【試合評】球団ワースト記録を阻止した、崖っぷち菊池保則の無四球6回零封投球~2014年8月17日(日) ○楽天イーグルス3-1ロッテ

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆8/11配信最新号の主な内容は「2軍デプスチャートを肴にファーム現状をあれこれ雑考する」です。




球団ワースト記録樹立を阻止する崖っぷち菊池の好投



負ければ2005年8月に記録した6カード連続を更新する球団史上ワーストの7カード連続負け越しの事態に陥るところだった。

楽天・菊池vsロッテ・成瀬。かたや今季2軍でも先発ゼロ、1軍での先発は昨年6/2中日戦以来となる約1年2ヵ月ぶりのエレベーター右腕。かたや長年チームを支えてきた通算89勝左腕。前半戦は精彩を欠いたが、後半戦は3戦連続QSをマークする球界を代表する左腕。あきらかに不利なのはイーグルスと言えた。

そんな前評判を菊池保則が覆していく。前日16安打12得点のマリンガン打線を6回散発3安打の無失点投球で投手戦を制し、勝利を手繰り寄せている。

6回3安打無失点、約1年2ヵ月ぶりの白星を手にした菊池だが、1回表、僅か2球でいきなりピンチを迎えていた。

この3連戦当たっている1番・加藤に2球目の速球を弾き返され、センターオーバーのエンタイトルツーベース。2番・岡田にきっちりバントされて1死3塁。お膳立てされて3番・角中、4番・デスパイネの中軸を迎えていた。

この場面、5試合ぶりにスタメンマスクをかぶった嶋のリードが冴え、菊池もそれに応える好投。3番・角中には内角攻め、4番・デスパイネには外角低め攻めで、それぞれイージーゴロを打たせ窮地を脱出。角中はインコースを苦手としており、本戦終了時で右投手が投げる内角打率は.154。デスパイネもあのコースが弱点で右投手が投げる外角低め打率はこれまでヒット1本、僅かに.067しかなかった。

2回表は僅か8球で三者凡退。クルーズ、鈴木、田村を退けた。本戦の菊池、制球が良い。右飛に討ち取ったクルーズには低めを徹底して突いた投球が印象に残っている。

先制劇はAJ祭りの主人公が全力疾走で魅せた内野安打が起点に



菊池が序盤2イニングにゼロを入れる立ち上がりをみせると、その直後の2回裏、イーグルスが先取点を獲得している。

2回裏の先制劇は、AJ祭りの主人公・ジョーンズの先頭打者内野安打を起点に誕生した。追い込まれてから外角際どい変化球をひっかけたサード前方バウンドゴロ。打球の跳ね具合を確認したAJは1塁へ向かって懸命な全力疾走。セーフをもぎ取る。続く5番・銀次が打率をちょうど.300に乗せる痛烈な投手強襲内野安打で無死2,1塁。6番・牧田が送りバントを失敗、3塁封殺されて1死2,1塁に代わったものの、7番・西田がそれをリカバーするフォアボールでつなぎ、1死満塁とした。

絶好の満塁機で打席がまわってきたのは、8番・嶋だった。後半戦に入り出場機会がめっきり減った背番号37が場内の大きな声援を背にバッターボックスに入っていく。成瀬との対決はフルカウント勝負になった。

際どいコースの誘い球をしっかり見逃して、打率.439のフルカウントまで持ち込むと、ラスト6球目変化球をこれまでの外角に打ち返す右犠飛。ライト・加藤のバックホームも逸れたことで、三走・銀次がタッチアップ生還を果たし、まずは1点を菊池にプレゼントする。(楽1-0ロ)

1点を貰った菊池はその直後の3回表、8番から打順2周り目に入る相手打線を1、2、3ピッチングを見せる。第1打席に二塁打を打たれた1番・加藤とはボール先行2-0を経由したものの、フルカウント勝負で力攻め。140キロ速球をインコースに投げ込み、振り遅れの空振り三振でリベンジしている。

本戦2度目の先頭打者出塁を許したのは4回表だった。2番・岡田にヒットを許して無死1塁、角中を遊飛に仕留めた1死後、デスパイネに初球を振り抜かれた。しかし140キロ速球に球威があったのだろう。少し差し込まれたキューバの右打者の飛球はセンター島内の守備範囲、ウォーニングゾーン手前までの飛球になり、2死を取る。この後、続く福浦の打席時に岡田に盗塁されてスコアリングポジション進出を許したが、福浦を外野フライアウト。難を脱した。

菊池はその後も2イニングを投げ切り、6回64球無失点。7回から救援陣にバトンを託している。

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140817DATA04.jpg
HANREI3.jpg

銀次が左投手から打ったホームラン2本はいずれも成瀬から



2回に1点を先制した楽天は、その後なかなか追加点を奪えずにいた。

3回、4回と先頭打者を出塁させたが、点につながらない。1番・松井稼から始まった3回裏は無死1塁から藤田、岡島が凡退。2死からAJが四球で歩いて2,1塁にしたが、銀次が野手正面の二直に倒れていた。4回裏は牧田が先頭打者安打。しかし後続の西田が追い込まれた後4-6-3のゲッツーを打たされていた。

次なる点がどちらに入るのか?が注目された中盤の6回裏、楽天に2点の追加点が生まれている。AJ安打の1死1塁、銀次が成瀬の初球逆球スライダーを捉えて、右翼席に運ぶ3号。「高めにきたボールを、コンパクトに一振りで仕留めることが出来ました」と語る一撃が、値千金の2ランになった。

銀次は本戦の3号を入れてプレーオフ含めて1軍で12本のホームランを打っている。その12本のうち実に10本が右投手から。左腕からのホームランは僅か2本しかない。その2本はいずれも成瀬からとなった。1本目は昨年10/17クライマックスステージで放っている。

3点リードした楽天は7回から継投作戦。7回は48登板目の福山が先頭打者安打されたが後続を併殺に取るなどゼロに抑えると、8回は再び1軍に戻ってきたクルーズが三者凡退投球。9回はファルケンボーグがしっかり締めてゲームセットといきたいところだった。

しかし、守護神がバタバタしてしまう。

先頭・加藤に失投スプリットをヒットされた後、角中に死球。その後、2死3,1塁で代打・井口に三遊間を破られて1点を返され、なおも2死3,1塁で打席はクルーズ。4/30には決勝ソロを打たれ、9回裏に6点を取られてルーズヴェルトゲームを決められた8/6には同点打を打たれ、通算対戦成績3打数2安打の相手だったが、最後はハーフライナーの二直。ロッテの反撃を辛くも絶ち切り、イーグルスが7カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

銀次猛打賞の2打点、AJマルチ安打。

本戦、菊池も嬉しかっただろうが、久しぶりにマスクをかぶった嶋も感慨深かっただろう。嶋がスタメンマスクをかぶった試合でチームが勝利を飾ったのは7/31ソフトバンク戦(○E5-1H)以来のことになった。

これでチーム成績を104試合42勝62敗の6位。ゲーム差は1位・ソフトバンクと23.0、2位・オリックスと20.0、3位・日本ハムと9.5、4位・ロッテ、5位・西武と4.0としている。

各種戦績は、後半戦7勝14敗、闘将復帰6勝12敗、ロッテ戦9勝9敗、コボスタ19勝28敗、TOHOKU GREEN4勝3敗の推移になった。

自力CS復活も、試合後の指揮官、若手切り替えを明言



数字上では3位・日本ハムが西武と引き分けたこともあり、自力CS復活したイーグルスだが、いかんせん借金20でAクラスまでのゲーム差は依然9.5。残り試合は31試合しかない。厳しい現実を突きつけられた星野監督は、試合後の記者会見で「これから若い選手に切り替えていくから」と発言。来季を見据えた若手育成の場にする方針を掲げた。

ちょうどこの日、イーグルスは金刃、片山、上園、ボウカーを抹消。代わりに武藤、相原、今野(は1軍初昇格)、枡田を招集していた。

残り31試合は、来季リベンジのため、未来のイーグルスのため、1軍で得られる貴重な経験値獲得の場となる。若手には色んなトライ&エラーを繰り返して糧とし、頑張ってもらいたいと思う。

下記アンケート募集中です。現在35名の読者様に御参加頂いております。

◎【アンケート】楽天イーグルス・星野仙一監督の来季続投あるのか?ないのか?
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-2361.html

両軍のスタメン

ロッテ=1番・加藤(右)、2番・岡田(中)、3番・角中(左)、4番・デスパイネ(指)、5番・福浦(一)、6番・クルーズ(二)、7番・鈴木(遊)、8番・田村(捕)、9番・高濱(三)、先発・成瀬(左投)

楽天=1番・松井稼(指)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(一)、5番・銀次(三)、6番・牧田(左)、7番・西田(遊)、8番・嶋(捕)、9番・島内(中)、先発・菊池(右投)


20140817DATA05.jpg

6回、打者21人、64球(1回当たり10.67)、被安打3、被本塁打0、奪三振4、与四死球0、失点0、自責点0。

初球21球・・・ストレート15、シュート1、スライダー4、カーブ1
2ストライク以降9球・・・ストレート5、スライダー2、フォーク2
ボール先行18球・・・ストレート12、スライダー6

「とにかく『低く低く』と意識して、嶋さんのミット目がけて、思い切って投げることが出来ました。今シーズンはファームでも先発をやっていなかったので、不安でしたが、最後のチャンスだと思って、全力で向かっていきました。無失点でマウンドを降りることが出来て良かったです」

菊池保則、無死四球投球で今季初勝利



正直、菊池の賞味期限は先日のサヨナラ押し出し四球で切れたというイメージだった。しかし、則本、塩見、辛島、松井裕の後、4番手、5番手の先発に人材難を抱えるチーム事情、星野監督や佐藤コーチの期待が高かったということもあるのだろう、サヨナラ押し出しから中3日、突然言い渡された先発仕事は、本人も感じていたように文字通りのラストチャンスといえるマウンドだった。

しかし、結果から言えば、あの押し出し四球が菊池に本戦のストライクゾーン勝負を促し、突然言い渡されたことが余計な雑念や不安を考える暇を与えず、ただひたすらシンプルに嶋のミットめがけて投げることに専念させたと言えそうだ。(なかなかハイリスクだと思うが)

ストライク率は目安とされる66~67%に迫る64.1%の好値。これまでの菊池と比べた場合、本戦は制球が安定していた。

ストレートの威力だけなら田中将大を上まわる球威がある。星野監督、佐藤コーチがそう評価してきた真っすぐが本戦で上々の機能を発揮した。ストレート被打率は12打数2安打の.167。平均139.9キロながらも、内外野の打ち上げたフライアウトが多かったことから、打者の手元でホップし、バットが球の下っ面に入るかたちになったのだろう。

全体ストライク率は64.1%を示したが、中盤3回2死加藤から5回先頭クルーズまでの間、ボール先行2-0を4度頻発し、心配された。しかし、ここでいずれも4人の打者を空三振、遊飛、右飛、右飛に討ち取ることができたことが大きかった。確かに相手が球を見てこず、昨日の余波なのか?イケイケで早打ちで来ていた点も菊池を助ける要因にはなった。しかし、それを考慮に入れても3ボールまで到達したのも僅か2打席にとどめ、腕を振りストライクゾーンで勝負できた点がロッテの早打ちを誘発させ、好投最大の要因になったと言えそうだ。

打順3周り目に入った6回表、依然味方リードは1点だけの状況。1番・加藤から始まる相手の攻撃で、ストレートとスライダーしかほぼ投げない菊池が、加藤に対し、フォークを多投。そのフォークが低めに良く落ちるものとなり、三振を奪うことができたのも、本戦勝負の分かれ目の1つと言えるかもしれない。

菊池は6回64球で降板。この継投は妥当だろう。

まだ余力があったように見えた中での交代の理由について、指揮官は銀次の2ランが大きかったと明かしている。もし1-0のままなら続投だったが、2点が入り3-0になったことで変えたと。恐らく星野監督は菊池の好投が1-0というあるかないかの僅差リードの状況が大きく影響し、そのため好投が保たれていたと診たのだろう。ギリギリのバランスの上で成り立っていたと診たのだ。この理由は理解できるところ。

また、菊池は今季最多球数はファームで投げた54球だった。64球で退いたとはいえ、2軍でも先発ゼロ、救援中3日の状況下で最初から飛ばして腕を振り、その中で今季最多を上まわる球数を投げていた。あれ以上ひっぱるとケチがつく可能性もあった。良いイメージで終わらせたいという点も理由の1つに指揮官は上げていた。

20140817DATA06.jpg
20140817DATA07.jpg

成瀬の変化球、特にチェンジアップに苦しんだイヌワシ打線



8回、打者32人、115球(1回当たり14.38)、被安打7、被本塁打1、奪三振3、与四球3、失点3、自責点3

前半戦精彩を欠いた成瀬だったが、後半戦に入り徐々に自分の投球を取り戻しつつある。本戦もそのトレンドの中にあった一戦と言えた。6回裏に銀次が逆球を捉えなければ、8回1失点だった可能性もあったわけだ。

楽天打者は特にスライダー、チェンジアップなど変化球に悩まされた。変化球全体の65.8%を低めに集められ、特にチェンジアップで5本の内野ゴロ、1つの三振を取られるなど、手を焼いた。

そんな中、突破口を切り開いたのはAJ、銀次の4、5番の連打攻勢だった。AJ、銀次がクリーンアップに入り、ともに2安打以上を記録した試合は7/3オリックス戦以来、今季5度目となっている。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
【試合評】則本昂大、7回1死まで完全投球。復活を内外に示す渾身111球の力投。~2014年8月15日(金)○楽天イーグルス4-0ロッテ
【試合評】楽天打線が10安打浴びせながら涌井秀章を攻略できなかったその理由~2014年8月16日(土) ●楽天イーグルス5-12ロッテ
残り31試合、ジョン・ボウカーではなく榎本葵や枡田慎太郎を使っていきたい、たった1つの理由


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI






関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

菊池の活躍で私が感じたこと。

菊池の今季初先発初勝利初無四球(ですよね)ですが、まさに「瓢箪から駒」。

押し出し四球からろくな準備もしないまま急にスクランブル登板で開き直った結果、と言っていいでしょう。
問題は次回以降。
次の先発登板まで中6日調整、という準備をして先発ではどういう結果になるのか。
これがダメだと困るんですが。
2・3回の先発機会をモノにして、先発ローテに入れるか?

今後の結果次第では、今月コメントした2014粛清人員整理リストから外れるかもしれません。
上園のコメントでC梅津・栗原⇔上園・菊池、と書いたが上園・片山
or戸村、と交換要員を変更しないといけませんね。
(shibakawaさんはこのトレードはセイバーメトリクス的に無意味、とプロの視点でお思いだと思う。単なる東北びいきだ、とお叱りの声を頂くだろうが、チームに和製右打者がコマ不足で右中継ぎの補強、という意味でご理解ください。福山が来季心配なので。
片山の名をあげましたが、2010年の3マウンテン以降4季中継ぎで使い続けたので、もう中継ぎとしては「くたびれた」と判断。かといって今の楽天の左の先発陣に入れるか?となると…。辛島・塩見・松井裕の他に、新人の西宮・濱矢と先発候補がいるし、38歳ボブ川井に勝てるかどうか…。それならCだと左の先発は篠田と戸田だけ。他の左腕は中継ぎタイプなので、30歳までの3年間左の先発でしか生きる道はないと自身が腹をくくればCにプラスになる、との期待から名前をあげた。)

菊池に話を戻すが、今後の日程でいくと中5か6日で先発機会は最大7回ある。(故障しない前提で)QSのいい数字を挙げて、チームは勿論本人のためにも良い成績を挙げてもらいたいものである。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}