楽天の新監督、デーブこと大久保博元氏に決まる

スポンサーリンク




大久保新体制、波乱含みの船出へ



星野監督辞任表明会見があった9月18日以降、どうなるのか?注視されていた楽天の新監督問題。当初は公式戦全日程終了直後にも発表されると見られていたが、1週間経った本日、ようやく決着した。

5代目監督に就任するのは大久保博元2軍監督。一時、古田敦也氏の名前など飛び交ったものの、既報どおりの結末になっている。大久保新監督は来季からポスト闘将のイーグルスを指揮するという。

それにしても、異例で波乱の就任劇になった。

来季監督問題が浮上した直後からファンの間では「まずデーブは絶対にダメ」(近畿10代男性)、「大久保だけは論外!!もしそうなら野球ファンを引退する」(関東50代男性)、「もし大久保監督になったら 楽天ファンをやめるかもしれません・・・」(東北40代女性)等、とにかく大久保氏だけはNo!!のオンパレード。

そのトレンドは、私が良く使用しているTwitterや当ブログが実施した来季監督アンケートばかりでなく、老舗鷲ブログ「仙台のお兄さんのつぶやき」でのアンケートでも、大手のYahoo!ニュースが実施した「楽天・星野監督が退任。後任には誰がふさわしい?」の意識調査でも同様の傾向、強い拒絶反応だったようだ。

数日前にはついにネットで大久保氏の監督就任に反対する署名運動も起こった。この動きを一部のネットメディアが報じたことも手伝い、私が最終確認した10/14の16時現在6,378人の署名が集まっている。

楽天球団史上、これだけ嫌われて新監督に就任する指揮官は前代未聞。最下位に終わり1年で首切られたマーティー・ブラウン3代目監督就任時も賛否両論あったが、ここまでではなかったと記憶している。

とにかく、一部報道では大久保氏就任なら嶋FA、AJ退団かも?!みたいな憶測記事も既出しており、波乱含みの船出は必至だ。

熱心な読者の皆さんなら既にお察しのとおり、当ブログは当然、大久保氏の1軍監督就任には反対の立場である。

ここで改めて大久保氏に関する不安点を書き連ねる必要もないと思うので割愛するけど、まず思ったのは三木谷オーナーはよっぽど大久保氏のことを買っているのだなあということ。今から思えば、三木谷オーナーのデーブ氏への熱愛ぶりは既に今年2月、柿澤の心配停止事件の時点で火を見るより明らかだったと言えそうだ。

同重大事件がデイリースポーツによって報じられたのは2/27のこと。2/16の発生から10日以上経ってからのことだった。球団オフィシャルサイトがお詫び文をアップしたのはさらに遅く27日深夜のこと。万事が後手後手の対応だった。

故人になっていた危険性もあった重大事案である。これほどの案件でありながらも公にはされなかった。恐らく2軍キャンプに張り付いていた番記者にかん口令を敷いたのだろう。もしデイリーが報じなかったら、公表されることはなく、無かった事としてうやむやにされたはずで、表に出てしまったから仕方なく謝罪文を上げたというのが、真相とみるべきだ。

誤った指導法を取ってしまった大久保2軍監督の処分は、少なくとも約1ヵ月の謹慎処分等があってしかるべきのところを、まさかの厳重注意だけに止めてお茶を濁したのだから、この一連の対応を見ても、三木谷オーナーが大久保氏にどれだけゾッコンなのか?うかがい知ることができるというものである。

大久保氏に白羽の矢が立ったのは「12年は1軍打撃コーチ、昨季から2軍監督として若手の育成に努め、選手の能力を把握。今季は17試合で監督代行として指揮を執り、星野前監督の野球を継承できるという点でも評価された」(10/12スポニチ)という点だとされるが、これは方便もいいところだろう。最大理由は三木谷オーナーが大久保氏にやらせてみたかった、この1点の他にはない。同報道によると、2軍の酒井、高村両投手コーチ、大石バッテリーコーチ、沖原内野守備走塁コーチらも1軍昇格が濃厚とのことで、もはやこうなってしまうと星野イズムの「ほ」の字も見つけることは困難になる。

また、若手育成の手腕を球団側から評価されたという報道もあるが、これにも首をかしげてしまう。2軍監督時代には長距離砲の卵・中川を独り立ちさせることができず、榎本を筆頭に勧野や北川、柿澤ら高卒の中距離打者育成も遅延をきたしているようにみえる。特に勧野は高卒3年目で異例の戦力外を受けており、大久保2軍体制下で何かあったとしか思えない。

(下記へ続く)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆10/13配信最新号の主な内容は「今季なぜ楽天はリーグ最多119本の併殺打を打ったのか?」です。


地位が人を作る。この言葉を今、信じたい



代行の代行を務めた7/2~7/23の17試合では8勝9敗の戦績だった。大久保氏指揮の17日間は確かにカンフル剤の役割を果たした。それまで代行を務めていた佐藤義則投手コーチは試合後の記者会見でも、借りてきた猫みたいな佇まいで、その口ぶりもどこかよそよそしく他人事然。あれでは低迷するチームを立てなおす強烈な磁場を作ることは不可能に思えた。その意味では三木谷オーナーが介入した代行の代行劇で、大久保氏は見事求められた役どころを演じ切ったと言えるし、その点は評価できる点だと思う。チームに新風をふき入れるべく、1番に松井稼を抜擢。往時の輝きを取り戻すことに一役買ったり、出塁率の高いAJを不動の4番から3番に上げる試みや、それまで使えていなかった機動力を活かした攻撃面も、その戦果と言えるだろう。

しかし同時に、シーズンはまだ先が長い7月の時点で先発ローテには中4、5日の登板間隔を課すなど首をかしげざるをえない起用法もあった。同期間のチームQS率は29.4%の酷さ。先発がゲームメイクできず、結果、危惧されていたとおり救援陣にも過度な負担を強いることになった。則本の復活が遅れ、最多勝を逃す遠因を作ったと言えるし、福山や当時救援転向していた松井裕には三連投させる無理強いな場面も見受けられた。

6回2安打1失点。塩見の好投が光った7/14オリックス戦後には要合わせる記者陣に「(塩見は)絶対手を抜かない男。(2軍時代に)土砂降りの中1000本ノックをやっても1球も抜いたことがなかった」ということを平然と言ってのけてしまう“感覚”を目の当たりにすると、「“根性論”と思われていた千本ノックも意味があるんです」という独自理論は今なお変わらず堅持しているのだなあ・・・と暗澹たる気持ちにさせられる。

「毎日、日本シリーズのつもり」で戦った代行の代行17試合と同様に来季144試合をよもや戦ってしまうのか?も不安になってくるし、7/2オリックス戦、4回2死まで僅か3安打に抑え好投をしていた先発・宮川を勝利投手目前で引っ込め、松井裕を登板させてプロ初勝利を演出するというチームの人心にヒビを入れかねず姑息だと批難の声もあったあのような選手起用も、来季は頻発してしまうのか?も心配になってくる。とにもかくにも「劇薬」だった代行の代行17試合、あのような采配をまさか1シーズン通してやることはないよね?と思うのだが、心配だ。

心配のタネを挙げればキリがない状況だが、当ブログは(できれば)淡々と見守っていきたいと思っている。

ここ最近、反大久保の急先鋒と見られていたかもしれない当ブログだが、これまでがそうだったように、大久保政権に対しても、1つ深い深呼吸をしてギアをニュートラルに戻し、「是々非々」の立場で対応していきたい。

大久保氏が監督に就任したらファン辞めるという人達がいる。その人達の気持ちや心情は、痛いほど理解できる。

しかし、個人的には、誰が監督になろうと、チーム状態がどのような最悪の場面に尽き落とされようと、(今のところ)楽天イーグルスの定点観測を止めるつもりはない。それは私が楽天ファンになった最大理由=1から球団史を楽しむことができるからが大きい。もし私が楽天ファンを辞める時は、聖澤が退団する時ではなく、地元・長野に新興のプロ野球球団が誕生した時なのだと思っている。


今、最も信じたい言葉がある。

「地位は人を作る」

ノムさんもしばしば口にしていた言葉である。正直、不安だらけでしかない大久保新体制のスタートだが、1軍監督という地位が、過去にスキャンダルを頻発させ、選手に暴力をふるい、選手の心臓を停止させたこともある大久保博元47歳を生まれ変わらせ、まっとうな指導者、人心掌握できる指揮官として成長していくことを、ただひたすら信じたい。

三国志風に言えば、呉下の阿蒙が大将軍・呂蒙に生まれ変わる瞬間を見届けたいと思っている。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
柿澤貴裕を一時意識不明に、釜田佳直を右肘手術に追い込んだ楽天・大久保博元2軍監督の「罪」
楽天・大久保新体制、始動。V奪還への仰天改革プラン “デブノミクス”3本の矢が明らかに?!


Amazon、楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1400人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI








関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

ほんとに変われるのか?

デーブがほんとに変われると思いますか?
まず監督としての采配面で代行監督時代の投手酷使を止められると思いますか?さすがに最初はやらないでしょうがチームが低迷してくると酷使をまたやりはじめるでしょう。
特に先発の則本や松井裕樹、中継ぎの福山を酷使しなければ采配面では許せます。
選手への態度は変われると思いますか?キャンプ中に死人が出てきかけました。代行監督の時は銀次の耳を引っ張ったり、岡島を恫喝していた場面がありました。ここも治す必要があると思います。
マスコミへの態度を変えられると思いますか?
彼はネット上で話題になっているように自分が強姦したという話を真顔で言う人物です。ここ最近でも取材に来た女性記者に下ネタを言ったという記事が出ていました。監督になるということはスポーツニュースの取材も当然来ます。その中でセクハラをするかもしれません。
球団はなぜこの三点を考えなかったのか意味が分かりません。
一点目の投手酷使は則本・松井裕・福山が選手生命の危機に陥るのを心配しています。
二点目の選手への態度は嶋やAJが退団してしまうことを心配しています。
嶋がいなくなると八番がかなりの打線の穴になってつながらなくなります

No title

はじめまして。
仙台在住のイーグルスファンの者です。いつも読み逃げさせていただいていましたが、今日はお礼を申し上げたくて、初めてコメントさせていただきました。
選手を心肺停止に追い込んだ人物が監督になる。それがどうしても我慢ならず、しかしファンを辞めるという気持ちにはもちろんなれず、ただ気分が塞いでおりました。
でも、今日の管理人さんの記事を拝見して、前を向く気持ちになれました。
「地位が人を作る」デーブに関してはなかなか信じられない言葉ではありますが、それでもほんの少し期待してみようと思います。
そして、どんな逆境でも潰れずに生き抜いてくれる選手たちを応援し続けたいと思います。
どうもありがとうございました。

No title

個人的にはやはり「デーブなんてとんでもない」「古田氏が適任」と思っておりましたが、当初から最後はこうなるんだろうなあ、という思いもありました。
まず、佐藤コーチのように「副総理格だから」というのではなく「抜擢」として大久保コーチを監督代行につけ、その代行の期間にそれなりの結果を残した以上、監督が退任したならば次は彼、となるのが「スジ」であると。
「デーブである」ということをいったん忘れて考えてみると、ここでハシゴを外すのは「じゃあなんであのとき抜擢したんだ」となるし、仁義としてもけっこう無礼なことであると思います。

またこれは憶測というか単なる空想ですが、「古田氏の来年のスケジュールって今から全部飛ばせるの?」というのは最初に感じました。
球界以外の世界でも忙しい古田氏には、「予約なし」の打診は難しかったのかなあと。
どうして三木谷オーナーとの懇意ぶりが伝えられる古田氏ではないのか考えると、大久保氏は古田氏へのつなぎなのかなと思いました。
田尾、野村、ブラウン、星野と短命・長期を繰り返してきたその流れ、大物と大物のあいだに1枚つなぐ人選の一環なのかなと…

監督はデーブだし佐藤コーチも退任するし酒井コーチは繰り上がるようだし気分は実に冴えないですが、ファンとしてはここは信じて期待するほかありません。
やる前からあれこれ言うのはここは我慢したいと思っています。


悔しい

とんだ茶番劇を挟んでの就任劇、よほどファンの気持ちをもてあそぶのがお好きなようで。名伯楽も手放し(ソフバンにいくとの記事がありましたが、事実なら頭の痛いことです)フォームでの問題行動を諌めることが出来なかった二軍のコーチをそのまま上げるようですし、どこに光を見いだせばよいのか分かりません。
就任会見で優勝するためには厳しい練習だと言ってましたが、投手たちに雨中の1000本ノックをし、バッターには試合直前までバットを振らせるつもりでしょうか?
私は選手たちをあの男の理論を具現化するための生け贄にしたくありません。愛する球団だからこその思いでもありますが、プロ野球を長年愛する者として、この人事は愚行以外のなにものでもありません。地位が人を変えるのには、その器が必要です。道理を引っ込めるほどの無理が選手生命や生活に与える影響を心配しないではいられません。一日も早いも監督辞任を願わずにはいられません。こんな情けなく悔しい気持ちになったのは初めてです。ファンは辞めませんが辛く悲しい気持ちです。

Re: ほんとに変われるのか?

RSさん

RSさんが挙げている懸念材料は、多くの楽天ファンが共通するところです。

「三つ子の魂百まで」と言いますし、人の性格・思考・行動パターン等は決して一朝一夕に変えることは難しいです。

ただ、球団側も異例の記者質問なしの就任会見、本人もファンの拒絶反応が強いことは知っているのでしょう、神妙な面持ちで殊勝な事を会見で言っていましたから、ゆめゆめ自分の立ち位置を忘れることはないはずです(と信じたい)。ここから本当に変わることができるのか?お手並み拝見、しばらくはじっくり見守っていきたいと思います。

Re: No title

ちはるさん

コメントありがとうございます。今回の一件、楽天野球団は私達ファンにも相当タフな試練を突きつけていると思います。各々どのように消化し、来季へ向かうのか?...

> 選手を心肺停止に追い込んだ人物が監督になる。それがどうしても我慢ならず、しかしファンを辞めるという気持ちにはもちろんなれず、ただ気分が塞いでおりました。
> でも、今日の管理人さんの記事を拝見して、前を向く気持ちになれました。
> 「地位が人を作る」デーブに関してはなかなか信じられない言葉ではありますが、それでもほんの少し期待してみようと思います。

そう言っていただけて幸いです。今後ともよろしくお願いします。

Re: No title

sanさん

> 個人的にはやはり「デーブなんてとんでもない」「古田氏が適任」と思っておりましたが、当初から最後はこうなるんだ
ろうなあ、という思いもありました。

そうですね。冷めた見方をすれば、当初から出来レースだったということですね。2012年に三木谷オーナーがデーブを打撃コーチとして連れてきたときから、既定路線だったのだろうと思います。楽天は東証1部上場の大企業でCSRや相応の説明責任があるわけですが、株式の4割は三木谷氏(とその親族)が握っていますしね。立花社長が寝込んでしまっても、結局のところ、「天の一声」は揺らがなかったのだろうと。

Re: 悔しい

愛知の楽天オヤジさん

> とんだ茶番劇を挟んでの就任劇、よほどファンの気持ちをもてあそぶのがお好きなようで。名伯楽も手放し(ソフバンにいくとの記事がありましたが、事実なら頭の痛いことです)フォームでの問題行動を諌めることが出来なかった二軍のコーチをそのまま上げるようですし、どこに光を見いだせばよいのか分かりません。

なんと言うか、あまりにも悲痛な御心中、納得できるだけに、かける言葉が見当たりません... 正直、スポーツ紙の報道でデーブがバットを握ってグラウンドに立つ写真を見かけたりすると、憂鬱な気持ちにさせられます。

波乱含みですが、ひとまず落ち着いて、視点を引いて眺めてみましょう。ストレス抱えまくると我々の心身が侵され、耐えられません。1年契約だとしても、まだ先は相当長いですから。

デーブの能力を活かすには、彼が図に乗った時に彼を上から抑え付ける存在が必要だということは多くのイーグルスファンが知っていて、それが2012年は星野監督でした。しかし、星野監督が球団を出て行く可能性がある今、デーブを上から抑え付ける存在が本当に居なくなってしまうということもまた多くのイーグルスファンが懸念しているところだと思います。
しかし、今回の一連のファンによる行動は、彼を図に乗らせないためにはとても良い働きをしていくのではないでしょうか。つまり、デーブを上から抑え付ける存在は今、ファンなのではないでしょうか。星野監督の退任スピーチの中にも、そのようなメッセージがあったのではないでしょうか。に捉えて、イーグルスを見守っていきたいと思っています。

初めてコメントします

毎回感心して読ませていただいています。
今回の監督人事 バタバタして球団も混乱していたのでしょうね。
監督発表の時の立花社長のお通夜に出ているかのような表情を見て 三木谷とかなりいろいろあったのでは・・・と思いました。
いつもファン第一の球団です!と言っていたことを今回裏切ってしまったのですから 明るい表情であの場にいてもそれはそれでおかしいですけどね。

やっぱり一番許せないのは柿沢君の心肺停止にした件を球団が隠していたことで それも大久保には厳重注意だけ・・・もし三木谷さんは自分の子供や親せきなどが同じことをされたらどうするのでしょうか?

普通だったら 大久保は退団だと思います。

私は来シーズンは選手は応援しますが現地観戦はあまり行かないと思います。
シーズン始まったら変わるかもしれませんが何か抵抗をしたいと思います。

Re: タイトルなし

佐藤さん
コメント有難うございます。
そうですね。我々ファンも物言うファンに、おかしな所はおかしいと指摘できるファンに成長すべきということでしょうね。

Re: 初めてコメントします

あんじーさん

コメント有難うございます。

就任記者会見。普通よくある「球団社長と新指揮官のガッチリ握手の図」が無かったそうですね。
今回の一件はオーナー人事のため、立花社長の抵抗も、三木谷氏に宮仕えの身、限度があったわけですが、会見の場では「握手せず」ということで、ささやかな「抵抗」をみせていたということだと思います。

> やっぱり一番許せないのは柿沢君の心肺停止にした件を球団が隠していたことで それも大久保には厳重注意だけ・・・

どうみても、この処分は「ありえないレベル」ですし、大久保新監督、性懲りもなく早々に1000本ノック宣言しています。塩見の1000本ノックは土砂降りの中で実は1400本だったことも明かされています。本当に不安な船出で選手達が心配です。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}