【試合評】9回裏、胸が痛んだ6失点。末期症状のイーグルス、後半戦5カード連続負け越し~2014年8月6日(水) ●楽天7-8xロッテ

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆8/4・8/5配信最新号の主な内容は「 楽天イーグルスの打順OPS、守備位置OPSをリーグ平均値と比較する」です。




9回裏、胸が痛んだまさかのサヨナラ負け



9回裏、時計の針は夜の10時に迫ろうとしていた。イーグルスが5点リードして相手の最終攻撃回を迎えていた。松井裕樹、先発初勝利までアウトはあと3つ。誰もが背番号1の栄光への第一歩を信じて疑わない、そんなシーンだった。

風速10~11mの浜風が吹く厳しい環境下、本当に健気に投げた。6四死球出しながらも6回途中2失点の粘投。6回途中、1死から今江二塁打の後、連続四球で満塁ピンチ。塁上を満員御礼にして悔しい降板にはなったが、火消しに入った二番手・福山が見事な消火活動。後続をピシャリ断つと、7回からは中継ぎ転向になった則本が登場。8回までの2イニングを僅か1安打に封じる好救援をみせ、9回につないでいた。

打っては打線が序盤に相手先発・古谷から4点を奪取する。1回表に銀次先制打、3回表には松井稼、再び銀次、エバンスに適時打が飛び出した。その後2点を返されたが、7回表、ロッテ二番手・南昌輝の回またぎで貰った連続四球の無死2,1塁を活かし、3点を追加。AJ、西田にタイムリー、ボウカーの犠牲フライでリードを5点に広げていた。

そして迎えた9回裏のことである。

見るに堪えない、まさかの惨劇。

松井裕の心情を推し測るとあまりにも辛すぎる悲劇が、繰り広げられることになった...

楽天は松井裕、福山、則本とつないでこの回から四番手・西宮。39試合目のマウンドを指揮官から託されていた。しかし、この新人左腕が思わぬ誤算。

先頭・岡田の左中間好走塁三塁打を起点とする三連打攻勢を浴び1失点。なおも無死2,1塁で角中打席時にワイルドピッチ。走者進塁して無死3,2塁、角中との対決はフルカウント勝負の末、フォアボール。このとき捕手・小関がまさかの捕逸で三走生還。(楽7-4ロ)

2点を返されリードが3点になり、塁上はなおも無死3,1塁、打席に4番・デスパイネを迎えた所で、星野監督がベンチを出て投手交代を告げる。慌てて出てきたのがファルケンボーグ。しかし、1度火が付いたマリンガン打線のイケイケドンドンを、恐らく満足のいくブルペン準備もできずに飛び出してきたであろう守護神にも、止めることができなかった...

デスパイネをストレートの四球で1塁に歩かせて無死満塁にすると、代打・金澤を3球三振には討ち取ったものの、1死後、今江に初球甘く入ったスプリットを左翼線へ打ち返される2点二塁打。遂にリードは1点差になってしまう。(楽8-7ロ)

ピンチはさらに続いてバッターボックスはクルーズ。4/30ロッテ戦(●E2-3M)、同点で迎えた9回表に左翼席へ決勝ソロを打たれた相手に、今度は同点打を許してしまった。1-1から投じたスプリットがまたしても落ちない。コンパクトスイングで中前へ打ち返され、試合は振り出しに。(楽8-8ロ)

1死3,1塁で途中出場の8番・川本。初球、甘く入った147キロ速球をひっぱられ、左前へ弾むクリーンヒットが3時間53分に終止符を打つサヨナラ打になってしまった。(楽8-9xロ)

楽天のサヨナラ負けは7/4ソフトバンク戦以来、今季2度目。ルーズヴェルトゲームは7/11ロッテ戦(○E8-7M)に続く今季2度目で通算9度目(下記エントリー参照)。

◎野球は8-7が一番面白い。楽天イーグルスのルーズヴェルト・ゲームを調べてみたよ

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
現在「楽天イーグルス」部門1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140806DATA04.jpg
HANREI3.jpg

なぜ最初からファルケンボーグを使わなかったのか?



5点リードの9回裏、なぜ指揮官は守護神を最初から投入しなかったのだろうか?

夏場に入り、西宮は明らか調子を落としていた。7月以降の数字は被打率で3割に迫る.295。防御率は3.09だった。その西宮に投げさせるより、アタマからファルケンボーグに行ってもらう必要性があったのではないか?

恐らく指揮官は、セーブシチュエーションではなかったことに付け加え、本戦が6連戦の2戦目だったことで守護神投入を幾ばくか躊躇したのかもしれない。

御存じのように古傷を抱えるファルケンボーグの起用法は基本、連投が2試合止まりという制限がある(3日間連続の3連投はNPBで1度だけ)。塩見が投げる次戦、本拠地に戻っての金曜日オリックス戦、もしセーブシチュエーションでまわった場合を考えると、5点差あった本戦で守護神カードを切ることに、若干のもったいなさを感じていたのかもしれない。

しかし、本戦はイーグルスの将来、NPBの未来を背負って立つ松井裕のプロ初先発勝利が目前に迫った一戦であった。このことと、明日以降の試合を考えてもAクラス入りは見込めない過酷な現実を直視するなら、ここは最初からファルケンボーグを使うべきだったのかもしれない。いずれにせよ多くのファンには納得しがたい楽天ベンチの継投策の拙さで、まさかの悪夢を引き起こしてしまった。

イーグルスが9回に6点を取られたのは、いつ以来か? 当ブログは2012年以降、全試合のイニング得点を記録集計しているが、少なくとも2012年以降では唯一の事例になっている。

星野監督「もう末期的な症状だな。俺の監督人生の中でも珍しい。松井はまぁまぁ良かったよ。でも5点あって勝てないんだから、よっぽど勝てないんだよ」

これでチーム成績は97試合39勝58敗の6位。借金は今季最多更新を繰り返して遂に19に。ゲーム差は1位・ソフトバンクと20.5、2位・オリックスと18.0、3位・日本ハムと9.5、4位・ロッテと5.5、5位・西武と4.0とした。

各種戦績は、後半戦4勝10敗、闘将復帰3勝8敗、ロッテ戦7勝7敗、6回終了時リードした試合33勝3敗としている。

両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(遊)、2番・岡島(右)、3番・銀次(三)、4番・ジョーンズ(指)、5番・エバンス(一)、6番・牧田(中)、7番・ボウカー(左)、8番・西田(二)、9番・小関(捕)、先発・松井裕(左投)

ロッテ=1番・鈴木(遊)、2番・加藤(中)、3番・角中(右)、4番・デスパイネ(指)、5番・井口(一)、6番・今江(三)、7番・クルーズ(二)、8番・田村(捕)、9番・伊志嶺(左)、先発・古谷(左投)


20140806DATA06.jpg

5回1/3、打者26人、108球(1回当たり20.25)、被安打5、奪三振7、与四死球6(四4死2)、失点2、自責点2。

初球26球・・・ストレート13、スライダー6、チェンジアップ3、カーブ4
2ストライク以降31球・・・ストレート11、スライダー3、チェンジアップ15、カーブ2
ボール先行28球・・・ストレート20、スライダー1、チェンジアップ7

松井裕樹のコメント「強い風を味方にしたかったんですがコントロールが定まらず、マウンドでうまく修正することが出来ませんでした。2アウトから無駄な四球を出してしまったり、リズムの良いピッチングができなかったのは反省点です」

松井裕樹、必死に投げた6回途中2失点の108球



強風下で制球に神経を使うことを余儀なくされたタフな環境下、松井裕は6回途中を良く2失点でしのいだ。あの溌剌とした笑顔をマウンド上で見せることは一切なく、終始、真剣な表情。必死に球を投げ込んでいたことがヒシヒシ伝わる108球の粘投劇だったかと思う。背番号1が白い歯と弾ける笑顔をみせたのは、火消しに成功した福山をベンチ前で出迎えたときが本戦初だったように感じる。

1点援護を貰った1回裏、1番・鈴木にいきなりセンターオーバーの三塁打を打たれ無死3塁のピンチ。同点は覚悟しなければならない厳しいシーンで、見事に後続を絶った。

2番・加藤には勝負球チェンジアップ4連投。1-0から3連続空振りを奪い三振に仕留めると、3番・角中には完全に詰まらせた遊ゴに仕留める。4番・デスパイネにはボール先行3-0経由フルカウントで歩かせたものの、5番・井口をフルカウント勝負の末、チェンジアップで三振に取り、危機を脱出した。

味方が3点を追加、リードが4点に広がった直後の3回裏、よく2失点にとどめた。

先頭の9番・伊志嶺にサード銀次の頭上を越えていく左翼線二塁打を打たれ、その後1死3塁、1番・加藤に甘いチェンジアップを左中間に弾き返され、好走塁のタイムリー三塁打を許した松井裕。続く3番・角中には巧みなバットコントロール技術で内野前進守備の三遊間を破られ、三走が生還。2点目を失う。

この後、まだピンチは続いた。4番・デスパイネに膝元スライダーが曲がり過ぎて足下に当たるデッドボール。1死2,1塁と再度スコアリングポジションに走者を背負って、井口、今江と嫌なベテラン打者を迎えていた。しかし、井口を3球三振。今江には初球カーブを打たせてイージーな遊ゴ。ここで崩れずにしっかり後続を絶ったのが大きかった。

4回、5回と四死球を1つずつ出しながらもゼロに抑える。

4回は2死から伊志嶺にデッドボール。風の影響でスライダーが曲がり過ぎた。しかし、その伊志嶺を1塁牽制球で誘い出して、1,2塁間でタッチアウトにする。5回は2死から3番・角中フルカウント勝負の末、フォアボール。怖い4番・デスパイネの前に走者を出してしまったが、キューバの強打者をしっかり追い込んでから勝負球チェンジアップをバットの先で打たせて二ゴ。落ち着いてアウトを取った。

6回裏は1死後、今江に内角144キロ速球を一閃され、あわやホームランかというレフトオーバーのツーベース。その後、7番・クルーズに追い込んでから制球乱れてフルカウント四球で1死2,1塁とする。ピンチで代打・サブローとの対決はボール先行2-0経由。結局、フルカウントから投じた低めいっぱいに球審の手が上がらなかったこともあり、連続四球。1死満塁としたところで、星野監督がベンチから腰を上げた。

風の影響で制球定まらず、なかなかストライク先行ができなかったものの、毎回の奪三振。要所で踏ん張ることができた点は、今後にきっとつながるはずだ。

■松井裕樹の先発投手成績


20140806DATA05.jpg
20140806DATA07.jpg

エバンスもマルチ安打。主軸で6安打4打点。3戦連続の二桁安打



古谷拓哉の投手成績

5回1/3、打者25人、91球(1回当たり17.06)、被安打8、被本塁打0、奪三振4、与四球3、失点4、自責点4。

松井裕以上に強風で制球に苦労していたように見えたのが相手先発・古谷だった。ボール先行の場面が大変多かった。

1回表、3試合ぶりに1番に戻った松井稼がセンター返しで出塁に成功すると、2番に入った岡島がバント。1死2塁で3番・銀次が
ボール先行3-1からしっかり1,2塁間を突破する右前安打を打ち返して先制打。二走・松井稼は本塁クロスプレーになったが好走塁で先制のホームイン。(楽1-0ロ)

3回表は、先頭・西田がヒットで出塁。小関バントで1死2塁、得点圏で先制のホームを踏んだ松井稼が今度は三塁線を突破する左翼二塁打でタイムリーをあげる。相手バッテリーが投げ切ったインコース高めの速球を打ち返した。

左投手が投げてくる真中高めから内角高めにかけてのゾーンはローボールヒッター松井稼、今季の弱点。ここまで16打数3安打、4三振、1二塁打の打率.188だったが、ここではしっかりさばくことに成功。それだけ古谷の球が走っていなかったということが言えそうだし、松井稼も1試合の休養を経てリフレッシュできた証とも言えた。

その後、3番・銀次の2打席連続タイムリー、1打席目に来日初安打を打った5番・エバンスも適時打で続き、本戦クリーンアップは12打数6安打4打点の活躍。1番打者が出塁に成功し、主軸が仕事をする。新進の西田も8番で猛打賞。理想のかたちで得点をかさね7点を奪った打線は、これで3戦連続二桁安打と調子は良い。【終】

◎◎◎関連記事◎◎◎
《松井裕樹の前回先発試合》
【試合評】松井裕樹好投をおじゃんにする、小関翔太痛恨! 過信の配球ミス~~2014年7月30日(水)●楽天イーグルス0-3ソフトバンク
《直近の試合評》
【試合評】 星野監督の拙い起用法が松井稼頭央のエラーを生み出した~2014年8月3日(日)●楽天イーグルス2-7西武
【試合評】風速10m超のタフな一戦を落とし、借金今季最多18へ~2014年8月5日(火) ●楽天イーグルス4-6ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI





関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

[太字]太字の文[/太字
いつも読み応えのある記事の更新に感謝!です。

残念ながら昨日の負けで今年のCS進出もあきらめました。

悪い流れがまったく断ち切れませんね。

個人の問題という意味ではなく、流れが変わるならもっと早い段階で松井(裕)くんが勝ち星を挙げていたはず。

則本くんが少なくとも3試合程度で不調を脱していたはず、と今さらながら思います。

首脳陣の采配の面でも、攻撃面で期待できる嶋くんを何度も先発から外すなど、納得できない部分もありますが、それは当事者しか分からない部分もあるし、たとえ普段は強いチームでも負ければ湧いて出るものでしょうから言っても仕方がないのかも・・・

たとえ負けても楽天イーグルスが魅力あるチームであることは私には変わりません(元々近鉄ファンで岩隈くんが好きだったので楽天ファンになったという経緯)。DeNAや広島、オリックスのように何年も優勝していないチームはたくさんあります。

来年以降の大暴れを期待して、今シーズン残りは松井(裕)くん、西田くん、宮川くんなどの若い選手の活躍を楽しみに見ていきたいと思います。

今後も興味深い記事を楽しみにしていますのでお体にご留意の上、ご活躍ください。

星野采配が末期ですわ

No title

 昨日の負けは本当に堪えましたね。Yahooブログを見る限り1人を除く全員の楽天ファンが自らの怒り、悲しみをblogに綴っていました。今年最低の試合でした。試合を振り返ると松井裕の成長が目に見えて感じ取れるのが収穫でした。しかも初のQVCですから私は合格点をあげてもいいと思います。それで問題の9回なんですが正直責任をあげるなら小関になるのかなあ?と思います。致命的なエラーを犯し、パニックになった投手を落ち着かせる前に自分がパニックになってた感じです。しかし最近の小関起用から首脳陣は何を考えているのでしょうか?確かに楽天投手陣で見るとコントロールの悪いピッチャーの場合、嶋より小関と組んだほうが防御率がいいんです。しかしあそこの場面で捕手を交代するという考えがどうして無かったのか?気になります。FA寸前での4年契約からの現状を考えると飼い殺しといわれてもおかしくありません。小関のバッティングが覚醒するとも思えないし・・・訳がわかりません。ちょっとチームから諦めのムードが漂っているのが最悪です。プロとしてもっとしっかりしないと
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}