報ステ・工藤公康氏が指摘。田中将大右肘靭帯部分断裂の一因に「腕のしなり」あり?!

スポンサーリンク




報ステで工藤公康氏が田中故障の原因を指摘



田中将大右肘靭帯部分断裂の件について当ブログでは新たに1つのエントリーを設けて何かを書くつもりはなかった。こうなるリスクが常に存在していることは、昨年日本シリーズ第7戦160球連投のときに書いていた。

◎日本シリーズ第7戦9回、楽天・星野仙一監督の田中将大起用について私が「汚点」と書いたその理由 (2013.11.6)

◎日本シリーズにおける田中将大と藤田一也の決定的な違いとは?! (2013.11.8)

以来、思いは一貫している。

そのため、今改めて何かを書いても、過去の焼き増しにしかならないのでは?という思いがあったし、かなりのショックで気落ちして書く気が起きなかったのも確かなのだ。

ただ、昨夜の報道ステーションを見て、考えが変わったので、このエントリーを書いている。

報道ステーションに出演した工藤公康氏がさらっと興味深い発言をしていたのだ。

工藤氏は故障の原因として幾つかの可能性を指摘していた。

NPBの中6日とMLBの中4日の登板間隔の違い。
肘に負担がかかるスプリッターの多投。

付け加えて、工藤氏が指摘したのは、日本人投手特有の肘のしなりだった。

しなりを多く使いすぎると、肘に負担がかかり故障するケースが多いと言う。

田中将大のしなり。ここで私は数カ月前に放送されたテレビ番組の内容を思い出していた。

NHK BS4/20放送の『ザ・データマン 「“0.44秒”打者ねじ伏せる直球劇場」』だ。

『ザ・データマン』とは「あらゆるスポーツを数字で徹底解剖!数字に隠れた真実!プロのトップアスリートも驚く意外なデータの意外な切り口で競技の醍醐味に迫る新感覚スポーツ番組」とのこと。

4/20放送回は田中将大の直球について取り上げていた。

詳しくはほぼ全文を書き起こした下記エントリーを御参照頂きたいのだが、ここでは、しなりについての一部分を抜粋する。

◎ほぼ全文の書き起こしをしました→NHK BS4/20放送分、ザ・データマン「“0.44秒”打者ねじ伏せる直球劇場」



伸びのある直球を生み出す下半身の柔軟性。それを田中投手は入団後、鍛え上げていた。

さらに伸びる直球を裏付けるのが、体幹に対しての腕のしなりの角度。最大凱旋角度は107.04度。平均的な投手と比べて5度近くしなっているというデータだった。

データマン安岡「ストレートを投げるときに大きく関係してくるんですか?」平均的な投手と比べて5度近くしなっているというデータだった。


筑波大学・金掘哲也氏「そうですね。凱旋が大きくなると腕を振る距離が長くなっていきますので、自然と伝わるエネルギーが大きくなっていきます。それとストレートに伝わる力も自ずと大きくなっていきますので、最大が大きい投手はかなり良いボールを投げると思います」


ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります
おかげさまで現在「楽天イーグルス部門」1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

田中独特の腕のしなりが故障の一因につながっているのでは?



田中将大の腕のしなりの角度は平均的な投手と比較して5度も違うという。

金掘氏が指摘するように、凱旋角度が大きいとそれだけストレートに伝わる力も増幅されるという。ということは、伝わる力が増えれば、肘にかかる負担もそれだけ増すということなのだろう。

NPB時代の田中が本当に腕のしなりを目一杯使って投げたのは、ギアを入れたときぐらいなのだろう。というのは、NPBのストレート平均球速は約140キロ。140キロ台後半をコンスタントに出す田中の真っすぐは、ギアを入れずとも十分に打者をねじ伏せていた。

しかし、MLBは違う。『Slugger』2014年2月号「2013-14MLB投手白書」によると、MLBにおける昨年のストレート(4シーム)平均球速は91.7マイル(約147.6キロ)だったという。NPBと比べてこの7キロの差が、田中の真っすぐを優位性のない球種にさせ、通用しづらいものにさせていた。

そのため、スプリッターに頼らざるを得なくなり、球種割合は昨年の18.2%から今年は23%前後まで上昇していると言われている。一方、速球を投げ込むときには、NPB以上に腕のしなりを使った投球をする必要があった。でないと彼らには通用しない。そういう事情もあったのではないか。

故障の原因は、高校時代~NPB(楽天)での登板過多、特に日本シリーズでの前例なき160球連投に加えて、MLBでの中4日という登板間隔の短さ、マウンドの堅さ、それに適応する調整法の未確立、ヤンキースのチーム事情などなど、色々複合的に絡みあった中で「時限爆弾」が爆発したということなのだと思う。

その諸々の原因の1つに、田中将大の特徴を決定づける1つ、平均的な投手と比べて5度近くしなっているという独特の腕のしなりがあったのではないか、と考えている。

ちょうど1カ月前、ネット上にこのような記事がアップされていたのを覚えている。

◎【MLB】若い投手に「トミー・ジョン手術」急増中の謎 (web Sportiva)

ここで語られているのは、全力投球や剛速球が、トミージョン手術のトリガーになっている危険性である。

NPB以上にMLBでは全力で投げる必要があった。NPBで投げていたときより、もっともっと速いスピードボールを投げ込む必要があった。そのため、腕のしなりを使いすぎて、工藤氏が言うように、故障の一因になったのでは?と私は今想像している。


◎◎◎関連記事◎◎◎
レスターとの投手戦を演じた田中将大。中盤ピンチを切り抜けるも、最終9回表2死からの被弾で今季3敗目~2014年6月28日●NYY1-2BOS
苦しんだ田中将大、デビュー連続QSストップも44年ぶり快記録の12勝到達~2014年7月3日○NYY7-4MIN
左打者8人を並べたインディアンスの田中将大対策にマー君ハマる...7回自己ワースト5失点の4敗目~2014年7月8日●NYY3-5CLE


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームがいい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となります。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

ブログパーツ
レンタルCGI




関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

No title

>日本人投手特有の肘のしなり

これを読んで思い出したのは、1993年のヤクルト新人伊藤智仁投手。
彼の素晴らしいスライダーを産んだのは、彼の肩の可動域が他の選手よりも広いため、と言われる。
しかしその肩の可動域が、身体に負担を掛けてしまうと言う悲劇。
野村元監督はフォームを改造しなかったことを後悔していたという。

田中はこの故障をきっかけに、フォーム改造や変化球の新たな習得、投球術の再考もありえるだろう。

田中がこの試練をどう乗り越えるのか、ファンとして見ていきたい。


Re: No title

ゴールドクラブさん

伊藤智仁のようになって欲しくはありませんよね。

ビザの関係で渡米もぎりぎりになってから。ヤンキースに合流してからはあれよあれよの毎日だったでしょうから、田中にはこの6週間、ここまでをしっかり見つめ直して、一度、自分の投球を棚卸しする作業が必要でしょうね。私も背番号19がどのような変化をみせるのか?どのような結論に達するのか?見守っていきたいと思います。

> これを読んで思い出したのは、1993年のヤクルト新人伊藤智仁投手。
> 彼の素晴らしいスライダーを産んだのは、彼の肩の可動域が他の選手よりも広いため、と言われる。
> しかしその肩の可動域が、身体に負担を掛けてしまうと言う悲劇。
> 野村元監督はフォームを改造しなかったことを後悔していたという。
>
> 田中はこの故障をきっかけに、フォーム改造や変化球の新たな習得、投球術の再考もありえるだろう。
>
> 田中がこの試練をどう乗り越えるのか、ファンとして見ていきたい。
非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}