【試合評】緑の犬鷲戦士、躍動。TOHOKU GREENで投打ガッチリ~2014年7月31日(木) ○楽天イーグルス5-1ソフトバンク

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/28配信最新号の主な内容は「 美馬学はスライダーピッチャー?」です。




相手守備ミスに乗じた序盤5点先制劇



TOHOKU GREENに袖を通した犬鷲戦士が躍動。23,036人。平日主催試合の最多観客動員数を更新した夜、久々に投打が噛み合った楽天が5-1で勝利。連敗を3でストップさせている。

打線が5点以上取って、投手陣が相手を2点以下に抑えたのは7/15オリックス戦(○E7-1Bs)以来、ちょうど10試合ぶりになった。

序盤、相手先発・東浜の立ち上がりと守備ミスに乗じ5点を先取したイーグルスが、そのリードを守り抜いた。

1回表、藤田が巧打で出塁し1死1塁、3番・岡島の当たりはセカンド正面。4-6-3の転送されゲッツーか?と思われた。しかし、この打球をセカンド本多がまさかの後逸。外野に抜けた打球は球足速く、右中間深部まで到達。一塁から藤田が長駆生還するには悠々の僥倖になった。(楽1-0ソ)

その後、AJが1塁へ歩いて3,1塁、バッターボックスは5番・銀次。元気印炸裂による会心の一撃はセンター返し。これで三塁から岡島がホームインして2点目が入る。(楽2-0ソ)

しかし、なおも1死2,1塁の好機でボウカー、嶋が凡退。畳みかけることができなかったのが一抹の不安になったが、翌2回、それを解消する3点が楽天に入っている。

先頭・西田内野安打で無死1塁、島内送りバント失敗で1死1塁となり、嫌な雰囲気になりかけた場面、1番・松井稼が技ありの右前フライヒット。一走・島内が悠々三進すると、続く藤田の打席時にワイルドピッチ。島内が生還して楽天に3点目が入る。

その後、藤田も粘りをみせ、フルカウント勝負の9球目。自分でもビックリだという打撃は東浜のインコース低め速球を上手く捉え、右翼席へ突き刺す2号2ラン。リードを5点に広げてみせた。(楽5-0ソ)

藤田「(暴投で)気持ち的に楽になりました。追い込まれていましたが、何とかランナーを進めようと思っていました。うまいこと打てましたね」

ブログ村投票のお願い
現在「楽天イーグルス」部門、
2位陥落なう・・・(うえーん!)
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

踏ん張った投手陣、最強打線を1点に抑える



楽天先発は塩見。復帰後2戦連続、内容の良い投球を続けていた背番号11は本戦でも上々の滑り出し。立ち上がりの1回表、三振含む内野アウトの三者凡退投球。2点先制直後の2回表、2死から長谷川に出会い頭のフェンス直撃二塁打を浴びたが、後続・本多を初球で遊ゴに仕留め、リードを守る。

3回表は1死後、9番・川島に左前へ弾き返されたが、うるさ型の1番・中村を外のスライダーで追い込んだ後、インコース低めに投げ切ってショート正面6-4-3の併殺網で切り抜ける。

2番・今宮から始まる4回表を2度目の三者凡退に退けた塩見は、5回表、本戦初の先頭打者出塁を許していた。ここも1死後、早々に追い込んだ本多に6-4-3のショート併殺打を打たせて、ピンチの芽を摘み取っている。

序盤2回まで5点を奪取したイーグルスは、中盤の4、5回、追加点の好機を迎えていた。

4回裏は先頭・島内がストレートの四球で1塁へ。その後2死2塁、岡島の中前ヒットコースのピッチャー返しは遊撃・今宮のダイビングキャッチに遭い、止められてしまう。このとき二走・島内が鈴木コーチが手をまわしかけたこともあって3塁オーバーラン。今宮からの送球を受け、必死に3塁帰塁を測るもタッチアウトの走塁死。

翌5回裏、2四球1安打で作った1死満塁では西田が高めボール球に手を出しての空振り三振。先ほど走塁ミスをした島内も初球カーブに崩されての一ゴ。中押しが奪えない。

5点差あるとはいえ、少し嫌なムードになりかけた6回表、球数59球からの投球になった塩見だが、疲れの色が見え始めたのか、2死後の3連打で1点を失い、無念の降板になった。

2死後、1番・中村、2番・今宮の右左に打ち分ける技あり連打でピンチを招くと、3番・内川が右翼へタイムリー(楽5-1ソ)。なおも2死2,1塁で打席に4番・李大浩を迎えた所で、星野監督、困った時のサブちゃんを選択する。

今季43登板目となった福山が見事な火消し役。149キロ速球で李大浩にイージーな遊ゴを打たせて危機を乗り越えると、回またぎ7回表は本多の内野安打1本だけに抑える好救援。バトンを8回のクルーズにつないでいく。

クルーズは1四球出しながらもホークスの反撃を防ぐと、9回はファルケンボーグが2死2塁~3,1塁のピンチを背負ったが、ラストバッターの代打・明石を右飛に仕留め、ゲームセット。イーグルスが連敗を3でストップさせている。

今季初のTOHOKU GREEN着衣ゲームで投打ガッチリ。試合後、語気を強めて中盤追加点を奪えなかった点を指摘した星野監督だったが、相性の良いTOHOKU GREENでの通算成績は昨年来これで11勝6敗1分になった。

チーム成績は6位、92試合38勝54敗、借金は16。ゲーム差は1位・ソフトバンクと17.5、2位・オリックスと16.0、3位・日本ハムも勝利したため9.5は変わらず、4位・西武と3.0、5位・ロッテと2.5としている。

各種戦績は、ソフトバンク戦5勝9敗、7月10勝14敗、後半戦3勝6敗、闘将復帰2勝4敗、コボスタ16勝25敗、先制ゲーム31勝18敗の推移になった。

両軍のスタメン

ソフトバンク=1番・中村(左)、2番・今宮(遊)、3番・内川(指)、4番・李大浩(一)、5番・柳田(中)、6番・長谷川(右)、7番・本多(二)、8番・細川(捕)、9番・川島(三)、先発・東浜(右投)

楽天=1番・松井稼(三)、2番・藤田(二)、3番・岡島(右)、4番・ジョーンズ(指)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・嶋(捕)、8番・西田(遊)、9番・島内(中)、先発・塩見(左投)


20140731DATA02.jpg
HANREI3.jpg

回またぎ12度目、福山博之、好救援



7月だけで球宴含む月間最多14試合への登板になった福山。最近では出てくるたびに「今日もお疲れ様ですm(_ _)m」という気持ちでいっぱいなのだが、本戦では見事な火消しぶりをみせてくれた。回またぎは今季12度目を数えたが、しっかり抑えてくれた。

本戦ではストレートの走りも最速149キロ、平均145.7キロと走っていた。7月に入って調子を落としていた福山は持ち味のゴロピッチングが影を潜めて7月月間ゴロ率46.9%だったのだが、打者5人と対峙した本戦ではゴロ率100.0%。本領発揮の内容になった。

福山には無理をさせるかたちにはなったものの、サブちゃん回またぎ好投が、チームの連敗ストップへ大きく扉を開いたと言える。

■楽天救援陣の今季回またぎ数
(カッコ)内は回またぎ直後に失点する割合
西宮悠介・・・13 (23.1%)
福山博之・・・12 (8.3%)
長谷部康平・・・11 (36.4%)
青山浩二・・・8 (0.0%)
松井裕樹・・・6 (16.7%)
宮川将・・・5 (60.0%)

20140731DATA03.jpg

残り2カ月、来季へ向けて期待ができる塩見の好投



5回2/3、打者21人、77球(1回当たり13.60)、被安打6、被本塁打0、奪三振5、与四死球0、失点1、自責点1。

初球21球・・・速球11、スライダー7、フォーク2、カーブ1
2ストライク以降20球・・・速球11、スライダー3、フォーク5、カーブ1

塩見「外野フライも少なく、全体的には良かったかなと思います。ただ、今日の展開ならば最低でも7回は投げきらないと。先発の役割を果たせていないし、後ろの投手に申し訳ないです。いつも、5回や6回に連打を打たれてしまっているので、全く納得できないです」

星野監督「うちの投手は、野球は9イニングと知らない。だいたい、5回で終わる。これをクリアしなきゃ。厳しくしなきゃ」

これで今季成績を防御率5.46、12試合4勝5敗としている。

確かに塩見や指揮官が語るようにスタミナ切れなのだろう、5回以降、打ちこまれるケースが多い今季の塩見である。今季5回以降の被打率は51打数21安打の.412。7月復帰後も本戦入れて23打数10安打の.435。いずれにせよ被打率4割越えである。

この点は確かに今後の課題点だったし、2死ながらも三連打を浴びて福山投入をせざるを得なかったのは残念なシーンだったが、トータルで見れば、残り2カ月、来季へつながる好投と評価したい。

(復帰後QSは1試合に止まっているとはいえ)内容のある投球が3試合連続して続けることができたのは本当に朗報で、これで則本が立ち直ってくれれば、則本、塩見、辛島、松井裕と先発ローテ陣が計算できる存在になってくる。Aクラス入りは絶望だとしても少しでも順位を上げて今季をフィニッシュさせるためには、背番号11の好投は良い知らせだ。

光ったストライク先行投球



超ストライク先行が光った。全体のストライク率は72.7%。恐らく今季最多の数字だと思われる。初球ストライク率は85.7%。21球中18球がストライクだった。

初球21球の内訳は、空振り2、見逃しストライク8、ストライク寄与ファウル6、ボールカウント3、安打1、凡打1だった。

初球のコントロールの精度が素晴らしく、初球でファーストストライクを取ることができた点も、塩見有利に働いた。

右打者へのクロスファイアの頻度は少なかった



本戦でも右打者のインコースを攻めるクロスファイアの精度が素晴らしかった。しかし、皆さん、お気づきだったろうか? 本戦含む復帰後の3試合の中で、右打者内角速球の割合が最も少なかったのである。

■7月復帰後、vs右打者の速球投球に占める内角速球の割合
7/14オリックス戦・・・65.4%
7/25日本ハム戦・・・41.4%
7/31ソフトバンク戦・・・22.2%

本戦では右打者に27球の速球を投じた塩見。しかし、インコースに投じたのは6球、全27球の22.2%に止まっていた。嶋がインコースにミットを要求したのも9回に止まっていた。

1年目見事なクロスファイアを武器に9勝を上げた塩見は2年目つまずいた。その理由の1つに投球傾向を分析され右打者の内角速球を打たれたのも大きかったのだ。下記のとおり、2年目は1年目より1割近く打たれていた。今回、右打者内角速球を少なめにし、2球続けて投げ込むことがなかったのは、相手に配球を読まれないようにというバッテリー間の意図もあったのかもしれない。(逆に内角スライダーで代用した)

■右打者内角速球の被打率
2011年・・・.178、2本塁打
2012年・・・.260、3本塁打
2013年・・・登板なし
2014年・・・.217、1本塁打

平均球速138.6キロと走っていたストレートに加えて、その作戦が奏功したことも大きいのだろう。本戦では右打者にストレートでヒットを許さなかったのも好材料である。結果は27球投げ込んで奪った空振り4球、3三振1凡打になっている。

一方、右打者へのフォークの精度がいまひとつだった。ストライクからボールゾーンに落とす良い変化のフォークが少なく三振僅か1個に対し、打たれたヒットは3本。凡打1本もゴロではなく内川の遊直だったから、フォークボールがストライクゾーン内に止まっていたことを示している。とはいえ、低めに集まっていたので長打にならずに済んだと言える。

回先頭打者の出塁を1イニングに抑え、要所で併殺網にかけることができた点も大きかった。

20140731DATA04.jpg
20140731DATA05.jpg

取ったというより、くれたというか、いただいたというか、もぎ取らないといけないよね



東浜の投手成績

5回1/3、打者28人、95球(1回当たり17.81)、被安打7、被本塁打1、奪三振2、与四球5、失点5、自責点3。

久々に投打噛み合った勝ち試合。しかし、試合後の指揮官の口調は厳しさ変わらずだった。序盤1、2回の5点先取劇について訊かれた星野監督は「取ったというより、くれたというか、いただいたというか、もぎ取らないといけないよね」と語った。

相変わらず辛口だなあと思った反面、確かにそのとおりだとも思った。

特に1回だ。本多のトンネル事故、銀次適時打の後、1死2,1塁の好機を活かすことができなかった。ボウカー三振後の嶋の打撃に拙さが目立った。恐らく狙い球ではなかったであろう初球カーブ、外角低めに投じられたブレーキが効いた難しいカーブを打ち上げ、二飛に倒れてしまう。今季、嶋が初球カーブをインフィールドに飛ばした初の事例になった。

4回1死満塁、西田の三振劇も拙さが目立った。制球乱していた東浜。ボール先行3-0からフルカウント経由、ラストは高めボールのストレートに手を出してハーフスイングの空振り三振に倒れていた。7回2死2塁での打席でも高めボールの速球に手を出してストライクを稼がれることが多く、これで高めボールゾーン速球へのスイング率は34.3%になった。(高めボールゾーン速球空振り率は16.4%)

◎◎◎関連記事◎◎◎
《塩見貴洋の前回先発試合》
【試合評】僅か1球で流れを手放した塩見貴洋。闘将復帰戦を白星で飾れず、借金今季最多タイ15へ~2014年7月25日(金)●楽天イーグルス1-8日本ハム
《直近の試合評》
【試合評】デーブ負の遺産で投壊。投手陣カンカン打たれ今季ワースト19被安打~2014年7月29日(火) ●楽天イーグルス4-10ソフトバンク
【試合評】松井裕樹好投をおじゃんにする、小関翔太痛恨! 過信の配球ミス~~2014年7月30日(水)●楽天イーグルス0-3ソフトバンク


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}