苦しんだ田中将大、デビュー連続QSストップも44年ぶり快記録の12勝到達~2014年7月3日○NYY7-4MIN

スポンサーリンク






当ブログは有料メルマガ「shibakawaの楽天イーグルス応援マガジン」も発行、御好評頂いてます。これをお 読みのあなたも、さらに深くイーグルスのこと知ってみませんか? 毎週月曜日発行、月3~4回程度配信。月 額514円。
登録初月の購読料は無料です。
クレジットカードお持ちでない(使いたくない)方の販売も対応しています。

購入方法(まぐまぐと直接販売)やメルマガ本文の一部内容など、詳しい御案内は「◎shibakawaの楽天イーグ ルス応援マガジン、読者募集のお知らせとバックナンバー一覧」をクリックして御参照下さい。皆様の読 者登録をお待ちしております。
☆6/30配信最新号の主な内容は「枡田、島内、永井、戸村。気になる選手の2軍成績をチェック」で す。


20140704DATA04.jpg

HANREI3.jpg

自らの敗戦で始まった連敗を止めるべく、敵地ツインズ戦に登板



レスターとの投手戦。1-1で迎えた9回表2死、追い込んでからナポリへ投じたアウトハイ96マイル(約154.5キ ロ)の真っすぐだった。この見せ球をナポリに右翼席へ放り込まれてチームは1-2で敗れ、田中が無念の3敗目を喫したあの夜から、ヤンキースは5連敗である。

チーム成績も41勝42敗の借金生活に転落。アリーグ東地区3位は変わらずも、1位・ブルージェイズとのゲーム 差は4.5と縮まらない。

一方のミネソタツインズは38勝45敗のアリーグ中地区最下位。既に秋風漂う低迷チームの敵地に乗り込んで、 今日から4ゲームシリーズ。その初戦、田中将大が自ら始まった連敗を止めるべく登板した。

敵地ターゲットフィールドは初。7/15の同地で行われるオールスターの先発候補とされている田中にとって、 球宴の予行演習的な要素も含まれていたのかもしれないが、試合中はそんなことかまっていられるほどの余裕はなかった。

また、新記録を目指すマウンドにもなっている。前回9回2失点でメジャーデビューから16戦連続クオリティス タートというMLB記録に並んだ田中は、本戦でMLB新記録の樹立を目指す。

投げ合う相手は右腕のフィル・ヒューズ。昨年までピンストライプに袖を通し、一時期は将来のエースと目さ れ、先発陣の一角で56勝を挙げた27歳。今季の成績は防御率3.58、8勝4敗。チーム1の勝ち頭である。

両軍のスタメン

ヤンキース=1番・ガードナー(左)、2番・ジーター(遊)、3番・エルズベリー(中)、4番・テシェイラ(一)、5番・マ ッキャン(捕)、6番・ベルトラン(指)、7番・イチロー(右)、8番・ウィーザー(三)、9番・ライアン(二)、先発・田中(右投)

ツインズ=1番・ドージア(二)、2番・スズキ(捕)、3番・パームリー(一)、4番・モラレス(指)、5番・ウィリンハム( 左)、6番・アルシア(右)、7番・プラウフ(三)、8番・エスコバル(遊)、9番・フルド(中)、先発・ヒューズ(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票が継続運営のエネルギーになります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


田中将大、冴えない立ち上がり



私が先発投手の調子を推し測る時、判断基準の1つにしているのは、ファストボールの球速である。この日、 立ち上がりの田中将大にはそれがなかった。3球投じた4シームは91マイル、89マイル、89マイル。いずれも満足のいくものではなく、1番・ドージアには91マイル速球をセンター返しされていた。

捕手マッキャンのミットから外れる抜け球や逆球も目立っていた。3番・パームリーにはそんな制球不安定の投球を弾き返されている。外角低めに落とすべきスプリッター。伝家の宝刀が真中低めに入った所を一閃され、右翼線後方に弾んだ打球は二塁打に。一走が長駆悠々ホームインし、1点を失った。(NYY0-1MIN)

2回裏、修正を見せてきた田中。球速はまだ十分ではないものの、コマンドが改善、ほぼマッキャンのミットの位置どおりに投げ込むことができるようになる。1死後、0-2から6番打者にヒットを許したが、後続を凡退させている。

一方のヤンキース打線。1、2回を三者凡退に抑え込まれていたが、3回表、ようやくチーム初安打が生まれている。打ったは先頭打者のイチロー。外野へ弾き返し、反撃の起点としたい無死1塁を演出。しかし、1死後、一昨年までシアトルで岩隈を助けたライアンが5-4-3のゲッツーゴロ。何も起こらない。

味方が好機を広げることができず凡退に倒れた直後の3回裏、田中が2点目を失った。

えええ?マジかよ?? 

思わず目をこすってしまうほど信じられない先頭打者出塁が起点になってしまった。

先頭打者は9番・左打者のフルド。1-2と追い込んでから外角低めスプリッターで打たせたボテボテゴロだった 。誰しもが完全に1アウトを取ったと確信したシーン。しかし、セカンドのライアンの動きがおかしい。打球とは反対方向の2塁方向に駆けだす始末。慌てて1塁方向に引き返して処理するも後の祭りになり、内野安打に。内野ゴロで目測を誤ることってあるのだろうか? シアトル時代は名人芸の遊撃守備で岩隈を何度も救った守備職人らしくない「可解な不思議シーン」になってしまった。(どなたか解説をお願いします)

その後、1番・右打のドージアに外角低めスプリッターを巧打され、打球がセンターの右で弾むシングルヒット 。このヒットで一走がエルズベリーの3塁返球を潜り抜け、三進。ドージアは前回5/31対戦時に4打数ノーヒッ トに封じていたが、オープン戦で2安打されていた相手でもあった。

直後の無死3,1塁、3割打者のカート・スズキの当たりが三走の生還を促した。

インハイの速球、詰った飛球が 二塁手・ライアンの右に着弾。横っ飛びを試みたが及ばず、ワンバン処理で1塁送球はアウトになったものの、 この間、三走がホームを踏んだ。広大な守備範囲を持つライアンにしては、らしくないなあという守備。田中 はセカンドに足をひっぱられるかたちで、2点目を失った。(NYY0-2MIN)

4回裏、5番から始まる相手打線を僅か7球で片づける本戦初の三者凡退ピッチング。しかし、5番・右のウィリンハムに大飛球を打ち返されてしまう。制御不能の甘い高め失投速球を一閃され、飛 球は右翼フェンスぎりぎり、ウォーニングゾーンまで到達。イチローがグラブに収めてアウトになったとはい え、打球方向を目で追った田中は首をかしげる表情をみせた。

5回表、4回までイチローのヒット1本に抑えられていたヤンキース打線が、それまでの鬱憤を晴らすかのように束になって相手先発ヒューズを攻め立てている。テシェイラ、マッキャンの連打でチャンスを演出すると、5番・ベルトランが逆転の3ラン。その後、新人のウィーラーにもソロ弾が飛び出し、この回4点を上げ、2点リードに成功した。(NYY4-2MIN)

味方打線が5本の長短打で4点を上げ逆転に成功した直後の5回裏、1死1塁から前の打席ヒットの1番・ドージアを5-4-3の併殺網にかけて終わらせた田中。しかし、尻上がりという様子ではない。普段なら味方得点直後にギアを一段上げる ピッチングを見せる背番号19だが、凡打になった左飛も打者に心地よく打たれているような雰囲気。9番・フルドには追い込んでからのカーブをあっさりイチローの前方へ打ち返されてしまう。5回終了時で58球と理想的な球数で来ているものの、内容をみれば、田中らしさが1つ2つ3つほど足りないものになっている。

その心配は終盤の6回、7回に的中してしまう。

6回裏、先頭・カート・スズキに左中間へ二塁打され、その後、1点を失った。(NYY4-3MIN)

アウトハイの速球を叩かれた飛球は、背走する左翼手ガードナーの頭上を超え、左中間ウォーニングゾーンに着弾する悠々の二塁打。その後、進塁打で三進を許すと、内野前進守備を敷かない一ゴ時に三走が生還。田中が3点目を失っている。ここは前進守備を採用して欲しかった。記録がかかる田中にとって3失点は後がないことになってしまう。ファン心理としては前進守備しろよ!と感じてしまう。

1点差に肉迫されたヤンキース。取られた直後の7回表、5回に続いて打線がつながり、3点を奪取。1死後、イチローの四球を起点にチャンスを作ると、拙い守備で田中の足をひっぱったライアンが三塁線を破る二塁打。イチローが2塁からホームに帰ってきて、ヤンキースに5点目が入る。その後も2点を入れて、リードは4点へ。(NYY7-3MIN)

しかし、直後の7回裏、1死後、7番、8番の下位打線にいずれも左翼線へ長短連打攻勢を受け、田中メジャー初の4失点目。なおも1死2塁のピンチでバッターボックスは本戦2安打の9番・フルド。アウトハイに2球連続すっぽ抜けて2-0になった後、マッキャン、ロスチャイルド・コーチがマウンドへ。その後2-1から痛打をくらった田中。ここは打球がファースト正面に飛ぶライナーとなり、飛び出した一走戻れずのゲッツーでしのぎ、なんとか7回85球4失点で持ちこたえる。

8回裏、マウンド上に田中の姿はなかった。残り2イニングをベタンセス、ロバートソンの零封リレーの助けを借りた田中は、苦しみながらも12勝到達。

残年ながらデビュー以来の連続クオリティスタートのMLB新記録は阻まれるかっこうになったが、一方でオールスター前の前半戦だけでの12勝到達は、1970年のウェイン・シンプソン以来、実に44円ぶりの快挙となっている。

20140704DATA02.jpg

7回、打者27人、被安打9、被本塁打0、奪三振3、与四死球、失点4、自責点4。

初球27球・・・4Seam8、Sinker7、Slider6、Splitter2、Curveball4
2ストライク以降12球・・・4Seam1、Slider3、Splitter7、Curveball1

今季1、2を争うワーストの投球内容



ここまで書いて残り時間が少なくなった。後で追記・修正することとして、いくつか備忘録を。

ストレートの球速が出ていない。例えば、初完封の5/14メッツ戦では147.1キロ、6/17ブルージェイズ戦では147.3キロだったのが、本戦では145.9キロ。

スプリッターは序盤良く見られた落差大が少なくなったように感じる。ストライクからボールゾーンの変化が大きいスプリッターは見逃されてボールになることが増えてきただけに、変化量を小さくさせ、手を出させてゴロを打たせるためのスプリッター投球をしているのかもしれない。

いずれにせよ、開幕以来の疲労蓄積が投球パフォーマンスに表れていて、丸焼気にならずに済んだのは、目ぼしい打者が不在で低迷するツインズだったからこそとも言える。

とりあえず、ここまで。

■配球図
20140704DATA03.jpg

◎◎◎関連記事◎◎◎
田中将大、日米通算 110勝達成! 強打線を向こうにまわし、一風変わったギアチェンジの5回三者三振劇~2014年6月17日〇NYY3 -1TOR
晴天のヤンキースタ ジアムとは一転、マウンド上の田中の表情は曇り空、援護無くQS達成も2敗目~2014年6月22日●NYY0- 8BAL
レスターとの投手戦 を演じた田中将大。中盤ピンチを切り抜けるも、最終9回表2死からの被弾で今季3敗目~2014年6月28日 ●NYY1-2BOS


Amazon、楽天イーグルスオフィシャルショップなど楽天市場でのお買いものはこちらからどうぞ。ブ ログ継続安定運営のモチベー ションになります




《当ブログのコメントルール》御感想のある方は下記コメント欄でどうぞ。ただし、感情に流された 御意見・誹謗・中傷・悪意の類、プロ野球や楽天と関係のないもの、名無しや通りすがりなどハンドルネームが いい加減と私が判断したものは、内容に関わらず、御遠慮申し上げております。頂いても削除の対象となりま す。なお、管理人の都合により、返信が遅れる場合、またはできない場合がございます。

《Twitterやっています》アカウントは@eagleshibakawaです。ブログ更新のお知らせ、プロ野球、 スポーツの話題、時々実況しながら記録などをつぶやきます。フォロワー数1000人突破。

《facebookページを作りました》当ブログのページをfacebookに作成しました。ブログ更新情報やブ ログに載せない、Twitterでつぶやかない軽い話題などもアップ中。現在いいね!300人到達。
http://www.facebook.com/eagleshibakawa

《LINEも始めました》 IDはeagleshibakawaです。「最近SNSはもっぱらLINEなんだよね」という読者 の皆さんのお手元に、ブログ更新情報をお届けします。

ブログパーツ
レ ンタルCGI







関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
ページビューではなく、ユニークアクセスでの集計です。
プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
ブログ村
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
今月の人気ページランキング
当ブログのアクセス数が多い記事はこちらです(各月1日~末日で集計中)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
24位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}