【試合評】本塁打量産体制メヒアを封じた塩見貴洋&小関翔太の“傑作”共同作業~2014年8月28日(木) ○楽天イーグルス10-3西武

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆8/25配信最新号の主な内容は「パリーグ投打タイトル争いをヴィジュアルで確認する」です。




銀次先制打で流れを掴んだ楽天、西武との対戦成績を五分に戻す。



雨が心配された西武18回戦は途中降雨に見舞われたものの、つつがなく消化することができ、投打噛み合ったイーグルスがその対戦成績を9勝9敗の五分に戻している。

1回表、立ち上がりの塩見がピンチを背負った。1番・浅村にその初球を中前へ運ばれ、2番・渡辺バントで1死2塁。得点圏に走者を背負った状態で相手のクリーンアップトリオとの対決になった。

しかし、今から思えば問題なし。塩見は終始自身の投球ができていた。

浅村のヒットも外角低めいっぱいのコース。バットの先で運ばれる不運とも言えるヒットで、フルカウントから四球を出した4番・中村との対決もインコースいっぱいを攻めた結果、僅かに外れての惜しいフォアボールだった。討ち取った2番・栗山、5番・メヒアにも上々。栗山には外角中心にしっかり球を集め、最後は(恐らくファウルカットしにいったと思う打撃だが)合わせるだけの左飛。メヒアも小関の好リードに支えられ、ストライク先行0-2経由2-2から三ゴを打たせている。

塩見が立ち上がりゼロに抑えてベンチに帰ってくると、その直後の1回裏、さっそく味方が援護射撃。2点を獲得した。

1番・松井稼が先陣を切るセンター返しで出塁に成功。2番・藤田初球バントで1死2塁、3番・岡島はフルカウント勝負から三遊間を破る左前安打で3,1塁とつなぐと、4番・AJは1塁へお散歩。1死満塁の絶好チャンスで元気印のバットマン、5番・銀次が仕上げにかかる。1-1からの外角カーブを巧打。センター右の右中間へ運んだ当たりが、2点先制二塁打になり、イーグルスが2点を先制した。(楽2-0西)

ブログ村投票のお願い
ここのところポイント減。楽天イーグルス部門2位転落中です(泣)
どうぞ皆様の投票お待ちしておりますm(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

ツキまくった幸運の2回表



翌2回裏、楽天は再び西武先発・岡本洋を攻め立てた。連発した相手守備ミスに乗じ、この回一気に3得点。序盤2回までそのリードを5点差とし、試合の主導権を決定づけた。

何もかも楽天にツイていたイニングだった。

先頭・西田のサード内野安打は、内角ボール球の速球を打ちにいった完全ドン詰まりのゴロ。打球の勢いが完全に死んだのが逆に幸いして内野安打になった。無死1塁で小関。2度バントファウルした後、1-2からバスターで打ちにいった当たりはファースト正面の平凡ゴロだった。一塁手メヒアが処理して2塁へ送球する。封殺か?と思われたが、これが悪送球。

幸運はまだ続く。

無死3,1塁で1番・松井稼も一ゴ。飛び出した三走・西田は三本間で挟死。さらに3塁に向かおうと2塁をオーバーランした小関が2塁転送、帰塁できずのタッチアウトになる併殺劇か?というシーン。しかし、ここも相手ミスに助けられる。三本間のランダンプレー時に西田と炭谷が激突。炭谷の走塁妨害となり、三走・西田の生還が認められ、イーグルスに3点目が入った。

なおも無死3,1塁からその後2死3,2塁になり、4番・AJが高めに上ずった岡本洋の速球を中前へ軽打で打ち返し、効果絶大の2点適時打を放っている。(楽5-0西)

5点の大量援護に守られた塩見は、5回表に浅村の中犠飛、6回表に中村に27号ソロを浴びたが、その2失点だけに抑えるクオリティスタートの好投を見せた。(楽5-2西)

20140828DATA02.jpg
HANREI3.jpg

小関翔太、今季チーム2度目のスクイズ成功



西武は6回裏から三番手・小林宏。3回から5回まで二番手・武隈が好投、試合の立て直しを測ったが、力量落ちたベテラン右腕はイヌワシ打線の敵ではなかった。

先頭の7番・島内の初球打ち右翼線二塁打が小林宏攻略に効果てきめん。西田バントで三進した島内をホームに呼び込んだのは、小関による鮮やかなセーフティスクイズだった。今季楽天のスクイズ成功は5/1ロッテ戦の4回、5-3の2点リード1死3塁で岡島が上野から決めて以来2度目になっている。

この後、2死3,2塁で岡島のショート内野安打がタイムリー、さらにAJ2度目のお散歩で塁が埋まった2死満塁で銀次が本戦2本目の適時打。1,2塁間を破った右前安打は松井稼、岡島をホームに迎え入れる2点適時打になっている。(楽9-2西)

完全に試合を決めたイーグルスは7回から2イニングを福山が零封。7月以降打たれる場面が多かったサブちゃんだが、これで2戦連続ヒットなし。球も低めに集まり、ゴロを打たせる自慢の投球(獲得アウト6個のうち5本が内野ゴロだった)。どうやら完全に立ち直ったようだ。

8回裏は途中出場の榎本に三塁打が生まれ、その一撃を起点に1点を追加。9回表、新人の相原、今野が1点を奪われたが、イーグルスは7/8日本ハム戦(○E10-3F)以来今季7度目の二桁得点で10-3で勝利を飾っている。

塩見は5勝目。銀次は今季13度目の猛打賞。13度は1位・ソフトバンクの柳田の14度に迫り、首位打者・糸井と並ぶ回数だ。4打点は今季初の槍働きとなり打率を再び3割に乗せ、打撃十傑で6位に浮上している。

これでチーム成績は111試合45勝66敗の6位。借金は21。ゲーム差は1位・ソフトバンクと22.5、2位・オリックスと21.0、3位・日本ハムと12.0、4位・ロッテ、5位・西武と4.0としている。

各種戦績は、直近10試合5勝5敗、後半戦10勝18敗、闘将復帰9勝16敗、西武戦9勝9敗、コボスタ20勝29敗、TOHOKU GREEN5勝4敗の推移になった。

両軍のスタメン

西武=1番・浅村(三)、2番・渡辺(遊)、3番・栗山(左)、4番・中村(指)、5番・メヒア(一)、6番・木村(右)、7番・秋山(中)、8番・炭谷(捕)、9番・林崎(二)、先発・岡本洋(右投)

楽天=1番・松井稼(左)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(三)、6番・枡田(一)、7番・島内(中)、8番・西田(遊)、9番・小関(捕)、先発・塩見(左投)


松井稼頭央の初回先頭打者打撃成績



大久保監督代行の抜擢により7/3オリックス戦から1番で起用されることが増えた松井稼。かつての定位置でここまで素晴らしい槍働きを見せている。1番打者での打撃成績は131打数47安打12打点、17三振、10四球、6盗塁、9二塁打、2三塁打、3本塁打、打率.359、OPS.928。しかし、個人的に最も注目しているのは、必ず先頭打者として打席がまわる初回の打撃成績だ。

本戦の中前安打で、33打数15安打、4三振、4二塁打、1三塁打、打率.455、OPS1.091と凄まじい戦果だ。初回先頭打者打席の1打席当たり球数は3.27。決して相手投手の立ち上がりに球数を多く見るタイプではないものの、初球から積極的に打って出るスタイルが好結果を生んでいる。

20140828DATA03.jpg

6回、打者26人、105球(1回当たり17.50)、被安打6、被本塁打1、奪三振4、与四球1、失点2、自責点2。

初球26球・・・ストレート9、シュート1、スライダー10、フォーク3、カーブ3
2ストライク以降37球・・・ストレート20、スライダー9、フォーク7、カーブ1
ボール先行12球・・・ストレート2、シュート1、スライダー4(効果大)、フォーク5(効果大)

塩見のコメント「初回のピンチをゼロでしのいだのが良かった。今日はストレートが走っていて、全体的に調子は良かったです。前回と違い、追い込んでから良いコースに投げることができました。単調なリズムになりがちなので、タイミングをずらして投げることを意識していました。先発投手の役割は何とか果たせたかな、と思います」

星野監督の塩見評「(4回まで)ゼロで来ていた割に球数が多かった。前半はキレのあるボールを投げていたのに、(カウント)3-2が多かったから、7回8回まで行けなかった。これはキャンプの問題、我々の問題だね」

メヒアを3の0、三ゴ、二ゴ、左飛に仕留めた小関の好リード



これで今季成績は16試合(先発15、救援1)、5勝6敗、防御率4.73、FIP4.28、WHIP1.38、QS率40.0%になっている。

やはり、本戦で注目されたのは、8月に11本の量産体制、2試合連続本塁打を記録していた5番・メヒアとの対決だった。小関がどのようなリードをし、塩見がどう投げていくのか?興味惹かれた。

下記図はBaseballLABさんから引用したメヒアの対左投手安打マップである。赤線がストライクゾーン。赤くなっている部分がホットゾーンになる。先日松井裕を打ち砕いた3ランはど真ん中のチェンジアップ。見事にメヒアのホットゾーンだったことが分かる。

他、外角低め寄りや、内角中段、真中高め寄りのインハイにホットゾーンが確認できる。塩見といえば右打者の懐を攻めるクロスファイアだ。その内角速球をどのタイミングで投げるのか?投げないのか?を注目して観戦に臨んだ。

■メヒアの対左投手安打マップ

引用 http://www.baseball-lab.jp/player/detail/1400010

圧巻の共同作業



結論から言えば三ゴ、二ゴ、左飛に抑えた対戦3打席、見事なリード&ピッチングだったと思う。この日メヒアに投じた全13球で、身体に近いインコースに甘い投球をすることは1球たりともなかったのだ。

初打席は1回表2死3,1塁のピンチで迎えていた。初球カーブでストライクを取る。2球目外角フォークでファウルを誘発させ0-2と追い込んだ。3球目に外角1つはずして、4球目低めフォークで誘ったが、膝元に逸れてボール。2-2からアウトハイ速球でファウルになり、ラスト6球目は外角110キロカーブ、前球との緩急差29キロでイージーな三ゴを打たせることに成功した。

身体の近めに素直な真っすぐを投げず、始めと終わりをカーブで締め、2球目にフォークで追い込んだあたりの配球が素晴らしかった。河北新報によると、塩見いわく「(カーブを)試合前に使っていこうと相談していた。うまいこと使えた」だったという。

下記表は本戦前時点でのメヒアの球種打率になる。御覧のとおり、カーブ、フォークといった球種はメヒアにとって苦手球種だった。特にカーブは過去の楽天戦でも16球中6球で空振りをするなど対応できていなかったのが明らかだった。本戦、塩見がこのカーブを投げることができるか?にも注目していた私にとって、まさにドンピシャの好配球劇になった。

■メヒアの球種別打率
データで楽しむプロ野球より引用
20140828DATA07.jpg

5点リードの4回1死走者なし、二ゴに仕留めた第2打席は外角中心の攻め。4球投げたうちカーブ、フォークを1球ずつまじえて最後は外のストレートを打たせていた。

3点リードの6回1死走者なしでの第3打席では低め速球でファーストストライクを取った後、2球目小関が本戦初めてのインコースを要求。インハイにミットを構えて塩見が投じた球はミットよりも高い完全ボール投球の136キロ速球。直後、低めフォークで誘ってイージーな左飛に討ち取った。

この場面、塩見も小関の意図する所を良く把握していて、完全なボール球をあえて高めに投じた。ストライクゾーンに甘く入るインハイはメヒアのツボである。そこを完全にはずす投球は、ラスト低め誘い球の高低攻めでメヒアを討ち取るというコンセンサスがバッテリー間で良く取れていたのだろうと思う。メヒア3打席凡退はバッテリー共同作業による本戦の中でも目を奪われる傑作になった。

■配球図
左打者に対する外角に集めるピッチングが白眉。いずれも得点圏での対峙になった1回栗山、6回森には自身の打撃を許さなかった。
20140828DATA04.jpg

20140828DATA05.jpg

岡本洋の投手成績

2回、打者14人、55球(1回当たり27.50)、被安打5、被本塁打0、奪三振0、与四球1、失点5、自責点2。

時間がなくなったので、岡本洋の成績のみ掲載する。


◎◎◎関連記事◎◎◎
《塩見貴洋の前回先発試合》
【試合評】天敵・金子千尋の前に今季4戦4敗。通算85勝中、楽天が20勝を献上~2014年8月22日(金) ●楽天イーグルス2-7オリックス
《直近2試合の試合評》
【試合評】真っすぐでポップアウト5本。ベールを脱ぎつつある菊池保則のストレート。~2014年8月24日(日) ○楽天イーグルス8-4オリックス
【試合評】他球団の松井裕樹対策の進捗度を、悪化したチェンジアップ成績に診る~2014年8月26日(火) ●楽天イーグルス2-8西武


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

inポイントよりoutポイントが多い方が、より多くの方に興味をもたれた記事だと思っています。inは仲間が押してる人が多いかと思います。個人的感想ですが失礼しました。

Re: タイトルなし

まゆさん

仰るとおりなんですよね。頭では理解してはいるものの・・・といったところなんです。

> inポイントよりoutポイントが多い方が、より多くの方に興味をもたれた記事だと思っています。inは仲間が押してる人が多いかと思います。個人的感想ですが失礼しました。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}