【試合評】福山博之を死地へと駆り立てる楽天・大久保博元代行の所業を断罪する~2014年7月21日(月・祝)○楽天イーグルス9-8西武

スポンサーリンク




後半開幕戦、今季3度目の先発全員安打で制す



絶対に書いておかなければならない大久保代行の重大ミスに行く前に、簡潔に試合内容を振り返っておきたい。

後半戦の開幕。5位・6位争いになった敵地西武3連戦の初戦を取ったのは、イーグルスだった。両軍33安打の打ち合いを制した。楽天はボウカーが3安打、2安打は松井稼、藤田、銀次、嶋、聖澤。今季3度目の先発全員安打を記録した。

1点を追う2回表、7月のチーム打率トップの楽天が相手先発・牧田和久を攻略した。先頭ラッツの安打出塁を起点に、5本の長短打と1四球を絡めて4得点。岡島、嶋、松井稼に適時打が飛び出すなど4-1と試合をひっくり返すのに成功した。(楽4-1西)

楽天の先発は美馬。中8日のマウンドだったが、1回裏、1番・秋山の四球を皮切りにピンチを招くと4番・中村の先制打で1失点。味方逆転直後の2回裏は1死から新人・山川に四球を与えたが、ここは後続の炭谷を併殺打に仕留め、切り抜ける。しかし、翌3回裏、回の途中で退場を余儀なくされている。

先頭・金子侑、続く秋山の短長連打で無死3,2塁のピンチを招くと、渡辺のセンター返しで1失点。さらに栗山の犠飛で1点を返され1点差に肉迫されてしまう。なおも4番・中村につながれ1死2,1塁としたところで46球降板。二番手に宮川が登板する。(楽4-3西)

宮川はこの回火消しに成功したものの、回またぎの4回裏、1死から炭谷、金子侑に短長連打を浴び、同点に追い着かれてしまう。(楽4-4西)

すると、5回裏、2死3,2塁で炭谷に3ランを打たれてしまう。(楽4-7西)

7回は両軍1点ずつを取り合って迎えた8回表、イーグルスは3点を追いかける中、この回から登板した西武三番手ボウデンを攻め立てた。先頭・嶋、9番・聖澤の国学院コンビの短長打で無死3,2塁のチャンスを演出。打席は途中出場の西田。未来を嘱望される期待の若鷲が大仕事、左翼席へ白球を運ぶ値千金の3ラン。重苦しい中、イーグルスが試合を振り出しに戻すことに成功する。

8回裏、斎藤がピンチに見舞われた。1死3,1塁で木村のスクイズ。サード前方の小飛球をラッツが好守、飛び出した三走戻れずの併殺劇で一気に危機脱出すると、9回表、回またぎの四番手・岡本篤を攻め、1死3,1塁で嶋のハイバウンドの三ゴ時に三走・銀次が決勝のホームイン!

9回裏、ファルケンボーグが1点差を三者凡退投球で守り切って、イーグルスが6回終了時負けている試合で今季3勝目を挙げる熱戦になった。

これで成績は84試合36勝48敗、借金は12へ。ゲーム差は1位・オリックスと14.0、2位・ソフトバンクと13.5、3位・日本ハムと6.5、4位・ロッテと1.5、5位・西武と1.0としている。3位・日本ハム以下が負けたため、3位までのゲーム差を縮めることができた勝利になった。

各種戦績は、西武戦7勝4敗、7月8勝8敗、直近10試合6勝4敗、大久保代行8勝7敗、6回終了時負けている試合3勝41敗としている。



両軍のスタメン

楽天=1番・松井稼(遊)、2番・藤田(二)、3番・ジョーンズ(指)、4番・ラッツ(三)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・岡島(右)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・美馬(右投)

西武=1番・秋山(中)、2番・渡辺(遊)、3番・栗山(左)、4番・中村(指)、5番・メヒア(一)、6番・木村(右)、7番・山川(三)、8番・炭谷(捕)、9番・金子侑(二)、先発・牧田(右投)


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
読者の皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140721DATA02.jpg
HANREI3.jpg


当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読者登録をお待ちしております。
☆7/21配信最新号の主な内容は「救援陣の負担大ナイトデー登板、パリーグ各球団の連投数を調べてみた」です。


2点を追う7回裏、大久保代行による理解できない福山博之の登板劇



さて、本題に入ろう。先ほど熱戦と書いたが、全くもって必要のない継投がイーグルス側にあったことを指摘しておかなければならない。これで大久保代行の戦績は8勝7敗、25日の日本ハム戦から星野監督復帰と伝えられている中、残り西武2試合で1勝を挙げれば、勝ち越しになる。

交流戦ズルズルと借金を重ねたチームを、佐藤コーチから監督代行のバトンを託された7/2オリックス戦以降、動くデーブ采配でチームに幾多の新風を吹き込んできた。

1番に松井稼やその後継者・西田を起用したり、聖域だった4番に好調の新助っ人ラッツを据え、AJには新たな持ち場3番で力を発揮させる。それまで足が使った攻撃を見せることができなかったイーグルスが、大久保代行に背中を押されるようなかたちで、機動力も発揮するなど、現在、チームには良いケミストリーが生まれている。

もし監督代行があのまま投手コーチも兼任する佐藤代行のままだったら、イーグルスは今より成績を落としていた可能性が高かっただろうし、その意味では、短期間のうちに土壇場でチームを立て直し、崖っぷちで踏み止まらせる「粘り」を醸成した手腕は、一定の評価が与えられてしかるべきだと思っている。

それらが功罪の「功」だとしたら、人は聖人君主ではないため「罪」のほうも当然あるわけで、その象徴というべき悪しき采配が、今夜、西武ドームで繰り広げられていた。

■楽天・福山博之 2014年7月 試合別 投手成績
※オールスター含む
20140721DATA07.jpg

我が耳を疑った2点ビハインド7回裏の継投劇



7回表、西武二番手ウィリアムスから作った無死満塁のチャンスで藤田のサード内野安打で1点を返した楽天は、7回裏、5-7の2点ビハインドで守備回を迎えていた。西武は5番・右のメヒアから始まる打順。大久保代行は、美馬、宮川、長谷部とつないだ投手リレーの四番手に福山の名を球審・森に告げていた。

思わず我が耳を疑ってしまったのは私だけではないはずだ。場内アナウンスが背番号64の名前をコールしたとき、絶句。私は長谷部をもう少し引っ張るか、右打者に強い(被打率.194)西宮をここで起用するのかと思っていた。

しかし、呼ばれたのは、オールスターで2イニングずつ合計4イニング連投55球を投げ、中1日でマウンドに向かうことになった福山である。

大久保代行はコーチとしてオールスターのパリーグベンチに入っていた。楽天の星野監督球宴指揮によるドタバタ二転三転劇の尻ぬぐいをするように、金土と福山がヒットを打たれながらも連投したあの光景を目撃しなかったのだろうか? もし見ていないとすれば、その両目は節穴と言わざるをえない。

「ヒジ肩は大丈夫です。いい経験をさせてもらいました。打たれなければよかったですけど」。晴れ舞台の後、福山は報道陣にそのようなコメントを残していた。もしかして大久保代行、佐藤投手コーチら首脳陣は「ヒジ肩大丈夫です」という本人の自己申告を鵜のみにし、本戦で起用したのだろうか? だとすれば、指導者失格である。

55球の球宴連投は単なる連投ではなかった



球宴での55球の連投は、単なる55球連投劇ではなかったのだ。

まず、今季前半戦だけで38試合に投げた福山だが、その38回の起用でも、連投による2日合計55球は1度もなかった起用法だったのだ。

それだけでなかった。上記に掲げた7月試合別成績表が示すとおり、この3週間に行われた17試合に3度の連投含む10試合で起用されるという過密登板が続いていたのだ。

まだある。これが最も重要だけど、福山は明らかに疲弊していた。下記表は防御率を始めとした投手指標を月度別にまとめたものになる。この表の各指標が示すとおり、楽天のサブは7月に入り、数字を大きく落としていた。

防御率は7月だけで6.43。被打率は.414を記録し、ストライク率も開幕当初70%近かったのが7月は63.4%まで下落。ストレート平均球速も5月6月と比べると下落傾向で、相手打者の打球はアウトになりやすいゴロではなく、フライまたはライナーが増えていた。

■楽天・福山博之 2014年 月度別 防御率・被打率他
※7月は7/21終了時
20140721DATA06.jpg

ストレート140キロ越え1球もなし



誰が見ても疲労困憊しているのが明らかだったのが、今の福山なのだ。

それにもかかわらず、大久保代行の要請に応えて、けなげに7回アタマから登板した。

すると、先頭の5番・メヒアに安打出塁され、バントで送られ1死2塁、代打・浅村を二ゴに討ち取り2死3塁まで漕ぎつけたものの、炭谷に痛烈なピッチャー返しを浴び、グラブで弾いたものの、これが内野安打に。その間、三走に生還され、その後、金子侑にもヒットされて再び2,1塁のピンチを招いたところで、降板。金刃にバトンタッチした。

本戦の福山はストレートが全く走っていなかった。その平均球速は137.1キロ。1球たりとて140キロを越えてくることはなかった。この1つの事実だけとってみても、開幕来の蓄積疲労に加え、直近ではオールスター連投の疲労が全く抜け切っていなかったことを表している。球宴で広島・堂林に一発を打たれたストレートは143キロ出ていたのだ。村田に投げたときは146キロを計測していたのだ。それが、本戦、全く走らなかった。

疲労が溜まっている中で、過密日程の登板過多をさせることが、どれだけ故障リスクを高めるのか?そのくらい素人の野球ファンでも簡単に推測することができる。

勝ったからいいではないか?と言うファンの中にはいる。しかし、あの場面で、福山ではない誰か(西宮や長谷部回またぎ)のほうが失点リスクは減っていただろうし、その後、もっと楽に勝てたかもしれないのだ。あの場面、福山を起用したことでチームが勝つ確率は下がったとみるのが妥当のはずだ。

また、あの場面、福山が失点せずとも、ヒット打たれずに三者凡退をみせていたとしても、私はこの継投を容認することはできないし、結果オーライだから福山を使って良かったと言う積極的理由にはならない。

Aクラス入りへチームの一体感を高めるためには、あの場面で福山が投げる必要があったと言う人もいるだろう。しかし、その論理には全く同調できない。連覇を祈る祭壇には人身供養が必要とばかりに供えられたのが福山だったということになってしまう。この光景は日本シリーズ第7戦160球連投劇の田中将大の姿とかぶってみえてしまう。

このままだと本当に福山は壊れてしまう。

昨年12月、「イヤーアフターエフェクト」という米国生まれの指標を用いると、福山は今季活躍できないのでは?という結論を御紹介した当ブログだったが、今、そのリスクが極限まで高まってしまっていると言える。

◎楽天のサブちゃん、福山博之。2014年活躍できないその理由とは?!

このありえない無謀な起用をみて、私は改めて思い出していたことがある。

2011年12月、楽天の打撃コーチに就任したばかりの大久保氏に、週刊ブレイポーイが行ったインタビューだ。その一節を引用しよう。

◎東北楽天イーグルス一軍打撃コーチ、“デーブ”こと大久保博元「信じないと人は育たない」 | 週プレNews


─振って振って振り込ませるのがデーブ流ですが、これにはどのような理由が?

「運動生理学的には、人間、体に力が入ってるうちは、いい形を体が覚えないんです。だから徹底的に疲れさせて余分な力が入らなくなったとき、初めていいフォームを体が覚える。その意味で、かつては“根性論”と思われていた千本ノックにも実は意味があったということが今では立証されているわけです」


千本ノックを頑なに信じ、2軍監督時代、実際に土砂降りの雨の中、塩見に対して千本ノックを敢行したという逸話は先日報道で明らかにされている。そして今年2月には脱水症状を起こしていた柿澤に対しノックを続けさせ、心配停止まで追い込んだ。

結局、この人の言葉を一部借りるなら、かつては“根性論”と思われていた投手酷使にも実は意味があったということなのだろう。その意味は、福山に対してプラスになる意味ではない。自らが采配を振るう試合では最低限勝ち越して三木谷オーナーにアピールしたいという思惑なのだろう。でなければ、こんなムチャブリ継投、説明がつかないではないか。

最後に、憶測だけで煽ったような書き方をするのに(これでも自制しているのだが)、眉を潜める読者もいるかもしれない。先日Twitterのフォロワー氏から「それはあなたの推測で、実際は他のところに真実があるのでは?」と言われたこともある。

◎ブログを記事だと勘違いしている人が多すぎる (More Access! More Fun!)

しかし、ブログは、上記ブログが主張しているように、エッセイとほぼ同じですから。

長くなってしまった。美馬がスライダー偏重の投球だったことなど、嶋と組んだときある局面で極端な配球傾向になっていることなど、他にも書きたいことがあるものの、本エントリーはここまで。

20140721DATA03.jpg

美馬学の投手成績

2回1/3、打者13人、46球(1回当たり19.72)、被安打5、被本塁打0、奪三振2、与四球2、失点3、自責点3。

美馬の談話「今日は本当に何もありません。次の投手にも、チームにも申し訳ないです」

20140721DATA04.jpg
20140721DATA05.jpg

牧田和久の投手成績

6回0/3、打者30人、108球(1回当たり18.00)、被安打9、被本塁打0、奪三振4、与四死球3(四2死1)、失点5、自責点5


◎◎◎関連記事◎◎◎
オールスターで150キロを放り込まれた則本昂大、連投4イニング55球も投げた福山博之。両人の後半戦を心配する
先発復帰が決まった松井裕樹。背番号1を見守るため必要な2254の数字の意味とは
メルマガVol.047配信しました~~オリ本屋敷コーチが警鐘を鳴らす、救援陣の負担大ナイトデー連投。パリーグ各球団の連投数を調べてみた


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

不幸の連鎖

 前のコメントありがとうございます!
勝ったには勝った試合ですが今日の中継ぎ総動員を見てると明日の青山、明後日の松井裕での投手起用が怖いですね。今日の試合でおそらく明日は宮川と福山が投げられませんので(デーブのすることは分かりませんが)先発に頑張ってもらうしか無いようです。それにしても福山の件、酷いですね。もっと悪い方向へと行きそうです。この事態を止められないヨシコーチ、そして古い根性論を使い投手を軽視するデーブ。この二人が原因での怪我は避けられないでしょう。でもどうして今日のようなビハインドで投げさせたのでしょうね?不思議です、すごく。恐らく役割分担ではなくブルペンでの調子かそれともいい投手から優先的に使ってるのか、分かりませんが大分おかしいですね。ただ、このような悲劇を生んだ原因の一つとして先発が長い回を投げないことも忘れないでほしいです。今年の美馬のピッチングを見てるとイライラしますねほんとに。まともにボールをコントロールすることも出来ず、打者と勝負する前に自分と勝負している時点でもうプロ失格ですよ。だから2勝9敗という事実が出来上がった。彼は今日登板する前にコメントで「後半からでも巻き返す時間はある」とか悠長なこと言ってましたが危機感って無いのかな?デッドボールの件でもそういう発言をしてましたし(確信は出来ませんが)能天気なのかもしれませんが我慢の限界ですね。打線が活発な中、こうした投手陣の崩壊へのカウントダウンが始まったと見ていいでしょう。
 最後にあえてデーブを擁護するならデーブが就任してからの打線が活発であることを挙げます。デーブ就任以前のチーム1試合の平均得点が3.2点、デーブ就任後のチーム1試合の平均得点が4.9。さすがに試合数が違うので時期尚早かと思われますが(しかも中央値も測ってませんが)私個人とすれば星野監督が一軍復帰する場合、デーブを打撃コーチに回したほうがいいのかなと思います。

福山に代わる右中継ぎが…。

昨日は勝つには勝ったが、やはり福山は?ですね。

メヒア・木村・山川(代打浅村)が右打者なので左を使うのは躊躇したのでしょうね。5回の打席ではメヒア・木村と宮川からヒットを打っていたので尚更、左対右を使いたくなかったのでは、と思いました。
ただ西宮は右を確かに抑えてましたからshibakawaさんのご指摘は適切ですね。福山は休ませてもよかったのでは。2点差でまだいけるぞ、という雰囲気では右の菊地を使えない、ということでしょうか…。
早く小山伸に復帰してほしいところですね。

今日は青山-菊地の先発。
左投手でどういう打線を組むか。ボウカーはスタメンから外れるならば左翼は誰か、松井稼と西田の起用法がどうなるか。

私は対左投手ということで考えた打順がある。
1番 DH松井稼 2番 二塁藤田 3番 左翼A・J  4番 三塁ラッツ 5番 一塁銀次 6番 左翼岡島 7番 遊撃西田 8番 捕手嶋(小関) 9番 中堅牧田(聖澤)

AJは右翼を守った試合があるので左翼はできない訳がない。
それならDHラッツで三塁松井稼、という声が従来の考えだろう。
しかし松井稼は遊撃や三塁でスタメン起用でも終盤選手交代している現状がある。(ラッツも終盤は変わっているが…。)満身創痍でありながら、三塁から二塁へのバックトスを見せる守備は確かに捨てがたい。しかし10月には39歳である。(
同い年だからどうしても贔屓目で見てしまう)1番打者でチームに良い化学反応を起こしている効果は下位に低迷しているチームにプラスになる。
1番DHといった固定観念を捨ててでも試してみる価値はありそうだとは思うのだが…。
対左投手先発限定で1番DH松井稼、復帰予定の星野監督が起用するか?西田とラッツの活躍と状態次第なので見ていきたい。



追加です。

ラッツが死球で離脱とは…。復帰まで6週間かかるようで(スポニチ)、痛いなぁ。

これで三塁松井稼、遊撃西田を使い続けないといけない状況になりました。松井稼が疲れてトレーナーからストップがかかったら、銀次三塁、島内かボウカーの一塁を検討しないとな。
勿論西田の怪我が一番こわいのですが。
岩崎と西村に打力アップは望めないし…。

こういう時こそ2軍の中川が出てこないといけないんですがねぇ…。

星野監督もこういう間の悪い時に復帰するのか…。
ストレスで体調が再び悪化とならなきゃいいんですが。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}