2イニングしか投げていない中での防御率0.00なのだ。

4/30終了時点での新人8投手の成績を出してみた。

■新人8投手 4/30終了時の投手成績

松井裕樹・・・4試合、19回1/3、13失点(自責13)、防御率6.05 ※1軍成績
濱矢廣大・・・3試合、14回、2失点(自責2)、防御率1.29
古川侑利・・・2試合、2回、0失点、防御率0.00
西宮悠介・・・15試合、14回2/3、2失点(自責2)、防御率1.23 ※1軍成績
横山貴明・・・4試合、10回、7失点(自責6)、防御率5.40
相原和友・・・3試合、7回、5失点(自責1)、防御率1.29 ※1軍では3戦7回2失点の防御率2.57
相沢晋・・・2試合、2回、2失点(自責2)、防御率9.00
今野龍太・・・2試合、1回1/3、2失点(自責1)、防御率6.75


古川、相沢、今野が2イニングに止まっているのに対し、1軍の松井裕や西宮、2軍でも濱矢や横山は既に二桁投球回を投げていた。

(自責点×9)÷投球回で算出される防御率。その分母となる投球回が、てんでバラバラの中、「新人8投手唯一の防御率0・00!」と言われても、説得力に乏しく、なんだかしらけてしまうばかりなのである。

竹内記者は、なぜそこまでして古川に「意味があるとは思えない下駄」を履かせようとしたのだろう? 本当に理解に苦しむ記事になっている。

西宮、濱矢も2回無失点・防御率0.00です



それでは分母を揃えた場合はどうなっていたのか?
条件を「2イニング消化時点」で確認してみよう。

■新人8投手 デビュー2回消化時点での投手成績

松井裕樹・・・2回、1失点、防御率4.50 ※1軍成績
濱矢廣大・・・2回、0失点、防御率0.00 ※その後2回2/3まで無失点。
古川侑利・・・2回、0失点、防御率0.00 ※その後2回1/3まで無失点。
西宮悠介・・・2回、0失点、防御率0.00 ※1軍成績、その後2回2/3まで無失点。
横山貴明・・・2回、3失点(自責2)、防御率9.00
相原和友・・・2回、3失点(自責1)、防御率4.50
相沢晋・・・2回、1失点、防御率4.50
今野龍太・・・2回、2失点(自責1)、防御率4.50


古川の他、濱矢、西宮が2回零封を記録していた。その中で、最も評価されてしかるべきは、1軍で記録した西宮の2回無失点だろう(丁寧に書くと、古川、濱矢がダメと言っているわけではない)。

開幕カードの3/30西武戦。5-1の4点リードの7回裏、2死走者なしでプロ初登板。しかし、極度の緊張でストライク入らず、9番・鬼崎には3-1から、1番・栗山にはフルカウントから連続四球を与えてしまう。2,1塁とピンチを招き、なおもバッターボックスの2番・熊代にもボール先行2-0と苦しい内容。どうにか3-2まで持ち直してラストは高め真っすぐで空振り三振。窮地を脱している。(1/3回を消化)

4/1オリックス戦では2-4の2点ビハインドの5回1死2塁のピンチで4番・糸井の場面で救援起用され、糸井を三振、続くペーニャを敬遠気味に歩かせ、後続の坂口を討ち取り、無失点。翌6回も回またぎで投げ、先頭打者を松井稼のエラーで出塁させて無死2塁のピンチを背負ったが後続を凡退、という内容の2回無失点劇だった。(1回2/3を消化、合計2回無失点)

竹内記者のように、読者に誤解を与えかねない書き方をしてしまうことは、私自身、過去に何度もあったと思っている。この点は自制しなければならない。

しかし、せいぜい頑張っても月間3万PVが良いところの1個人のファン・ブログと、1日3万人以上は悠に閲覧しているであろうスポーツ新聞の記事では、その意味合いは全く異なってくる。

報道の公共性という点で見ても、新人投手がファームで記録した2回無失点投球を、ことさら大きな見出しをつけて報じた点は、どうだったのかな?と思わざるを得ない。この記事を読んだ読者は、実際は西宮、濱矢も存在する2回無失点防御率0.00を、古川1人だけなのか、と誤解してしまうだろう。竹内記者には、もう少し丁寧に報じて欲しかったと思う。

我々読者のリテラシーが試されている



今回、私は古川の成績をまとめていたので、このことに気づいたのだが、気づくことができていないことも多々あるのだろうと思っている。

こういった誤解を生じかねない報道や情報によって、誤った情報やイメージが、読者に知らずのうち植え付けられ、拡散し、既成事実化してしまうことは良くある話なのだろう。

今季、星野監督が口を酸っぱくした下位打線封じ。「うちは8、9番に打たれすぎ。それが最下位にいる最大の要因」という闘将発言も、よくよく調べてみると、8番9番打者への被OPS、被打率が劇的に悪化している事実は確認できず、昨年とほぼ同値だった。

◎こちらのエントリーを参照>>【試合評】据え膳食わぬは武士の恥。敵地ロッテ戦4連敗~2014年9月5日(金)●楽天イーグルス2-5ロッテ

◎こちらのエントリーを参照>>楽天最下位低迷の最大原因は、投手陣が8番9番にカンカン打たれることだけにあるのか?


「今年は2アウトから抑え切れていない」。この闘将発言も調べてみると正しくはなかった。

◎こちらのエントリーを参照>>【検証】「今年は2アウトから抑え切れていない」。楽天・星野監督発言は本当に正しいのか?~2死被打率関連データより探る

現代人はみな忙しい。毎朝のせわしない時間帯や、就寝前の僅かなひとときなど限られた時間で、スマホの小さな画面で流れてきた情報をチョチョイノチョイと読み流すだけで理解したつもりになると、大きなしっぺ返しをくらうかもしれない。そのリスクは、私を含めて皆、認識しておいたほうが良いと思う。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【記録】新人8投手中1番乗りの完封勝利~~楽天・古川侑利2014年2軍投手成績詳細(シーズン終了時データ)


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹 謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断 したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合によ り、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況し ながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せ ない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

 ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
22位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}