【試合評】「野球は9回までだから」。報復絶倒。諦観を通り越し思わず笑うしかない星野仙一発言~2014年9月8日(月) ○楽天イーグルス5x-4オリックス

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆9/8配信最新号の主な内容は「楽天選手の主な同郷対決。その成績を確認する」です。




下記アンケートに御協力下さい。現在9名様応募中



アンケート「あなたが選ぶ楽天イーグルス歴代ゴールデングラブ」(締切9/31まで)

詳しくは http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2398.html にアクセス!

松井裕樹を救った松井稼頭央のサヨナラ2ラン!



もがき苦しんで降板した先発・松井裕樹を救ったのは、同姓の松井稼頭央だった。

3-4、1点を追う最終9回裏の無死1塁、今季35セーブを挙げている相手守護神・平野佳寿を打ち砕いたのは、後半戦打撃好調、背番号7のバットだった。初球で決めた。外角高めに入った149キロ速球。らしい打撃でコンパクトにバチンを打ち返した快飛球は左翼ポール際スタンド最前列に飛び込むサヨナラの6号2ラン!

ベテランの一撃が、楽天に今季6度目のサヨナラ勝利を呼び込み、チームを再び3連勝の波に乗せ、5位とのゲーム差を0.5とした。

楽天に来てからの松井稼のサヨナラ打は約1週間前8/31ソフトバンク戦に続く3本目。楽天のサヨナラ本塁打は下記表のとおり、球団史上9本目。松井稼が2本としたことでフェルナンデス、ジョーンズに並ぶ最多タイ本数としている。

チーム成績は、120試合52勝68敗の6位。3連勝で借金を順調に減らして16へ。ゲーム差は1位・ソフトバンクと21.0、2位・オリックスと17.0、3位・日本ハムと8.5、4位・西武と1.5、5位・ロッテとは遂に0.5、最下位脱出目前としている。

各種戦績は、直近10試合8勝2敗、後半戦17勝20敗、闘将復帰16勝18敗、オリックス戦6勝12敗、コボスタ23勝30敗、先制した試合42勝25敗、6回終了時負けている試合6勝54敗としている。

■楽天のサヨナラ本塁打記録


5回表2死走者なしから暗転した松井裕樹



楽天は2度目中5日の松井裕、相手は今季1軍初登板の近藤。序盤3回まで0-0の投手戦は、4回以降、試合が動き出した。

先手を取ったのはイーグルス。4回裏2死のことだった。5試合連続の先制点を挙げたのはAJお久しぶりの一発。8/14以来の20号ソロ弾は右翼席へ飛び込む今季2本目の一撃になった。2年連続20本以降は楽天歴代助っ人選手でフェルナンデスに次ぐ2人目である。

直後、銀次、枡田の連打で2死2,1塁の得点機を作ったが、7番・西田が必要以上に力みすぎてしまったか、緩急を使った近藤の投球術にハマり、あえなく三振。2点目はならなかった。(楽1-0オ)

合計3イニング三者凡退など4回まで順調にゼロを並べてきた松井裕。3回には2死満塁のピンチを背負ったが、ヘルマンを中飛に討ち取って難を切り抜け、4回を内野安打1本にまとめる好内容をみせていた。

先制の援護を受けた直後、責任投球回の5回表がカギになった。

7番・坂口から始まる下位打線だった。2死まで順調にアウトを取ることに成功。しかし、打席に9番・伊藤を迎えた所から暗転した。フルカウント勝負から外角際どい速球を看破されてフォアボール。その直前、2-2から投じた決め球チェンジアップが外角高めに大きくすっぽ抜けて3-2にしてしまったのがいけなかった。

その直後、平野恵の初球がワイルドピッチ。嶋が前に弾いた隙を逃さず、伊藤に好走塁で二進されると、平野恵のカウントをボール先行3-0と悪くさせてしまう。こうしてしまうとベテラン打者の思うツボ。内角に来ないと呼んで外角狙いの打撃を徹底されたのが、拙かった。

フルカウント勝負から投じた144球速球はアウトロー良いコースだったが、狙い打ちで三遊間を射抜かれて2死3,1塁。たまらず佐藤コーチがマウンドに歩み寄ったものの、直後の安達にストライク入らずのストレートの四球。再び2死満塁で3番・ヘルマンとの対決を迎えていた。

3回2死満塁では中飛に仕留めた相手だったが、ここは相手が一枚上手だった。

フルカウント勝負から投じた真中低め速球を左中間に打ち返される真っ二つ、走者一掃の二塁打。1-2と追い込んだ後の2球が連続して完全なボール球になり、フルカウントにしてしまったのが、まず拙かったと言えそうだ。この後、4番・ペーニャにも適時打を打たれて4失点。さらに2死1塁から2四死球で再び2死満塁にするなど、この回だけで53球を投じるハメに陥っている。(楽1-4オ)

松井裕は翌6回表途中で降板している。1死後に9番・伊藤に粘られて10球を投げて四球を与えた。2死後、安達の初球前に1塁牽制球がボークを取られた所で降板した。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140908DATA20.jpg
HANREI3.jpg

二番手・武藤以下救援陣の奮闘。銀次&枡田の短長攻勢



この後、二番手・武藤以下、西宮、福山が良く頑張った。毎回走者を背負ったが、6回以降の失点を許さずに抑えたことが、終盤の反撃を呼び込むかたちになった。

楽天は7回裏、三番手・佐藤達を相手に2四球1安打で1死満塁の好機。ここは島内、松井稼が2者三振に討ち取られたが、翌8回裏、四番手・馬原から2点を挙げた。1死後にAJが1塁へ歩くと、銀次&枡田の短長連打で2得点。枡田が右中間を真っ二つにした。(楽3-4オ)

ここで1点差としたことで最終9回裏に望みがつながることに。その最後の攻撃、先頭・島内が泥臭いサード内野安打で出塁。続く松井稼が一振りで決めたという試合展開になった。

イーグルスは9回に島内、松井稼にヒットが飛び出したことで、今季4度目の先発全員安打を記録している。

両軍のスタメン

オリックス=1番・平野恵(二)、2番・安達(遊)、3番・ヘルマン(三)、4番・ペーニャ(指)、5番・T-岡田(一)、6番・川端(右)、7番・坂口(左)、8番・中村(中)、9番・伊藤(捕)、先発・近藤(右投)

楽天=1番・松井稼(指)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(一)、5番・銀次(三)、6番・枡田(左)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・松井裕(左投)


20140908DATA21.jpg

5回2/3、打者28人、124球(1回当たり21.88)、被安打4、被本塁打0、与四死球6(四5死1)、失点4、自責点4。

初球28球・・・ストレート16、スライダー4、チェンジアップ5、カーブ3
2ストライク以降44球・・・ストレート22、スライダー11、チェンジアップ11
ボール先行29球・・・ストレート21、スライダー2、チェンジアップ4、カーブ2

松井裕樹のコメント「申し訳ないです。2アウトから9番打者へ四球を出してしまい、上位打線にまわってしまうのは、やってはいけないことですし、それをどうなくしていくか。課題でもあったのに」

星野監督の松井裕評「4回までではなく、野球は9回までだから。同じ失敗を繰り返している。2アウトからフォアボールだから勝てない。ここのところ反省がない。まだ高校生だな。良いものを持っているのにもったいないよ」

松井裕樹、NPB史上8人目、高卒1年目100奪三振



これで今季成績を23試合(先発13救援10)、防御率4.11、FIP3.13、2勝7敗、WHIP1.47、QS率30.8%とした。

4回ペーニャを空振り三振に取って高卒1年目の100奪三振を達成。これは球団では田中将大に次ぐ快記録になった。高卒新人投手の100奪三振以上はNPB史上8人目。左腕では3人目。100奪三振のペースでは江夏豊、田中を抜いていると報じられている。

■高卒新人投手の100奪三振記録
20140908DATA26.jpg

102奪三振を球種別でみてみよう。最も多かったのがプロに入ってから多投するようになったというチェンジアップ。この新球種が松井裕の今を支えていると言えそうだ。アマ時代に周囲を驚かされたスライダーは曲がりが速すぎるのか?大きな変化で見切られてしまうのか?19個に止まっている。チェンジアップが機能しなかったら、松井裕の成績はもっと悪化していただろう。

ストレートは上々。空振り率10.7%は球界屈指と言えそうだ。この真っすぐがあったからこそ、チェンジアップもより映えたのだろう。

■球種別で診る奪三振102個の内訳
20140908DATA27.jpg

9番打者の被OPS.835、被出塁率.450



ただし、やっぱり、残念だったのは5回表2死走者なしから9番・伊藤に四球を与えたことで崩れ、4点を失ったところだろう。

下記表は後半戦先発ローテに入って以降の松井裕の成績を相手打者の打順別に整理しなおしたものになる。9番打者の被OPS.835は3番に次ぐ高さ。被打率.308、被出塁率.450も高すぎると言わざるを得ない。今後の継続課題になりそうだ。



違和感を感じた試合後の星野監督のコメント



それにしても、毎度毎度ながらも星野監督のコメントには辟易する。記者が「松井裕樹投手は4回まで無失点でした」と話を振ると、指揮官は毎度おなじみ「4回までではなく、野球は9回までだから」というフレーズを口にした。もう耳にタコができて、聞き飽きてしまった。

通常なら高卒1年目の場合は開幕ローテ入りさせず、ファームでプロとして戦うことのできる体力作りに励むところである。それをさせずして開幕ローテから起用し、後半戦もローテに入れて1軍で使い続けることで実戦経験を積ませようということなのだから、スタミナ切れを起こすのは当たり前である。2軍で体力作りをさせなかったのだから。

指揮官ならそれくらい計算に入れて起用しなければならないのに、笑ってしまうことに闘将の口からは「9回まで」ときた。いったいこの人は弱冠18歳左腕に何を期待しているのだろう? 毎試合9回まで完投する投手だろうか? 昨年の田中のようなピッチングだろうか? ほんと諦めや怒りを通り越して、笑ってしまう。

下記表はイニング別に診たストレート平均球速である。

序盤から140キロ台後半を連発。かなり飛ばしていたのは中継映像越しでも伝わってくるものだった。御覧のように3回まで144.0キロを計測したそれは4回以降141.8キロに減速。スタミナ切れを起こしていた証拠と言える。

もし松井裕が野球は9回までを意識してペース配分を考え、ロッテの唐川や涌井、藤岡のように1回から飛ばさずに序盤失点を重ねたら、指揮官は「最初から飛ばせい!」と苦言するはずだ。

本戦のように最初から飛ばして中盤以降にガス欠を起こした場合は「野球は9回まで」とおなじみのフレーズを吐く。星野監督の高卒新人投手に診る起用法は釜田の前例といい、支離滅裂していると言わざるをえないのだ。

もしどちらか選べと言われたら、私は真っ先に前者を選ぶ。高卒1年目でガス欠を起こすのは当たり前で中盤まで試合を作ってくれたら御の字のはずだ。最初から飛ばして先制失点を防いでくれれば、今の段階ではそれで良いと思う。

この起用法が海を渡った田中や、則本、塩見など先輩投手に向けられたフレーズなら理解はできる。しかし、口撃の槍玉に挙げられたのは、半年前までは高校生だったまだ18歳の若武者なのだ。あまりにも厳しい言葉で、この人は本当に、人を見て、その人なりに沿った指導法をしているのか?首をかしげざるをえないのだ。

これで松井裕樹の今季球数は2000を超えて2001球になった。1年目釜田は2254球を投げた。藤浪晋太郎の1年目は2252球でフィニッシュした。いったい闘将は背番号1にあと何球投げさせるつもりなのか?

■イニング別ストレート平均球速
20140908DATA28.jpg

20140908DATA22.jpg
20140908DATA23.jpg

近藤一樹の投手成績

5回1/3、打者21人、86球(1回当たり16.13)、被安打6、被本塁打1、奪三振5、与四死球0、失点1、自責点1。

長くなったので、近藤のデータのみ掲載したい。見逃しストライク率が高いのは、楽天の打者に近藤の情報がなかったから、球を見たという側面が大きかったからなのだろう。

◎◎◎関連記事◎◎◎
《松井裕樹の前回先発試合》
【試合評】北の大地で鮮やか逆転勝利! 終盤7回以降の7得点は今季2度目~2014年9月2日(火) ○楽天イーグルス7-4日本ハム
《直近の試合評》
【試合評】 成瀬との投手戦を制した菊池保則みごとな粘投。先発転向後ストレート被打率.152~2014年9月6日(土)○楽天イーグルス4-0ロッテ
【試合評】辛島航9回113球の初シャットアウトでイーグルス千葉で2夜連続零封勝利~2014年9月7日(日) ○楽天イーグルス4-0ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

起用法

 shibakawaさんのコメントを見ていると星野監督に対する失望感が大きいのが分かります。多分釜田が故障した辺りからこういう考えをお持ちになられたんでしょうか?最近の各新聞の報道では続投の見出しが出ていました。まあ仮に勇退するにしても後任はきちんとしたデータを取った今の時代を象徴するようなコーチ、監督が来てもおもしろいでしょうね。
 さて昨日の試合では松井裕が5回に捕まりましたがあそこまで繋がれたのは決め玉のチェンジアップが全く機能しなかったからでしょう。確か伊藤への2ストライクを取った以降一度も空振りを取った記憶がありません。現状、私の中では多少なりともメンタルでの不安がありましたが元々スタミナをつける時間が無かったと言った言い方が正しいでしょう。ただ、私としては抑え松井裕というのが理想ですね。実際中継ぎでは素晴らしい成績を残していますし、何より奪三振が一番輝くのは抑えだと思っています。あの田中ですら重要視しなかった奪三振。しかし松井裕は天性の才能でありながらまた欠点でもあるように思えます。確かにスケールが小さくなるかも知れませんが一番早く成功するのは抑えかなと思っています。

No title

昨日は現地観戦でした。

松井裕に関しては、5回に2死となる三振を中村から取った判定に森脇監督が抗議をしたことでリズムが狂ったのではないか、と思いました。
星野監督の発言ですが、まぁ…団塊世代の選手の野球観としか言えないでしょう。佐藤コーチはどう考えてるのか?も知りたい。
次回順当にいけば15日L戦だが、ここでも同じような課題が出たら中継ぎ降格はさせず、2軍に落として「体力不足だ。フェニックスまで登板させるな、陸上部のようにひたすら基礎体力をつけさせろ。肩も限界だ。」と言う方がいい。(ありえないだろうなぁ…)
10月になれば宮崎フェニックスリーグでいやでも投げるのだから少し休ませてもいいのでは。

それよりも10日誰がBs金子と投げ合うのか。いくら何でも中4日で則本はあり得ない。(11日中5日か)昨日横山がベンチ入りしていないので…。2軍で8/24M戦先発したが、どうなるか。
そういえば2軍の成績を見ると戸村は8/9T戦で先発以来投げてない。故障したのか?今日山形のF戦で先発するのだろうか。
仮に先発で結果がよければ、松井裕と入れ替えてもいいと思う。

でも松井裕は1軍に残しそうな星野采配ではある。


失礼ながら星野の言うことにいちいち揚げ足取りして批判するやり口はちょっと大人げないんじゃないんですか?
この世代はノムにしろ張本にしろ若い世代に対して手厳しいのは挨拶代わりのようなものでいちいち反応する方がお見苦しい
実際は星野は9回まで投げない投手は認めないなんてことはなく6回2点ぐらいならだいたい褒めているでしょう?

ノムは田中の一年目に「中5日」を「7回」敢行しているはずですがこれは無理させてるとは言わないんですか?
回りくどい嫌味で私のような星野ファンにとって不愉快な記事を掲載するなら田中の高卒一年目の酷使に対してもちゃんと意見を言ってほしいですね
まさか「田中は丈夫だから元から耐えられますので問題ない」とは言いませんよね?

Re: タイトルなし

約10年間星野ファンやってますさん

>星野の言うことにいちいち揚げ足取りして批判するやり口はちょっと大人げないんじゃないんですか?

わざわざ見苦しい記事を読んでいただき、そのうえ御丁寧にもコメントまで頂戴して、ありがとうございますね。

揚げ足なんか取ってませんよ。星野監督がバカの1つ覚えみたいにいつも同じ発言をするからです。ということはバカの1つ覚えの発言をするのは、自身の指導法が今とフィットしていないってことでしょう。指揮官はもっと勉強せなならん。自身の経験則だけで指導できるほど甘くはありません。それを顧みず、人を見ない起用法をしている点を批判しているのです。

>私のような星野ファンにとって不愉快な記事を掲載するなら

当ブログは星野監督の采配・起用に是々非々の立場を取っています。もしそれが嫌なら闘将マンセーのブログなら他にもあるでしょうから、わざわざこんなブログを見て嫌な思いをするより、そちらへ行かれたほうがよいのでは?

>田中の高卒一年目の酷使に対してもちゃんと意見を言ってほしいですね

Twitterやブログで折に触れて書いてきたと思いますが、気づきませんでした?

ここの所、星野監督に対する批判が多すぎすぎじゃないかなと思う。
昨日の松井裕は星野監督が会見で言っていたことを僕も思っていたくらいです。せっかく追いこんだのに四死球を出す。このパターンが多すぎじゃないかと思う。
そして星野監督は松井裕に「完投・完封しろ」とは言っていません。楽天先発投手陣では、則本くらいしか6・7イニングを超えられてないように感じるくらい投げられるイニングが少ない。
楽天の中継ぎ陣で信用できるのが福山と一時期先発転向という話が出た西宮と全盛期より衰えてしまったファルケンボーグしかいないという状況です。要は先発は長いイニング投げてくれないとうちの中継ぎだと逆転されれから先発は中継ぎの負担減らす為に頑張ってほしいということだと思います。

Re: タイトルなし


RSさん

> ここの所、星野監督に対する批判が多すぎすぎじゃないかなと思う。
> 昨日の松井裕は星野監督が会見で言っていたことを僕も思っていたくらいです。せっかく追いこんだのに四死球を出す。このパターンが多すぎじゃないかと思う。

それについてはブログ本文で私も「ただし、やっぱり、残念だったのは5回表2死走者なしから9番・伊藤に四球を与えたことで崩れ、4点を失ったところだろう」と書いてますので、同意見です。

ただ、あの記者会見の、ただでさえ渋い表情の星野監督が不機嫌な面をして、激しく吐き捨てるかのような言い方、口ぶりは、ないでしょう?ということなのです。

あの発言に接した松井裕樹は何を感じるでしょうか? まだ18歳のプロ入りして半年の“でき上がっていない”若者です。聞くところによると桐光学園野球部は、いわゆる体育会系でスパルタ式に選手をしごくスタイルなく、伸び伸びとした気風のある風通しの良い環境だったと言われています。そのような環境下で才能を伸ばしてきた松井裕樹にとって今、プロの洗礼、高い壁に直面しながら日々を試行錯誤しているはずです。指揮官が口を酸っぱくせずとも課題は痛いほど本人が感じているわけなのです。そこに塩を塗るかのように、4回までのゲームメイクを完全にスルーし、5回2死以降だけ激しく口撃する。昭和40年代の“叩いて伸ばす”という指導法は、いきなりは、厳しすぎるのでは?

> そして星野監督は松井裕に「完投・完封しろ」とは言っていません。楽天先発投手陣では、則本くらいしか6・7イニングを超えられてないように感じるくらい投げられるイニングが少ない。
> 楽天の中継ぎ陣で信用できるのが福山と一時期先発転向という話が出た西宮と全盛期より衰えてしまったファルケンボーグしかいないという状況です。要は先発は長いイニング投げてくれないとうちの中継ぎだと逆転されれから先発は中継ぎの負担減らす為に頑張ってほしいということだと思います。

松井裕樹に完投・完封は求めていないというのであれBあ、「野球は9回まで」の発言は、誤ったメッセージの出し方になります。「6回7回まで投げられるように」とハッキリ言うべきでしょう。

6回7回まで投げられるようにするには、やはり、体力をつけることが重要。本来ならファームで中7日とか8日とか登板間隔の中、基礎体力トレーニングに励んでいてもおかしくない時期に、あえて1軍の実戦で使っているわけですから、ガス欠になるのは計算して起用しなければなりません。現状、星野監督の背番号1への起用を見ていると、リスクヘッジが足りなさすぎると思います。

人への指導法は、その人に合った指導でなければ全く意味がありません。足し算引き算も分からない小学1年生にいきなり九九や割り算を教えるのは難しいことでしょう。それと同じで段階を踏んでの指導が必要のはずです。釜田以降特にここ数年の星野監督の指導法は、ホップ、ステップ、ジャンプのホップの段階にいる選手へ、いきなりジャンプしろと言っているようなものです。ギアで言えば、一速の段階でいきなり四速、五速にあげたら、車はエンストします。そのことを最も危惧しているのです。

Re: No title

ゴールドクラブさん

> それよりも10日誰がBs金子と投げ合うのか。いくら何でも中4日で則本はあり得ない。(11日中5日か)昨日横山がベンチ入りしていないので…。2軍で8/24M戦先発したが、どうなるか。

中4日で則本はありえませんから。仰るように横山かもしれませんし、2軍で8/22ロッテ戦9回130球完封、9/4DeNA戦で5回66球1失点と結果を出している古川を持ってくる可能性もありますよね。確か少し前に星野監督は古川の起用も明言していたかと記憶しています。

Re: 起用法


沖縄尚学!さん

>  shibakawaさんのコメントを見ていると星野監督に対する失望感が大きいのが分かります。多分釜田が故障した辺りからこういう考えをお持ちになられたんでしょうか?

星野政権下で投手陣の故障が多いような気がします(←しっかりデータを取ったわけではないですが) (中には元々故障持ちだった投手もいますが)もちろん全てが指揮官の起用法に原因があるわけではなく、投手コーチ陣、コンディショニングチーム、ファームの管理体制などの要素も大きいのだと思います。星野監督続投でフロント・現場みな留任するような気がして怖いのですが、続投の場合でも、投手コーチ、バッテリーコーチ、ファームの体制は1度メスを入れて欲しいですね。

>さて昨日の試合では松井裕が5回に捕まりましたがあそこまで繋がれたのは決め玉のチェンジアップが全く機能しなかったからでしょう。

仰るとおりです。と同時にスライダーも4回以降ほとんど機能しませんでした。4回以降11球で死球・ボールカウントは8球。

>ただ、私としては抑え松井裕というのが理想ですね。実際中継ぎでは素晴らしい成績を残していますし、何より奪三振が一番輝くのは抑えだと思っています。

なるほど。面白い考えですね。一部ファンの間でも早くから先発ではなく救援向きだとする声も目にしましたし、解説陣では杉山賢人さんが中継ぎで使うべきでは?と主張していますよね。ファルケンボーグ、斎藤と抑えが加齢で機能しなくなりそうですし、クルーズは来季契約にしてもまだ不安が残りますしね。

No title

今回のインタビューでの文脈では、星野監督の「野球は9回まで」の発言は単に「途中までどんなによかろうと、急に悪かった時期のピッチングになってしまうようでは認めることはできない、成長が足りない」という程度の意味にしか聞き取れないかと思います。
確かに星野監督がよく他の先輩投手陣に向かって過剰に完投を求めるのは私も違和感を感じるところですが、今回の発言に関してはそれらとは趣旨が別のように感じます。
それを同じことのように(記事のタイトルにまで用いて)書きたてて批判するのは少々ネガキャンが過ぎるのでは。
確かにここはあなたの個人ブログにすぎないかもしれませんが、あなた自身が読者を増やそうとさまざまな手を使っている以上、当然あなたと異なる見方をする読者もコメントを残していくことはあり得ますし、そういった読者とコメント欄で穏やかなやり取りをしたければ、管理人には記事が少しでも公平になるようにする義務があると思いますよ。

Re: No title

youseiさん

>「途中までどんなによかろうと、急に悪かった時期のピッチングになってしまうようでは認めることはできない、成長が足りない」という程度の意味にしか聞き取れないかと思います。

私はまさにそこを問題にしているのですよ。途中から明らかにストレートの球速も落ちていました。
ヘバッていたのは一目瞭然だったのです。

「途中までどんなによかろうと、急に悪かった時期のピッチングになってしまうような」一因は、2軍で体力づくりをさせずに1軍で使っている星野監督の起用法にもあるわけです。
そのことが脳裏から全く抜け落ちて、自身の起用法は棚上げにしているのではないか?と指摘しているのです。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}