【試合評】パリーグ優勝戦線を面白くさせる、4位イーグルス台風の目。~2014年9月24日(水)○楽天イーグルス7-3ソフトバンク

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆9/23配信最新号の主な内容は「AJの四球。昨年と今年、その価値を得点期待値で診断する」です。


イーグルスの快進撃が目下パリーグ台風の目に



8/23から始まった最下位からのイーグルスの逆襲。目下、リーグ優勝争いにも一石を投じる、パリーグの台風の目になっている。

マジックを点灯させたいホークスと、奇跡の逆転CS進出を狙うイーグルス。敵地4連戦の第2戦は、楽天が相手エース・攝津を鮮やかな集中打で打ち崩し、6-3の先行逃げ切り勝利に成功。ホークス戦の連勝を4へと伸ばした。

同日、京セラドームで2位・オリックスはライオンズと一戦を交えていた。エースの金子千尋が8回5安打無失点と健闘。終盤まで菊池雄星とゼロゼロの投げ合いが続いたが、7回裏、女房役の伊藤が決勝打。1-0で勝利したオリックスは、金子がハーラー単独トップの15勝、首位・ホークスとのゲーム差を1.5に縮めている。

そして、翌戦、楽天は首位ホークスを相手に則本が中5日で登場。オリックスは2年目で既に7勝を挙げている左腕の松葉が先発。同日、イーグルスがホークスに勝利または引分けでオリックスが勝利、あるいはイーグルスが勝利してオリックスが引分けでも、オリックスにマジック7が点灯することとなる。

上位を食う楽天の躍進から目が離せないと言えそうだ。

天敵・攝津を攻略した3回の6得点劇



楽天の先発は塩見。序盤1、2回と得点圏に走者を背負ったが、踏み止まった。スコアリングポジションに進出されてからも逃げることなく、ストライク先行の投球で打者を退けた。

その直後の3回表、イーグルスを相手に10勝2敗、対戦防御率1.96と長年楽天を苦しめてきた天敵・攝津を、イヌワシ打線がこれまでの鬱憤を晴らすかのような打者一巡、一挙6得点の猛攻で攻略に成功する。

この回の先頭は松井稼。今季攝津から4打数4安打の戦績を残していたベテランが遊ゴに倒れた1死後から6得点劇は始まった。口火を切ったのは前日の伏兵8番・岩崎。三遊間深くへのショート内野安打で出塁すると、セットポジションに入った攝津のピッチングメカニズムに狂いが発生しする。9番・西田は内角すっぽ抜けが当たってデッドボール。2,1塁で1番・島内が低め誘い球に手を出さず3-1から1塁に歩いて1死満塁。

2死四球で相手から貰ったビッグチャンス。2番・藤田が1-1からの攝津インコース速球投球を叩いた。芯で捉えた打球はファースト上空を超えていく右翼線二塁打。悠々2者が生還した。なおも続いた1死3,2塁で3番・岡島も続く。これまた攝津の内角投球を料理した。岡島らしく逆方向におっつけて運んだ一撃がサード後方のライン沿いに着弾する2点二塁打。楽天が2本の連続二塁打で4点を先制していく。

1死2塁でAJは遊ゴで凡退。2死2塁になったが、5番・嶋が選球眼を発揮した。フルカウント勝負から外角低め際どい投球を看破して2,1塁、枡田につなぐと、慎太郎のバットが炸裂。アウトコースに浮いて入った攝津のシンカーをレフトウォーニングゾーンへ運ぶ、これまた2点二塁打。胸のすくような魂の攻撃で、楽天が天敵・攝津から大量得点。これまでは先発転向した攝津が初めて楽天戦で投げた2011年8/21で5点を取ったのが最大だったが、それを更新する6得点劇になっている。

楽な気持ちとムードが打たせた3本の敵時二塁打



3本の二塁打を放った打者のタイムリー談話が興味深い。

藤田「岩崎が打って、西田、島内も繋いでくれたので、何とか先制点が欲しいと思いました。 気分的には楽な気持ちで打席に入ることができました」

岡島「藤田さんがランナーを返してくれたので、楽な気持ちになりました。 魂で打って、自分らしい打球が打てました」

枡田「ベンチの雰囲気が盛り上がっていたので、ムードが打たせてくれました」

楽な気持ち、ムードが打たせたというコメントが3人の口から飛び出してきたのだった。自分で決めようとは思わずに後続へつなぐ意識が逆に好結果になって表れている。初Vの昨年、多くの場面で見られた好循環が今、楽天にはある。前半戦は3番や5番が機能せず打線がブツ切りになっていたため、各打者が自分が決めなければと思い込み、メンタル的に追い込まれて空回りが続いた。あの時と比べれば、まるで好対照である。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
HANREI3.jpg

敵軍安打数が自軍安打数を5本以上上まわった試合で今季初の勝利



塩見は毎回走者を出塁させる粘投の内容。特に先頭打者出塁させるケースが多かったが、6回途中3失点にまとめる内容。どうにか好投と言って良いと思う。

4回に先頭・松田&後続・カニザレスの短長打で1点を失うと、6回には1死後そのカニザレスに二塁打を浴び、2死から今宮に適時打を打たれて2失点目。球数101球を数えて代打・吉村がバッターボックスに入った所で、二番手・クルーズとバトンタッチし降板している。

そのクルーズが連打を浴び、柳田に猛打賞となるタイムリーを打たれて3失点。6-3とされたが、なおも続く2死2,1塁で中村をどうにか凡退させることに成功。ここで踏み止まったのも大きかった。(楽6-3ソ)

楽天は4回アタマからロングリリーフで登板していた二番手・東浜を相手にゼロ行進を余儀なくされたが、9回表、岩崎のタイムリーツーベースで1点を追加。9回裏はファルケンボーグがラストバッター内川を空振り三振に仕留めてゲームセット。楽天が勝利をモノにしている。

ホークスは12安打で3得点。楽天は7安打で7得点。敵軍安打数が自軍安打数を5本以上上まわった試合で今季の楽天は25戦25敗が続いていたが、ようやくその連敗をストップさせる貴重な1勝にもなっている。

これでチーム成績は133試合61勝72敗の4位。借金はいよいよ減って11まで削減することに成功している。

ゲーム差は1位・ソフトバンクと15.5、2位・オリックスと14.0、3位・日本ハムが敗れたため縮まって5.5、5位・ロッテと0.5、6位・西武と1.0としている。

各種戦績は、直近10試合7勝3敗、後半戦26勝24敗、闘将復帰20勝21敗、闘将辞任表明以降4勝1敗、ソフトバンク戦10勝12敗、ビジターゲーム29勝36敗の推移になった。

緊急アンケート実施中(9/31まで)



◎あなたが選ぶ楽天イーグルス来季監督とは? (早くも74名様に御参加頂いてます)

◎あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ゴールデングラブ (現在14名様応募中)

両軍のスタメン

楽天=1番・島内(中)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・嶋(捕)、6番・枡田(一)、7番・松井稼(左)、8番・岩崎(三)、9番・西田(遊)、先発・塩見(左投)

ソフトバンク=1番・柳田(中)、2番・中村(右)、3番・内川(左)、4番・李大浩(指)、5番・松田(三)、6番・カニザレス(一)、7番・明石(二)、8番・今宮(遊)、9番・細川(捕)、先発・攝津(右投)


CS進出ラインを確認してみた



9月成績7勝11敗の勝率.389と調子が上がらない3位・日本ハムと、同14勝5敗の勝率.737と躍進する4位・楽天。依然、自力CS進出の目は消えているイーグルスだが、他力では数字上の逆転CS進出の可能性が残されている。

楽天が勝利をまた1つ積み重ねることで徐々に現実味を増してきているようにも思われる中、実際、どのくらいの可能性が残されているのだろう?と思い、両軍のCS進出ラインを調べてみた。なお、この表はロッテや西武は対象外にしているため、厳密に言えば、日本ハムと楽天、どちらが最終的に上の順位で終了するのか?という表になっている。

■2014年パリーグCS進出ライン(9/24終了時)


日本ハムは残り9試合、楽天は11試合である。楽天が残り11試合を9月勝率とほぼ同じペースの8勝3敗で勝ち抜いた場合、最終的な勝率は.479になる。このとき3位・日本ハムは残り9試合を2勝7敗の戦績だけでイーグルスを勝率で僅かに3厘差ながらも上回ることになるのだ。楽天が残り8勝3敗でCS進出するには、日本ハムが1勝8敗以下の成績でなければならない。

もし日本ハムが残りを3勝6敗で戦った場合、楽天がその勝率を上まわるには今後10勝1敗が必要になってくる。日本ハムが4勝5敗の場合、イーグルスは残りもはや1敗も許されず11戦全勝が要求される。

依然として楽天圧倒的不利は変わらないと言えそうだ。



5回2/3、打者26人、101球(1回当たり17.83)、被安打8、被本塁打0、奪三振5、与四球1、失点3、自責点3。

初球26球・・・ストレート12、シュート1、スライダー7、フォーク5、カーブ1
2ストライク以降44球・・・ストレート23、スライダー5、フォーク15、カーブ1
ボール先行10・・・ストレート4、スライダー4、フォーク2

塩見の談話「(6回を)投げきらないとダメだ。6点も(援護が)あって。高校生(松井裕)が8回まで投げているんだ。競り合いながら。技術、体力が足りない。でも、勝てばよくなっていくかも知れない」

星野監督の塩見評「(6回を)投げきらないとダメだ。6点も(援護が)あって。高校生(松井裕)が8回まで投げているんだ。競り合いながら。技術、体力が足りない。でも、勝てばよくなっていくかも知れない」

ストライク先行も、追い込んでから課題を残した塩見貴洋



これで塩見は今季成績を20試合(先発19救援1)、防御率4.46、FIP4.06、8勝6敗、WHIP1.40、QS率42.1%としている。

試合後の指揮官のコメントはもっともなのだ。私も塩見が6回途中に降板してクオリティスタートをマークできない点にモヤモヤしたものを抱えながら観戦していた。

同じ左腕でも辛島はQSのみならず7回以上自責点2点以内のHQSを記録することが多いのに対し(37.5%)、塩見のHQSは21.1%。辛島に水を空けられるかたちになってしまっている。

まあ、でも今季は仕方がないかな?とも思っている。優勝戦線を争うわけでもない。上記で確認したとおりCS進出すら厳しい今季だ。怪我明け1年目の塩見にあまり多くのことを求め過ぎるのも、どうなのかな?と思うわけなのだ。着実にステップを進めて6回7回以上の投球は来季以降に要求したいと思っている。

もったいなかったのは立ち上がりから球数がかさんでしまった点だ。

全体ストライク率は75.2%の高さ。4球目以降に決着がついた打者14人との3球目2ストライク率は92.9%と驚くほどの数字。早々に追い込むことができたストライク先行が塩見の粘投を支えていたが、2ストライク以降の投球に課題が残った。

ボール球25球のうち2ストライク以降で記録したのは13球。2ストライク以降に粘られたファウルも18本と多かった。

本戦のストレート平均球速は135.2キロ。5/18西武戦で134.4キロを記録して以来135.2キロを上まわる球速を記録してきたが、久しぶりの球速減になっていた。この点が追い込んでも打者に粘られ、ストレート球種被打率で.333を許した原因なのかもしれない。

20140924DATA06.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】フォーク冴えた塩見7回1失点粘投。2年連続ロッテ戦の勝ち越しが決定~2014年9月17日(水) ○楽天イーグルス2-1ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1300人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

HとBsのマジック次第で…。

EがCS出場には以前厳しいという状況に変わりは無い。

さて、マジック点灯がHとBsに可能性があるが、となると来週以降のコボスタ宮城でのBs戦はEが試合に負けて目の前で胴上げを見せられる、という可能性も出てきた。
Bsが28日の試合結果で(H戦次第で)優位に立った場合、直接対決の10/2に金子を先発させるかどうか?
今の段階では金子が直接対決先発予定で、29・30のE戦は中5日で西、再登録で近藤が投げるのでは?と私は推理した。(東明とディクソンは金土日に先発で、あと一人は海田あたり?)

しかし28日の試合が終わった時点で10/2の直接対決を落としても残りのEとの4試合で2勝か3勝したらBsの優勝、となれば…?(今日の試合が終わらないと分かりませんが…。勝率表などはないので)
金子を直接対決に先発させず、9/30・10/6のE戦に中5日で投げさせるという案もある。10/4は東明・ディクソンか近藤あたりが先発6回投げて馬原・佐藤・岸田・比嘉・平野で勝ちにいく、という計算ができる。
Eファンは(展開次第では)最終戦星野監督退任セレモニーの試合でBsの胴上げを見る可能性も覚悟はしておこう。

イーグルスはCS出場を掛けて厳しい戦いが続くが、それは目の前でBsの胴上げを阻止する戦いでもある。
もっとも10/2の直接対決でパ・リーグの優勝がどちらかに決まればそれまで。EがBsに勝てばHの優勝、となる場合になるだろう。
銀次と糸井の首位打者争いも…、互いに敬遠合戦はあるだろう。


則本は中5日で10/1F戦先発するだろうか…。
最終戦は則本中4日で勝てば最多勝に並ぶ、という状況でも先発させるべきでない。来季以降故障が出るおそれがある。
どうしても投げるのなら、8回9回同点の場面で0に抑えて打線が点を獲れば勝ち投手となり最多勝に並ぶ、との条件付きだ。
(最終戦が雨天順延で7日か8日になれば先発させてもいい。但し最多勝に届かないのなら…。でも目の前の胴上げ阻止なら投げてもいいが)

パリーグ優勝争いは目が離せない。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}