【試合評】主軸を組み替えた大久保采配ズバリ的中。涌井秀章に引導を渡す序盤6点劇~2014年7月13日(日) ○楽天イーグルス7-4ロッテ

スポンサーリンク




組み換えオーダーが機能した初回4点劇



1勝1敗で迎えたホームロッテ3連戦。大久保代行は4カードぶりの勝ち越しを懸けた一戦で打線を大きく組み替えてきた。

両軍のスタメン

ロッテ=1番・加藤(中)、2番・鈴木(二)、3番・角中(右)、4番・井口(一)、5番・ブラゼル(指)、6番・クルーズ(遊)、7番・今江(三)、8番・江村(捕)、9番・ハフマン(左)、先発・涌井(右投)

楽天=1番・西田(遊)、2番・藤田(二)、3番・ジョーンズ(指)、4番・ラッツ(三)、5番・銀次(一)、6番・ボウカー(左)、7番・岡島(右)、8番・嶋(捕)、9番・牧田(中)、先発・宮川(右投)


1、2番は前日と変わらずも、3、4、5、クリーンアップの並びを大胆にも入れ替えてきた。

AJが4番スタメンを外れたのは昨年9/27ロッテ戦以来2度目。このときは前日ライオンズ戦でリーグ優勝を決めた二塁打の走塁時に左足ふくらはぎを少し痛めたとのことで、首脳陣が大事を取らせての休養日だった。AJがスタメンに名を連ねるゲームで4番スタメンを外れたのは来日初のことである。

そのAJを高い出塁率ということで3番に上げ、打撃絶好調のラッツを球団史上21人目の4番打者に据える。元気印の銀次は5番。チームで最も穴のない打撃で、溜まった塁上の走者を一気にホームへ呼び込もうというラインアップだった。

その組み換えオーダーが1回表、さっそく機能する。

ロッテ先発は涌井。前回4/29対戦時には6回無失点の白星を許していた涌井に、イヌワシ打線が襲いかかる。左打者の内角投球はシュート回転して真中へ、右打者の外角狙いも甘くなって真中に。ストライクは真中に集まり、ボール球はハッキリと分かるボール。制球に悩む涌井の失投を、楽天の各打者が心地よく捉えていく。

1番・西田のライトヒッティングを合図に始まった攻撃は、藤田安打、AJ死球で無死満塁を迎えていた。

ビッグチャンスに21代4番打者に就任したラッツ。初球で決めた。

涌井がインコースに投じてきたシュート。巧みな技術で中前へ弾き返した。「ちょっと詰まったけど、うまく振り抜けたし、結果が出て良かったです。気持ちはセンター方向。その気持ちがあるから、良い方向に打球が飛んでいると思います」。中前で弾んだ打球は、西田、藤田をホームへ呼び込むのに十分な2点先制打に。(楽2-0ロ)

無死満塁直後の初球でいきなりガツンと先制パンチをくらわせた楽天は、なおも無死2,1塁で3番・銀次が追撃の右翼フェンス直撃弾を打ち返していく。あともう少しでスタンドインという快飛球は、2-2から外角低め狙いのチェンジアップがストライクゾーンど真ん中に入る失投を一閃したもの。2塁からAJを生還させる適時二塁打になり、楽天に3点目が入る。(楽3-0ロ)

無死3,2塁でボウカー三振、岡島遊飛、2死になるが、8番・嶋が真中に入ったカーブを上手く中前へ料理し、三走・ラッツが生還。(楽4-0)

その後2死3,1塁で9番・牧田。初球を打って右飛に倒れ5点目はならなかった。しかし、シュート回転して高めに入ってきた速球を叩いた当たりは、右翼フェンス手前まで到達する大飛球になり、凡打であっても確実に捉えた良い打撃を見せていた。



凡打の中にも良い当たり多数。落日涌井に引導を渡す序盤6点劇



初回4点を奪取したイーグルスは、翌2回裏、2点を追加している。

1死後、藤田、AJがストレートの四球で歩いた2,1塁。4番・ラッツ凡退後の2死、貰ったチャンスをモノにしたのは5番・銀次だった。今度は0-1からインコース狙いの投球がシュート回転して真中へ来た球を快音響かせ中前へ弾き返した。銀次らしい綺麗なラインドライヴがセンター加藤の前で弾み、加藤の後逸エラーも重なって、一走AJまでもが長駆ホームインに成功。2点が入る。(楽6-0ロ)

3回は三者凡退。しかし、内容の伴う打撃での凡退だった。岡島の逆方向は左翼ウォーニングゾーンの手前まで達したライナー性の流し打ちで、嶋の二ゴは9球粘っての1,2塁間を襲った右打ち。セカンド鈴木の好守にも遭い、アウトになっていた。4回もゼロに終わったが、西田のエンタイトルツーベースで無死2塁~1死3塁のチャンスを作る。2死後、4番・ラッツの左飛も捉えた当たりでフェンスギリギリを襲う快飛球をみせていた。

この日、涌井は楽天打線に75球を投じたが、奪った空振りは僅かに2球(2回西田の4球目スライダー、3回牧田の三振チェンジアップ)。往時の制球も球のキレも失せた涌井の球は、さながら打撃投手然そのもの。楽天打線は涌井を4回6失点でKOし、ロッテに5回から継投策を余儀なくさせることに成功した。

試合後、涌井は伊東監督に「放牧」という名の無期限2軍調整を命じられている.

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
現在「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
20140713DATA04.jpg
HANREI3.jpg

終盤、ロッテの反撃を必死のブルペンリレーで逃げ切る



5回は両軍1点ずつを取り合った。

楽天の先発・宮川は4回まで許したヒットは僅かに1本。2塁を踏ませない力強い好投でスコアボードにゼロを並べていた。しかし、5回、1死後に連打と四球で満塁の危機を招くと、1番・加藤の4-6-3併殺崩れで1点を失った。(楽6-1ロ)

なおも2死3,1塁、2番・鈴木にストライクが入らずに1塁へ歩かせ、再度満塁。3番・角中を僅か2球で追い込んでからフォークが思うように決まらず8球まで粘られてしまう。ラストは球種を変えてフルカウントから膝元スライダーで空振り三振を奪ったものの、突如顔を覗かせた不安定な投球が首脳陣の心証を悪くし、5回で御役御免に。

1点取られた直後の裏、ロッテは二番手・上野。先頭の銀次がヒット・バイ・ピッチで1塁に歩くと、ボウカー右前安打で一気に無死3,1塁、三進した銀次を岡島が右犠飛でホームに呼び寄せ、イーグルスに7点目が入る。(楽7-1ロ)

6点差を持って臨んだ6回以降、福山、松井裕、西宮、斎藤、ファルケンボーグと繋いだ逃げ切りブルペンリレー。6回に福山が3本のヒットを集められ2点を失うと、8回は西宮が1四球2安打で1失点(楽7-4ロ)、1死も取れずになおも無死3,2塁で降板、斎藤にバトンタッチする。無死3,2塁から斎藤が、今江三ゴ、田村空三振、ハフマン三ゴと相手の反撃をきっちり絶ち切ると、9回は帰ってきたファルケンボーグがしっかり3人で締め、ゲームセット。

イーグルスが序盤6点のリードを守り、7-4で逃げ切り勝利を飾っている。

福山、西宮、松井裕と疲労の色が見え隠れする苦しい状況だが、球宴まで残り3戦、なんとか乗り切り、オールスターブレイクで一息ついて英気を養ってもらいたい。

これでチーム成績は80試合33勝47敗、借金を1つ減らし14へ。順位は6位のまま。5位だった西武がサヨナラ勝利を収めたため、ロッテと入れ替わり4位に浮上している。ゲーム差は1位・ソフトバンク、2位・オリックスと15.0、3位・日本ハムと8.0、4位・西武と2.5、5位・ロッテと2.0の推移。

交流戦明け7勝8敗、ロッテ戦7勝5敗、大久保代行5勝6敗としている。

20140713DATA02.jpg

5回、打者21人、87球(1回当たり17.40)、被安打3、被本塁打0、奪三振3、与四球3、失点1、自責点1。

初球21球・・・ストレート13、スライダー3、フォーク2、カーブ3
2ストライク以降24球・・・ストレート12、スライダー4、フォーク7、カーブ1

宮川の談話「調子は良くなかったですが、逆に丁寧に序盤は投げることができました。4回まではリズム良く投げられていましたが、5回にドタバタしてしまいました。明日からの3連戦もあるので、少しでも中継ぎ投手の負担を減らそうと思っていましたが、もったいなかったです」

宮川、ドタバタ反省の5回1失点



これで今季成績を防御率2.15、3勝0敗、WHIP1.13としている。

制球はイマイチだった。嶋が要求したミットの位置とは“あらぬ方向”に到達した制御不能の投球は、当ブログ調査だと全体の41.4%。コントロールに難があったが、細かい制球を気にせず、腕を振って打者に向かっていったのが奏功したと言えそうだ。

中でも光ったのは真っすぐだった。

最速141キロ、平均137.6キロのストレートが機能。ストレートの球種別被打率は12打数1安打、1三振、1四球の.083。甘く入った高め真っすぐであっても、相手打者はボールの下っ面にバットを入れるかたちで打ち損じ、打ち上げる外野フライアウトが目立っていた。

一方で変化球の精度は物足りないものだった。

左打者には低めに上手く集めることに成功した一方、右打者には高めに抜けてしまうケースも多かった。前回7/8日本ハム戦ではすこぶる機能したフォークも、本戦ではバットに当てられ粘られたり、ボールになる投球が多く、精彩を欠く内容。

序盤6点の援護で戦意喪失した相手打線の攻撃が荒くなったのも宮川好投の一因になったか。気になるのは防御率(2.15)とFIP(3.87)の差が開き過ぎている点である。この差が大きければ大きいほど、その投手は自身の力量ではなく、味方の好守や運など他要素の僥倖に恵まれている部分が大きいと言える。

20140713DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
《宮川将の前回登板試合》
【試合評】3位・日本ハムを大勝撃破。Aクラス入りへ希望の光が差し込む16安打12得点のビッグゲーム~2014年7月8日(火) ○楽天イーグルス12-5日本ハム
《直近の試合評》
【試合評】「終戦」の二文字忍び寄る今季最長4時間16分力負け~2014年7月10日(木) ●楽天イーグルス6-7日本ハム
【試合評】 最多借金を回避する打ち合い勝利。その影で懸念される則本昂大蓄積疲労と田中将大の故障~2014年7月11日(金)○楽天イーグルス8-7ロッテ


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

投手陣の行方

 昨日の宮川選手は結果的に5回1失点でしたが合格点を与えるにはまだ足りない気がします。それは彼が先発で投げた3試合全てQS出来てないからです。先発2試合目と3試合目での援護点が多かったのを除くと実際彼の実力は最初のオリックス戦になるのでは無いかなと思います。次の試合でそろそろ負けそうな気がします。実はデーブ監督になってからの11試合の成績を見ると11試合中先発がQS出来た試合が2試合、QS率で言えば18%、去年のSBより酷いです。しかもQSした2試合も先発に負けが付いてるのも気がかりです。また、1試合平均の登板人数も4.5人と登板過多気味です。現状先発でQSに期待できるのが辛島だけとは悲しいです。二軍でも上げられそうなのが浜矢だけと深刻な先発不足です。唯一良かったのがオリックス3連戦が終わればオールスターになること。恐らく後半戦から楽天の逆襲が始まります。厳しいかもしれませんが何とかCS圏内に入って欲しいです。

Re: 投手陣の行方

沖縄尚学!さん

>実はデーブ監督になってからの11試合の成績を見ると11試合中先発がQS出来た試合が2試合、QS率で言えば18%、去年のSBより酷いです。

昨日試合前データですが、交流戦明けでチームQS率が最も低い(26.7%)のは実は楽天なんですよね。日本ハムの28.6%より低い。一方、二桁安打試合の多さは楽天が最も多く。打線は活発なのに、投手陣(特に先発陣)が踏ん張ることができないという状況。交流戦のころは逆だったんですけど、うまいこと噛み合わないんですよね。ここで投手陣が頑張りをみせてくれたら、一気に連勝、連続カード勝ち越しなどあるのでしょうけど。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}